鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
7月28日、今回は5人で鳴門のなると丸さんに行ってきました。
5時30分、いつものように港を出船し鳴門大橋をくぐり南側のポイントへ。
ポイントに到着すると漁船やプレジャーボートなどの船団が出来ておりましたが、大半の船がアジを狙っている様子でした。
そのような中スタートフィッシング。
水深35m前後の鳴門にしては比較的浅いポイント。
潮が小さいせいか、鳴門大橋より南側にはイワシの群れが多く、ここも時折水面に姿が確認できた。
スタートしてすぐに全員でアタリが出だし、活性も良さそう!
すると、私にもボトムから10回巻いたときにバイト!
そのまま巻き続けフックアップ成功!
難なく取り込んだのは40cmぐらいの真鯛。
イワシの多いエリアでは少しサイズは小さいが、朝一の真鯛を確実に取り込むことができたことにホッとひと安心w。
何しろイワシに着いている真鯛は、皆さんご承知のとおりフックアップしてもバラシ易く半分も取れないことが多いのです。
同船した皆も次々にヒットさせるのですが、バラシが多くなかなかイケスに真鯛を入れることができません。
同じエリアで1時間ほど当たり続けましたが、上がったのは5匹(涙)
フックアップはその倍以上、バイトに至っては2、3分に一度の間隔でありました。
60cmを筆頭に、アベレージも50を超えていたので悔やまれる結果です。
潮が緩んだので少し上りポイント移動。
水深は若干浅くなった物の先程のポイントと同じような感じ。
バイトは減ったがそれでも飽きない程度にある。4、50分程度やり船中で2、3匹上げ、この時点で私に阪本氏、テッちゃんにジローさんの4人は真鯛を数匹ずつGETして全員安打まで大介だけとなり、皆から励まされていたが、何しろ今日が初めての鯛カブラでマンツーマンで教えているが、運悪くここまで6回フックアップしたものの全部バラシ(涙)
潮が緩みバイトが遠ざかり、そろそろ移動かなと思っていると大介にバイト!
隣で合わすタイミングを計り「あわせろ!」と声をかけ本日7度目のフッキング成功!
これには皆も応援w
ロッドはかなり曲がり楽しそうだが本人の目には笑い無しw「楽しい?」と聞くと「・・・・・・」。「大きそうか?」と聞くと「・・・・・・」。
本人は息するのも忘れたかのような真剣モード!
「この男、食べ物にはかなり貪欲だ!」
しばらくしファイトし、後10mのところで覗き込み見ていると、タイのように白っぽくない魚体が・・・「マゴチや!」と船長。
それも巨大なヤツでオオサンショウウオみたいでした(驚)
船中かなりのどよめきで、私自身マゴチを専門に狙った事は無いのだが、この大きさは今まで見たことも無く鳥肌物でした。
しかし、釣った大介は大マゴチの意味もわからず「真鯛ちゃうかったわぁ〜(涙)」と意気消沈ぎみw
「じゃー俺の真鯛と替えたるわ」というと何かを察知し「それはいいわ」やってさw
ちなみに港に戻り計測してみると2,5kg66cmもありました。
その後、大介の釣った大マゴチの祟りのおかげで、真鯛のバイトすら無くなり大きく移動する事に。 
この時点で10時30分。
次に入ったポイントは先程より少し深い水深50mのポイント。
ここは去年の今頃大型がよく出たし、前回も良い釣果が出たので期待したのだが、イワシの気配が無い(涙)
案の定、バイトが無い。
再び流し直し、今度は先程より少し浅い35mラインを流すとバイトが出始め、ジローさんにバイト!
フッキングも成功したが、掛かり所が悪く敢え無くフックアウト(涙)
でっ、そこからは船中「ヒット!」「バレた!」の連発で、先程のポイント同様バラさず釣り上げる事が何より難しく、10回以上フックアップしたにもかかわらず4匹しか獲れませんでした。
何とかバラしを軽減できるようフックも伊勢尼、ウタセ真鯛、丸セイゴ、小鯛針、ムツ針・・・とありとあらゆるフックを試しましたが、これといった解決も無かったのですが、バイトからフッキングまでのリーリングにヒントのような物を見つけました。
それに気づいてから、ラストのポイントでは2フックアップ2フィッシュと機会は少なかったのですが一応100%獲りこむことができました。
まだまだ多くの真鯛を掛けなければ判りませんが、飛躍的なキープ率になればまた紹介したいと思います。
最後まで真鯛をGETできなかった大介も、最後のポイントでかわいいサイズを獲ることができ全員安打達成できました。
ちなみに本日の釣果は真鯛60cmを筆頭に14匹、マゴチ66cm、イシモチ2匹でした。
08073001.jpg
08073002.jpg
08073003.jpg
08073004.jpg
08073005.jpg
08073006.jpg

