紀淡海峡鯛カブラレポート

こんにちは、大塚です。
12月29日、今日は今年の釣り納めに加太に行ってきました。
 
朝6時半、暗がりの中を出航。船長の話では昨日は朝、一流し目に数匹釣ったのですが後が続かず釣果は良くなかったのこと。港をでて10分、最初のポイントへ。
水深30mの砂底エリアで所々に漁礁のあるポイントで魚探を見るとボトムから5m以内で反応が出ていました。
開始早々、私にバイト!
朝一のバイトからフッキング成功w サイズは25cmと今ひとつですが不安を吹き飛ばす幸先の良いスタートにニッコリ。
その後、魚探の反応が悪くなったため直ぐに移動。早いポイント見切りやなぁと思い船長に聞いた見ると昨日の不調さを考慮しこういうときは他の船より先々移動していく方が良いとの事。
次のポイントは先程より少し浅めの25mの砂底。
ジャッカルビンビン玉45gのオレンジネクタイを投入。
ボトムに着きリールを巻き始めると同時に隣で釣っていた恭やんにヒット! 
シャローなんでファイトは強くロッドの曲がりも気持良さそう。
上がってきたのは45cm!と美味しそうな真鯛。
羨ましそうに見ていると私にもバイト!今回もフッキング成功!強い締め込みに時折ドラグが出て・・・至福の時間を楽しみ上がってきたのは50UPの真鯛!船長のポイントのよみに脱帽でした。 
もう一度潮を上り同じエリアを流し始めると直ぐに私にヒット!ラッシュに入ったようで隣の恭やんのロッドも曲がっている! 
開始一時間で2人で5匹と良いスタートとなりました。
その後船中でも何匹か釣り上げ反応が悪くなったので再びポイント移動。
次のポイントは60mのボトムから45mまでのブレイクを狙うポイント。
潮がそこから吹き上げ水面を見ていてもその動きが分かるくらい複雑な流れ。
ビンビン玉60gにチェンジして、そのような流れの中でも真下に落ちるように船長が操船してくれ快適に釣りをしていたのですが真鯛の反応はイマイチ(涙)周りの船も沈黙状態。
魚探には時々、真鯛の反応が出ているのですが・・・2時間ほどバイトすら無かったのですがボトムから15m付近でもたれる様な微かなバイト。
そのまま反応はなくなったのですがそろそろ時相かなと思っていると周りの船でパラパラ釣れだした。朝のようなラッシュは無かったのですが何とか追加し私4匹、恭やん5匹と文句無しの釣り納めとなりました。
 
今年は怪我もあり秋のハイシーズンに釣行できなかったのですが49回、106匹(AVE 2,163)を楽しむ事が出来ました。
毎回、勉強の繰り返しでおぼろけながら沢山の事が判りここでもいろいろ紹介できたと思います。来年もさらにアベレージを上げれるよういろいろな新メソットを紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
それでは皆さん良いお年を・・・
08123101.jpg

