福岡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
5月23、24日の二日間、福岡の飛燕さくら丸さんに遊びに行ってきました。 プリスポーンと潮のタイミングを計り半年前から予約し今回の釣行に挑みました。
その甲斐あってか結果から言って夢のような二日間を味わってきました。 両日とも風とウネリが強く釣りにくかったのですがビンビン玉100gの速いフォールスピードのおかげで底取りもバッチリ!ストレス無く釣りをすることができました。
全体的には数は出なかったのですがサイズは超ド級!ナナマルなんて当たり前!今回のブログは敢えて多くを語る必要も無いでしょう(笑)とりあえず写真を見てください!
09052801.jpg
09052802.jpg
09052803.jpg
09052804.jpg
09052805.jpg
09052806.jpg
09052807.jpg
09052808.jpg
さらに圧巻は常連の磯さんが上げた93cm10kg! 私自身キュウマルを生で見るのは初めてで言葉にならない迫力がありました。(羨まし〜!)
09052809.jpg
まだまだ間に合います! 行けるチャンスがあれば一度行ってみて下さい! ワールドレコードも夢じゃないですよ(笑)

鯛カブラについて語る〜便利グッズ編〜

こんばんは、松本です。
いよいよ「鯛カブラについて語る」シリーズもこれで最終回。
日々皆様にいただくご質問に私達がお答えするという形でスタートさせていただきました。
このブログも3年目に突入しましたが、ブログというツールはどうしても記事がどんどん埋もれてしまい、初めて鯛カブラをされる方が今初めて「鯛カブラ.com」をご覧になっても、探したい情報がどこにあるのか分かりにくい!という声もいただいています。
このサイトにある「釣り方ページ」も2007年に作成したもので、少し情報が古いので近いうちにこのページをリニューアルしますね。
さて、本題から少し話しがそれてしまいましたが、最終回!便利グッズのご紹介です。
便利グッズと言っておきながら、その他のおすすめ商品もございます。
それでは、私が日々使用しているものやおすすめのアイテムをご紹介します。
<鯛カブラケース>
■ジャッカル「鯛カブラケース」
09051501.jpg
09051502.jpg
ビンビン玉の45g/60gサイズが収納できます。
■ArmsFactory「鯛ラバージグ専用ケースM2」
09051503.jpg
09051504.jpg
最近発売された新製品で、先日購入してみました。
ビンビン玉の45g/60g/80g/100gサイズが収納できます。
■ArmsFactory「鯛ラバージグ専用ケース」
09051505.jpg
09051506.jpg
ビンビン玉の45g/60g/80g/100gサイズが市販のカブラ収納ケースの中で一番多く収納できます。
※ジャッカルのシールは私が貼付けたものです。
■ネクタイ、スカート、アシストフック収納ケース
09051507.jpg
いろいろなメーカーからたくさんの種類が発売されています。
私は釣行にたくさんのネクタイとスカート、スペアフックを持って行くので大きめのケースに収納しています。
■プライヤー
09051508.jpg
先端がスプリットリングを脱着しやすい加工をしているものです。
ビンビン玉やジグのスプリットリングを脱着する時はもちろん、魚に掛かったフックを外す時も重宝します。
■オーナー「PEウタセ真鯛」
09051509.jpg
ストレートタイプの針先で、太いアシストラインでもすっぽ抜けることがない大きめのタタキを採用したフックです。
ビンビン玉に標準装備されているもので、私は11号と12号もしくは12号と13号の組み合わせを、それぞれ状況に応じて使い分けています。
■よつあみ「シーハンター10号」
09051510.jpg
アシストラインにおすすめのシーハンター。
サイズは10号を使用しています。
■パーツクリーナー
09051511.jpg
リールに付着した古い油を綺麗に除去してくれます。
グリスアップの際は、グリスアップする部分をパーツクリーナーで洗浄してから行うと、さらに回転力がアップします。
■グリス
09051512.jpg
