鳴門鯛カブラレポート

こんにちは、大塚です。
6月28日、今週は鳴門海峡に行ってきました。
天気は曇りのち晴れ、波も穏やかで絶好の鯛釣り日和。ただ潮色が少し濁ってるのが気になる…
朝一、下げ潮が少し残っていたので潮が止まるまでの間、海峡近くのポイントを流すことに。
釣りはじめてすぐに本日最初のバイト!水深70m、ボトムから15mまでを探っていたのですがそのフォール中にラインが止まったので瞬時にラインを巻き、ややテンションがかかったところで生命感のある重みを感じたので、すかさずアワセを入れてやると「ジリジリジリ…」とラインが出る。ゆっくり「グングングン」と鯛独特の上品で重量感のあるファイトを楽しみしばらくして上がってきたのは60弱のグッドサイズでした。ネットで取り込みフックを外すときに口からクラゲを吐いた(驚)余談になりますが、この前、対馬で釣った真鯛も釣った後、同じようなことがあったので何かクラゲを補食する時期や行動があるのか理由はまだわかりませんが今後何かのヒントになるかも知れないので調べていこうと思います。
しばらく同じポイントをずらしながら流したのですがバイトもなく潮筋の方に移動。
潮筋近くにはやはりカタクチイワシの群が結構居ました。ただ、どうしても流れが複雑でボトムがキツい岩礁帯の為、カブラのロストが激しく、それにカタクチイワシも15cm以上の真鯛のベイトとしては少し大きいこともありすぐに移動。
次は水深60mの砂底に岩が点在するポイント。さすがに潮筋から離れたのでカタクチイワシの姿はない。一度見てしまうとカタクチイワシのいないポイントではテンション下がります(笑)
しばらくすると船中あちらこちらで「アタった!」「俺も!」と言った声が上がりだし、私にも「カッカッ」と小さなバイト。何とかフックアップに持ち込み上がってきたが20cmぐらいのかわいいチャリコ。フックをはずしてやりリリース。するとそこからしばらくプチラッシュ!45cmクラスのダブルヒットもあり船中はヒートアップ!
それでも三流しはなかなか続かないもの。バイトがなくなったのでまたまた移動。
次のポイントは水深70m砂底。イイ潮が走っていて二流ししたのですがバイト無し。潮がにごりを増したので、そこから岸よりの水深40mの砂底に移動。するとすぐにバイトがあり再びプチラッシュ突入!終了まで一流しにワンチャンスのペースでプチラッシュは続きサイズ、数ともに良い日になりました。
今回の釣行で今年も前半が終わり1月から毎週コンスタントに釣行した日数31日、釣り上げた数は83匹でした。去年やその前から比べると1日あたりの釣果はグンっと上がってきました。フック、ドラグ、ロッド様々な要因がありますが今まで通り自分が感じた釣果アップの秘訣みたいなものをここで書いていけたらなぁと思いますのでこれからもよろしくお願いします。
09063001.jpg
09063002.jpg
09063003.jpg
09063004.jpg
09063005.jpg
09063006.jpg
09063007.jpg
09063008.jpg

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
週末は久しぶりに明石へ行ってきました。
先週の大潮ではバチ抜けもあったようで、鯛も高活性!
ボコボコに釣れたという情報をキャッチし、チャレンジしてきました。
午前はプレジャーボートで出船。
09062901.jpg
幸先良く一流し目から45センチの真鯛がヒット。
今試している新カラーネクタイでのヒット。
玄界灘でも好成績なカラーだっただけに、さらに評価も高まりました。
それからチャリコを1枚追加すると、食いがバッタリと落ちてしまいました。
うーん、どうも潮の動きが小さい・・・
潮どまりにディープを攻めるも、同船者が45センチを1枚追加するのみ。
それからアタリはポツポツあるものの、全くフックアップする気配のないアタリばかり。
そのまま午前の釣りを早めに切り上げ、午後に期待する。
午後は利弥丸さんに乗船。
出船時は潮止まりだったので、まずは明石大橋の橋脚狙いに。
そこで同船者の鯛カブラにヒットした良型のアコウ。
09062902.jpg
橋脚では計3本のアコウがヒットしました。
夕マズメは一時青物狙いに。
その後、再びシャローで鯛カブラをするもチャリコが3枚を追加しタイムアップ。
非常に厳しい一日でした。
09062903.jpg
シャローを中心に攻めているのもあるのですが、最近の明石は時合が短いことが多く、その時合で確実に獲らないとあとはさっぱりということになってしまいます。
アタリが少ない時はどうしても集中力が途切れてしまいますが、なんとか集中を切らさず諦めないで頑張ってみてください。
きっと、魚は応えてくれますよ。
さて、今週は鳴門と岡山に行く予定をしています。
ちょっとハードですが、素敵なゲストと供にいろんなこと?を楽しんでみようと思っています。