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月23日、鳴門に行ってきました。
天気予報では最低気温が1℃だったのですが港に到着すると6℃もあり、そう辛くはなかったです。
7時に出船し港を出て海を見ると風と波は無く穏やかだったのですが前日の雨のせいか3日前にくらべかなり濁りがキツい。
前回、潮色がかなりクリアーだったせいか中型以上の鯛が赤のネクタイに好反応だったので楽に大きな鯛が釣れると甘い考えをしていたのですが…
念のためビンビン玉60gの赤ネクタイからスタートしたのですがやはり触りもしない。
そこで、オレンジに変えるとボトムから5mぐらいで「コッ」とフックに乗らないが小さなバイト。
すると隣で釣っていたハッシンのロッドが曲がった! 「チャリコやわ!」と 言いながらリールを巻くと40弱の真鯛でした。
朝一からの一匹ということでハッシンもニッコリ(笑)ちなみにビンビン玉60gオレンジのネクタイでした。
しばらくして、またもやハッシンにヒット!今度はさっきより小ぶりの30cmくらいでした。
二匹とも、ボトム付近でバイトしたみたいでした。
やはりボトム付近にはあまり良いサイズはいないみたいでしたが朝一2連発は気持ちよさそう。
その後すぐに私にもヒット!ボトムから12m辺りでのバイトだったのでサイズを期待したのですが少し大きくなったものの40強の鯛でした。
この前も書いたのですがこの時期、小さく僅かなバイトがありそれを感じたらリーリングに斑が出ないように少しだけスピードダウンしてやるとフックアップに持ち込めることが多いです。
ちなみに水深にもよりますが最初のバイトが出てから最低でも10mはリーリングしてみてください。
一番大切なことは鯛がカブラにじゃれついたり突っついたりする僅かなアタリを逃さないタックル、システムを組み、集中できるようにすることです。
しばらくし、急に雨が降ってきてテンションも下がり気味。
天気予報では確か曇りのち晴れやったような…ついてないことに雨と同時に北西の風が出てきて30分もしないうちに10mぐらいの強風になり白波も出てきた
やはりウネリが出るとバイトは全く消えた。
波が出ると一定のスピードでリーリングしてもカブラの動きに斑が出てしまい、そんな動きを真鯛は嫌うのでしょう。
軟らかいロッドを使うとある程度は嫌な動きを吸収してくれるのですが今日のような状況では追いつきません(涙)
仕方なく海峡の南側で潮を見ながらポイントを探すことに…
こっちに来ても風は強いものの波は幾分穏やかでなんとか釣りになりそう。
しかしバイトがなく幾つかポイントを周り水深50mのフラットな砂底エリアを流し始めると久しぶりのバイト!
フックアップには至らなかったが、このエリアの信頼度は上昇し寒さ で心折れ気味だったけどヤル気がでてきました(笑)隣で釣っていたハッシンにも何度かバイトがあったらしく船中はヤル気全開!
すると私に再びバイト!
じっくりアワセのタイミングを計りフックアップ!
ドラグがジリッと出て「これはまぁまのぁサイズかな」っと思った瞬間「フッ」と軽くなりあえなくフックアウト(涙)すると間髪入れずに義兄さんにヒット!
ロッドを見るとかなり良い引きをしている。
皆の視線を感じながらファイトし上がってきたのは54cm。
今日の状況ではナイスサイズ! 本人も満面の笑み。
その後、船中でもパラパラ釣れ私も40強と30cmを追加でき終了。
私事ですが今日釣った一匹目の鯛が今年100匹目の鯛でした。
毎年100匹はクリアしようと釣りをしていますが今年は怪我で2ヶ月間休んでたので無理かなと思ってたので何とか滑り込みで達成しました。
ちなみにこの鯛は友人の魚屋さんにたのんで我が家のお正月の「睨み鯛」になるべく今朝引き取られて行きました。
今年も残すところ一週間となりましたが29日に加太に釣り行くのを釣り納めにしようと思ってます。
今年の最後を締めくくる良い釣りが出来るよう頑張ってきます。
08122401.jpg
08122402.jpg
08122403.jpg
08122404.jpg
08122405.jpg

ビンビン玉80g/100g発売開始!

いよいよビンビン玉の80gと100gが今週から発売されます。
価格は80gで2,940円(税込)/100gで3,360円(税込)
ビンビン玉80g/100gの製品サイトはこちら
今まで攻めきれなかったディープエリアを攻めることができるので、新たなエリアが開拓されると思います。
45gや60gでも沈下スピードや巻き心地の軽さが、鉛とは比べ物にならないものでしたが、さらに重いものになることでより比べ物にならないものになります。
また、フックの交換が簡単になりました。
ループワイヤーを採用しているので、ワイヤーに「くるっ」と掛けて回すだけでフックが装着できます。
ディープエリアで鉛の80gや100gを使っていた方には、ぜひ一度このビンビン玉を使っていただき、その違いを体感していただけたらと思います。
ちなみに、45gや60gについている「スプリットリング」は80gと100gには付いていません。これは、ネクタイやフックの交換方法が違うこともありますが、ヘッドの動きを抑えるという意味でもあります。
ヘッドの動きを抑えることで、より早く沈み巻き心地を軽減します。
アピールが欲しいときは、スプリットリングをつけてみるのも良いでしょう。
また、ディープに限らず通常なら60gをセレクトするような50mや60mの水深でも、動きや大きさでよりハイアピールなカブラに反応がいい場合は、あえてこの80gあたりをセレクトすると釣果アップにつながると思います。
来年はこの80g/100gを使用して、今まで行ったことのないエリアはもちろん、良く通っている明石などで新たなパターンを見つけてみたいと思います。
08122301.jpg
08122302.jpg