リールオイルです。
私はスミスのIOS-02を愛用しています。
■バリバス「PEにシュ」
09051513.jpg
PEラインを保護するだけでなく、すべりを良くするため、カブラのフォーリングやキャストの際の「PEラインの引っ掛かり」トラブルが減り、スムーズにラインが出ます。
■カンジインターナショナル「シリコンシート」
09051514.jpg
シリコン素材初(だったような?)のシートです。
ここ最近の人気カラーは「ゴールドラッシュ」。
昨年の発売当初から、すぐに結果の出たカラーをラインナップしています。
型紙です。
09022700.jpg
こちらの型紙ですが、以下よりダウンロードしていただけます。(PDF形式/サイズはカンジインターナショナルのシリコンシートにぴったりのサイズです)
タイプ1のダウンロード
タイプ2のダウンロード
ネクタイやスカートの自作方法はこちらをご覧ください。
■スタジオオーシャンマーク「オーシャンクリップ」
09051515.jpg
釣り上げた魚を持ち上げたり、移動させる際にこのクリップで魚の口を挟みます。
魚の重量も計測できますよ。
■PEライン専用ハサミ
09051516.jpg
通常のハサミとは違い、刃にギザギザの加工がされています。
滑りやすいPEラインを切るための専用ハサミです。
■シャウト「ジガーバッグ III」
09051517.jpg
ウォッシャブルタイプのバッグで防水性に優れ、鯛カブラケースやリールなどを収納するのに便利です。
■シャウト「エクスペディションバッグ III」
09051518.jpg
ウォッシャブルタイプのバッグで防水性に優れ、鯛カブラケースやリールなどを収納するのに便利です。
ジガーバック IIIよりも一回り大きく、より多くのものが収納できます。
■シャウト「ボビンノッター」
09021107.jpg
非常に簡単に結束でき、かつ強度も申し分ないノット「PRノット」を施すために使用します。
こちらから「ボビンノッター」の詳細や、結束方法解説ビデオの試聴が可能です。
■MC WORKS「PR BOBBIN II」
09021108.jpg
こちらもボビンノッター同様、PRノットを施すためのツールです。
こちらから「PR BOBBIN II」の詳細をご覧いただけます。
以上ご紹介させていただいたアイテムは以下のサイトでお求めいただけます。
鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
5月16日、今回は鳴門に行ってきました。
午前6時に港を出船。一つ目のポイントは水深60mの漁礁エリア。 空は曇っているのでまずはビンビン玉60gのゴールドネクタイからスタート。
潮速も良く何度か流したのですがバイトなく気配がないのでポイント移動。
次のポイントは所々に岩がある水深70mの砂底。先ほどのポイントも潮色はクリアーだったがここは更にクリアーだったのでネクタイをレッドにチェンジ。 二流し目に「カッカッカッ!」とバイト。ティップがグッと入ったところで大きくフッキング。ファイトは上品で心地よい! しばらくし上がってきたのは50cmのナイスサイズ。 フックは深く刺さって活性は悪くなさそう。
しばらくして後ろで釣っていた正部さんにヒット! ロッドはキレイに曲がり時折ティップが「クンクン」とお辞儀をし楽しそう! しばらくし上がってきたのは45cmの真鯛。丁度食べごろで美味しそうでした。
ここからしばらく沈黙の時間帯に入り船中、暗いムードだったのですが増田さんにヒット!ビンビン玉60gのゴールドネクタイ。 サイズは30cmと小さめですがバイトの少ない中の一匹にニンマリ!
ここからパラパラですが釣れ出し私も50cmとチャリコをゲット! 最後は義兄さんがロクマルを釣り上げ終了!
鳴門をはじめ関西圏ではプリやアフターなど産卵に絡んだ真鯛が混成し日ムラがあり少し釣りづらいのですが来月に入りイワシなどのベイトが入れば一気に活性が上がり釣りやすくなるでしょう。
そろそろ鯛釣り本番! 初めての方やビギナーの方はイワシの動向をチェック!イージーに大鯛の釣れるチャンスなんで一度行かれてみては…!
09052101.jpg
09052102.jpg
09052103.jpg
09052104.jpg

