鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
9月の初めにケガをして約二ヶ月間お休みをいただいてました。
肩の靱帯を切ったのでなかなか動かすことが出来なかってのですがリハビリを頑張り、まだまだ完全な体じゃないのですがようやく釣りに行けるようになり2ヶ月ぶりに鳴門に行ってきました。
10月26日、朝から小雨で少し肌寒かったのですが午前6時に港を出航。
寒さのせいで肩の動きも一段と悪いのですが久しぶりの釣行に嬉しさいっぱいでポイントに到着。
水深40m、砂地で所々に岩礁があるエリアでビンビン玉45gのオレンジネクタイをチョイス。
開始早々、同船者にバイト!フッキングした瞬間、ラインが「ジャー」っと勢 いよく出たのですが、すぐにフックアウト。大鯛特有の引きだっただけに本人はガックリ(涙)
その後直ぐに私にもバイト! ロッドを握る左手首、左肩が二ヶ月ぶりの真鯛の引きに耐えきれなくぎこちなくなり僅か数秒でバラしてしまいました(涙)
自分なりにはもう少し回復していると思っていたのですがコレじゃ50センチクラスでも上げられない筋力
だと痛感しました。
少々の痛みもありましたが好きな釣りをしていると言うこともあり気にせず続行!
するとラッキーな事にすぐにバイト!
痛みを堪えてフッキングしたのですがまたしてもフックアウト(涙)
「まぁその内、フッキングに成功するやろ」とポジティブになり次のバイトに備えましたがそれ以来小さなバイトしかなくかなり苦戦しました。
場所を幾つか移動し今度は水深60m。ビンビン玉60gにゴールドのネクタイを装着。
するとコツコツっとチャリコのバイト!今回は相手が小さい分、ケガ人の私にもアドバンテージがあり難なく取り込みましたが予想通りのサイズにリリース。
小さくても久しぶりの鯛にホッと気持ちが楽になりました。
それからサイズはイマイチでしたが終了までに2匹釣ることができ自分なりにリハビリ釣行はまずまずの出来だったと…
今回のアタリカラーのゴールドのネクタイは曇りや雨などの状況下で、さらに潮色がクリアな時に有効なカラーでまだまだメジャーなカラーじゃないですが何度も良い釣果をもたらしてくれているカラーで数年もしたらきっとメジャーになるカラーだと思います。
今回も誰もバイトすらない時にバイトだけにとどまらずフックアップさせることができました。
まだまだシークレットなカラーも存在しますが今のところ私の中で使う状況などがハッキリしていて誰にでも顕著に結果がわかりやすいカラーなんで皆さんも一度試してみてください。
曇りor雨+クリアをお忘れなく。
080102801.jpg

福岡へ遠征に・・・

こんばんは、松本です。
来週は玄界灘へ三日間行ってまいります。
良型も混じり、数もたくさん釣れそうな状況だけに非常に楽しみです。
あとは天候次第。
三日間すべて出船できればいいなと思っています。
さて、鯛カブラトーナメント2008の結果発表をさせていただきました。
協賛していただいたメーカー様には非常に申し訳ないのですが、ご用意しておりました商品よりも応募数が少なく(一部、エントリーに必要な事項の記入漏れの方がいらっしゃいました)残念な結果となってしまいましたが、エントリーされた方には全員商品をプレゼントすることができました。
全国各地から、エントリーいただきアンケート結果も非常におもしろいものになっています。
今後、このブログでエントリーしていただいたユーザー様をご紹介させていただきたいと思います。
話は変わりますが明石は潮が小さくなってきて、どうも食い気がアップしたのか良く釣れています。
今週行きたかったのですが、玄界灘へタックルを一式送ってしまうため行けなくなりました。
その分、玄界灘で頑張ってこようと思います。
そうそう、皆様にご報告です。
先日この玄界灘へは素敵なゲストと一緒に・・・とご紹介させていただきましたが、残念ながらゲストの都合がつかなくなってしまいました。
今回は、シマノの佐々木洋三さんとご一緒させていただく予定でした。
また機会があればご一緒させていただきたいと思います。
では、来週の玄界灘のレポートを楽しみにお待ちください。
写真は、22日に飛燕さくら丸さんでヒットした80センチ、7.4kgの真鯛です。
08102401.jpg
中層でマダイがビンビン玉を奪い合うという凄まじい現象があったそうです。
船長も「初めて」と驚いてました。
日に日に状況は上向きのようです。
ビンビン玉、奪われてまいります(笑)