探検丸(たんけんまる)

こんばんは、松本です。
みなさん探検丸(たんけんまる)という製品はご存知ですか?
09062104.jpg
FURUNOとSHIMANOが共同開発した製品で、なんと探検丸の親機を装備している遊漁船では、親機に映る魚探映像が、探検丸(子機)に無線でキャッチし映し出すというものなのです。
よって、船長が普段眺めている映像を手元でリアルタイムに見ることができます。
水深や底の状態をはじめ、ベイトやターゲットとなる魚の位置などの情報を得ることができます。
この情報があるとないのとでは、釣果も大きく変わってきます。
この探検丸は船縁に設置することができ(アフターパーツが必要な場合があります)、単三電池6本もしくはバッテリーで動作します。
私は高価で重いバッテリーではなく、単三電池を使用しています。
09062501.jpg
SANYOのエネループという商品です。
充電して繰り返し(約1,000回)使うことができ経済的な充電式乾電池です。
充電しておけば1年後でも使うことができます。
ちなみに充電時間ですが、私は「急速充電器セット」を使用していますので約220分です。
これを探検丸で使用した場合の駆動時間ですが、先日の福岡の飛燕さくら丸さんで使用した結果は約12時間でした。
丸一日フルに使用できますね。
探検丸の製品情報はコチラ
探検丸システムを搭載している遊漁船はコチラ

鯛カブラ解説ムービー

本日より4週連続で佐々木洋三さんの鯛カブラ解説ムービーが放映されます。
6月22日/ 其の一 タングステンと鉛の違いについて
6月29日/其の二 リトリーブについて
7月6日/ 其の三 タイカブラの巻き方
7月13日/其の四スピニングメソッドについて
放映サイトはこちら

