九州へ!

こんばんは、松本です。
ここ数回、連続して天候に見離されていた私の九州遠征の呪縛がようやく溶けたようです。
金曜日の夜から最近絶好調の飛燕さくら丸さんに行ってきます。
土曜日1日だけの釣りですが、頑張ってまいります。
レポート楽しみにしておいてくださいね!

カンジインターナショナル「シリコンシートロング」登場!

こんばんは、松本です。
オリジナルネクタイを作成するのに欠かせないカンジインターナショナルのシリコンシートの新製品「シリコンシートロング」が10月末に発売予定です。
以下のバナーよりご予約・お求めいただけます。
鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ
09100901.jpg
さて、まずシートのサイズが現行の商品と比べて縦が約2倍の長さになっています。
旧)150mm×150mm
新)300mm×150mm
パッケージ裏面には鯛カブラ.comでダウンロードしていただけるオリジナルネクタイの型紙を付属!
今までは、2つのネクタイを1つにまとめて装着していたのですが、これが1枚でできるようになります。
次に、釣れ筋カラーが豊富にラインナップされました。
釣れ筋カラーと説明しましたが、これが今市販されているカラーを「若干変えたもの」ではなくパール加工やラメ加工を施し、他にないカラーラインナップになっているのが特徴です。
夏前からサンプルを使わせていただいていたのですが、それぞれの状況に応じて使い分けることで今までのカラーにない釣果を叩き出すことができました。
それぞれのカラーと私が実際に試した「この状況にはこのカラー」という経験を一足先にみなさんにお伝え致します。
なお、シリコンシートの正式カラー名称はまだ未定ですので、見た目のカラーで名称を私が勝手につけております。
実際に発売されるカラー名称と異なりますので、ご注意ください。
<メタリック系>
■ゴールドミスト
09100902.jpg
今や欠かせないカラーとなった人気のゴールドラッシュをベースにゴールドラメの含有量を最大までアップさせたカラーです。
ローライト時や濁り、イカナゴがベイトの時などは現行カラーであるゴールドラッシュ以上のアピールがあるのが特徴です。
今年の春に九州で劇的釣果をもたらせた「メッキフィルムネクタイ」に代わる新たな産卵前の大鯛キラーとなるカラーでしょう。
■シルバーミスト
09100903.jpg
透明のシートにシルバーラメの含有量を最大までアップさせたカラーです。
ベイトがイワシやキビナゴの時に威力を発揮します。
非常に青物が良く釣れたカラーでもありました。
<オレンジ系>
■パールオレンジ
09100904.jpg
今回ラインナップされたカラーの中で「一押し!」のカラーです。
手にした瞬間に「これは絶対釣れる!」とピーンときたカラーで、実際にとてもよく釣れました。
オレンジをベースに「ゴールドパール加工」をしており、見た目はオレンジながら、角度によりゴールドパールが輝きます。
やや濁りのある時や、オレンジがよく釣れる状況で他人と差をつけたい時に使ってみてはいかがでしょうか。
■コパーラッシュ
09100911.jpg
先のオレンジパール同様「一押し!」のカラーで、これもよく釣れました。
見た目はオレンジをややハーフスケルトンにしたカラーをベースにゴールドラメを散りばめています。
やや濁りのある時に有効なカラーです。
■オレンジ
09100905.jpg
現行商品にもある定番カラーのオレンジです。
<レッド系>
■パールピンク
09100912.jpg
濃い赤にパール加工したカラーです。
水が澄んだ時に有効なカラーで、通常の赤ではイマイチ食いが悪い時に使うと釣果がアップします。
赤が好きな私にはたまらないカラーです!
■レッドミスト
09100909.jpg
レッドのシートをベースに赤ラメを散りばめています。エビ・カニカラーというところでしょうか。
■レッド
09100910.jpg
現行商品にもある定番カラーのレッドです。
<ピンク系>
■ピンクミスト

