皆様良いお年を・・・・

こんばんは、大塚です。
今年ももうすぐ終わりですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私はというと明日30日に紀淡海峡で2007年最後の釣行を友人達と楽しむ予定だったのですがご存知のとおり日本列島は今まさに超寒波のど真ん中! 先ほど船長に電話すると予想通り「中止」の声(涙)
事実上、真鯛釣りのほうはこの前の鳴門で納竿となってしまいました。
今年一年振り返ると正月を過ぎ7月ぐらいまではサイズも数もそこそこ釣れていましたが夏以降、水質が悪くなったせいか釣果は良くなかったです。 しかし目標の100匹を超えることが出来ましたし、何より鯛カブラを通じていろいろな釣り人と知り合え大変充実した一年でした。
来年は200匹めざし1月6日から始動します! またレポを書くのでよろしくお願いします。

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
本年最後!?の鯛カブラに明石の利弥丸さんへ行ってきました。
先週は小さいながらもアタリも多く、数が上がっていたので状況はいい感じ・・・
が、朝一の海水温は14.9℃。。。
この一週間でさらに海水温が低下。
出船後まもなくのポイントで開始。水深は28m。
ですが、魚探の反応もイマイチ。船長と話をしていると、昼前の潮で水温が上がってからの勝負かな・・・と。
その言葉通り朝はアタリもないまま時間が過ぎていきました。
昼前になり、ポイントを移動。選んだエリアはなんと17mほどのシャロー。
水温は、15.5℃まで上昇!
まずは一流し目。来ました!来ました!!小さいけど真鯛(笑
07122401.jpg
ヒットルアーはビンビン玉45gの松本レッド。
続いて二流し目。
07122402.jpg
またまた来ました!鯛をよく見ると、黒い海苔みたいな糞が・・・写真の鯛の肛門から鰓にかけて伸びている黒いものがそうです。明石ではこの時期海苔を養殖していて、海苔の網を漁師さんが上げ下ろしするのですが、その際にはがれ落ちる海苔が海流に流され、鯛の餌になっているんです。ひそかに、グリーンのネクタイなんかも利きそうな感じなのですが、なぜか松本レッドに。。。船長曰く、カニも食ってるらしいのですが、この鯛なんかは思いっきり海苔を食ってますもんね・・・よく分かりません(笑
しかもこの日は、ピンでしか食わない状況でした。
かけ上がりのくぼみに鯛が群れていて、そこを通ったときにアタリが連発するという状況でした。
私はこの日3枚の真鯛をゲット。このままの調子でいけば、年内はもちろん、年明けも釣れそうですね。ちなみに今日はチャリコが31枚だったそうです。型は小さ目ですがこれだけ釣れれば爆釣ですよね・・・
07122403.jpg

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
先日久しぶりに鳴門に行ってきました。
前回の紀淡海峡に続きまたもや強風!さらに朝の気温4℃だったのですが体感温度は氷点下!港から沖を望めば「♪北の漁場」の似合うような光景で波シブキがかかったら戦意喪失しそうな状態の海に繰り出すこととなりました。(ちなみに寒がりなんで今日は防寒の下にカイロを4つ装着)
ポイントに到着し未だ脳が半分寝ている状態(目が覚めて完全に寒さを感じたくないので・・・)で壮大な鳴門の景色を堪能していると遠くの方に網を引いている船を発見。さらに周りを見渡すと数隻同じような船。ちりめん(シラス)を獲ってる船らしく何隻も沖に出ている。
少しここでシラスパターンについてのお話。
鳴門などのディープの多いフィールドではこのちりめんが厄介の種となる事が多々あります。その理由を簡単に説明するとご存知のようにちりめん等の小魚は水面近くを回遊している事が多く真鯛もコレを捕食しようと中層まで浮いてしまう個体が増え鯛カブラで狙うには的が薄れます(涙)
逆に明石などのシャローがメインのフィールドでは幅の狭いレンジで食い気が立ち、より釣りやすくなる状況になることが多いように思います。
(話を戻しましょう)
っと思いビンビン玉60gオレンジネクタイにシラスを意識しスカートをパールホワイトに交換しスタート。 いつもより長くリーリングを心掛けボトムより30mぐらい上げてみました。
しばらくしてボトムから5mでバイト! フックアップには至らず。そのまま釣り続けていると今度はボトムから25mでバイト!コレもまたノラず。嫌な予感が的中したのだろうか幅広いレンジに散らばっているみたいだ(涙)
様子を見るため同じようにボトムから30mをつり続けていると今度は12、3mでバイト!今度はフックアップに成功!なかなかフックアップしないなぁと思っていたら案の定、小鯛でした。ん〜サイズはイマイチ、的も幅広くあまり良いとは言えないのですがパターンを掴むにはこう言うのも一歩に繋がるのです(笑)
しばらくこのポイントを釣り続けたのですがバイトも遠ざかったので移動。  
移動の際、他の船から連絡があるも釣果は良くなく今日は苦戦が予想された。何度かポイントを転々としましたが昨日からの寒い強風のせいかバイトすらない状況。ようやく訪れたポイントで同船していた義兄さんにバイト!っと同時にティップが海面に刺さりラインが気持ち良さそうに出されている。私が羨ましそうにラインの方向を見ていると赤い綺麗な魚体が海面へ向かい段々と大きくなりネットに収まった瞬間、皆の声が「おぉ〜!」と響いた。
07121801.jpg
07121803.jpg
毎年の事だがこの時期、なぜか釣れるのはチャリコや小鯛が多くあまり大物は顔を出さないので皆も心の奥から声が出たのだろう(笑)義兄さんに釣れたレンジを聞くとボトム(60m)から30mのところだった。
それから大物は出ない物のバイトは頻繁にあり、みんなの釣れたレンジやバイトしたレンジを聞くうちにチャリコや小鯛ほどボトム付近でバイトしボトムから25mを超えたレンジ出ると極端にサイズが良い感じがした。 その後中層を中心に狙い1バイトあったもののフックアップに至らず今回のパターンをハッキリと検証することなくストップフィッシングとなりましたがまた一つ引き出しが増えたような・・・
今回厳しい状況の中、また少し真鯛の気持ちに近づけたような気がします。
寒さに弱い私ですが真鯛の事が少しでも解るように頑張って釣りに行ってきますのでこれからもヨロシク!
07121802.jpg