福岡鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
二日目の20日も朝4時30分に出港。
今日のポイントは、昨日反応が良かった七里が曽根へ。
この日の潮は朝が勝負。
探検丸を覗くと、昨日と同じく50メートルラインにベイトの反応。
このすぐ下に鯛が付けばいい状態なのだが、今日は・・・
まずは根魚のアコウ。
09062201.jpg
アコウが吐き出したベイト。
09062202.jpg
オレンジのネクタイにアクセントとして「アンサーカーリーテールの赤を装着」。
まさに「マッチ・ザ・ベイト」。
大塚さんは今日も好調。
好調というより、鯛を選んで釣っている?感じ(笑)
09062203.jpg
今日は真鯛の反応も良く、ベイトが映り始めたところに右上がりで鯛の反応がある。
そういう反応が出れば、誰かが真鯛を釣り上げるという状況。
そんな中、ピックアップ中にシャウトの小野さんにヒット。
09062204.jpg
ツナ引きのシーソーやりとり。
09062205.jpg
そう、正体はアイツです(笑)
09062206.jpg
アンサーを襲ったのはヨコワ!
ライトタックルで、シビれるやりとりでしたね。
09062207.jpg
表層〜中層に反応が出れば青物。
フォーリング中、ピックアップ中、巻き上げからフォールに入った瞬間にヤツは襲ってきます。
同船者の磯さんの鯛カブラにもマグロが襲いかかり、コチラはあえなくラインブレイク。
ちなみにこの日は、さくら丸さんの友人の「武蔵丸さん」で15キロのマグロがビンビン玉で捕ったという情報が入りました。
実は前日、武蔵丸の宮本船長と夕食をご一緒したのですが、「ベイトが小さくマグロが頭を出せども、なかなかジグやプラグにアタックしてこない」という話を聞いていました。
そんな中、鯛カブラはコンスタントにバイトに持ち込むことができるようで、鯛以外の豊富な魚種が釣れるルアーだけにマグロにスイッチを入れる「何か」を持っているんでしょうね・・・。
さてさて、少し話がそれましたが小野さんに本命!?
09062208.jpg
ほんとこの二日間はいろんな魚を釣りましたね(笑)
09062209.jpg
なぜか私達二人には遠かったこの魚(笑)
えっ、二人?
そうです、やらかしてしまいました・・・
私のみ鯛が・・・
イチから出直します。
さて、この七里が曽根ですが厳しい中でも、少しいい反応があればそこで鯛は食ってきました。
産卵後ということで活性も低く、大塚さんによるとアタリもイワシを食っている本来のアタリではないということから、イワシのベイトに鯛が慣れれば一気に活性は上昇するのではないかと思います。
今年はこの地域では産卵が早かったために、例年ならまだ良いはずの状況が今年は食いが落ちるのも早かったようです。
で、あれば、これから状況も上向きになっていくのではないでしょうか。
イワシがベイトになった時の鯛カブラはおもしろいですよ!
これからが楽しみですね。

福岡鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
18日の夜、大阪を出発し向かったのは九州。
19日の朝4時30分に出港し、向かったのは・・・
09062102.jpg
対馬!
3時間のロングドライブでした。
そして今回お世話になったのは、
09062101.jpg
毎度おなじみの飛燕さくら丸さん。
今回同船したのは大塚さんと、
09062103.jpg
シャウト!フイッシャーマンズツールの小野さん!
シャウトさんと言えば、鯛カブラのアンサーをはじめPRノットのボビンノッター、人気のバッカン・ジガーバッグなどオフショアの釣りにかかせない人気グッズをリリースされているメーカさんです。
さて、事前情報では、久保田船長に「鯛が釣れないです・・・できれば延期してもらいたい」と今までの中で一番厳しい状況でした。
そんな中、強引にお願いし出船していただきました。
ポイントに到着すると、まずは探検丸をセット。
09062104.jpg
飛燕さくら丸さんには探検丸が装着できます。
準備を終え船を流していると、まずは大塚さんにヒット。
09062105.jpg
ですが、いつもと違うのは後が続かない。
アタリも少ない・・・
シャウトの小野さんのファーストフィッシュは良型のガシラ。
09062106.jpg
この厳しい中、大塚さんはさすがですね。
09062107.jpg
本日2枚目。
09062108.jpg
そして同船者の方にも。
09062109.jpg
アタリは少なく、厳しい一日でしたが釣れる鯛は良型で産卵後少し回復してきた個体でした。
途中はマグロのボイルも多発し、一時はそれを追いかけて狙ってみました。
しばしカブラを忘れた小野さんも大興奮でした(笑)
初日はいろんな釣りを楽しんで終了。
二日目はまた後日レポートしますね。

九州遠征に・・・

こんばんは、松本です。
昨夜はルアーショップ1BANで佐々木洋三さんによる鯛カブラセミナーが開催されました。
私も途中からセミナーに参加し、みなさんの質問に耳を傾けていました。
やはり、タックル選びやカラーの選択に質問が集中しておりました。
質問されると明確に「これだ!」という答えがないだけに、難しいですよね・・・
あ、だからみなさんも質問されるんですよね(笑)
さて、私は明日の夜から遠征に行ってきます!
大塚さんと某メーカーの方と福岡の飛燕さくら丸さんで鯛カブラを楽しんできます。
状況は、産卵後でイマイチ・・・本当に厳しいようです。
さて、この厳しい状況をどうすれば打破できるのか?
新しいテストアイテムも入手しましたので、試してまいります。
レポートを楽しみにしておいてくださいね。