福岡鯛カブラレポート

こんばんは。松本です。
28日は福岡県へ鯛カブラに行ってきました。
お世話になったのは、福岡・天神からすぐの港から出船されている飛燕さくら丸さん。
今回の鯛カブラ釣行での目的は、「ビンビン玉」の80g・100gと鯛カブラ専用ロッド「新ポイズンオーシャン」のテスト。
ジャッカル加藤さんと成尾さんとともに出船しました。
朝5時に出船し約1時間30分かけてポイントに到着。
当日は潮が小さいため、100メートルのディープからスタート。
とりあえずビンビン玉の60gをチョイスし、フォールさせるも二枚潮で話にならず・・・100gのサンプルにチェンジ。
今度は明確に着底が分かる。
ただし、引き味は少々重め。
初めて使う100gに少々戸惑うも少しずつ慣れて来た頃、成尾さんにレンコダイがヒット。
08072801.jpg
ヒットルアーは、ビンビン玉100gのオレンジゴールドサンプル。
08072802.jpg
ちょうど同じ頃、加藤さんにもレンコダイが。
08072803.jpg
ここで潮が流れ始め、ディープから60メートルに移動。
私に40センチの真鯛がヒット。
さらに鯛カブラ初挑戦の同船者にもヒット。
サイズがイマイチなので再び100メートルのディープへ。
成尾さんがキロ/5000円のアオナをゲット。
08072805.jpg
さらに真鯛を追加。
08072806.jpg
そして私に真鯛が。
こいつはフォール中にヒット。
08072807.jpg
ヒットルアーはビンビン玉100gのサンプルにアンサーカーリーテール・オレンジ+グローネクタイ。
08072808.jpg
さらにアオナまで・・・
08072809.jpg
そしてチャリコも。
ベイトの群れが映ると高確立でヒット。
ベイトの群れが頻繁に現れた頃、休憩していた加藤さんがロッドを握り、フォールさせると途中でビシッと合わせ。バレるもすぐに追い食い。
08072810.jpg
イワシについた真鯛がヒット。
08072811.jpg
青物がいたようで、この真鯛の後ろに付いてきました。
08072813.jpg
ここでタイムアップ。
実釣約5時間の釣果です。
潮が小さく動かない中、ビンビン玉や新ポイズンオーシャンのテストが無事に終了しました。
08072812.jpg

今週は・・・

こんばんは、松本です。
今週は大塚氏が鳴門へ、私が週明けに九州へ鯛カブラに行ってまいります。
潮が小さいので鳴門はGoodですが、果たして九州は・・・
いいレポートができるようにそれぞれ頑張ってまいります!