ビンビン玉フッククイック交換システム

こんばんは、松本です。
ビンビン玉45gと60gですが、クイックスプリングのおかげでネクタイやスカートの交換がスピーディーに、かつ見た目も綺麗にできます。
フックの交換の際もクイックスプリングで簡単にできるのですが、さらに簡単にできる方法をご紹介します。
まずは、そのシステムを使用したビンビン玉45g。
09051401.jpg
見た目は「どこが違うの?」という印象だと思います。
では、ちょっと種明かし。
09051402.jpg
丸で囲んだ部分をよーくご覧ください。
ちょっとまだ分かりにくいですかね?
では、クイックスプリングを外して、スカートとネクタイを取ってみましょう。
09051403.jpg
09051404.jpg
これでお分かりですね。
クイックスプリングに金属パーツをつけて、それにフックを装着しています。
では、このクイックスプリングの装着方法をご説明します。
まずビンビン玉のクイックスプリングにネクタイを装着します。
09051406.jpg
次に材料を用意。
DECOYから発売されている「GP Ring」の3番サイズを用意します。
09051405.jpg
それをスカートの上にくるようにして、図のように装着します。
09051407.jpg
そしてネクタイを装着しビンビン玉にクイックスプリングを装着します。
09051409.jpg
次に「GP Ring」にフックを装着するのですが、フックは8の字に結ぶ位置を通常よりフック側にします。
09051408.jpg
アシストラインを「GP Ring」に通します。
09051410.jpg
この時、結びコブは通さないようにしてください。
通すと、アシストラインを引っ張る際に「GP Ring」に引っかかり余計な力を入れないと抜けないため、フックが手に刺さるなど怪我の原因になります。
「GP Ring」から出た輪っかにフックを2本通します。
09051411.jpg
そしてそのままフックを手前へ引き、アシストラインを「GP Ring」に締め付けます。
09051412.jpg
完成です。
09051413.jpg
フックを交換する際は「GP Ring 」に締め付けたアシストラインを緩めてフックを外すか、面倒ならハサミでアシストラインを切断し、新しいフックを通して装着すればOK!
これで、今までフックを交換する度にクイックスプリングを引き抜いていた作業がなくなり、よりスピーディーかつ手軽にフック交換ができます♪
「GP Ring」や「アシストライン」「フック」は以下のサイトでお求めいただけます。
鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ

岡山鯛カブラレポート

当サイトユーザーの長原様より久しぶりにレポートをいただきました。
昨日(5/11・月曜)・下津井沖に 鯛ラバ釣行に行って来ました。
釣り船はいつもの〜
下津井・松本2
港を出て僅か数分で凄い事に・・目の前の島すら見えない程の濃霧でした。
霧が晴れるまで、危険なので陸よりのポイントでやってましたが、反応はあるのに、船中4名共にノーバイト・・時間だけが過ぎました。
霧も少しずつ晴れだしたので〜船長の判断で〜沖に移動開始!。
早速〜朝一に行く予定だったポイントに・・5艘程すでに来てるし?どうやってあの霧の中来たのだろうと船長としばし雑談してると、ふと?・・隣の〜N川君を見ると・・・格闘してました(笑)
見事なお腹パンオパンのロクマルの真鯛でした。
その後ハニータイムに突入〜!のはずが・・あれれ?・・続きません(><)
場所を諦めて〜拾い釣りをする事に・・良い反応の所ではアタリはあるが・・いかんせん!魚にやる気ナシの様でネクタイを齧っては逃げ齧っては逃げ我慢出来なくなり合わせると〜決まって!当然のごとく!『鯛バラー』(泣)
この後やっと私にも待望のアタリ・・何か?軽い・・ハイ!ウメちゃんでした。
〜松本2・船長のHPにも・・・特別出演してました(汗”)
N川君が快調にまたもやロクマル・そしてサンマル追加で合計3枚
後ろの方もヨンマルを一つ、その横の方にも高級魚の「あこう」が・・
このまま時間だけが過ぎてN川君のワンマン・ショーで終幕を迎える事に彼は何故か?私と一緒に来ると〜○ボーなしのラッキーなヤツでして(笑)
もうこの時点で〜私の心と体はボロボロに〜・・立ち直れない〜〜(大泣)
時間的に見て最後の一流しかな〜?って。この後!ぬぁ〜んとドラマが・・天は私を見捨ててなかったんですよ〜気持ちを切らさずに集中して・・着底して糸ふけを取ろうとハンドルを廻したと同時に強烈な締め込みが・・浅い30Mラインでのヒットだったんで〜結構ドラグも硬くしてたのに〜
巻いても巻いても!PEラインが出るし〜(汗)・・もしや?大物の予感?
いや〜?久し振りだったんで〜サイズなんて!ど〜でもいいし・・(笑)
何とか!最後の最後の一流しで奇跡の〜68cmが掛かってくれました。最後まで諦めずにやってて良かったです。(泣)
ノッコミも〜もう終盤ですね〜と船長も言ってましたが、次回は〜数釣りのシーズンに入るんじゃないかと期待して月末釣行に再度挑戦して来ます。
☆・・本日の〜4名の釣果です。
私のヒットルアーは『ビンビン玉・オレンジシルバー 45g』
その他の方も殆んど『ビンビン玉』でした。
☆・・濃霧に行くてを遮られドタバタの中で〜 食い渋りのこの時期
大型ばかりのこの釣果は〜特筆モノ!じゃないでしょうか!!
流石〜松本船長の凄腕を垣間見る本日の釣行でした。
09051305.jpg
09051306.jpg