09100908.jpg

ピンクに赤ラメを散りばめたカラーです
わずかに水が濁っている時や澄み潮でわずかにローライトな時に有効なカラーです。
■ピンク
09100916.jpg
現行商品にもある定番カラーのピンクです。
<その他>
■イカ墨スモーク
09100906.jpg
鯛カブラに黒のネクタイ?と思われる方も多いと思いますが、これが以外に釣れます。
明石などでは、春に海苔棚を撤収する際に海苔が流れ落ち、それを餌にする春の期間に有効なカラーです。
他に、岡山のミミイカパターンなど必ずこの黒がハマるパターンがいくつか存在すると思います。
未知の可能性を秘めたカラーです。
■蛍光ムラサキ
09100914.jpg
現行よりも含有量をアップさせたカラーです。
紫外線にあてると青白く光るパールホワイトのようなカラーです。
魚は人間には見えない300~400nmの紫外線を感知出来るため、日光の紫外線でも
十分その色彩変化を認識します。
また紫外線はかなりの水深まで届くため、 ディープの釣りにおいても効果は損なわれせん。
■チャートグリッター
09100907.jpg
現行商品にもある定番カラーのチャートです。
■グローゴールド
09100913.jpg
現行商品にもある定番カラーのグローゴールドラメです。
■ゴールドラッシュ
09100915.jpg
現行商品にもある定番カラーのゴールドラッシュです。
ネクタイのカラーにゴールドを定着させた草分けカラーですね!

ジャッカルバスプロスタッフ・ナカジーと鯛カブラを楽しみませんか!

11月14日(土)、15日(日)とジャッカルバスプロスタッフ・ナカジーこと中島成典さんと九州の飛燕さくら丸さんで鯛カブラを楽しみませんか?
ナカジーと言えば、ビンビン玉の名付け親!
バスフィッシングファンの方!ナカジーと一緒に釣りができるチャンスですよ!!
ご予約は飛燕さくら丸さんまでお願いします。
もちろん、私・松本も参加します!
※当日の天候が悪いと予想される場合は中止となる場合がございます。予めご了承ください。
※撮影カメラが乗船する予定です。撮影された映像や画像はお客様にお断りなく使用する場合がございます。
09102002.jpg

長崎鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
先日開催予定の佐々木洋三氏と楽しむ九州・鯛カブラ交流会に参加予定だった長崎県在住のI様より鯛カブラトーナメント2009のご応募をいただきました。
鯛カブラトーナメント2009の締め切りもあと残すところ10日です。
素敵な商品をご用意しておりますので、まだ応募されていない方はふるってご応募ください。
鯛カブラトーナメント2009の応募はこちらから。
以下、I様のレポートです。
この日は玄海灘での『鯛カブラ交流会』に参加予定でしたが、天候不良により延期との連絡を受け、慌てて友人のボートで鯛ラバ釣行に出掛けました。
日の出と共に出向しましたが前日からの強風でウネリが入っていて釣りをするにはなかなか厳しいコンディションです。
潮回りは大潮でただでさえ潮流が速い海域が更に激流と化していました。
普段なら流す度に何らかのアタリがあるのですがこの日に限ってはアタリが極端に少なく、数少ないアタリも超ショートバイト。
午前中には友人が50サイズの真鯛をキャッチするものの、私にはリリースサイズのチャリコが1枚だけ…
夕方が近くなりほとんど諦め気味で潮流のたるみになっている水深20M付近を流します。
水深は20Mとシャローなんですが、この潮流に耐える為に鯛カブラは90gを選択。(自作品)
そして数流し目で念願のアタリ!
これまではショートバイトばかりでしたが、今回はゴッゴッの前アタリからドーンッと一気にロッドを絞り込みます。
最初の走りでかなりラインを出されてしまい水深20Mなのにラインは30M以上出ている状態。
岩礁地帯なのでこれ以上はラインを出せないと思いドラグを少しづつ締め込んで回収にかかります。
しかし巻いても巻いても出されてしまう…
こんなやり取りをしばらく繰り返しながらようやくネットに収まりました。
これまでの自己記録は76㎝が最大で、今年の目標としていたのが80Over でした。
今回の真鯛は計ってみると、81.5㎝の5.4k!
今年の目標を見事にクリアする事が出来ました。
この時の鯛カブラは自作品の90g。
ネクタイはオレンジ、ラバースカートがピンク系の少なめVerでした。
フックは普段から愛用している、オーナー『PE ウタセ真鯛』の#11でした。
鯛ラバの釣りは単純過ぎるほど簡単…
それゆえに変化に対する引き出しが少なくとても面白い(難しい)と思います。
これからも色々な状況を経験し対応の引き出しを増やしていきたいところです。
09102001.jpg

佐々木洋三氏と楽しむ九州・鯛カブラ交流会の新スケジュール発表!

