福岡玄界灘〜壱岐水道鯛カブラレポート1

こんばんは、松本です。
夏以降明石ではあまり調子が上がらず、みなさんにいいレポートができない日々が続いていました。そこで、心機一転!?遠征で九州は福岡、玄界灘へ鯛カブラ遠征に行ってきました。
実は先日、鯛カブラ.comに「鯛カブラ船のご紹介」に「飛燕(ひえん)さくら丸」さんがお申し込みいただき、ホームページをチェックしてみると、とんでもない釣果のオンパレード!!
そこで急遽、飛燕さくら丸の久保田船長に連絡し遠征が決定しました。メンバーは、利弥丸の大窪船長、常連客の江口さん、私、そしてスペシャルゲスト!シャッカルの加藤誠司プロの4人。
ジャッカルの加藤誠司プロと言えば、鯛カブラ「ビンビン玉」と鯛カブラ専用ロッド「ポイズンオーシャン」の開発者!
本年度のJBTOP50最終戦生野銀山湖で見せた二日間に渡る怒濤の追い上げを、ここ玄界灘でも見れるのでは!!と楽しみです(笑
前日の夜から車で福岡に向かい、6:00に到着。間もなく久保田船長が来られ、状況を聞くと「実はここのところの寒波で急に水温が2度も下がり、状況が非常に悪い・・・」とのこと。間もなく加藤プロと合流し、厳しい状況を説明すると「いつものことだよ・・・」と。
大窪船長が「いやぁ〜一人3枚くらい釣らせていただいたら十分です」とお願いするも、久保田船長は「そんな厳しいこと言わんとってください・・・」と厳しい回答。しかも、天候は昼から少々荒れそうな予報・・・。
しかし、我々も鯛カブラのプロ集団(笑)意地と根性で撮影を成立させるぞ!!!と気合いを入れて出船しました。
まずは、港から30分ほど走ったポイントへ。水深は約30m。水質はクリア。事前の情報では茶色のネクタイがいいと聞いていましたが、加藤プロと大窪船長はビンビン玉のオレンジネクタイ、私と江口さんは松本レッドでスタート。潮流はさほど速くなく水深も30mということから45gをチョイス。
スタートするも・・・船長の言葉通り非常にじぶい状況。アタリはあるもフグやフエフキダイの仲間、カワハギにエソ、アラカブ(ガシラ)と外道のオンパレード。計4流しほど終えたところで本命の鯛はチャリコクラスが2枚。加藤プロの必殺技「キャスティング鯛カブラ」もここでは不発。
厳しい状況を判断してか、久保田船長の思い切った決断でさらに沖に。天候不良もあり一か八かの移動で壱岐水道へ移動。ポイントへ到着すると時折大きな波が押し寄せる・・・
果たして鯛カブラのプロ集団(笑)は福岡まで来て撃沈するのか!?後半戦のレポートをお楽しみに・・・
07112601.jpg
写真は、飛燕(ひえん)さくら丸。とてもきれいな船でキャビンもゆったり。移動中のザコ寝なんかも快適でしたよ!

鯛カブラ遠征レポート

こんばんは、松本です。
先ほど鯛カブラの遠征から帰ってきました。
いやぁ〜久しぶりに私としては皆さんに内容の濃いレポートを報告できそうです(笑
ガッツリ釣ってきましたし、新たなパターンも見つけました。
もちろん、ビックなゲストにもいろいろ聞けましたよ!
釣りは一日しかできませんでしたが、何回かに分けてここで紹介していきたいと思います。
みなさん、お楽しみに!!!

鯛カブラ遠征!!

松本です。
明日の夜から鯛カブラの遠征に出かけます!
火曜日、水曜日と二日間、鯛カブラを頑張ってきます。
場所は明石ではありません(笑
あくまでも遠征です!
事前の情報によると少し食いは落ちたものの依然好調をキープしている模様です。
大塚氏も鹿児島で天候不良の中頑張ってきたので、入れ替わりでブログを賑わせたいと思っています。
当日は、スペシャルなゲスト!?も同船する予定です。
皆様に変わっていろんなことを質問してきますね!
水曜日の深夜に帰宅予定です。
帰ってきたらこの場で報告しますので、お楽しみに!!

