明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
明石に行ってきました。
最近の明石は青物の調子も良く、ツバスやメジロのジギングと鯛カブラの両方で釣りをするパターンになっています。
この日は潮が小さくタチウオやアジ狙いと鯛狙いで出船しました。
昼前までタチウオやアジを狙い、ようやくお待ちかねの鯛カブラに。
「サコド」と呼ばれる陸地から沖へ向かう潮がいい感じに効いている。
水深は20メートル。
沖に向かってキャスティング。
数流しすると、潮の重みが「釣れる」感じに変化する。
キャスト後、10数回巻き、フォールさせると「ゴン」と力強いアタリ。
上がってきたのは45センチの食べごろサイズ。
この日唯一の真鯛を仕留めることができました。
潮が良くなれば、まだまだ明石の真鯛は狙えます。
例年に比べ、状況はとてもいい感じです。
今週末あたり、また狙い目ですよ!
09092901.jpg

福岡の飛燕さくら丸さんよりレポートをいただきました

こんばんは。松本です。
みなさんシルバーウィークはいかがでした?
私は九州へ行く予定でしたが台風の影響で時化てしまい、結局行けませんでした。
さて、福岡の飛燕さくら丸さんよりレポートをいただきました。
なんと愛媛県在住のO様(女性)が、鯛カブラ初挑戦ですごいことになっています。。
ビギナーズラック!と書かれていますが、九州のビギナーズラックは半端じゃないようです・・・
以下、レポートの内容です。
鯛カブラ初挑戦で、福岡の飛燕さくら丸さんにお世話になりました。
鯛カブラで本当に釣れるのか半信半疑でしたが、ビギナーズラックのおかげで、40cm・75cm・83cmを釣上げることができました。
当日は出港も心配された強風の中、言われたとおりにリールを巻いていると、ひったくるようなアタリ、ドラグをどんどん出されて、しばらくやり取りしていると、ファーストヒットは残念ながらフックアウト。
「もう釣れないかもしれない」と思いながらも頑張って釣り続けると、今度もルアーが着底後巻き始めてすぐに目が覚めるようなアタリ!
船長のアドバイスどおり、しっかりとアワセを入れて、またドラグをどんどん出されましたが、根気強く巻き続け、他のお客さんに釣座を移動してもらったり協力もしてもらって、何とか釣上げることができました。人生初の鯛カブラでゲットした真鯛は75cm!
「初釣行では上出来」と誉めてもらえましたが、「もっと大きいの釣るぞ!」と頑張って巻いていると、次もリールを巻き始めてすぐにアタリ!!
「さっきのより大きい!」と言っても、周りのお客さんたちは笑って信用してくれません。
10m巻いてはまた10mラインを出され、全く弱る気配を見せません。
30分近くも巻き続けて上がってきたのは見たこともないような大きな真鯛でした。
無事船長の差し出すネットに無事収まったのは83cm6.9kg!!!
必死に巻き続けて、腕はパンパン。握力なくなって、しばらく手が震えていました。
初釣行にして夢のような結果でしたが、的確なアドバイスをいただいた船長や同船者の方に感謝します。
09092701.jpg
09092702.jpg

SALT WORLD VOL.78

こんばんは、松本です。
本日発売の「SALT WORLD VOL.78」に、佐々木洋三さんとご一緒させていただいた岡山の鯛カブラの記事が掲載されています。
初日の様子はこちら
2日目の様子はこちら
09091501.jpg
さて、 シマノフィールドテスター佐々木洋三氏と楽しむ九州・鯛カブラ交流会ですが、おかげさまで実釣は両日とも満船となりました。たくさんのご応募ありがとうございました。
17日(土)の鯛カブラセミナーはまだ空席がございます。
佐々木洋三さんのセミナーは私も何度かお聞きしましたが、とても分かりやすく、そしてユーモアたっぷりな内容です。
ぜひこの機会にお越しください。
今週末はシルバーウィークですね!
みなさんはどちらに行かれるのですか?
私は九州へ行く予定をしています。
台風の接近ががとても心配な毎日です。

