明石鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
11月23日、今週は利弥丸さんにお世話になり明石海峡に行ってきました。
本日は潮も小さいということでポイントは海峡筋に近い水深45mの岩礁帯です。
まずはビンビン玉60gのオレンジネクタイでスタート。
スタート直後から「トンッ」というバイトが数回あるものの何が気にくわないのかフックアップにつながるようなバイトではなく見切られたようなバイト。
そこで赤ネクタイに変えたが同じようなバイトが続き試行錯誤していると近くで釣っていた同船者にヒット! 上がってきたのは25cmのかわいいサイズ。
あの「トンッ」というバイトはあのサイズだったのかな?と考えながら今度はオレンジネクタイにパールのスカートをチョイス。
すぐに「カッカッカッ」と先程よりも明らかに力強いバイト! しかし、ミヨシに居たため船のロールで一瞬テンションが緩んだのか真鯛に放されてしまいガックリ(涙)
それからしばらく同船した方が小さな鯛を釣ったのですがなかなかサイズが伸びずと潮が止まり始めたので太刀魚とサワラ釣りに変更するためポイント移動。
太刀魚、サワラとみなさん2、3時間楽しんだ後に朝のポイントで再び鯛狙い!
朝のように頻繁にバイトがなく潮も少し濁ってたので今度はオレンジネクタイにゴールドスカートをチョイス。
これが当たったのが再び頻繁にバイトが出るようになり、やっとフックアップすることができました。
しかしながらサイズは先程から釣れているのと同じく25cmと小さくガッカリ。
少しでもサイズアップさせようと、かなり上層まで巻いてたのですが上手くいきませんでした(涙)
時間も無くなり船長の「ラスト一流し」の声に気合いを入れ直し頑張っていると胴の辺りで釣っていた天川さんにヒット!
気持ち良くロッドが曲がり羨ましい限りです。
すると船長がタモをいれ上がってきたのは45cmの美味しそうな真鯛。
ラストチャンスをものにした天川さんはご満悦の表情(笑)ここでストップとなり今週の修行も終了。
これから年末まではバイトが小さくなる傾向があります。
ロッド、フックなどのタックルをもう一度見直して少しでも良い釣果になるよう頑張っていきたいと思います。
08112501.jpg

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
今日は明石に行ってきました。
先月末の玄界灘から久しぶりの鯛カブラです。
朝6時に垂水漁港到着。
本日も利弥丸さんへ乗船。
今日は少し太刀魚を狙って、その後は鯛カブラ1本勝負に。
まずは鯛カブラの潮まで少しの時間、太刀魚ジギングを楽しみその後、潮のタイミングを見計らって鯛カブラにチェンジ。
40メートルラインを流し始める。
潮はクリア。
私はビンビン玉60gの赤ネクタイをチョイス。
間もなく同船者に良型がヒット。
いい感じでドラグが出され、無事にランディングしたのは3kgのロクマル。
08112201.jpg
現在キロ/5,000円の明石鯛です。
ヒットルアーはビンビン玉60gでネクタイをゴールドに変えたもの。
ゴールドと言えば、大塚氏の今年のヒットカラー。
ローライトの時に威力を発揮するカラーが、こんないい天気でも活躍。
ローライト=光の届きにくいディープという結果でしょうか?
私の方は、普段より少々スローにリーリングした10回転目でフォールさせた瞬間にヒット。
08112202.jpg
食べごろサイズ!
サイズは小さいが、素直に嬉しい一枚でした。
その後、2流しほどなかなか食い込みそうにない真鯛のアタリが連発するも、同船者が食べごろサイズを2枚追加して沈黙に・・・
そのまま終了し、本日は計4枚。
08112203.jpg
一昨年の明石は夏以降、極端に釣果が悪くなり釣れても手のひらサイズが多かっただけに、少し期待?ができそうな晩秋の明石でした。
12月中順くらいまでは狙って釣れるのではと大窪船長。
これから水温が下がり、釣果も厳しくなると思いますが、釣れると一年で一番美味と言っても過言ではないシーズン。
明石に限らずとっても貴重な「もみじ鯛」。
みなさんもぜひ食わせてみてください。

