カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ヘッドの材質をうまく使い分けよう!

2018年5月31日に発売された「タイラバマガジンIV」。

タイラバマガジンⅣ (主婦の友ヒットシリーズ)

今号の特集は「ヘッドの核心に迫る」がテーマです。

形状、カラー、材質とサイズ、波動にフォール姿勢、リペア&カスタムとなかなか踏み込んだ記事となっていますが、うまくまとめられていて理解しやすい内容になっています。

ヘッドの材質は鉛かタングステンの2種類が主流ですが、形状やカラーはたくさんあって、どれを選んでよいのか分からなかったり、自分が使っているヘッドの形状にはどんな特長があるのかをよく知らずに使ってことがあるかもしれません。

改めて、形状やカラーの特長について知ると、タイラバがさらに楽しいものになると思います。

鉛とタングステンそれぞれの特長については、誌面よりもさらに踏み込んでみました。

タングステン
比重
約11.3
約19.3(鉛の約1.7倍の比重)
フォールスピード
ゆっくり
速い
巻き抵抗
重い
軽い
素材そのものの硬さ
やや柔らかい
硬い
再塗装などの
メンテナンス性
簡単
やや難しい
価格
安い
高価

表にしたことで誤解を生みそうなのですが、どちらが良い・悪いというものではありません。

使う水深や状況に応じて使い分けることが大切だと思います。

例えば比重が重いタングステンは、ディープタイラバで使うと着底が速く、巻きが軽いので快適な釣りができるしょう。

着底感がよく分かり、高速巻きをしても抵抗が少ないのでスムーズです。

しかし、潮が緩い時はあえて鉛を使うことで、より斜めに引く(遠くへ飛ばせる)ことができますし、フォールスピードが遅いので、タイラバをゆっくり見せることができます。

水深が浅ければ、鉛でも着底感は悪くないですし、引き抵抗もそれほど苦になりません。

むしろゆっくり見せることでアタリを多く出せたりしますし、同じ重さでもボリュームがあるのでアピールできるでしょう。

逆にタングステンだとシルエットが小さくなるので、ベイトが小さい時なんかに有効でしょうし、20gや30gといったウエイトを使うとアタリがものすごく明確になっておもしろい釣りができます。

それぞれの素材の特長をよく知った上で、うまく使い分けることでデメリットをメリットにすることもできます。

最近では「重り使い」という言葉もよく耳にするようになりました。

単に重さを変えるだけでなく、素材そのものを変えてみるのも新たな発見につながると思います。

第8回タイラバカップ in 瀬戸内・香川大会【2018年6月3日(日)】ダイジェスト

第8回タイラバカップ in 瀬戸内・香川大会【2018年6月3日(日)】ダイジェストがタイラバカップ公式サイトにアップされています。

気がつけば8回目(8年目)という歴史あるタイラバの大会になってきていますが、大会をスムーズに進めるための裏方の努力は計り知れないものがあります。

垣間見る裏方の努力と参加者の笑顔が印象的です。

第8回タイラバカップ in 瀬戸内・香川大会【2018年6月3日(日)】ダイジェスト

第8回香川タイラバカップに参加してきました!

第8回香川タイラバカップに参加してきました。

今年で8回を迎える大会ですが、雨の記憶がないくらい天候に恵まれる大会でもあります。

今年も快晴の中、136名もの参加者が全国各地より集まりました。

佐々木洋三さんも第1回からの参加者のひとり。

佐々木さんの挨拶で今年も大会が始まりました。

この大会の目玉はなんといっても運営側である鯛ラバーズさんの配慮。

港付近には、集合時間よりも遥かに前から駐車場への誘導のために立っておられますし、乗船の際のアナウンスや荷物の積み込みの手伝いなど、この大人数でもスムーズに案内・乗船させてくれます。