鯛カブラフィッシング第一人者であるシマノフィールドテスター佐々木洋三氏と、同氏が会長を勤める「Lure & Fly Fishing Club OPA」メンバーの方々、そして鯛カブラ.comの管理人・松本裕之と一緒に九州・玄界灘で鯛カブラを楽しんでみませんか?
実釣はもちろん、鯛カブラセミナーもございます。これから鯛カブラを始めてみたいという初心者の方や、レベルアップを目指している方もふるって参加してください。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
<主催>
鯛カブラ・鯛ラバ専門サイト「鯛カブラ.com」
<協力船>
・飛燕さくら丸(ひえんさくらまる)
・武蔵丸(むさしまる)
・大充丸(だいじゅうまる)
<商品協力>
株式会社ジャッカル
sasaki_kyusyu.jpg

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
1ヶ月の間、私事で釣りにも行けず悶々とした毎日を過ごしてましたf^_^;
皆さんはいかがお過ごしでしたか?
ではでは、いつものように釣行日記を…
10月12日、今回は鳴門海峡に行ってきました。
朝、6時に出船! 台風のせいか潮色はやや白く濁っている。
本日最初のポイントは水深50mのフラットな砂底エリア。
先ずはビンビン玉60gのオレンジネクタイからスタート。
しばらくしたとき「ヌーッ」と重くなる鯛らしきアタリがあったのだがそれ以上の強いバイトもなく去っていってしまった(ハァー)。
やはり台風の影響で活性が低そう。
しばらくの間、何度か同じようなアタリがありましたが全くフックアップできる気配無く…
それから、いくつ目かのポイントで同船者にようやくヒット!
そこから小規模ながらラッシュ突入!
サイズも揃ってみんなのテンションも最高潮!
しかし、私には全くバイトナシ(涙)
すると隣で釣っていた山本さんのロッドが海面に突き刺さってるではないですかぁ!
どんどん落ち込む私…
カメラを手に取り駆けつけるとまだまだ元気にファイト中!
しばらくし、白っぽい魚体を見せたのは70cmのメスの真鯛!
山本さん本人に聞くと三回連続で70cmオーバーを釣っているとのこと(ワォ)
それにしてもアタリすらない。
よくよく見ると、釣っている方は皆さん赤色のネクタイ!
私もすかさずチェンジ…
しかし、時すでに遅し。
周りも全くアタリがなくなりポイント移動…
ここから、これといったラッシュはなかったものの、ポロポロは釣れ、何とか皆さん喜ばれてました。
めでたしめでたし!
ちなみに私は、な〜んにも釣れませんでした(涙)
みなさんが喜んでる顔を見るのが何よりです(爆)
09101801.jpg
091018011.jpg
09101802.jpg
091018022.jpg
09101803.jpg
09101804.jpg
09101805.jpg
09101806.jpg

鯛カブラDVD発売決定!

今年の6月に撮影した明石海峡での鯛カブラ解説DVDが、10月23日(金)に発売されます。
当日の撮影状況はこちらをご覧ください。
私、松本とジャッカル・バスプロスタッフのナカジーこと中島成典さん、大塚氏が明石の利弥丸さんでキャスティング鯛カブラを解説!
撮影日は非常に厳しい状況でしたが、他の船が釣れない中、ロクマルを含む8枚の釣果を出しました。
タフな状況でバーチカルでは捕れない真鯛を釣っている、業界初のキャスティング鯛カブラDVDとなっています。
価格は税込2,800円。
発売元は琵琶湖バスフィッシング情報で超有名なサイトを運営しているブラッシュ(有限会社エルビィエヌ)さんです。
ご予約・お求めはこちらからどうぞ!
↓画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。