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
 
11月16日、先週のリベンジに、今週も加太!今回は釣りビジョンの「沖釣り一番」ロケに同行させてもらい楽しい釣行となりました。 
先週、バイトがあるものの、追いが悪く全くフックアップしなかった悔しさから今まで自分が培ったノウハウをビンビン玉に注入しネクタイの素材、スタートのカラー、フックなどを改良し挑みました。
朝、5時半に港に到着。小雨が降っており少し肌寒かったですが先週の寒さに比べれば風がない分、体感温度は暖かく感じました。
6時に港を出てみると雨は降るものの波は無く状況は良さそう。
5分ほど走ったところからスタート。
水深26mのフラットな砂地に漁礁が点在するポイント。
潮も程よく動きイイ感じでスタート。
 
雨雲が空を被いつくし薄暗い中のスタートだったのでネクタイは素材を変え、ノーマルに比べ半分位の薄い物を使いカラーはオレンジ、スカートにはグリーンのラメ入りの茶系にブラックを数本入れたものをチョイス。(ネクタイを薄くする事によりスローにリーリングしてもネクタイが動くのでローライト時や活性の低いときに対応)
一投目、着底して2ターン目にボトムから3mで微かに重みを感じたのでリーリングスピードを上げリールを5、6回転したところで「カッカッカッ」と追い食いしフックアップ!
元気の良いファイトを楽しみ上がってきたのは50cmと幸先の良いスタート。
30分程、同じポイントを流しましたが後が続かず番組の為、鯛釣りを一時中断しメジロ(ワラサ)のノマセ釣りにチェンジ。
この釣りはやった事が無かったのですが船長が親切に教えてくれ初めてにもかかわらず3時間ほどで70cm以上のメジロを2匹釣ることができました。
その後、再び真鯛釣りのためポイント移動。
朝一のポイントとは違うのですが地形や底質、水深は同じ様な感じでしたが潮が止まりかけで0,8ノット以下でしたが釣り開始。
流し始めて3分ぐらいした頃、ボトムから5回リールを巻いた辺りで少し違和感を感じそのまま15回ほど巻き再びフォールし着底、再びリーリングを始めると即バイト!フックアップにも成功し上がってきたのは35cm程のかわいいサイズ。
その後もバイトが頻繁に続き1時間ほどで4匹釣り上げる事が出来ました。
本日、追い食いをしたり勢いの良いバイトが多く一見すると活性が高いように思いますが、これらは二次的な物。
それらのバイトを引き起こす為の直前にある微かな感触を逃さない事が大切です。
08111701.jpg

アクアパッツア

こんばんは、大塚です。
 
先週、先々週と二週連続アコウ(キジハタ)を釣り上げ、お刺身、鍋とオーソドックスに調理し食べたのですが、さすが高級魚の代表的な魚、何度食べてもやっぱり美味しい魚ですね!
今回は、沢山とは行きませんが数がそこそこ釣れたので他の料理に使ってみようと思いイタリア料理の“アクアパッツァ”に挑戦!
 
一応、材料の分量を書いておきます。 元々イタリアの家庭料理なのでアバウトに書いておくので好みで分量を調節してください。
 
アコウ(キジハタ)、ガシラ(カサゴ)、ホウボウ、真鯛など鯛カブラで釣れる魚のほとんどがOKです!
 
