九州・玄界灘鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
初秋から天候に見離され、ことごとく出船中止になっていた九州鯛カブラ遠征。
鯛カブラシーズンも終盤を迎えた先週末、出船できる天候に巡り合えそうな予報に急遽九州行きを決意!
前日、前々日の釣果を船長に確認すると,、エビ餌のテンヤは好釣果であるがカブラにはほとんど反応しないとのこと。
テンヤ150枚に対し、カブラでは10枚程度・・・
カブラで反応がなければ、今月号のSALT WORLDでも紹介されていたワームでチャンレンジしてみようとビンビン玉を改良したものを準備しました。
20日の夜に大阪を出発し、21日の早朝に飛燕さくら丸さんの出港場所に到着。
集合時間前に、久保田船長から昨日ヒラマサの大物が上がったので見てみますか?という連絡があり、見せていただくことに。
釣ったのは武蔵丸さん。
ポイントは壱岐沖。
キャスティングで全長146cm、重量26.3kg、胴回り80cmのオオマサをゲットされたそうです。
写真撮影にご協力いただきありがとうございました。
09112501.jpg
09112502.jpg
オオマサでテンションも上がったところで、飛燕さくら丸さんに乗船。
風が強くて波が高く、釣り辛そうな状況。
ポイントへ向かうのにも一苦労。
ようやく到着したポイントは連日真鯛の反応はあるがテンヤでしか食わない場所。
この日は一応餌のエビも用意していたので左舷の3人はエビ餌をつけた鯛カブラで、右舷の4人は1人が餌で3人が鯛カブラという配置でスタート。
私は前2人が鯛カブラ、後ろ1人が餌という間に挟まれたちょうど真ん中の席でスタート。
※飛燕さくら丸さんは通常エビ餌の使用およびテンヤでの遊漁船はしておりません。
あえて、この日は私が乗船するということで、船長が餌でしか釣れない状況で鯛カブラが餌に釣り勝つ試練を与えたためです(笑)
6時30分待ちに待った九州鯛カブラがスタート。
09112511.jpg
09112512.jpg
探検丸をセットし電源を入れると、真鯛の反応が高感度!!!
50メートルの水深で底から10メートルまでの間に反応が出ている。
餌カブラでは早速真鯛が上がる。
やはり今日も餌しか反応しないのかと思いきや、鯛カブラチームにもヒット。
ヒットカラーはオレンジネクタイ。
09112509.jpg
私のタックルは、POISON OCEANのグラスタイプにカルカッタコンクエスト200DC。
PE0.6号にリーダーは12lb。
09112510.jpg
鯛カブラのカラーチョイスは、潮が澄んでいたのですが曇りというローライトの状況だったのでカンジインターナショナルのオレンジパールネクタイをセットし、スカートはピンク。
ネクタイの形状は、35-40cmのサイズが多い状況からカーリーテールをチョイス。
鯛カブラはもちろんビンビン玉。
60gハイアピールバージョンのオレンジシルバーを使用。
09112505.jpg
前2人の方のオレンジで良く当たっていたので、フォール&リーリングのタイミングをずらし真鯛を狙う。
数回のリフト&フォールで私にもヒット!
アタリは無数!!
40cm前後が多いものの、着底後5巻き以内に「トントン」というアタリが連発。
数枚釣ったところで、ビンビンテンヤをテスト。
ワームには反応がないため、禁断のエビを装着してみることに。
わずか1投でヒット。
09112503.jpg
やっぱり餌は凄いですね(笑)
09112504.jpg
ビンビンテンヤもなかなかの出来具合のようで、フックのセレクトなども問題なさそうです。
あえなくテストは終了し、再び鯛カブラに。
スカートがボロボロになるくらいアタリが連発。
なぜ前日や前々日に鯛カブラには反応がなく、餌のみにしか反応しなかったのでしょうか?
その理由はベイト。
この日はイワシの群れが入り、その後を追っていたフレッシュな真鯛が入ってきたこと。
その証拠に、真鯛が出す糞は茶色。
これが鯛カブラに反応するようになった原因だと思います。
さて、最大の潮が流れ60gでは少し底が取り辛い状況。
底潮が良く動いているので、水深50mだが約35mを過ぎたあたりから急にラインの出るスピードが上がる。
着底が分かりにくいので、ビンビン玉の80gに変更。
「グッー」と竿先を押さえ込んだあと「ゴンゴン」とティップが入る今までとは違うアタリ。
09112507.jpg
数分のファイトの末に上がってきたのはナナマル!