新製品情報<ジャッカル・ビンビン玉/ハイアピールバージョン>

以前にご紹介しましたジャッカル・ビンビン玉の新製品「ハイアピールバージョン」のサンプルが届きましたのでご紹介します。
まずはカラーラインナップ。
08072501.jpg
定番のオレンジをベースに新色・新素材のシリコンラバーを装着したオレンジゴールド-21S。
さらに欲しかった黒金のヘッドを装着したブラックオレンジ-31S。
そして、ピンク+ブルーラメのシリコンラバーに赤のネクタイを装着したレッドオレンジ-14S(松本レッド
どれも外せないカラーですね!
オレンジと赤のネクタイの使い分けですか?
私は潮が澄んでいる時は赤を使います。濁るとオレンジです。
初めて行ったフィールドなどでは赤→オレンジかオレンジ→赤でローテションしてみてください。
同船者がオレンジなら赤という使い方をし、当日のヒットカラーをサーチするのもいいでしょう。
最近の明石では、ずっと水が澄んでいるので赤を使っています。
ベイトがイワシでも赤で問題なく釣れます。
さて、次はヘッド。
08072502.jpg
シャイニングアイが専用装備です。(通常は黒目です)
最後にフック。
08072503.jpg
通常のビンビン玉に比べ、フックがワンサイズ大きくなり大物対応になっています。また、少しアシストラインが長いのも特徴です。
重さは45gと60gの2種類。
店頭には8月中に並ぶそうです。

岡山鯛カブラレポート

当サイトユーザーの長原様よりレポートをいただきました。
先日(7/20・日曜)に此処の所、好釣果が続いている地元・下津井沖に何時もの、松本船長の「松本2」で、鯛カブラ釣りに行って来ました。
6月後半の爆釣の時の群れは、乗らないアタリ頻発で3〜40cmが主体でしたが、7月に入り少し食いが落ちていましたが、一潮過ぎてからは今度の群れは小さいのですが、大型が入っています。そしてかなりの確率で誰かが(運の良い方が)ロクマル〜ナナマルサイズを仕留める状況です。
当日は、その様な良い状況の真っ只中でしたので期待を抱いて・・・いざ!!
朝一番で運良く58cmを仕留めたので少し余裕が出て来たのがいけなかった。
途中で良いアタリをフッキングさせたと思ったのも一瞬で〜リーダーが抜けてしまい痛恨のミス。その後すぐに後ろの方にアタリが・・大きそう!?
見るからにPEの出が違うと船長の判断で一同仕掛けを上げて待機。
そして10分近く格闘の末に現れたのは本日最大の75cmの大鯛(@@)
コンスタントに誰かが釣り上げていたが潮止まりになり〜人間が小休止です。
私が準備した「船上・冷やし素麺」タイム^^;。好評で「完食」!!
うだる様な暑さの中での素麺は皆さんに喜んで頂きまして又次回もって!!
少し涼をとりラスト・スパートです。
返しの潮をピンポイントに攻めて貰い私は何とか4枚を釣り上げて充分・満足しました。^^;。
最後の最後に〜後ろの反対側の方に今度は70cmジャストが上がり無事終了となりました。
※本日の釣果は全員で16枚(75・70〜チャリコ)
私の釣果は4枚でした。(58・41・40・チャリコ)
ヒットラバーは「ビンビン玉・オレンジゴールド45g」
先週〜今週にかけて、未だに大型(60UP)もコンスタントに上がっています。
これも運なのでしょうが、掛けたのに!バラシが日によって頻発しています。
大型を釣るのは今がチャンスです。!!
しかしこのうだる様な暑さには人間も参ってしまいそうになります。(><)
皆さん〜『熱中症』には充分気をつけて、水分補給を取って楽しい釣をしましょう。
08072401.jpg
08072402.jpg