その他、アサリ15〜20個、にんにく1片、プチトマト10個、ドライトマト5〜8枚、ケッパー大さじ1、アンチョビ(フィレ)2枚、ブラックオリーブ(種無し)6〜8個、オリーブオイル大さじ5、エキストラバージンオリーブオイル大さじ1〜2、水1カップ、白ワイン1カップ、塩、こしょう、バジルかイタリアンパセリです。
1、魚のうろこ、エラ、内臓を取り除き両面に切れ目を入れ、塩コショウを全体にふる。(お腹の中も) ドライトマトは熱湯で5分程度もどす。
08111201.jpg
2、鍋を火にかけオリーブオイルとニンニクを入れ香りが出たらニンニクを鍋から出し取っておく。
08111202.jpg
3、2に魚を入れる。中火以上で皮がパリッとなるように両面焼く。(必要に応じてオイルを足し、魚は中まで火が通らなくても良い)
08111203.jpg
4、両面焼けたら、白ワイン、水を入れ、先程取り出したニンニク、アサリ、プチトマト、ドライトマト、ケッパー、アンチョビ、ブラックオリーブを入れアクを取りながら弱火で煮る。
08111204.jpg
5、プチトマトがしんなりしたら、塩コショウで味を調えしばらく煮た後、火を止めエキストラバージンオイルをかけ出来上がり。
08111205.jpg
6、お皿に盛りつけバシルやイタリアンパセリを添えて完成!
 
08111206.jpg

明石鯛カブラレポート

こんばんは。江口です。
今回は、9日に明石の利弥丸さんでの釣行した模様ををレポートさせて頂きます。
当日の天気は急な冷え込みでかなり寒かったものの、風は微風で釣りのしやすい1日でした。
ただ、ここ最近の釣果と言えば、太刀魚やハマチなどが揚がっているようですが、鯛はかなり厳しい模様でした。
結果から言うと、この日はカブラが出来たのは潮が良い時の2時間ほどでしたが、結果は船中11人でゼロで、全くダメでした。
アタリも全くなしの完敗です。
カブラの色やリトリーブスピードを色々試しましたが、効果なし。
先日の福岡での修行の成果を試すべく、頑張ったのですがダメでした。
水温がそれほど急激に下がることもないと思われるので、急な冷え込みの影響はないと
思うのですが、魚探の水温計では表水温は2度ほど下がってたようです。
船長と話をしてたんですが、潮が小さいのが不調の原因かもしれません。
今週末にかけて潮も大きくなるんで釣果も上向くかもしれません。
今年ももう11月。
明石での鯛カブラも、去年は12月に入ると厳しかったので、それを考えると後1か月もありません。
気合いを入れて良い報告が出来る様にがんばります。

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
11月8日に紀淡海峡に行ってきました。
昨日からの雨と北風のため天気予報では最高気温が11℃、前日と比べ−8℃まだまだ左肩のリハビリに通う私にとってはキツい環境の中釣りに向かう事になりました。
鉛色のどんよりした空、すこし白波立った海とまさに冬の海!入院している間に秋が通り過ぎ厳しい冬がそこまでやってきてたのですね。
午前6時港を出船。
ポイントに到着し釣り開始。
開始早々ビンビン玉60gオレンジネクタイにボトムから4、5mのところで「トンッ」と突付くだけの超ショートバイト、こんなバイトが2、3度続いたので真鯛が何かちょっと気に食わない(カラーやスピード)のかと思いネクタイをゴールドに変更。スピードもいろいろ試したのですが、先程と比べ少しはマシになったものの「カッカッ」とアタリすぐに放してしまう(涙)
バイトの多さから活性はそれほど悪くはないのですが真鯛にとって何か嫌なプレッシャーがかかってるのか・・・
こんな状態が2、3時間続いたのですがフックアップに至らず試行錯誤していた移動直前、水深60mのボトムからビンビン玉を回収しようとリールを巻いてピックアップしている途中、水面から20mを過ぎたところで「ガツーン」と一気にロッドを引き込み完治していない左肩に強い衝撃が・・・一瞬、あまりの痛みにロッドを放しそうになりましたが何とか体制を整えファイト開始!
ライン0,6号、リーダー12lbのシステムなのですがファーストランで一気に40mもラインを出されその後ラインを巻くのですが、長い入院生活で左肩から手にかけての筋力が著しく低下し、握力にいたっては20kg程しかなく魚と私、どちらが引っ張られているのか分からないほど(涙)
ぎこちない動きの私を煽るかのように更に波が出ているために起きる船のロールが私を襲う。
釣りをして30年以上、こんなに歯がゆく辛いファイトは初めてです(涙)
それでも船長が船を立てながら前後に細かく操船してくれる優しさと左腕の痛みが混ざって涙がチョチョ切れるファイトを10分耐え(楽しみ)ようやく上がって来たのは何と70センチジャストのメジロ(ワラサ)でした。
もちろん真鯛ではなかったのですがあまりの辛かったファイトにネットに入った瞬間の充実感もこの上ないものでした。
その後、痛みも出てあまり集中して釣ることが出来ませんでしたが真鯛のバイトは数多くあったにもかかわらず釣り上げる事が出来ませんでしたが最後にはアコウ(キジハタ)を釣り上げ終了となりました。
08111101.jpg