09112506.jpg
ヒットルアーはビンビン玉の80g。
ネクタイはカンジインターナショナルのパールオレンジにピンクのスカート。
09112508.jpg
玄界灘では普通のサイズですが、私にはとてもうれしい1枚でした。
午後になり、潮が転流。
食いが止まった潮止まりに食事を済ませ、潮の走り出しを待つ。
午前で二桁はすでに超え、次の目標は20枚。
「潮の動き始めに大鯛がどかーんと出ますよ」と久保田船長の言う通り、鯛カブラチームの同船者がフッキング後にとんでもないロッドの曲がり。
こいつは数秒と持たずラインブレイクで終了。
私も大鯛をフックアップさせるが針折れ。
09112524.jpg
私のドラグのセッティングは大鯛の可能性を考慮し、いつもよりも緩め。
チャリコサイズでもドラグが出て行くほどに設定していました。
針折れの原因は、おそらく真鯛の歯の硬い部分にフッキングし、噛み折られた?のではないかと思います。
この針折れはこの日、1回ではなく3回もありました・・・。
針を新品に交換し、数回のリフトフォールでまたもや私はナナマルをゲット!
同船者にもナナマルがヒット。
そして私に人生初となるマトウダイ。
09112518.jpg
さらに同船者に大鯛?
09112513.jpg
鯛?青物?
09112514.jpg
なんとなく青物かも???
09112515.jpg
長いファイトの末に上がってきたのは良方のヒラマサ。
09112516.jpg
ライトタックルでこれだけのヒラマサを釣り上げた方に拍手!
09112517.jpg
転流後、最大の潮がやってくる頃、私の釣果は既に20枚を超え次の目標は30枚!
船内はあわただしくなる。
09112523.jpg
ダブルヒット、トリプルヒットは当たり前。
09112519.jpg
鯛カブラチームにも良型がダブルヒット。
09112520.jpg
最大の潮が抜けてやや潮流が衰えた頃、曇りだった天気に晴れ間が覗いたので釣れ続けていたオレンジパールを松本レッドに変更。
そして・・・
数回のリフト&フォール後、着底の瞬間にフッと一瞬糸フケが出たためスイープにフッキングすると一気に走り出す。
緩すぎるドラグを親指でブレーキをかけながらファイト。
大鯛の可能性があるフィールドでは、ドラグ調整はご法度。
弱ったと思って油断していると一気に走り出し、ラインブレイクの原因となります。
本日最高のファイトは本日最大の真鯛。
09112521.jpg
78センチ。
09112522.jpg
ハチマルには一歩及びませんでしたが、狙い通りの展開でうれしい一枚。
間もなく潮が止まり16時にストップフィッシング。
さて、鯛カブラチームとテンヤチームの勝敗は・・・
09112525.jpg
鯛カブラチームは3名で42枚。
09112526.jpg
テンヤチームは4名で37枚。
09112527.jpg
船中7名で82枚。
そして、私の釣果は・・・
09112528.jpg
ナナマル3枚を含む24枚。
目標の30枚まで達することはできませんでしたが、爆釣でした!
しかし、玄界灘のポテンシャルは凄いものがありますね。
鯛カブラを始めようと思う方はもちろん、ステップアップを目指したい上級者の方にもおすすめのフィールドです。
これだけ釣れればいろんなことが分かりますよ。
翌日、私は佐賀へヒラマサを狙いに行ってきたのですが、飛燕さくら丸の久保田船長から連絡が入り
「午前中で十分に釣れました。雨が降ってきたので早上がりしました。」と。
結局爆釣はこの二日間で終わり、現在はまた餌に高反応という状況のようです。
今回の釣果アップのポイントですが、底潮が良く走り出すと着底が分かりにくくなり鯛カブラの重さを重くしないと底取りが難しい状況でした。
私も一時、ビンビン玉を60gから80gに変更したのですが、着底が明確にはなるものの鯛カブラの引き抵抗の重さが増した分、チャリコサイズのアタリが取り難くなりました。
この日のチャリコサイズは「トントン」でアタリが終わるパターンが多かったので、アタリと同時にフッキングしないとフックアップできない状況。
再び60gに戻すと着底は分かりにくいものの、チャリコサイズのアタリも明確となりフッキングも高確率で決まりました。
同船者がアタリがあるもののなかなかのらない中、私は順調にフックアップ。
この60gに戻すことが竿頭になる判断となったわけです。
さて、来週は佐々木洋三さんと再びこの地で鯛カブラ。
次回は30枚超を目指したいと思います。