福岡・玄界灘「鯛カブラムービー」

ちょうど一年ほど前になりますが、ジャッカルの加藤プロとご一緒させていただいた福岡県玄界灘での鯛カブラムービー(ジャッカルTV)が再アップされました。
お見逃しの方はこちらからご覧ください。
また、ジャッカルさんのサイトがリニューアルされており、今までなかった「SALTWATER」サイトが新設されています。

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
今日は久しぶりに明石の利弥丸さんへ行ってきました。
青物の調子も落ちてきて鯛をメインにしていただけるということで、明石の近況を探るのに絶好のチャンス!ということで一日コースで乗船してきました。
まずは朝一番、港を出てすぐのポイントで鯛カブラをするも反応なし。
場所を大きく変えて明石沖へ移動するも、ここも反応なし。
鯛の潮も終わりに近づいたので少し青物に浮気し、再び鯛カブラへ移行。
淡路沖へ移動すると、すぐに同船者にアタリがあるもフックアップせず。
その後すぐに、私にヒット!
あがってきたのは25センチほどのチャリコ。
ヒットルアーはビンビン玉60gの松本レッド。
その後同船者にやや型の良い!?真鯛がヒットするもフックアウト。
ほどよくアタリがあり、チャリコやホウボウを追加。
さらに、同船者に大物!?がヒット。
久しぶりの大鯛!?のようでドラグからラインが良く出て楽しそうなファイト。
あがってきたのはなんとメジロ。
ヒットルアーはビンビン玉60gのオレンジゴールド。
さらに、さらに同船者に40センチの真鯛がヒット。
こちらのヒットルアーはビンビン玉ハイアピールバージョンのレッドオレンジ。
ビンビン玉大爆発でした。
さて午後・・・
午後は鯛一本勝負!
午後は、なんと1人の方が大爆発!
チャリコからスタートして45センチ、40センチ、チャリコを4枚をコンスタントにヒット。
ヒットルアーはビンビン玉45gのオレンジゴールド。
午後はオレンジネクタイが調子が良いようで、私もオレンジネクタイに変更するもアタリなし。
その日のペースを一早く掴んだ方には叶わないようで・・・
あとは鯛を1枚、ハマチを1本同船者が追加し終了。
一流しに複数のアタリはないものの、思っていた以上に明石の鯛の調子はまずまずでした。
この日の午後は僚船にハチマルがヒットしたとのこと。
これからの明石のシーズンは、昨年の状況と照らし合わせるとチャリコサイズが多いものの、うまく良い日に当たれば数釣りも楽しめます。
チャリコはじゃれるようにカブラにアタックしてきますので、針先のチェックは入念にしてくださいね。
根がかりして少しでも刺さりが悪くなれば、面倒でも交換することをおすすめします。
本日はカメラを持って行くのを忘れてしまい写真はございません。
さて、次は素敵なゲストとともに月末に九州方面へ遠征です。
天候次第なのですが、出船できれば三日間ぶっ通しで頑張ってまいります。
話は変わりますが鯛カブラ.com主催「鯛カブラトーナメント2008」の当選者を間もなく発表いたします。
もうしばらくお待ちください。

日本海

こんばんは、松本です。
日曜日に日本海へ行ってきたのですが、撃沈しました。
ただ、いつもと違うフィールドと状況でしたので、いろいろと勉強になりました。
超ディープの鯛カブラですが、使うカブラだけでなくタックルなども明石などとは異なるものが必要だということが分かりました。
100gなどの鯛カブラを使用し、水深100メートル付近を狙うとなると100gのカブラの引き抵抗だけでなく、ラインへの潮の流れの重みも加わります。
ロッドはそれらの引き抵抗に負けずあわせがきっちりできるもので、食い込みのいいロッドが必要です。
また、あわせを少しでも利かすためにも少し長めのロッドが必要でしょう。
そして、軽いもの。
このサイトを運営していて、日本中様々なフィールドで鯛カブラが流行していることを知りました。
まだまだディープエリアで攻め切れていないフィールドも多いと思います。
今後、鯛カブラやタックルの進化で、手つかずのフィールドが開拓されていくのではないでしょうか。
08101401.jpg