明石鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
6月14日、今週は明石海峡に行ってきました。
今回は友人の印南さんのボートでの釣行で、いつも遊漁船で釣りをしている私にとってはポイント選びや、操縦しながらの釣りが出来、普段と違った楽しみ方が出来るとあって前々から楽しみにしていました。
当日の朝6時30分に淀川河口にあるマリーナを出航。船は一路明石海峡へ。途中、神戸の街並みを横目に見ながら一時間弱でポイント到着。いつもお世話になっている利弥丸の大窪船長に電話をして状況を教えてもらうと「もう二匹釣れたで〜!」と状況は良いようだ。
まずは下り潮がまだ残っていたので水深20mの岩礁帯を流すことに。少し西風に押されるので船尾を風上に向けながら時々クラッチを繋ぎ船を立てながら釣りをしていると「コンッ」と小さなバイト!全く針掛かりしそうにないバイトだったがスタートとしては悪くない。 三回程コースを変えながしたのですがその後バイトが無いためさらにシャローエリアに移動。水深15mの岩礁帯をキャスティングで攻めるのだがバイト無し。よく見るとこの前までいたイワシの群は全く見当たらない(涙)
そうこうしているうちに潮も緩くなってきたので次は水深60mラインを流すことに…ビンビン玉60gのオレンジネクタイにチェンジ。するとすぐに「カッカッカッ!」とバイト!気が入ってなかったのかタイミングがズレてフッキングミス(涙)操縦しながらの釣りに翻弄されてます(笑)
その後一流しに一回バイトはあるもののサイズが小さそうでなかなかフッキングに至らない。そこでロッドを今秋発売予定の3本のジャッカルポイズンオーシャンの中で一番ライトアクションのプロトタイプにチェンジ。このロッドはカーボン製で曲げていくと初期段階ではティップが素直で柔らかく、さらに曲げていくと強いバットが印象的で不意の大物にも対応できる一本です。早速「カッカッカッ!」とバイト! ティップがキレイに入り込んだところでフッキング!「グーン」と重みが乗り心地よい引きが伝わる(笑)難なく上がってきたのは35cmの可愛い真鯛。
するとすぐに印南さんにヒット!結構イイ引きをして、かなり楽しそう。しばらくし上がってきたのは45cmの良いサイズでした。釣ったのは私と同じビンビン玉60gのオレンジネク
タイ。レッドからオレンジにチェンジしたらすぐに食ってきたみたいです。この魚で波に乗った印南さん、すぐに二匹目をヒット!今度も先ほどと同じサイズ。この時、潮速は1.8ノット。釣れ始めたのが2ノットぐらいだったので潮が緩むに連れて陸の方へ流すルートをずらして潮速をキープする事に。しかし思いのほか潮が緩むスピードが早くアタリも無くなってストップフィッシング。
今回、いつも釣っている明石海峡で自分で操船して釣りをしたのですがいつもと違って奥の深い釣りが出来ました! あ〜いつかは持ってみたいなぁ〜マイボート(笑)
09061701.jpg

鯛カブラセミナー

こんばんは、松本です。
昨夜、フィッシングエイト本店で開催された鯛カブラセミナーに行ってきました。
セミナーの講師は佐々木洋三さん。
09061201.jpg
そして、高見勇さん。
09061202.jpg
セミナーの内容は、とても分かりやすく、初心者でも楽しめる内容でした。
鯛カブラに精通しているお二人に直接質問できる質問コーナーもあり、その後は講師のお二人が、それぞれのお客様にあったおすすめのロッドやリールなどもご紹介されていました。
セミナー後は講師お二人と食事に行って、鯛カブラについていろいろ情報交換してきました。
お二人とは7月上旬に某所へ鯛カブラツアーに出かける予定で、とても楽しみです。
さて次回は、大阪は梅田のルアーショップ1BANさんで6月17日(水)18:30から開催されます。
おすすめのセミナーですよ!