明石鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
5月10日、今回は利弥丸さんにお世話になり明石海峡で遊んできました。
6時半、港に集合。今日は贅沢にも4人でチャーター!逆に広々して落ち着かない(笑)
午前7時、港を出船。15分で最初のポイントに到着。
水深60mから緩やかに浅くなる砂底でこの時期の定番ポイント。すでに何隻か釣りをしていた。
早速、釣り開始!まずはちりめん(シラス)がちらほら出てきたと言うことでビンビン玉60gのオレンジネクタイにパールスカートからスタート。すると他の船から「今、真鯛上がったよ!」と無線が入り気合いが入る!
しばらくボトムから15mの範囲を狙い、いろんなスピードを試しながら反応を見ていたのですが全くバイト無し(涙)何もヒントがなく困っていると背面で釣っていた平野さんにヒット!
「サイズはどうですか?」と聞くと「大したこと無いよ」と言いながらも表情は楽しそう!お上品な引きを楽しみ上がってきたのは30cmの真鯛。平野さんに聞くとスタートしてからバイトは4回あったらしい。
「マ、マ、マジですかぁ!」と驚きルアーを見せてもらうとビンビン玉60gオレンジネクタイにノーマルスカート。スカート以外、全く同じ(涙)未だかってスカートがパールとノーマルでこれほどの差が出たことがないのでスピードが気になり訪ねると「少し早めやったよ」とのこと。しばらく私も真似をしスピードアップしたが一向にバイト無し(涙)たまにだがその間も平野さんは数回バイトしているのだが…
しばらくし後ろで釣っていた山本さんにヒット! ルアーは平野さんと同じくビンビン玉60gオレンジネクタイ。リーリングスピードは、ややゆっくり。頭の中に?がいっぱい!(悩)いやいやこの状態が一番危険なことは長い釣り人生で何度も経験している。
他の釣り人の動向を参考にする事は大切だが考えすぎると… とりあえずカラーも変えずに平野さんの「バイトは多いがフックアップまでは…」というのを参考にフックアップ率を上げるためドラグを緩めに設定した。
すると今度は菊池さんにヒット!菊池さんは東京から来ており、先月も沖縄でキハダマグロの70kg級を釣るなど、いろんな釣りで日本中を釣り歩く釣り人で今日が鯛カブラ初挑戦。さすがに飲み込みが早くアッサリ釣り上げ、とうとう釣れてないのは私だけになりました(笑)
その後、またまた平野さんにヒット!そしてみなさんバイトが多く出はじめたとき、「カッカッカッ!」と今日初めてのバイト! ロッドが心地よくまがり「サイズも良さそう」真鯛独特の「グングン」という引きを楽しんで姿を現したのは45cmのきれいなメスでした。 お尻から黄土色の糞が出ていたことから、たぶんシラスを食べてるのだろう。数は少ないがサイズの良い真鯛はシラスの群れの北上と共に増えてくるような気がした。
ここで潮が緩みだしポイント移動。
次に入ったのは水深20mの岩礁帯。ビンビン玉45gのオレンジネクタイにチェンジし釣って行くも、弱々しいバイトが多い。スピードを落とすとバイトは若干強まったがフックアップには至らない。バイトも頻繁には起こらずアジャストのしようもなく、時間だけが過ぎゲームセット。
今回は、4人で6匹。頑張ればもう少し伸びたような気もしますが全員キャッチできて良かったです。
他の船で釣りをしていたアングラーも60cmを捕っており、ようやく明石海峡にも上り鯛がやってきました。これからシラスと一緒にグッドサイズが上がってきそうな予感!皆さんも日本一のブランド鯛を釣ってみてください。
09051301.jpg
09051302.jpg
09051303.jpg
09051304.jpg