グローネクタイ

シマノの鯛カブラ「炎月」用のスペアースカート&ラバーのセットにグロータイプがあります。
特筆すべきは、ネクタイもグローという点。おそらく今現在発売されているものでグロータイプのネクタイはこれしかありません。(あったら教えてください)
07121301.jpg
写真の右側(スカートもネクタイもグリーンの方)がフルグローです。実際にくらい所で見てみると、スカートがネクタイよりもよく光ります。スカートは「ぼんやり」や「うっすら」という感じの光り方です。
ちなみに福岡の方では夜釣りでイカを餌に真鯛を狙うようです。その時はこのグロー、活躍しそうな予感がします(笑

オーストラリア鯛カブラレポート

こんばんは。
オーストラリアに在住のDavid Preston様より鯛カブラのレポートをいただきました。
松本さん、こんにちは。
11月に”Lord Howe Island”に行ってきました。
鯛カブラを試してみたのですが、水深が120から140メートルもありとても難しい釣りになりました。使用した鯛カブラは友達が制作している “kowai”の120g。
釣果はオーストラリアでは、”blackspot pigfish”と呼ばれるキツネダイがたくさん釣れました。
07121101.jpg

ユーザー様よりご意見・ご感想をいただきました!

「四国発!海釣り派」の管理人様よりお便りをいただきました。
今日は私個人の鯛カブラの魅力と出会いについて、お話させていただきます。
■■鯛カブラとの出会い■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今年の7月から「ボートフィッシング」を始めた素人なのですが
潮の流れと風が複雑で、防波堤の釣り方をそのまま持ち込むと
結構痛い目に遭いました。船の釣り方を勉強していくうちに自分にぴったりな
スタイルとして見つけたのが「鯛カブラ」でした。
最初のきっかけは店頭の「船で真鯛が釣れる」みたいなPOPで
鯛カブラの専用コーナーで見かけました。
基本的に疑似餌類(ルアー・メタルジグ・ワーム)が大嫌いなので
まったく興味なかったのですが、唯一「漁師さんの仕掛け」という部分に惹かれました。
その後いろいろネットで調べていたところ
・・・・あるじゃないですか、専用サイト「鯛カブラ.com」!!!
きれいなページデザイン、丁寧な解説、そして
松本さんの奮闘ぶりを見て、やってみたくなりました!
しかもこのホームページ、松本師範がお創りになったとは・・・
私もデザインの関係者ですが、webデザインはご覧のレベルまでしか修めておりません。
さて再度お店に行くと、、「ビンビン玉」は??
欲しかったんですけど、近所釣具店に全くないんですよ。
仕方なく他ので、、、店頭で目にした数ある鯛カブラの中で
買ってくれと言わんばかりに、一つだけ残っていた・・
「アンサー:オレンジスケール」
キュートなデザインがツボにハマって
「・・これにしよう・・」
運命の出会いです。直感って大事ですよね!
この時は「半分だまされたつもり」で買いましたが、結果は・・
第一投目でアタリがあったり、すぐに20cmの真鯛がつれたり・・・
まぁ真夏なので小さいですが、、、最小17cmをしとめたのはウデということにしてください(笑)
よって今は、「アンサー」の使い手です。
他は・・・「ソルティラバーが釣れる」と言われても
デザインが美しくないので、絶対使いませんし。。
炎月(三日月)は後で買いました。かわいかったので!!
※そういえば、鯛カブラ製品紹介一覧の炎月(三日月)の詳細画像リンクが「アンサー」になってましたよ。
■■私的鯛カブラの魅力■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
鯛カブラの魅力は一言でいうと「信じる心」ですね。
ミニボートの小さな船体と2馬力の推進力では
沖のほうまでは出にくく、モンスター級と出会う確率は多少下がるのですが
ミニボートならでは楽しさがあり、下記の「攻め」の釣りをしています。
まず、湾内の釣れそうな場所を見渡して探し
魚探で、魚影・水深・カケアガリ・地質・障害物などを確認して