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月20日、今週は鳴門に行ってきました。
朝7時に港を出ると天気予報通り12月と思えないほどの暖かさプラス波もおだやかでヤル気全開!
一つ目のポイントは80mの砂底。まずはビンビン玉60gをチョイス。
しばらく流したのですがバイト無し… 筋を変え再度流し直すとミヨシで釣っていた吉山さんにバイト!しかし乗るようなアタリではなくショートバイトに終わり残念(涙)その後、何度か同じようなバイトがあったみたいでしたがどれも釣果に繋がらず潮が止まりはじめたので海峡筋を攻めることに…
流し始めてすぐにトニーさんにヒット!
ロッドはバットから曲がり、かなり良いファイト! しばらくし上がってきたのは60オーバーの丸々太った真鯛!いゃ〜ほんと羨ましいです。
それから潮のタイミングを計り幾つかポイントを周りましたがどのポイントも結構バイトがある状況で全員が釣るまでそれほど時間はかかりませんでした。
そんな感じで船中、良い雰囲気で釣りをしていたとき、隣で釣っていたノブリンに、バイト!しかし直ぐに放されてしまいましたがそのまま巻き続け5、6mほど誘うと再びバイト!
今度はフックアップに成功しロッドが良い曲がりを見せたので私は自分のタックルをボトムから20mほど巻きとり船縁に立てかけノブリンのファイトにカメラを向けシャッターを切っていると「ボチャーン」とロッドが海の中へ…すかさず隣のハッシンが自分のタックルのラインをクルクルっと沈んで行こうとしている私のタックルに絡ませそのままリールを慎重に巻き取ってくれたですがハッシンのロッドティップから「トンッ」という感触と同時に重みが無くなりあえなく私のタックルは鳴門の海底へ…(号泣)
止めていたビンビン玉を何かが食ったかどうかは謎ですがしばらく放心状態で釣りをしてました。
しかしバイト取り損ねたり精神状態が悪いためお茶を飲みながら休憩し復活と共に立て続けに2匹釣り変なテンションのまま釣り続けました。
結果、なんとか5匹釣ることができ船中でも6人で18匹。終了までアタリもバラしも多くパタパタ釣れるといった感じで釣果は良かったのですが、いまいち的が…
例えば赤、オレンジ、白といろんなカラーやバイトしたレンジも幅広く、リーリングスピードもスローからファーストまでバイトがあり、いつものようにコレといったパターンが見えてこず、なかなか的を絞ることができませんでしたが、
唯一分かったのは今日は大きな鯛は時間帯に関係なく赤ネクタイに好反応ということぐらいでした。(鳴門ではよくある傾向です)
次は23日に同じく鳴門に行くので今日の流れのままならさらに良いパターンが見つかるよう今度は気合いを入れ直し頑張ってきます。
みなさんも置き竿にはくれぐれも注意してください!
08122101.jpg
08122102.jpg
08122103.jpg
08122104.jpg
08122105.jpg
08122106.jpg

ゴールドネクタイ

こんばんは、松本です。
最近、非常に問い合わせが多いのが、大塚氏がよく使用しているゴールドカラーのネクタイ。
あまりにも問い合わせが多いのでご紹介します。
こちら、「KANJI International(カンジ・インターネショナル)」さんのシリコンシートで「ゴールドラッシュ」というカラーです。(商品詳細HPはこちら
シート状なので、自分でカットしないといけません。
カットするためには、厚紙で既製のネクタイの型をとり、その型紙をシートに置いてロータリーカッターで切ります。(ロータリーカッターはこんなものです
ロータリーカッターを使うと型紙に沿ってなぞればいいだけなので、見映えも良く切り口の滑らかです。
みなさんもぜひお試しください。
08121601.jpg

「これが九州 玄界灘のタイラバだ」DVDを3名様にプレゼント!

先日発売になった「これが九州 玄界灘のタイラバだ」DVDを3名様にプレゼントします。(発売元のオフィスビッグワン様にご提供いただきました)
DVDの詳細はこちら
締め切りは2009年1月31日。当選者の発表はこのブログで2月上旬にいたします。発表の際は、お住まいの都道府県とお名前(名字のみ)をこちらで公開いたします。
応募方法は1)〜5)の必要事項をご記入の上、以下のアドレスに携帯電話もしくはパソコンからお送りください。※記入漏れがひとつでもあった場合は無効とさせていただきます。
1)郵便番号
2)ご住所
3)お名前
4)電話番号
5)九州で良く行く鯛カブラフィールド(もしくは九州で行ってみたい鯛カブラフィールド)
6)今後、鯛カブラDVDで収録してほしい内容
■応募先
2008082623334017085.gif

「これが九州 玄界灘のタイラバだ」DVD発売!