明石鯛カブラレポート

こんばんは。江口です。
最近、パッとしない釣果でレポートできませんでした。
20日の日曜日に利弥丸さんに乗船してきましたので、
その模様をレポートさせていただきます。
当日の天候ですが、朝のうちはやや雲があったのですが、
晴天で風もほとんどなく釣りのしやすい日でした。
ただ、日差しはかなり強く、熱中症には十分注意が必要でした。
これからの季節、暑さも本格化しまだまだ日差しも強くなると思いますので、
熱中症対策は十分に配慮が必要です。
皆さんもご注意ください。
朝一は平磯・塩屋沖の定番ポイントに。
ここは、20m〜30m程度のかなり浅いポイントですので、少しでもプロダクトゾーンをかせぐため、キャスティングをメインに狙いました。
カブラはビンビン玉45グラムの定番の松本レッドです。
潮の状況は、適度に流れがあり、カブラをリトリーブしていても適度に重く、いい感じです。
いままでの経験では、釣れる時はリトリーブ中に重く感じることが多いように思います。
カブラに潮が当たると重く感じます。
やはり、潮が適度に動いていることが重用なんですね。
しばらく、流しながら釣っていると、トモの同船の方が46cm程の鯛を揚げられました。
結構速めのリトリーブで釣られていました。
速い動きに反応しているようです。
私もリトリーブを早めにし、数キャストしたところでアタリが。
結構、アタリながら追いかけてくるんですが、結局、フックアップには至りませんでした。
その後、しばらく流しましたが、先ほどと同じ方がチャリコを揚げられただけで、アタリもないため移動しました。
前日に良かった淡路沖に到着。
前日は僚船の耕栄丸さんもかなりアタリがあったとのことで、期待が持てました。
水深が60mほどあるため、カブラをビンビン玉60グラムにチェンジです。
60グラムでもタングステンでなければ、底取りが難しいかもしれません。
こういった時はタングステンは有利です。
カブラを落としてみると二枚潮で底潮はかなり複雑です。
底取りがかなり難しく、今回、同船に初心者の方が多かったこともあり、船中でおまつりが多発しました。
この潮と水深では仕方がありません。
その後、少し水深が浅い所に移動したり、先程のポイントに潮が緩んだ時に入り直したりしましたが、1回だけのアタリであまり芳しくないまま、時間が経過しました。
ここで、明石大橋の橋脚でブリが揚がっているとのことで移動です。
餌であったり、漁師の方は結構揚げられているそうで、サイズも10キロ前後とかなり良型のようです。
到着してみると、1本の橋脚にすごい数の船がひしめきあっていました。
かなりの数の船がいるため、横の船に飛び移れそうな状態でした。
ジグで狙う方、カブラで狙う方、思い思いの方法でチャレンジしました。何回か流した時、トモで釣られていた女性の方が掛けられました。
カブラを回収しようとした時に食ってきたとのことです。
竿がかなりいい曲がりをしていました。
糸を巻いては出され、巻いては出されを繰り返し、数分たったところでフッとテンションが緩みました。バラシです。非常に残念でした。
せめて、魚だけでも見たかったです。
周りはジグをやっている船が多い中カブラで掛けるとは、よく考えればすごいことです。
ここ最近、カブラでブリやカンパチなど青物がよく掛っています。
カブラは万能でいろんな魚が釣れるんですが、鯛以外を専門に狙って釣りをすることがほとんどないと思います。
日本海で青物狙いにインチクを使っていますが、同じようにカブラが有効かもしれません。
まだ、本格的に取組んだ事がないのでなんともいえませんが、これから青物狙いの1つのメソッドとしてなりえる可能性は十分あるように思われます。
ジギングをやる船が増え、ジグでプレッシャーを受けた青物には、ロープレッシャーの攻め方、ブラックバスでいうワームの釣りに似た効果があるかもしれません。
このあたりは今後の課題として取り組んでみるつもりです。
で、この後は、橋脚狙いもアタリがなく、朝一番のポイントに戻り、何回か流した時、私に待望のアタリが。
潮の流れもあるんですが、結構いい引きをしてくれました。
ほどなく揚がってきたのは、本日最大の48cmの鯛でした。
終了数分前の結果でした。
結構、終了ギリギリで揚がることが多いので、何とか一枚でもとあきらめずに釣りをしていて良かったです。
今回の写真なんですが、カメラの調子が悪く撮れていませんでした。
釣果はあまり芳しくはなかったのですが、カブラの今後の可能性を感じた釣行でした。
近々、再挑戦してきます。
それでは。