鹿児島鯛カブラレポート

こんにちは大塚です。
今日は独りで少し風と波がありましたが鹿児島ツアーも残り少ないので無理言って船長にお願いして出船してもらいました。
朝一、この前から大鯛を上げている水深110mのポイントからのスタート。
流し初めていきなりヒット! さすが魚影の濃さは凄いです! 60cmと野間池のアベレージサイズ(笑)
次の流しでは何とフォーリングで引ったくるようなものすごいバイト!
全く無防備だったためフックアップに至らず(涙)
フォーリングにも全神経を集中させしばらくするとまたも強烈なバイト!
今度はフックアップに成功したのですがいきなりの強い引き!
いやな予感がした瞬間、フックアウト(涙) ラバージグを回収するとフックがビローんと延ばされてました (涙)
その後、風がさらに強くなりこのパラダイスのようなポイントを泣く泣く移動。
この辺りは東シナ海にニョキっと張り出た岬なので風の影響を受けやすく、すぐに海はウネる場所なのです。
次はちょうど岬のかげになる風裏のポイント。
風裏と言ってもかなりの強風! とりあえずショアラインに近いところを流すが水深が50mと浅く(ここは水が超クリアなため80m以深でないとなかなか鯛は居ないとのこと)全くバイト無し。
そうこうしているうちに終了30前、港の近くの水深50mに移動。
流し始めて間もなくバイトするもののフックアップせず。しばらくぶりのバイトにヤル気をだしたがアタリ無し(涙)
船長のラスト一流しの声に心が折れそうになったが何とか頑張っていると「ガッガッ、グググ…」
今度はフックアップ成功!
そんなに大きくはなさそうだが何度かロッドを締め込む!
しばらくし海面に姿を現したのはオオモンハタの2kg!
鯛ではなかったのですがラストを飾る魚としては申し分ありません。
071124_1531.jpg

鹿児島鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
今日はお昼から半日、沖堤防に上がり鯛カブラを楽しんできました!
この沖堤防、最近の釣果を聞いてビックリ!毎日、5キロ6キロが上がっており10キロも夢じゃないと聞きやる気満々で上陸。
到着してすぐに同行していたテツちゃんにヒット!
同時にラインがジャーっと出されロッドが起きないほど!
どうすることもなく沖のブレイクに潜られあえなくラインブレイク(涙)
それから何時間か潮流が速すぎて釣りにならずショートキャストしているとガシラの爆釣になり、潮が軽くなるまで楽しみました。
しばらくして潮流が弱まり始めた時に隣で餌釣りしていた地元のおじさんにヒット!
私がすごい引きとパワーに呆気にとられる中、おじさんはいとも簡単に釣り上げたのは80センチは優に越える見たこともない大鯛!!
信じてもらえないかもしれませんが周りの釣り人がその鯛を見ても全く関心無し!
そのおじさんに聞いてみるとみんなが狙うサイズは10キロらしくこれくらいでは全然らしいです(驚)
私は先程、テツちゃんがバラした鯛がもしや10キロかと想像し、俄然やる気になりキャストし続けました。
がっ…
今日のところはノーバイトで結局ガシラ数匹だけになりましたが鹿児島に滞在中に何とか時間を作りリベンジしたいと思います。
明日はもう一度、野間池に戻り東シナ海で鯛カブラしてきます!
なお、昨日と本日のヒットルアーはビンビン玉60g。カラーはオレンジレッドのスカートが明らかにに反応が良好です。フックはワンサイズ大きめのフックを使用しています。
071121_1844.jpg

鹿児島鯛カブラレポート

こんにちは大塚です。
私は17日から鹿児島県に来て釣りを楽しんでます。
今は鹿児島市内に滞在中なのですが19日までの3日間、野間という東シナ海に飛び出た岬の沖を中心に釣りをしました。
私のホームである明石や鳴門、紀淡海峡などと違い天候に影響されやすく、18日は波が4メートルとウネリがキツく出船は出来ませでしたが、17日と19日の2日間頑張って釣ることが出来ました。
私の釣果は17日は真鯛3匹(71cm/65cm/60cm)アカヤガラ(200cm3.2kg)
19日は真鯛5匹(68cm/62cm/62cm/60cm/58cm)アカヤガラ2匹
明日は沖堤防でショアからキャスティングで真鯛をねらう予定です。ではまた報告します。
07112001.jpg
07112002.jpg
07112003.jpg

シリコンラバー、ネクタイの保存方法

鯛カブラを再び使用しようと思った時にシリコンラバーやネクタイがネバネバにひっついていたことはありませんか?
水分を良く拭き取らずにそのまま放置していると、そういう目にあいます(笑
もちろん、タックルボックスに保存しているスペアのシリコンラバーやネクタイも知らず知らずのうちに雨や海水などで水分を含み、ネバネバした状態になります。
そこで、使用した鯛カブラはよく水洗いし、水分を良く拭き取ったあと、ベビーパウダーをまぶすことでネバネバを防ぐことができます。
タックルボックスに収納したスペアも収納前にベビーパウダーをまぶしておくと予防になりますよ!
071119_2105~0001.jpg