スケジュール通りに事が運ぶのも、鯛ラバーズさんのおかげです。

見送りまでしてくださり、ほんと気持ちのよいスタートが切れます。

大会は沖合いで一度全船が集まり、スタートします。

各遊漁船が思い思いのポイントに船首を向けでスタートです。

今回、僕は第一優勝丸に乗船しました。

優しい口調で話しかけてくれる石川船長のもと、10名の選手を乗せて、船長が勝負をかけるポイントに到着。

平均して30-40m付近の水深に狙いを絞るプランでした。

ポツリポツリと拾い釣りをしていくような展開で、なかなか狙いが絞りにくい感じでした。

手を変え品を変えるか、じっくり我慢して同じことを続けるか。

そんな迷いが的中すればメンタル的にも優位に立てるし、外れたら崩壊するのが大会です。

早い時間に1匹釣ると釣らないとでも大きく違います。

そんなプレッシャーとの戦いでもありますね。

第一優勝丸では、終わってみればアベレージが40cm台。

60cmアップと50cmアップの2枚を揃えた方がトップでした。

僕は、強烈なワンダッシュでドキッとさせてくれたサバフグと、これまた強烈な着ドンバイトでタイラバを丸呑みしてくれたマゴチのみ、マダイはノーフィッシュでした。

今回も香川というフィールドに手も足も出ませんでした。

閉会式。

釣れなくても何らかの賞品がもらえるのも閉会式の楽しみです。

もちろん、検量された方は最後の最後までドキドキです。

優勝者は5kg台のウエイトで、8年連続参加されている方でした。

インタビューをさせていただいたのですが、本当に苦労が実ったというか、追い続けた夢がやっと叶ったという気持ちがひしひしと伝わってきました。

乗船されていたのは「京(けい)」。

5月13日に開催された「高松タイラバカップ」優勝の勢いそのままに、今大会も連覇という素晴らしい成績です。

そして準優勝は4kg台の高田さん。

乗船されたのは「確かな潮読みと操船の松本釣船2」。

蓋を開ければ3kg台のウエイトを持ち込んだ選手がひしめき合う混戦となりました。

上位入賞された皆様、改めておめでとうございます!

さて、終了後は現内うどんで恒例の「うどん会」。

今日はあーだった、こうだったという反省会をしながらツルツルっと今日のことを流し込んで、また来年頑張りましょうでお開き!

香川はこれから産卵から回復した魚が遊んでくれる季節です。

また、タイラバ→イイダコというようなコースもありすごく楽しめる海域でもあります。

うどん県でタイラバを楽しみましょう!

明石海峡に行ってきましたよ〜

先日、明石海峡に行ってきました。

のんびり、昼から。

大阪から行くので、昼前後は阪神高速神戸線の渋滞に巻き込まれやすいのですが、この日はスイスイ。

そう言えばGWがある5月は、GWが過ぎれば週末でも比較的空いているイメージです。

18時くらいまで釣りをしてぽっつらぽっつら釣れました。

良いサイズが混じり始めました。

これから夏に向けてベストシーズン、釣果も上向きになります。

ベタですが、これから夏にかけて、ジャッカルのビンビン玉チューニングネクタイ「オレンジゴールドフレーク」と「レッドゴールドフレーク」の2カラーがあれば、まず外すことはありません。


ビンビン玉チューニングネクタイの詳細はこちら

あとは、トレーラーに鯛ペケをお忘れなく。

6月ってこんな虫を吐き出すことが多いです。

鯛ペケの詳細はこちら

さてさて、今週は香川県へ遠征です。

そう、国内最大級の鯛ラバ大会「第8回香川鯛ラバカップ」に参戦です。

第8回香川鯛ラバカップの詳細はこちら

年を重ねるごとに人気はうなぎ登りで、今や参加するのに募集枠を遥かに超える応募が殺到するとか・・・。

鯛ラバ業界のエキスパートの方々の参加もあり、楽しい抽選会やうどん会など盛り沢山の内容で毎年参加者を楽しませてくれます。

地元釣具店をはじめたくさんの釣具店の協力と、鯛ラバ業界の多数のメーカーの協力もあり、景品も豪華です。

参加される方はもうワクワクが止まらないでしょうね。

僕もその一人です。

久しぶりにお会いする方、先日会った方(笑)

天気も良さそうですよ!1日を思いっきり楽しみましょうね!

亜衣の鯛ラバ(鯛カブラ)ロッド「BIN BINシリーズ」紹介

フィールド(地域)や遊漁船の流し方(スタイル)の多様化が進み、それにあわせてタックルの多様化も進んできました。

しかしそうなると、どれを選べばいいのか迷ってしまうかと思います。

そこであいちゃんが、鯛ラバ(鯛カブラ)ロッド「VCMのドテラスペシャル」と「RBの2pcモデル」、6月発売予定の「EXTRO」と、これらの3シリーズの違いについて、分かりやすく解説してくれました。

参考にどうぞ。

亜衣の鯛ラバ(鯛カブラ)ロッド「BIN BINシリーズ」紹介

神戸・大阪・京都・奈良方面から四国方面へタイラバに行かれる方へ朗報です!