明石鯛カブラレポート

こんにちは、大塚です。
9月6日、今週は利哉丸さんにお世話になり午後便で明石海峡に行ってきました。
まずは水深20mのポイントへ。
開始早々、「カツッ」とバイト! ん〜全くノリそうにないアタリ。活性は悪そー。
たぶん、この前来たときみたいにイワシの群がいないのとサバなどがいなくなっているのが原因の様な・・・
満ち潮の変わり初めに実績のあるポイントに入るといきなり「カッカッカッ」と勢いの良いバイト!フッキングをすると勢いよくラインを出す!「キタよ〜♪」と言った瞬間、ポロッ(涙) なんで〜!って感じでフックアウト(ハァ〜)
バラしたのでフックを交換して再び釣り開始。するとミヨシで釣っていた平野さんにヒット!楽しそうにファイトし上がってきたのは30cm強の真鯛。この状況で釣るとはさすが常連さんです!
その後しばらくの間、皆さん真鯛を掛けるもバラシばかりで活性の低さが分かるほどでした。
最後のポイントに入ってしばらくすると再び「カッカッカッ」とバイト!タイミングを測りフッキングにも成功!かなり竿先を叩き良いファイト!「ヒヒヒ、今度こそは!」と思った瞬間、ポロッ(ガーン)またもやバラしてしまった(涙)
フッキングしてから20秒ほど経っていてこのタイミングでバラすかぁ?と言う感じ・・・
結局、日も暮れ終了。半年ぶのボウズになってしまいました。
たまにはこんなんも良いかな(笑)
09091301.jpg
09091302.jpg

シマノフィールドテスター佐々木洋三氏と楽しむ九州・鯛カブラ交流会開催決定!

こんばんは、松本です。
2009年10月17日(土)〜18日(日)の2日間、シマノフィールドテスター佐々木洋三氏と九州・玄界灘で鯛カブラを一緒に楽しみませんか?
また、17日(土)は、佐々木洋三氏の「鯛カブラセミナー」を開催します。
鯛カブラ初心者の方はもちろん、上級者の方までお楽しみいただける内容となっております。
参加希望はこちらのページをご覧ください。
話は変わりますが、トップページを少しリニューアルしました。
近々、鯛カブラ.com監修「鯛カブラ解説」ページを公開します。
現在サイト内にあるコンテンツ「釣り方」のページを完全リニューアル。
最新の鯛カブラ事情を分かりやすく解説しています。
楽しみにしておいてくださいね!

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
今週も明石へ行ってきました。
先々週の爆釣の潮の流れ・時間が今週末も良く似た状況でしたので、この週末も爆釣するのでは?と思い期待に胸を膨らませての釣行となりました。
狙いはもちろん午後。
そして、キャスティングでのシャロー狙い。
ですが、どうもこの日は前回のような展開にならない。
潮の流れと夕暮れも同じなのに・・・
そう、この日は風が潮と逆。
潮の流れる方向に対して、船が逆に押される。
アタリは多いが、どうも乗らない。
そんな中、キビレが同船者にヒット。
090906001.jpg
でも続かない。
10メートルのスーパーシャローへ移動。
ここで、シマノの北島さんがスピニングタックルで推定ナナマルオーバーを掛けるも、フックアウト。
回収したカブラのフックはものの見事に伸ばされていました。
さすが、スーパーシャロー。
真鯛のファーストランは青物そのもの。
そして日が沈み始めた頃・・・
ドドーン!
090906002.jpg
やっちゃいました66センチ!
キャスティング→着底→リーリング→フォールでドン!
ヒットルアーはビンビン玉45gの松本レッド。
吐き出したベイトは5センチほどの赤いゴカイのような虫。
続いて私は2枚40センチクラスを追加。
そして松井さんにロクマル!
090906003.jpg
これで終了。
前回のようなスーパーラッシュにはならなかったものの、まだまだ明石は好調を維持していると思います。
明石のキャスティング鯛カブラ、楽しいですよ。

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
8月30日、今週は鳴門に行ってきました。
午前6時に出船し10分ほどで最初のポイント。
水深70mの砂地でちょっと離れたところでは漁師が鯛網で操業中。
まずは今秋リリースのビンビン玉零60gからスタート。
この前までイワシが群をなしていたのに数日前からは姿を消したみたいでテンション下がり気味(笑)その代わりにエビがベイトになっているらしいのでボトムから7、8mを重点的に攻める。
しかし…何の反応もない(涙)全くの生命感0!幾つかのポイントを攻めだのだが結果は同じ(ハァー)
そのうちに潮が止まり、転流し始めたと同時に弱いながらも「カッカッ…」とバイト。フックアップには至らないが一安心。これから潮が走ると共に釣れるだろうと思って頑張っていると同船者のひとりが真鯛を掛けた!
そこから大ラッシュ!
バイトは頻繁にあり、バラしも多かったけど次々と真鯛があがりサイズも60、70と大型が多く皆さん興奮状態(笑) いつものようにパターンなど無く何してもバイトがありハッキリ言って今回はブログに載せるネタは釣りましたよ的な事しかありません(笑)
てなことで今回は写真を楽しんでください。
09090601.jpg
09090602.jpg
09090603.jpg
09090604.jpg
09090605.jpg
09090606.jpg
09090607.jpg
09090608.jpg
09090609.jpg
09090610.jpg
09090611.jpg
09090612.jpg
09090613.jpg
09090614.jpg
09090615.jpg