今年の秋に福岡の鯛カブラ船「飛燕さくら丸」で撮影された鯛カブラDVD「これが九州 玄界灘のタイラバだ」が発売されました。
08121500.jpg
飛燕さくら丸と言えば、私もお世話になっている九州でも数少ない鯛カブラ専門船。
釣果は半端じゃなく凄いです。
先日、発売元のオフィスビックワン様よりサンプルをいただき拝見させていただきました。
テレビや市販のDVDに比べ、圧倒的な釣果を叩き出し、鯛カブラの解説ほぼそっちのけ!(ちゃんと解説もしていますよ)で釣りまくっています。
このDVDで使われているヒットルアーはタングステンカブラのビンビン玉。
ビンビン玉の凄さもさることながら圧巻は、ひとつのビンビン玉に2枚の真鯛がヒットするシーンや、青物との格闘、最後にハチマルとの壮絶な闘いなど最初から最後までとても内容の濃いおすすめのDVDです。
初心者の方からベテランの方までお楽しみいただける1枚となっています。
ご購入はこちらから。
08121501.jpg

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月14日、今週は加太に行ってきました。
6時集合だったのですが朝5時過ぎに港に到着。
先週の寒さが嘘のように、気温も9℃と、この時期としては暖かく寒さに弱い私にはうってつけの釣り日和だったのですが外は小雨…
予報では明け方には雨も上がると言うことなので、早速、気合いを入れ準備に取りかかった。
6時過ぎ、出船し港を出ると少しウネリがある。
出船には全く問題ないのですがウネるとあまり良い釣果に恵まれない鯛カブラ、今日一日どうなることやら…
船を10分くらい走らせ本日一つ目のポイントに到着。
水深30mの砂底に漁礁が数多く点在するエリアでこの時期の定番ポイント。
雨は次第に弱まってきたが雲のせいで、朝焼けも無く、まだ夜といった暗さの中スタート。
まだローライトなので、まずはビンビン玉45gオレンジネクタイにパールスカートをチョイス。
魚探には時折、ボトム付近に弱い反応が出る程度。
「まだ暗いんかなぁ?」と思いながら釣っていると私の背後で釣っていたハッシンに気配を感じ振り向くとロッドがギュイーン!と曲がってるはないですか!
本人は至って冷静…この男、冷静とかクールと言う文字とは縁遠く、多分、眠たかっただけだろう(笑)
しかしファイト中も無駄の無い動きでやり取りをし、暗闇から海面に姿を表したのは57cmのグッドサイズ!
本人もここまでのサイズと思ってなかったみたいで喜びながら目を覚ました。 
しばらくし、空が白み始めたころ周りの船でもタモが入りだし一気に活性が上がりだした。 
しかし、私にはバイトすら無い(涙) カラーが悪いのか?スピードが違うのか… 空も厚い曇に覆われてるものの時間と共に明るくなってきたので、ここで曇りに強いゴールドのネクタイにチェンジ。
するとすぐにバイト! カッカッといつものようなバイトではなく軽くジャレつくようなバイトで祈るようにリーリングし続けるとゴン!っとロッドを持つ手に重みが乗ったのでそこでフッキング。
何とかフックアップは出来、上がってきたのは35cmと可愛いサイズ。ネットに入れた瞬間にフックが外れ間一髪でした(焦)
その後、11時までの間、同じエリアで過ごしたのですがバタバタ釣れると言うよりダラダラ一日中釣れると言った感じでサイズもあまり伸びなかったのですが何とか4匹釣ることが出来ました。
今日の総評はウネリのせいで一時的に活性が低かったのかネクタイの端を甘噛みするような小さくモタッとした弱々しいバイトが多かったので小さなバイトを取るため集中できるジャッカル ポイズンオーシャンTKC-63MLCに助けられました。
それと私の中でシークレットにしていたのですが今日のように弱々しいバイトを効率よくフックアップに持ち込むためアイテムを今日は特別に紹介しましょう。
それは… フックに秘密があるのです。ビンビン玉のノーマルのフックでも、一つ大きなフックでもいいのですが、このフックをマジックなどで黒く塗ってしまうのです。これだけでフックアップできる確率が上がるのが体感できるはずです。
フックの形状や黒く塗る理由などは来年1月に出版するSW2月号に詳しく書きましたのでよかったら見てください。
とにかく黒く塗って釣りに出かけてみてください!
それではまた来週!
08121401.jpg
08121402.jpg