玄界灘鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
11月1、2日に福岡の飛燕さくら丸さんに行ってきました。
今年6月に爆釣して以来2度目の釣行。あいにく、風も波も高く、予定では対馬での釣行だったのですが急遽、壱岐の南側での釣りになりました。
2日間続けて風が強く決して釣りやすい状況ではなかったのですが、このエリアのポテンシャルに助けられながら楽しむ事ができました。
今回の釣行のほとんどを水深15〜20mと超シャローで過ごしたのですが、真鯛がかなりエキサイティングなファイトをするので、ケガから復帰したばかりの私にはかなりキツいリハビリでした(笑)
私がいつも釣行している明石や鳴門、和歌山と比べ魚影は各段に濃く、いつものようなアンテナを張り巡らせ神経を使う釣りをしなくてもバンバン釣れるので正直、細かいパターンなどはありません(笑)
シンプルに釣り続ければ釣果も勝手に付いてくる具合です。
ただそんな恵まれた環境の中でも、真鯛はカラーにだけは敏感でその場その場のヒットカラーは存在します。
今回の場合2日間とも、たまにうっすら陽がさす程度の雲だったので予想通りゴールドに反応がよく、ベイトフィッシュの反応がよくなるとシルバー、潮が緩んだり薄陽が射すとオレンジと頻繁なカラーローテーションが釣果を伸ばす一番の要因になったと思います。
ホームで釣っている時のように、ネクタイだけでなくスカートのカラーまで考える事はないまでも、やはりこの釣りにおいてカラーチョイスと言うものの重要性を改めて考えさせられました。
08110601.jpg
08110602.jpg

玄界灘鯛カブラレポート

こんばんは。松本です。
いよいよ今日が最終日。
これまでの二日間、劇的なドラマはなし。
そんな焦る気持ちをなだめるように海はベタなぎ。
08110201.jpg
天候にも味方され、少し今日はラン&ガンで攻めてみる。
一流しごとに鯛があがるが、あとが続かない。
午後になり、シャローをセレクトした久保田船長。
このセレクトが当たり、移動したエリアでアタリが連発しはじめる。
鯛はあがるものの、ラインブレイクが連発する。
三日間探し求めた大鯛がこのエリアにいるようだ。
カブラを巻く手にも「釣れる潮」の重みが感じられる。
そんな中、鯛とは違うものがヒット。
08110202.jpg
よく走ったがポイズンオーシャンに操られ、あがってきたのはメジロ。
08110203.jpg
続いて良型のアコウも顔を見せる。
08110204.jpg
エリアを変え、ラスト1時間。
イワシの群れが穏やかな水面を波立たせる。
その群れに船が突入するや、激しい走り。
08110205.jpg
慣れた手つきで走りをかわし、ネットに収まったのはヒラマサ。
08110206.jpg
さらにイサキもヒット。
五目釣り達成!
08110207.jpg
真鯛も順調に顔を見せる。
08110208.jpg
ベイトに付く真鯛は、フォールで激しくカブラにアタックしてくる。
08110209.jpg
海底からは、ヒラメも登場。
08110210.jpg
玄界灘では少し小さいがロクマルも登場。
08110211.jpg
少し色気を出してジグをしゃくると・・・
08110212.jpg
ヒラマサ登場!
08110213.jpg
そして、本命のドラマフィッシュ。
08110214.jpg
見事なロクマル。
08110215.jpg
終ってみれば、爆釣。
08110216.jpg
32枚の真鯛に様々なゲストと遊ぶことができました。
三日間私達が使用したのはビンビン玉。
60gを中心にシャローでは45gをキャスティングに使用。
ネクタイのカラーはオレンジ〜蛍光レッドにアタリが集中。
本格的なシーズンはまだまだこれから。
機会があれば、またぜひ行ってみたい玄界灘でした。