明石鯛カブラ(爆釣)レポート

こんばんは、松本です。
19日・土曜日のリベンジということで21日も明石へ。
この日は利弥丸さんが休業だったので、プレジャーボートを所有している山下さんにお願いしご一緒させていただきました。
出船は午後からということだったのですが南風が強く、結局15時からの出船となりました。
山下さんと話あった結果、波も高いので近場で粘ることに。
本日はビンビン玉45グラムにピンクラバー+アンサーカーリーテール赤の松本レッドでスタートです。
ポイントに到着後、すぐに私にアタリが!
フックアップするも10秒ほどでポロリ・・・
久々にいい感じのサイズでした(鯛自体も久々ですが・・・)
この流しでは山下さんにもアタリがあるもフックアップせず・・・
間もなくマイナスの潮も止まり、それに合わせてアタリも単発に。
間もなくプラスの潮が入り始め、昨日(20日)に良かったという時間に差し掛かった時、またバイトが出始め50センチと48センチの2枚をゲット!
夕まずめにシャローに移動。
キャスティング鯛カブラが爆発!
58センチ、54センチ、38センチ、35センチの4枚をゲット。
シャローの真鯛は横に走りファイトがとても楽しいです。
このポイントで真鯛が吐き出したベイトはゴカイとカニ。
08072203.jpg
選択した鯛カブラのカラーと動きがバッチリはまりました。
08072205.jpg
結局、私の釣果は4時間で11枚掛けて6枚。久々の爆釣です。
山下さんと合わせて8枚でした。(1枚はチャリコだったのでリリース)
08072204.jpg

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
19日の土曜日に明石の利弥丸さんに行ってきました。
この日は大塚氏と同船。
朝プラスの潮が少し残り、それからマイナスの潮がやってくる午前。
まずは港を出てすぐの場所からスタート。
イワシの群れを鯛カブラで打ちます。
一流し目から幸先よくアタリが連発。
2枚上がるも後が続かず・・・
ここ最近の状況なのですが、どうも単発や一流しでアタリがパタっと止まります。
この場所を早々に見切り、水深50メートルからかけ上がるポイントに移動。
出れば高確率でロクマル以上という良型が揃うポイントでかけ上がりに
4〜5メートルの磯が存在し、状況にもよるがその磯の周辺や上が熱いゾーン。
このポイントを攻める上で注意したい点は、かけ上がり+磯。
1回のリーリング+フォールで水深が大きく変わるため、例えば10回リールを巻いても1メートルしか落ちない(磯に差し掛かかった時)、逆に10回リールを巻くとそれ以上に落ちる(磯を通り過ぎた時)ということが起こります。
磯に差し掛かれば船長が「これから磯にあたります。○メートルくらいの磯です」とアナウンスしてくれるので、次のことに注意してください。
1)磯のあたり始め
磯の高さが5メートルとすれば、その高さ+真鯛がいるであろうソーンに鯛カブラを巻き上げてください。例えば5メートル+10メートルという具合です。
2)磯の終わり
巻いた以上に落ちるので、あれ?と思いますが磯が終わったと判断できます。磯がなくなったので真鯛がいるであろうゾーンに巻き上げ量を変えてください。
さて、話を戻して・・・
新しいポイントに移動するとすでに大船団が。
プレッシャーも大きいので、早めに釣らねば。。。また一流しで終わるのかな。。。と集中して巻き始めました。
すると・・・
いきなりラッシュに突入!
まずは64センチが顔を出し続いて50センチが。
バラシを含めて3つフックアップ。
続いて二流し目。
またもや3つフックアップ。
そのうち1枚がランディングに成功し本日最大の74センチ。
三流し目。
50センチが1枚上がりバラシが2枚。
これにてラッシュは終了。
私と大塚氏はフックアップもなくあえなく撃沈・・・
この深場はどうもアンサーやラバラバといった大きなヘッドのカブラが有利でした。
以前何度か経験したことがあるのですが、深い場所は大きなヘッドのカブラの効果は大きな要因だと思います。
この後、各ポイントを回るもアコウとガシラを追加して終了。
本日の釣果は、真鯛74センチ、64センチ、50センチ×2、45センチ、35センチの計6枚にアコウが2匹、ガシラ、ホウボウ、タチウオといい感じでした。
アコウが釣れただけが唯一の救いです(笑)
いやぁ〜それにしても暑いです。
半日で2リットルくらいは水分を補給します。
みなさん熱中症にならないよう気をつけてください。
08072201.jpg
08072202.jpg