神戸・大阪・京都・奈良方面から比較的手軽に、プチ遠征気分で釣りに行くプランを立てる上で、四国方面、徳島県(鳴門)や香川(高松)、愛媛(松山)を候補にされる方も多いかと思います。

大阪からなら車で、鳴門まで2時間、高松なら3時間、松山なら4.5時間というところでしょうか。

運転が交代できるメンバーがいるといないとでも違いますが、鳴門、高松なら土曜日日帰り圏内、松山は少しキツイといったところでしょうか。

少しでも楽なようにと考えると、前日に少しでも近くまで行っておいて休みたいものです。

とはいえ、例えば高松が目的地で、金曜日は大阪で20時まで仕事である場合、20時に出発すると高松に23時着ですよね。

そこからホテルにチェックインして翌朝4時半起き。

睡眠時間5時間程度。

日帰りなら、20時まで仕事して21時に帰宅、5時に港に到着とすると2時には出発しなければなりません。

睡眠時間5時間程度。

睡眠時間はどちらも同じだが、起きてから3時間走るか、起きて15分で港か

これをどう考えるかですが、目的地近くまで行くと気持ち的にもゆっくりできるが、料金もかかるし滞在時間も短いので節約したくなる。

かと言って日帰りはキツイ。

と僕は思います。

ならば、どこか道中に深夜仮眠できる料金の安い健康ランド的なものはできないのだろうかと思っていたところ・・・

鳴門にできました(笑)

 

しかも、

高速道路のICとICの間という絶妙な立地

その名も、

鳴門天然温泉あらたえの湯
源泉掛け流し風呂!

鳴門天然温泉あらたえの湯の詳細はこちら

2017年にオープン、まだオープン間もないのですごく綺麗です。

何度か行きましたが、都心では混み合うような時間帯でも空いていてゆったり。

そして、なんとこの5月11日より、

金曜、土曜、祝前日のみ深夜営業がスタート(最終受付は0時までなのでそれまでに入館する必要あり)

※ホームページには深夜2時以降の外出、再入館はお断りしますと記載がありますが、確認したところ、チェックアウトは何時でも可能です。いわゆる、近くのコンビニに買い物で外出・再入館などができないということでした。

料金は、駐車場無料で通常入浴料大人1名600円に追加料金1,500円の2,100円で

 

リクライニングソファーがあるので仮眠もできますね。

源泉掛け流しの贅沢なお風呂に入って仮眠ができて2,100円。

鳴門からですと高松まで1時間、松山まで3時間。

いかがでしょうか。

アタっても乗らない真鯛はこう掛ける!! 亜依姉さんの送り掛けセッティングを公開

釣りPLUS(釣りプラス)|内外出版社 が発行するソルトルアーフィッシング専門誌「ルアーマガジンソルト 2018年7月号」にて、あいちゃんによる実釣解説が掲載されております。

今回のテーマは産卵回復後の気難しい真鯛をいかにフッキングに持ち込むか?ということで、田中亜依さんが推奨する送り掛けに合わせたタックルセッティングをご紹介しているようです。

内容は本誌をご覧いただくとして、ご注目いただきたいのが違和感を感じさせないという点にベストマッチの新製品鯛ラバロッドの”ビンビンスティックエクストロ”。

極細ブランクから生み出されるしなやかな調子は、送り掛けにもベストマッチ!!

ライトパワーで真鯛の引きを楽しむだけでは無い理由を解き明かします。

ご購入はお近くの釣具店、プロショップ、書店、WEBストアなどでお求めください。

タイラバマガジンIV

2018年5月31日に「タイラバマガジンIV」が発売されます。

タイラバマガジンⅣ (主婦の友ヒットシリーズ)

タイラバ専門誌として2015年にリリースされ、気がつけば早くも4作目となりました。

いろんな方々がいろんな地域の釣りを紹介したり、最新のテクニックからタックルなどタイラバに関する情報満載の人気専門誌です。

ぜひご一読ください。

高松タイラバカップに参加してきましたよ〜

先週末に香川県高松で開催された「高松タイラバカップ」に参加してきました。

今回は大会の前日に高松入り。

この5月に船を新しくした「RED SNAPPER II」に乗船です。

RED SNAPPER IIの詳細はこちら

こんなに笑顔が素敵な古川船長が、とても親切に釣りを教えてくれる素敵な船です。

いい天気、いい凪の1日でした。

今回はシマノの赤澤さんと一緒です。

赤澤さん、連日の釣りで既にもう真っ黒でした笑

この日はすごーーーーーーく難しい1日でしたが、予定通り女性のゲストにしっかり釣ってもらうことができました。

どうですが、この雰囲気!

釣りって楽しそうでしょ?

どうですか、この青空。

すごく綺麗でしょ?