ココだ!と思う場所にカブラ投入!!
狙った場所でアタリがあったら爽快です!
ヒットしたら大事にゆっくり上げてきて・・
うちのボート、手を伸ばすと海水に触れる距離で魚を手網で掬うんですが
(「風呂場で洗面器」状態ですが)
  >遊漁船の場合だと、水面まで少し距離があるので当然魚も小さめに見え
  >船体に揚げてから改めて大きさを確認しますよね。
目の前にダイレクトに魚が現れた瞬間の感動は、言葉にならないですよ。。。
↑の一匹は、場所・時合・釣り方・鯛カブラの選択と改造などなど
「信じる心」の結晶ですから、、
「すべては信じる心のままに」
次、大真鯛が釣れたら、章の名前はコレでいきます!
●●● 要望と質問 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
要望:松本師範の勇姿を「動画」で見たい!
鯛カブラ.com松本:
ありがとうございます。過去のジャッカルTVで鯛カブラでヒラメを仕留めたシーンが放映されていました。(もう消えてしまいましたが・・・)もしかしたら!?先日の福岡の模様で映されていたら何らかの形で登場するかもしれません(笑 そう言えば、今年の6月にシマノの佐々木さんと明石で鯛カブラを一緒にさせていただいた時の映像がございます。佐々木さんにランディングをしていただきました。映像はこちら
質問:鯛カブラって夜釣りでも釣れるんですかね?
真っ暗だから全然見えない(効果ない)のかな?
鯛カブラ.com松本:
今の所?ですが、今年の6月に日没後も明石で鯛が釣れました。福岡では6月頃に夜釣りでイカを餌に真鯛を狙うようです。そのシーズンにぜひとも実験したいと思っています。
鯛カブラでキャストして「スズキ」「チヌ」狙いたいんですが
河口とかなんで根掛りロストは、ない方とは思うのですが、ビビッて試したことがないのです。
鯛カブラ.com松本:
鯛カブラで両方とも釣れているのを見た事があるのでぜひ挑戦してみてください!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
<<最後に>>
最近は忙しくて、ブログを見て癒される日々を過ごしております。
年末・年始の休みは、友が「鯛カブラやってみようか・・」と言い出したので
かなりテンションが上がっています!

ユーザー様より感想をいただきました!

当サイトユーザーの長原様より感想をいただきました。
いつもありがとうございます。
ブログ見ましたよ!「ダブル・松本」さん同士のやりとり・・・(@@)
流石〜レベルの高いお話で、非常に私には、タメになるお話の数々でした。
今後に生かせそうです。
先日のブログにて・・特に!ボトム・バンピングに魅かれました^^;。
『ボトムバンピング』是非!ぜひ!やってみたいです。!
ボトムバンピングですけど、私は真鯛のビシ釣りやオブリ釣りを経験してるので、
特に大事な!「エビが跳ねる様に・・!」って表現が良く解るんですが、
・・・はて?陸っぱりの方は意味が?解るかな〜?
これから先「季節」・「水温」・「潮の大小」・「濁り」・「潮の速度」などの
条件の違いの中で色々な釣り方が紹介・開発されると思います。楽しみですよね!
岡山の松本船長も「激シブ」のホーム・グランドで・・・日曜日に試してみる!
って言ってましたので、また報告が出来るとおもいますよ!
つい先日、下津井沖で、鯛ラバをオブリの要領で、しゃくって釣りをさせてる船が
ある事を耳にしてたので、本当??って気になっていたんですよ!・・実は
そしたら、玄界灘で「大窪船長」がやってるじゃ〜あ〜りませんか!!(驚)
早く私も試したい〜〜う〜〜(泣
全国には、色んな釣り方があるんですね〜!フムフム・・・
まだ、ブームになって日が浅い『鯛ラバ』ですからネ!。
※話が逸れるんですが・・・鯛ラバアングラーに関してなんですけど
 入門された方には大きく分けて2通りあると
 私なりには思うんですが・・・??
㈰陸っぱりの「バス釣り」から転向された方
特徴)
・若い人に多い。(当たり前)
・即アワセしてしまい「あ”〜〜」って声が良く!聞こえる(笑)
・ついついアクションを入れている姿を良く見かけます。
 