明日は日本海

こんばんは、松本です。
本当は、今日福岡は玄界灘の飛燕さくら丸さんで鯛カブラをする予定だったのですが、風のために中止となりました。
明日は日本海へ行ってきます。
日本海での鯛カブラは、初めてでジギング船の乗り合いで行くので、どこまでできるか?果たして釣れるのか?は分かりませんが、ジグでポツポツあがっているようですのでチャレンジしてきます。
さて、この木曜日にさくら丸さんで88センチ/9.3kgのビックな真鯛があがったようです。
08101101.jpg
08101102.jpg
ヒットルアーはビンビン玉ハイアピールバージョンのレッドオレンジ14-S
詳しくは飛燕さくら丸さんの釣果情報をご覧ください。
私の方は明日頑張ってまいります!

明石鯛カブラレポート

こんばんは、江口です。
今回は28日に明石の利弥丸さんでの釣行をレポートさせていただきます。
当日は曇りでそんなにきつくはないものの風もあり、気温も低く、かなり寒く感じる日でした。
最初のポイントは定番の平磯から須磨にかけての水深20〜30mほどのポイントです。
いつもの如く、ビンビン玉45gで色は松本レッドで釣り開始です。
キャスティングをしながら何度か流しますが、アタリがありません。
色もいろいろ試してみますが同じく反応なし。
しばらく流したところで、同船の方が30cm程の鯛を揚げられました。
バーチカルに近い形でフォール中に食ってきた模様です。
その後、ポイントを変えながら何回も流しますが良い結果がでないので、太刀魚釣りに向かいました。
太刀魚が思ったよりよく釣れ、皆さんクーラーにかなりの太刀魚が入ったということで11時に淡路沖に移動です。
前回と同じように岩屋沖から流します。
ビンビン玉60gで色は前回に良かった、オレンジネクタイで釣り開始。
数回流しますが、前回と比べ、アタリは減った模様。
でも、数流し後にアタリが。で、無事フックアップです。
ただ、簡単に揚がってきます。30cm程の鯛でした。
サイズアップを狙って、集中します。
が、やはり明らかに前回と比べアタリは減っています。
前回より1週間と経っていないのに、状況が変わるとは海はわかりませんね。
特に明石は状況の変化が激しいように思われます。
潮が速いことになにか影響があるんでしょうか?
でも、何回か流すごとにポツリ、ポツリと誰かが揚げられます。
その後何度か流した後、時間もなくなり、納竿となりました。
サイズは30cmクラス止まりとあまり良くありませんが枚数は全部で8枚程とまずまずの釣果です。
竿頭の方でひとりで3枚という方もおられました。
ただ、60cmを超える大型がここ最近釣れていません。
去年は結構揚がっていたように思うんですが・・・・
やはり、なんか原因があるんでしょう。釣れる海に戻ってほしいものです。
これから本格的な秋の訪れと共に、荒食いの季節になってきます。
台風がきたり、季節風の影響があったりと荒れる日も多くなってきますが、枚数を揚げるチャンスです。
時間の許す限り、がんばって通い良い釣果報告が出来る様がんばります。

鯛カブラトーナメント2008終了

ご好評いただいておりました鯛カブラトーナメント2008ですが、昨日24時を持ちまして受付を終了させていただきました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
なお、抽選の結果は今月中旬頃「鯛カブラ.com」内で発表させていただきます。

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
27日に明石へ行ってきました。
利弥丸さんに一日コースで乗船。
前日の鯛の釣果が良かったので、この日は鯛をメインに。
港を出て淡路島方面へ。
この日は朝から高活性!
水の色から松本レッドをチョイス。
これがいきなりヒット!
ん?ん?鯛???
顔を見せてくれたのはエソでした。
続いて、コツッ。
また続いてコツッ。
底付近でバイトが多発したので、底付近を爆撃。
今度は乗った〜っ!!!
あれっ?バレた〜!!!
こんなことを何度繰り返したのでしょう・・・
4本かけて4本バラシ・・・
しかもサイズのいいのも混じっていたのに。
完全に撃沈です。
そんな中、同船者がマゴチと56センチの真鯛をヒット。
こちらの方、本日釣りが2回目だそうです・・・
081001.jpg
初心に帰って鯛釣り頑張ります(泣)