この冬オススメの防寒グッズ

こんばんは、松本です。
ここのところ、冷え込む日は半端じゃなく冷え込みますね・・・
朝、船のデッキの上が凍ってたりします。
そんな寒い日の釣行を快適にしてくれるこの冬オススメの防寒グッズをご紹介します。
まずはグローブ。
タイタニューム・αと言いまして、チタン合金のフィルムを使用しているものです。
見た感じ、とても薄いので「本当に温かいの?」と思いますが、装着すると手に汗を握るくらいとても温かいです。高価ですが、オススメのグローブです。
「チタン合金のフィルムを使用」をキーワードにグローブを探してみてください。
08121001.jpg
08121002.jpg
次にインナー。
昨年はユニクロの「ヒートテック」が大活躍しましたが、今年はそれを超えるものを購入しました。
ミズノ社製の「ブレスサーモ」です。
体から発生する「汗」を熱に変えてくれます。
お店で「ブレスサーモの素材に水をかけてみよう」とあったので、試してみると・・・なんとびっくり!カイロのように温かくなりました!!!
上下で12,000円ととても高価なインナーですが、ヒートテックを遥かに凌駕します!!!
08121003.jpg
最後に同じくミズノ社製の「ブレスサーモ」を使用したネックウォーマーとソックス。
08121004.jpg
これで冬の釣りがとても快適になりますよ!
ネットではアマゾンや楽天で購入できます。
ミズノブレスサーモの詳細はこちら

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
12月7日、本日は鳴門海峡に行ってきました。
二日前からの急激な冷え込みと波浪の為、出船も心配でしたが波高も1.5mと何とか治まったので出船決定!っとそこまでは良かったのですが、本日の最低気温は何と0度!今シーズン初の極寒の中、私は大の寒がりで、あったか下着を二枚穿き、防寒ブーツ、カイロ、チタングローブと完全装備!
のはずが、首に巻くフリースを忘れ意気消沈。お先真っ暗って感じで港を出航しました。
港を出るとそこは、まさに冬(涙)演歌の似合いそうな景色に心折れそうになりながら本日もスタートフィッシング。
まずはビンビン玉60gで水深70mの砂底と岩礁帯の境をトレースする事に…
全身凍りつくような寒さに負けそうになりながらも、ひたすらリールを巻いてはいたのですが、なかなかバイトが無い!
まぁこの状況ですぐに釣れるのがミラクルなのですが…
気持ちを入れ直し次のポイントへ。
次に到着したのは水深80mの砂底。
潮の動き始めたばかりで尻上がりに良くなるのを期待してスタート。
するとボトムから20m辺りでバイト!
体はまだ温まっていなかったが何とかフックアップに成功!全く予想外?の出来事に戸惑いながらもニヤけつつファイトを楽しみ上がってきたのは50cmの寒さも吹き飛ぶナイスサイズ!
あぁ〜もう帰ってもいいとさえ思える嬉しい一匹でした。
その後すぐに、後ろで釣っていたナリさんにもヒット! ロッドが「ギュイーン」と曲がりかなり楽しそう。
しばらくし上がってきたのは55cmのメスの真鯛!
何か予想とは反して状況は悪くない感じを受けた。
2、3度流し直し空が少し曇ってきたのでゴールドネクタイをチョイス。
ボトムから20m巻き再びボトムに向かってファールした時、「フッ」とラインが止まり即アワセ!と同時にドラグが滑り夢心地(笑)先程よりいいサイズの引きを感じながらファイトを楽しみ上がってきたのは58cmと更にグッドサイズ。
その後このポイントで数回バイトがあったが潮が止まりはじめポイント移動。
2、3ポイントを釣ったがバイトがあるのみで釣果は上がらず再び朝入ったポイントへ。
すると、乗らないものの頻繁にバイトがある。
やはり今日はこのポイントが◎幸いこのポイントはあと2時間は潮が良いとのこと。
しばらくし本格的に潮速が上がると食いが立ったのかバイト自体が激しさを増し、船中所々で賑わってきた。
そんな時間を楽しみチャリコ〜40クラスを船中で数匹あげ、そろそろ潮が止まろうとしていた頃、前で釣っていた向井さんにヒット!
横で見ていても楽しそう。結構ドラグも滑り上がってきたのはジャスト60cm!ちなみにコレもゴールド。
と、ここで潮が止まりラストのポイントへ
ラストは50mの砂底。タイムリミット間近という事もあり、みんなラストスパート!結局、このポイントではバラしなどが多くあってナイスサイズは出なかったもの何匹か釣ることができストップフィッシングとなりました。
今日のような一見過酷な状況でもやってみないと分からないところがこの釣りの止められないとこですね。
これからまだまだ寒くなりますが皆さんも寒さにめげずに鯛カブラに行ってみてください。
08120801.jpg
08120802.jpg
08120803.jpg
08120804.jpg
08120805.jpg