玄界灘鯛カブラレポート

こんばんは。松本です。
さて、二日目。
この日は風と波が収まり、大物を求めて沖へ。
朝5:30分に港を出て約1時間のポイントへ。
最初の一流しから爆釣?の兆し。
大物がフックアップするも、なぜか2〜3回の突っ込みでバレる。
そんな中、最初に獲り込んだのは大窪船長。
08110101.jpg
NEWポイズンオーシャンの感触を試しつつ、浮いてきたのは40センチ。
08110102.jpg
こいつが吐き出したのはイカナゴ?
08110103.jpg
ベイトが小魚のパターン。
小魚をベイトにしている鯛はまずベイトに噛み付き、その後補食する。
最初のアタリは噛み付いただけ。
どおりで、バラシが多い訳ですね。
アタリが遠のいた後、シャローへ移動。
08110104.jpg
やはりシャローは魚が小さい。
そんな中、今日一番がヒット。
08110105.jpg
50センチの真鯛。
08110106.jpg
そしてアコウも。
08110107.jpg
二日目、4人の釣果。
う〜ん、今日は少しイマイチな結果に・・・
08110108.jpg
最終日に少し不安を抱える展開に。
今夜は反省会。
明日はナギになりそうな予報。
このままでは帰れない。
さて、どうするか。。。
久保田船長にすべてを任せて最終日に挑む。。。

玄界灘鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
三日間の玄界灘遠征を終え、昨夜帰ってきました。
初日の天候が怪しかったものの、なんとか出ることができ三日間すべて出船することができました。
27日に新幹線で博多へ移動。
博多駅から天神のホテルへ移動しジャッカルの成尾さんと合流。
ホテル近くの魚市場で作戦会議。
08103101.jpg
もちろん、今回もゴマサバ丼。
めちゃくちゃ美味しいです。
さて、今回三日間に渡りお世話になったのは飛燕さくら丸さん。
08103102.jpg
初日は波が高く風もあり昼から出船できれば・・・という状況だったのですが、早朝に久保田船長から「予定より早く出ますよ!」と連絡が入り、急いで準備し港へ移動。
飛燕さくら丸さんは天神からタクシーで約10分というアクセスの良さ。
おかげで久保田船長の連絡からわずか一時間で準備を終え出船。
本日は波が高く風も強いので、近場のシャローで釣りをすることに。
08103103.jpg
さすが玄界灘。
わずか数投で真鯛をキャッチ!
08103104.jpg
型は少し小さめですがコンスタントにヒット。
08103105.jpg
カナトフグの猛攻に幾度となくネクタイやスカートを散髪されるも快調に真鯛をキャッチ。
カナトフグは三日間に渡り、カブラを散髪してくれました、
写真のロッドは来年発売予定?のNEWポイズンオーシャン。
現段階では、カーボン素材のみのラインナップでテストを重ねているようです。
08103106.jpg
マハタもカナトフグに負けじと応戦(笑)
今日は五目釣り?と思うほどいろんな魚がビンビン玉にアタック。
そんな中、うれしい外道が一気に2本。
08103107.jpg
マゴチのダブルヒット!
08103108.jpg
なんだかんだで終ってみれば、真鯛を18枚。
型は小さめですが、1日いろんな魚に遊んでもらうことができました。
08103109.jpg
先週までは、このシャローに天候が荒れればビックワンが入ってくるパターンだったようですが、今日はどうも状況が違ったようです。
状況が悪い中、初日の肩ならしには上出来ですかね?
二日目は風・波ともに収まるようなので明日に期待しましょう!
続きはまた後日報告いたします。