キャビン横の階段を登ればこんな素晴らしい景色に出会えます。

釣った魚は、船長が針を外してくれます。

希望があれば、ウロコ取りなどの下処理をしてくれるので、家に帰ってから手間いらずです。

ブレイクタイムはカップ麺。

これがまたうまいんですよね〜。

そしておしぼりのサービスも。

前職がサービス業の船長だけに、お客様の気遣いやサービスが抜群です。

あっという間に終了の時間。

あ、自分はなんも釣れなかった笑

はははははぁ・・・・泣

この日は高松市内が見渡せる宿に宿泊。

そして大会当日。

参加者人数107人、競技船11隻(協力船含む)という大きな大会です。

ルール説明から、各船に乗り込み大会が始まります。

うっかり携帯を忘れたので、大会中の写真はありません。

僕は前日に引き続き、RED SNAPPER IIに乗船しました。

僕たちがラウンドしたエリアで釣れたのは、ほぼアフタースポーン(産卵後)の個体がほとんどでした。

なので、小さめのシルエットでボトム付近をスローに誘い、辛抱の釣りが功を奏した感じでした。

途中からは大粒の雨も降り、寒さを感じた方も多かったのではないでしょうか。

RED SNAPPER IIでは50cm後半と40cm後半で2枚揃えた方がトップ。

自分は昨日に引き続き撃沈でした〜泣

さてさて、閉会式です。

降りしきる雨の中、ほとんど全員が残り最後までおつきあいくださいます。

大会主催者側としては、とても嬉しいことだと思いますし、参加者の皆様も主催者側に惜しみない拍手を送られていたのが印象的でした。

上位はやっぱりナナマル絡み。

みなさん、厳しい中おつかれさまでした。

そして上位に入賞された皆様、おめでとうございます。

閉会式を終えたところで、各船長さんにご挨拶に伺い、冷えた身体を温めるべく、源内うどんへ。

源内うどんの詳細はこちら

みんなお腹がペコペコだったんでしょうね、すんごい量を食べてました笑

僕もそのうちの一人でして・・・笑

ざるうどんに、

かしわうどんの2杯食べ(笑)


いやぁ、いっつもどっちか迷うので、考えるのが面倒になって両方頼んでしまいます。

次はカレーうどんかな。

さてさて、次は「香川タイラバカップ」。

香川のタイラバカップの詳細はこちら

香川のタイラバカップと言えば、日本最大級のタイラバの大会。

総勢136人、15船での争う大会です。

今年も募集人数を遥かに、遥かに上回る応募があったそうです。

タイラバの大会は、今やすごい人気でたくさんの方が注目してます。

また、愛媛では「松山沖第2回タイラバ大会」が開催されます。

松山沖第2回タイラバ大会の詳細はこちら

こちらは現在、エントリー募集中です。

大会に参加して、普段とは違う雰囲気の中で釣りをするもよし。

大会では遠方からも来られる方がいらっしゃいます。

隣同士になった暁には、話しかけてみると同じ趣味同士ですからすぐに仲良くなれますよ。

僕もそんな感じで全国各地にたくさんの仲間ができました。

釣りを通じてたくさんの仲間が増える。

いやぁ、改めて釣りっていいですね。

鯛ラバトーナメント2018 in 明石

明石海峡を舞台に、今年も「鯛ラバトーナメント2018 in 明石(旧称:鯛カブラトーナメント)」が開催されます。

大会案内ページはこちら

開催日は例年通り海の日の2018年7月15日(日)。

昨年度から開催内容にいくつか変更点があります。

まず参加船が、

盛和丸(せいわまる)(須磨発)
大雄丸(だいゆうまる)(須磨発)
利弥丸(としやまる)(垂水発)
虎ノ介(垂水発)
中島丸(明石発)

の5船となります。

開催日は2018年7月15日(日)ですが、この日は決勝トーナメントとなります。

決勝トーナメントの参加枠は64名。

この決勝トーナメントに参加するには、予選を勝ち抜かなければなりません。

大会予選案内ページはこちら

予選は、

大雄丸(だいゆうまる)(須磨発)
利弥丸(としやまる)(垂水発)
虎ノ介(垂水発)
中島丸(明石発)

の4船(盛和丸は予選では除外されます)で行なわれます。

予選通過人数:
計64名

選出方法:
予選期間中に、鯛ラバで釣った枚数が多い上位64名。同枚数の場合は、乗船した回数の多い順となります。

予選通過の連絡:
2018年7月4日(水)までに、各船船長よりお電話にてご連絡させていただきます。

となっています。

明石海峡NO.1を決める大会

まずは6月1日から始まる予選に参加されてはいかがでしょうか。

大雄丸(だいゆうまる)(須磨発):ホームページはこちら

利弥丸(としやまる)(垂水発):ホームページはこちら

虎ノ介(垂水発):ホームページはこちら

中島丸(明石発):ホームページはこちら