お詫び

先日告知いたしました「釣りロマンを求めて」の内容に一部誤りがございました。
誤った内容につきましては、既に修正済みです。
関係者の方々にはご迷惑をお掛けいたしましたこと深くお詫びを申し上げます。

鯛カブラワーム

こんばんは、松本です。
今月号のSALT WORLDでも紹介されていましたが、鯛カブラを改良した一つテンヤにワームを装着し、真鯛を狙うことができます。
明石でもワームの実績があり、私はまだヒットしたことがありませんが今回の九州遠征で試してみようと思います。
写真はビンビン玉を改良した一つテンヤ。
09112005.jpg
これにジャッカルから発売されているパインシュリンプをセット。
09112006.jpg
このチューニングとワームの効果は???
セッティングともどもテストしてまいります。
結果が出るようでしたらチューニング方法などもご紹介させていただきます。

紀淡海峡鯛カブラ船のご紹介

私達が普段よく利用している紀淡海峡(加太)にて鯛カブラをさせていただける遊漁船のご紹介です。
関西近郊で冬場でも鯛カブラが楽しめる数少ないフィールドの遊漁船です。
■清海丸
■船長:石谷(いしたに)
■予約・問い合わせ先:090-5970-4241(受付時間:午前9時〜午後7時)
■料金:乗合1名12,000円(税込)・6名まで。チャーターは要相談。
■駐車場:あり(500円)
■出船時間:午前6時(季節により変わります)〜午後12時までの約6時間。
■集合場所:下記を参照

より大きな地図で 出船場所 を表示
09112004.jpg

紀淡海峡鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
ここ連日の九州遠征中止で鯛カブラに行けず、釣果レポートをアップすることができませんでしたが、先日久しぶりに鯛カブラに行ってきました。
行き先は「紀淡海峡」。
09112001.jpg
普段、大塚さんが良く行くフィールドです。
大塚さんも利用している「清海丸さん」に乗船。
近況の釣果が良かったので、期待も十分!
が、、みなさんもご存知のようにここ数日でめっきり冷え込み、冬の足音もすぐそこまで近づいています。
水温の低下が気になるところですが・・・
朝6時に港を出船。
友が島周辺の連日良い釣果を上げている水深約25メートルポイントでスタート。
潮は澄んでいたが、夜明け間もないのでローライト。
ネクタイはカンジインターナショナルの「シリコンシートロング・パールオレンジ」をチョイス。
ビンビン玉45gに装着しフォール。
2回目のフォール後、巻き始めにアタリ!
フックアップできたのはいいが、なんともかわいいサイズ。
上がってきたのは20センチの真鯛(笑)
なにはともあれ、久しぶりの真鯛をキャッチ。
幸先良いスタートに少し余裕も・・・
が、アタリは猛烈にあるものの、フックアップできそうにないアタリばかり。
「プルッ」「トン」とネクタイをかじる感じのアタリで、食い込んだり追いかけてくる気配が全くない。
ちなみにネクタイは無惨にも先の方だけかじられる状態に・・・
09111205.jpg
ネクタイのカラーを変えても、リーリングスピードを変えても同じ。
結局この後は、船長が30センチの真鯛を1枚と私がさらに小さい15センチ程の真鯛とホウボウをキャッチしてポイント移動。
ディープに移動する。
水深は約50メートル。
中層に良い反応が表れる。
が、ここでも苦戦。
先ほどのポイントと同じようにアタリがあるもののフックアップできる気配はなし。
船長はビニールで狙うも、触るアタリがあるものの鯛カブラと同じ状況。
なんとか船長が40センチを1枚あげるも、あえなくストップフィッシング。
なんとも厳しい一日でした。
帰りに漁協に寄ると、たくさんの船が出ている中、良型は2枚とどこの船も厳しいようでした。
09112003.jpg
さて、真鯛が浮く状況の釣り方を少し説明しましょう。
以下の写真では、水深20メートルから40メートルに反応があります。
09112002.jpg
この場合、2つのパターンで攻略できます。
まずは、リール1回転あたりの巻き上げ量から狙う水深を絞る方法。
例えば1回転あたり70センチとすれば、水深50メートルから20メートルと30メートル巻き上げる必要があるので、30メートル/70センチで約45回転巻き上げると、反応がある水深をカバーすることができます。
ただし、この方法だと反応がない50メートルから40メートルの「10メートル」も巻き上げるロスがでます。
このロスをなくすための方法として、ラインのマーカで判断する方法があります。
PEラインには水深が判断できる「マーキング処理」が施されています。
これを利用します。
PEラインの種類により異なるのですが、10メートルもしくは20メートルでカラーが変わる仕様になっていると思います。
よって、反応がある水深40メートルから20メートルをトレースするためには、10メートル間隔のマーキングであれば、4色分フォールさせ、2色分巻き上げることでカバーできます。
この方法だと、必要のない水深を巻き上げる必要がなく、リールの回転数を数える必要もないのでとても効率的ですよ。
浮き真鯛攻略のテクニック解説でした。
さて、明日夜から九州に向かいます。
土曜日、飛燕さくら丸さんに乗船してまいります!