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
7月13日、鳴門に行ってきました。
 
先週、二日酔いのため実力発揮?出来ずせっかくの良いコンディションをキッチリ紹介できなかったので今回は前日お酒を断ち万全の体調で挑みましたw
 
午前5時30分港を出船。15分ほど走ったポイントからスタート。既にある程度、船団が出来ていたのですがイワシの気配も無く2、3回流したのですが真鯛のバイトも無かったので移動。
 
次のポイントも反応悪く、大きく移動するとイワシの群れが海面まで見え周りでも青物のボイルがチラホラ。気合を入れ釣り始めてすぐに右艫で釣っていたタニヤンにヒット!ロッドが結構良い曲がりをしている「60ぐらいあるかなぁ」と思った瞬間「スッコッ!」とフックアウト(涙)
イワシを捕食している真鯛はとにかくバレやすいです。バイトの仕方が荒いと言うか凄いスピードで何度も噛みながらバイトしている感じで唇に浅く掛かる事が多くキャッチ率もかなり悪くなる。
これといった完璧な対策は今のところ無いのですが、フックを大きくしバットの強いロッドでやや強めのアワセを入れると少しはキャッチ率も上がると思います。
私の場合、ビンビン玉のフックをオーナーのウタセ真鯛11、12号に交換しロッドはジャッカルのPOISON/TKC-65MLG EVAを使用しています。
 
潮のタイミングに合わせポイントを変えていきますが、昼過ぎまで飽きない程度にバイトがあり、フックアップそしてフックアウトの繰り返し(笑)で船上はお祭り騒ぎでした。
今回の最大はハッシンの釣った65cm!とりあえず皆釣る事が出来、私も沢山バラしましたが60cmを頭に3匹釣り上げることが出来何とか面目を保てました。
先週の紀淡海峡、今週の鳴門、そして明石でもイワシが回り始め、いよいよ大鯛を釣るチャンスです。
70オーバーいっぱい釣りたいなぁ〜ww
08071601.jpg
08071602.jpg
08071603.jpg
08071604.jpg
08071605.jpg

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
12日に明石の利弥丸さんに行って来ました。
まずは午前便。
港を出てすぐのポイントでイワシの群れを発見!!!
テンションも一気に上昇!!!
やっとイワシが入ってきたぞ〜さぁ今まで眠っていたスイッチを入れてくれよ〜と巻き続けるも無反応。。。
しつこくベイトの群れを追い巻き続けるも無反応。。。
反応が悪いのでポイントを大きく移動。
これが大当たり。
まずは同船者にロクマルサイズがヒット。
久々のグッドサイズ。
そのファイト中に船長にもヒット!
船長の方がさらにグッドサイズ?ラインの走りが激しい。
浮いて来たのはハチマル!?
08071401.jpg
すばらしいダブルヒットです。
午前はその後2本追加し終了。
74センチ、58センチ、55センチ、45センチの4枚でした。
私は「ボ」です。やらかしました(笑)
さて、午後便。
午後はフィッシングマックスさんの鯛カブラ講習会。
あちこち移動するも超タフコンディション。
夕方なれば活性も上がるかなという期待とは裏腹にノーバイトの時間が続く。
そして、日没間近。
大物がついにヒット!
初めてということもあり、時間をかけてゆっくり浮き上がらせるようアシスト。
08071402.jpg
リーダーが見えた!その瞬間、最後の突進で船のスクリューへ・・・
まったく動かない時間が過ぎ、最悪のムードが漂う中、ロッドを持って船首へ移動。
するとこれが功を奏して、真鯛が浮き上がる!
08071403.jpg
見事な68センチ!
鯛カブラは初めてでもこんなサイズが上がるからおもしろいんですね。
午後はこれ一本のみ。
私は、午後もやらかしてしまいました(笑)
イワシが入り、この週末は潮も大きくなってきます。
また今週末、明石でリベンジしてきます!