福岡鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
5月6日、今回は福岡県の飛燕さくら丸さんにお世話になってきました。
ゴールデンウイークにまもなく突入の4月中旬、船長からの電話で「ノッコミ鯛が入ってきたよ!ゴールデンウイークにでも遊びに来て!」との吉報に浮き足立ち、すぐにでも行きたい気持ちでスケジュール帳を見てみると「ガーン!」 釣りや家庭サービスの予定でビッシリ(涙)
しかし、「こんなことで諦めてたまるか(笑)」の一心で無い知恵を搾り少し強引だったが嫁さんを説得し、ゴールデンウイーク最終日に「鯛釣り天国」の玄界灘へ行けることに…(イェー!)
釣り当日、悪天候のため出船が危ぶまれましたが無事、出船決定!
ポイントまで2時間半、キャビンで船長と地元アングラー磯さんと三人で鯛釣り談義に花が咲きアッという間にロングドライブ終了!「鯛釣り天国」に到着。
今日、一緒に鯛釣りを楽しむのは私の他5名で皆さん福岡在住の地元アングラー。先程、キャビンで話をしていた磯さんは、ほぼ毎週、ここで真鯛と遊んでいるそうだ(羨)
船長が魚探を見ながら船を停めスタートフィッシング!
水深90m、まずはビンビン玉80gのパールネクタイからスタート。開始早々、武市さんにヒット!ロッドはキレイに曲がりサイズも良さそう! さすが常連さん!手慣れたファイトで上がってきたのは70に手が届きそうなビッグサイズ!
するとすぐに磯さんもヒット! 「おぉーこれもビッグサイズ!」と言わんばかりにロッドが曲がりファイトも楽しそう! そのやりとりを横目に今度は徳丸さんもヒット! ロッドが曲がり気持ちよさそう!次々とヒット!ファイト、そしてランディングと船中お祭り騒ぎ! ビデオの早送りのような感じで釣れまくる(笑)
「カッカッカッ!」とうとう私にもバイト! タイミングを合わせフッキング!皆さんのようなビッグサイズでは、なさそうだがなかなか良いファイトをしてくれる。しばらくファイトを楽しみ上がってきたのは50cmクラス。
あまりにも皆さんの真鯛のサイズが良いのでこのサイズが小さく見えました(笑)常に誰かのロッドが曲がっているという「スーパーラッシュ!」が続き皆さん至福の時間を満喫。 毎回のことながら、この海域のポテンシャルの凄さを感じました(笑)
私も今度はビッグサイズをと少しリーリングスピードを上げ誘い、ボトムから40m付近で「ガガガガガ…」と暴力的なバイト!ズルズルとラインが出され、尋常ではない引きに大興奮!これが真鯛なら確実にメーターオーバー!何とか捕らないと!と思うのですが、ますます強くなるファイトに真鯛じゃないのが判った。
さらにラインが出され200m巻いていたラインの下巻きが薄っすら見えた(涙)何とかそれ以上ラインは出ることはなかったが十数分掛けて、せっかく巻いたラインも10秒程で出されたり、
何分も全く距離の縮まらなかったりなど少し心が折れそうになりながらもヒットして50分後、ネットをしてくれた船長と呼吸を併せ無事ランディング!姿を表したのはなんと87cm、9.7kgのクロマグロでした!
同船者の皆さんは私を気遣って50分もの間、釣りを中断してくれご迷惑をお掛けしました(涙)本当に良い人ばかりで御恩は一生忘れません!
しばらく放心状態でお茶を飲み、落ち着きを取り戻し釣り再会!やはり、なかなか集中力が戻らない(笑)
潮が止まり出したせいか、ここからしばらくの間、バイトが遠いたのですがこのまま終わらないのが玄界灘! 後ろで釣っていた末松さんにヒット!この魚をきっかけにラッシュ再会!
末松さんがランディングすると今度は隣の新井さんがヒット!ロッドが伸され結構な走りをしている!新井さんは今回二度目で釣りをしてまだ間もないとのこと。「おもしろいでしょ?」と私の呼びかけに「ハマりそうです!」と顔を歪めながらのファイトは周囲を和ました! しばらくファイトした後、姿を現したのは6.5kgのブリ! ネットに入った瞬間の嬉しそうな雄叫び?は今でも忘れません(笑)
その後、真鯛をはじめ次々といろんな魚種が顔を見せた!中には40cmを越すカサゴや60cmを越すマハタまでイケスは高級魚で溢れ船中お祭り状態! 私も64cmの真鯛を筆頭にいろいろな魚と戯れることができました。 しばらくラッシュは続き、最後は徳丸さんが真鯛で締めくくりお祭りも終了!
港に向け、またロングドライブし帰港した頃には日も暮れ辺りは薄暗くなっており子供の頃、仲の良い友達と遅くまで釣りをし帰った時のような晴れ晴れとしたきもちでいっぱいになれました。
今回、鯛釣りを通し、また新しい出会いがあり良いこと尽くめでした。船長をはじめ皆さん大変楽しかったです! またいつか一緒に遊んでやってください(笑)
09051201.jpg
09051202.jpg
09051203.jpg
09051204.jpg
09051205.jpg
09051206.jpg
09051207.jpg
09051208.jpg