鯛カブラトーナメント2009に関する重要なお知らせ

本年開催させていただきました「鯛カブラトーナメント2009」において、協賛メーカーである「フジヤマ」さんが倒産されました。
よって、協賛商品である<Spin Spray:10名様>および<Spin PertsCleaner:10名様>を、当選者の方々にお渡しすることができなくなりました。
やむをえない理由とは言え、商品の到着を楽しみにお待ちいただいておりました皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしました。
深くお詫び申し上げます。
鯛カブラ.com管理人 松本 裕之

ビンビン玉Typr-零(ゼロ)ヘッドカラーチェンジ用型紙公開!

ビンビン玉Typr-零(ゼロ)ヘッドカラーチェンジ用の型紙を公開しました。
カット方法はハサミがベストです。
型紙にステック糊を塗り、アワビシールなどの裏面に貼付けで型紙通りに切り抜くだけ!
これでオリジナルカラーが簡単に作れます。
型紙ダウンロードはこちらのページから可能です。
09111201.jpg

やはり今週も・・・

こんばんは、松本です。
明日夜からジャッカルバスプロスタッフのナカジーと一緒に九州鯛カブラに行こうと予定していたのですが、天候不良のため中止が正式に決定しました。
また予定を調整し、年内にナカジーと一緒に九州に行きます。
さて、ご好評いただいております釣り方ページですが、誤字脱字をたくさん発見しましたので修正しました。
お恥ずかしいことで申し訳ございませんでした。

カンジインターナショナル・シリコンシートロングに対応したネクタイ型紙ダウンロードサービスを開始!

こんばんは、松本です。
今週発売されましたカンジインターナョナルのシリコンシートロングに対応した、ネクタイの型紙をダウンロードできるようにしました。
形式/サイズはカンジインターナショナルのシリコンシート・ロングにぴったりのサイズです。
ちなみにカットする難易度は高いのですが、カーリータイプ(タイプ4)を追加しました。
夏からテストしていたのですが、シリコンの場合はゴムに比べて少し硬いのでアンサーのカーリーテールのような形状よりもタイプ4の形状の方が良く動きました。
片方のみカーリーで、もう片方はストレート(細)なので別々の動きをします。
もちろん、釣果はきちんと出ています。
カットはアートナイフを使いフリーハンドでしてください。
カット方法はこちら
型紙のダウンロードはこちらから。
l01.gif
l02.gif
l03.gif
l04.gif