鯛カブラ.comへご質問いただきました

当サイトユーザー様よりご質問をいただきましたのでお答えさせていただきます。
Q)質問なのですが、前アタリばかりだけのアタリの時の有効なテクニックがありますでしょうか?
A)ご質問ありがとうございます。
前アタリばかりだけの時は、そのほとんどが小さいチャリコサイズの真鯛があたっていると思います。
リーリングを止めるとフックアップには至らないので、そのまま巻き続けるようにしてください。また、フックをネムリタイプのものからストレートポイントにし、フッキングを良くすることでヒット率が上がります。フックについてはこちらを参考にしてください。
また、チャリコサイズが多い時は、アンサーのカーリテールのスカートなども有効です。リーリングスピードは遅めにしています。
カブラを小さくしたらどうなの?と思い以前に、チャリコが多い時にカブラのスカートのサイズをダウンさせて小さめのカブラを使用したことがあるのですが、とたんに食いが悪くなりました。
以上、ご参考になればと思います。

鯛カブラ.comへご質問いただきました

こんばんは、松本です。
だんだんと寒くなってきましたね。
釣果の方も寒いですが(笑
今年の明石は何かおかしいですね。
おかしいのか?普通なのか?は分かりませんが、昨年は9月、10月、11月は普通に釣れていました。
確か、型は小さくなっていましたが、12月も釣れていました。
今年は本当、いつになったらというかこのまま終るんでしょうかね・・・
さて、当サイトユーザー様よりご質問をいただきましたので、ご回答させていただきます。
>質問
初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いています。 先日ですが、私も利弥丸の午前便に乗っていたのですが、鯛のような前アタリが多数ありましが、本アタリには至らず、いつもは巻き合わせしているのですが、フッキングしてみましたところ、掛かって上がってきたのはフグでした。私も掛けるまで、子鯛だと思ってたのですが、どうやら、あの日のアタリのほとんどがフグなのではないかと、思うのですが、如何でしょうか。
これからも鯛カブラ.comを楽しみにしております それでは失礼しました。
>>ご質問ありがとうございます。
恐らく小鯛とエサ取りの両方だと思います。
先日も大塚氏と明石で鯛カブラをしていましたが(詳細はこちら)、ほんと小さい鯛のアタリが連発した時合がありました。
ちなみに反則技ですが、以前食いが悪い時に、カブラに青イソメを付けたことがあるのですが、しつこいコツコツが長い間続き、フックアップしたものは20センチくらいのチャリコでした。餌が付いていたので、食い込みがよかったのかフックがしっかり口の中に入っていました。
フックアップしそうでしない、長い間コツコツとしたアタリが続くのは小鯛のアタリです。今までの経験上、40センチ以下の鯛はこのようなアタリが多いです。
40センチを超えると、ガツガツ!ゴーンっというアタリが多いです。経験上一番多い良型のアタリですね。
話は変わりますが、現在明石の表層水温は約21度。まだまだ釣れる水温ですし、このままですと年内は十分に鯛が食ってくる水温だと思います。
パラパラですが、鯛が良く釣れている日もあります。ただし、なぜかその次の日に行っても釣れなかったり・・・。水温の関係もありますが、明石の鯛カブラのシーズンもあと一ヶ月ほど。どこかで爆発することを祈りつつ、頑張って通ってみます!
この時期の鯛はおいしいですよ!みなさん頑張って価値ある1匹を釣ってくださいね!

明石鯛カブラレポート

こんにちは。
先週の土曜日に明石に行ってきました。
結果から言うと、また残念な結果となりました・・・
午前中は、ほとんどあたりがなく時間が過ぎました。
正午過ぎに同船者に良型がヒットするもフックアウト。
午後は、久しぶりに大塚氏と一緒に頑張ることに。
あたりはあるも、のらないあたり。おそらくあたっているのは20センチに満たないチャリコかと・・・
大塚氏が一匹のせるもフックアウト。
今の歯めちゃめちゃ小さいチャリコやったわぁ・・・と一言(笑
ほんと、ほんとどうなっているんでしょうね・・・
ちなみに先日明石で良く釣れた鯛の胃の中からは、大量のシラスが出てきたらしいです。
まだ鯛カブラを始めて2シーズン目なのでなんとも言えませんが、昨年明石では12月まで釣れ続けていました。
とりあえず、しつこく通ってみます。
今週末は大塚氏が鳴門に行くようです。
鳴門は好調のようなのでレポートに期待です。