㈪他の鯛釣りからの転身組(ビシ釣・竿釣・etc・・)
特徴) 
・比較的年齢高し!
・ダダ巻きが上手。(活性が悪い時に良く食わす)
・良く根がかりさせてます。(私も含めてニコニコ・・)
・食ってるのに!根掛り?とかリールが巻けん?って言う。
(歳のせい?で、ち〜とばかし感覚が鈍ってきたかな??・・・笑)
おもしろいもんですよね〜!松本さんも観察していて思いませんか??
私はそんな気がするんですけ〜ど!!・・・

福岡の飛燕丸さんよりレポートをいただきました!

こんばんは、松本です。
先日行った飛燕さくら丸の久保田船長からレポートをいただきました。上潮がきつく水温も下がり食いが渋い中、一人多い人で5-6枚。今年はアコウも多く、鯛と同じくらい釣れてるようです。
ヒットルアーはビンビン玉の60g。カラーはなんでもいい感じだそうです。先日の私達の釣行でビンビン玉の凄さに圧倒!?されて船での販売をされたようですが、今日はなんとビンビン玉以外を使っておられた方以外は釣れてないようです。途中で、ビンビン玉に変えた人は釣れたとおっしゃってました。
ヒットパターンはフォール。やっぱり60gのフォールのパターンは福岡の鯛には高反応のようです。明日、明後日は潮も良くさらなる釣果が望めるということでした。近隣の方は一度トライしてみてはいかがでしょう。
07120905.jpg
写真は飛燕さくら丸さんのブログからお借りしました。

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
先週は急な用事で釣りに行ってなかったので鹿児島遠征から戻り久しぶりのホームでの釣りになりました。今日行った場所は紀淡海峡。
朝、5時半に港に到着し支度をしようと車から降り外に出ると「寒いっ!寒すぎ〜!!」 風はビュービュー!波はザバッザバッ! 寒いのが苦手な私は、いきなり心折れそうですぅ〜(涙)
少し遅れて船長も到着し皆の行動に流され気がつくと私は荷物共々船に乗せられてました(寒いよ〜)
ポイントに到着し船を流すと波が高く多少やり辛いがスタートフィッシング。
一時間経過…………… なにもアタリ無し…
二時間経過…………… 寒いけど何とか頑張ってますよ…
とっその時! 同船者にヒット! 45cmクラスのキレイなマダイ。
またまた心折れかけだった私ですがコレを見てちょっとヤル気に(笑)
すると直ぐにバイト!…したのですがマダイが甘噛みしただけのような超ショートバイト(涙)
心にムチを打ち釣り続けていると再びバイト!
「コッコッ」の後「しーん………」本当に辛すぎます(悲)
何が気に入らないのかショートバイトの連発(怒)
ビンビン玉60gのレッドオレンジ13のスカートを蛍光紫(ケイムラ)にカラーチェンジ!
すると… 直ぐにバイトしフックアップ成功(驚)
まぁ偶然フックアップしたのか、それともケイムラがマダイの好みだったのか…定かではないですが結果に繋がったのは嬉しいことです!
ところで肝心のサイズですがチャリコサイズでした(恥)
そこから船中みんなにフックアップに至らないもののアタリが出だし隣で釣っていた友人のハッシンにもヒット!
先程の私の鯛とは違い、ちゃんとロッドは曲がってます!
上がってきたのは50cmクラスのキレイな真鯛でした。 ルアーはビンビン玉のオレンジゴールド45にティンセルを装着したものでした。
ケイムラといいティンセルといいパール系に反応がいいように感じました。
その後2匹追加するもチャリコばかりでしたが他の同船者に比べ釣った数、バイト数が多かったのにはいつもながらカラーの重要性を考えさせられました。
おぼろげながら少しずつ見えてきたカラーパターン、もう少し煮詰め、しっかり判ればいずれココで書かせてもらいます。
まだまだ奥の深い真鯛修行の道、これからも精進して頑張りますのでヨロシク(笑)
07120903.jpg
07120904.jpg

真鯛の炙り

07120901.jpg
写真の下は、真鯛の炙りです。皮を炙ることにより柔らかな食感の中に香ばしさが加わります。三枚に下ろした後、皮付きのまま刺身にし表面をバーナーで焼きます。陶器のお皿に乗せて炙ると陶器にヒビが入ったりするので、アルミのトレーなどの上に並べて炙ります。炙り具合は皮全体に焦げ目が付く程度。あまり炙りすぎないと皮が噛み切りにくく生臭さを感じます。私はこれを紅葉おろしを入れたポン酢で頂きます。新鮮な身は炙ると身が反ります!
07120902.jpg
バーナーはホームセンターなどで販売されています。