鯛カブラトーナメント2009

こんばんは、松本です。
ご好評いただいております「鯛カブラトーナメント2009」の協賛商品が増えました。
当サイトでも自作のネクタイ素材としてご紹介しております、「カンジインターナショナル」さんよりシリコンシート(オレンジ/レッド/ゴールドラッシュの3色1セット)を6名様にプレゼント!
他にも多数素敵な商品をご用意しておりますので、どしどしご応募ください♪
なお、購入する場合はこちらから。
here.jpg

鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ登場!

こんばんは、松本です。
今まで、多数の方々に「鯛カブラ.comで紹介している商品やアフターパーツはどこで買えるの?」といったご意見をいただいておりました。
そこで、フィッシングエイト・エサ一番グループさんのご協力で「エサイチ・エイトオンライン」で鯛カブラ専門オンラインショップを開設していただきました!
当サイトでおすすめしている商品がオンラインでご購入いただけます。
またこの企画の開催を記念して、無料会員に登録し3,000円以上ご購入いただいた方は、決済の際、備考欄に「鯛カブラ.comを見ました。」とご記入いただくだけで合計400ポイントがプレゼントされます。
次回のお買い物の際、ポイントを使えば400円分の値引きがありますよ。
鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ

鯛カブラ新製品情報

こんばんは、松本です。
この春発売された新製品です。
まずは、ビンビン玉の限定カラー。
中央漁具とのコラボモデルです。
まずはブルーシルバー。
09051010.jpg
通常のラインナップではブラックブルーです。
次にチャートゴールド。
09051020.jpg
最後にパープルゴールド。
09051030.jpg
どれもいい感じのカラーですね。
早く試してみたいです(笑)
そして次はシマノから発売された炎月十六夜(いざよい)。
昨日放送された「釣りロマンを求めて」で佐々木洋三さんや児島玲子さんが使用されていたものです。
素材は鉛です。
09051040.jpg
最後にエギで有名なYAMASHITAから発売された花魁(おいらん)。
素材は鉛です。
09051050.jpg