再び九州へ

九州弾丸遠征に行ってきました。
今回は鯛カブラ、ジギングで五目釣りという目的で行ってきました。
贅沢にも二人で1船をチャーター。
10083001.jpg
今回のポイントは沖ノ島。
10083002.jpg
博多港から2時間弱で到着。
女人禁制で男性でも上陸できる日は限られている島全体がご神体という島。
まぁ、いろいろ釣れるもんです。
10083003.jpg
今回一番美味だったカツオ。
10083004.jpg
これ、ほんとおいしかったです。
沖ノ島で1人鯛カブラを楽しみましたが不発。
帰りに昨年よかった小呂島で鯛カブラをさせてもらうも、不発のまま時間が過ぎ雷雨となって終了。
10083005.jpg
相変わらずなにかといろいろ釣れるんですが、鯛が釣れません(泣
ま、二人にしては満足のいく釣果となりましたのでヨシとしましょう。

ジャッカルとシマノが業務提携

本日ジャッカルとシマノが業務提携を結びました。
鯛カブラの分野でも期待したいですね。
個人的にはカルカッタビンビンクエスト(略してビンクエ?)という名の鯛カブラ専用リールなどのリリースを楽しみにしたいです!
ちょっと先走っているかもしれませんが・・・
今後の動きに注目です!

ナカジーと行く明石鯛カブラツアー

先日ジャッカルプロスタッフのナカジーと行く鯛カブラツアーを明石で開催しました。
10082401.jpg
13時に垂水港を出発。
10082402.jpg
まずは鯛カブラの基本をレクチャーし、早速実釣開始。
早々にゆみちゃんにガシラがヒット!
10082403.jpg
普段、ナカジーガイドでバスフイッシングをしているだけに飲み込みが早いっ。
ナカジーにはなんとシオのダブルヒット!!
10082406.jpg
ビンビン玉を奪い合った結果でしょうね。
続いて本命。
10082404.jpg
ナカジーはいつも何か持ってますね。
今年は明石に来ればパーフェクトに鯛を釣っています。
岡山からはるばる参加してくださった光岡さんは良型をヒット。
10082405.jpg
先日松本釣り船2さんで同船して以来ですが、まさかナカジーツアーで再開するとは・・・
驚きました。
タックルもおすすめのPOISON OCEANにカルカッタコンクエスト100DCハンドル改良バージョンに一新しての参加でした。
そして船酔いで気分最悪の岡さんもガッツでヒット!
10082407.jpg
この日は南風が強くてとても釣りづらく、大変でしたね。
10082408.jpg
終ってみれば全員安打。
上出来でしょう!!!
え?私はガシラ1匹と空針でのツバス2本のみです・・・
言い訳ではありませんが、みなさんのおかず確保係に精を出しました。。。

鯛カブラのリールの話

最近鯛カブラのレポートをせず、他の釣りのレポートばかりになっている松本です。
言い訳ではありませんが、いろんな釣りをすることで鯛カブラにフィードバックできるものも多々あります。
例えばジギングにしてもどういうカラーのジグを使うのか?底でヒットするのか中層なのか?などから、釣れる潮の重みをタックルを通じて感じてそこから時合を読み取ったりと共通する部分が多いです。
さて、言い訳はこのくらいにして今回釣具店から聞いた話で気になったことがあったのでブログに書かせていただきます。
鯛カブラで使うリールですが、私にとっては意外なことに「ハイギアタイプ」のベイトリールが一番売れているようです。
ハイギアというと、7:1程度のものを指します。
ハイギアのメリットと言えば巻き取るスピードが速いこと。
その反面、巻きのパワーが衰えますし巻き心地が重くなります。
逆にローギアになればなるほど巻きのパワーも上がり巻き心地も軽くなります。
現在販売されているベイトリールのギア比を大きく分けると、
■7:1
■6:1
■5:1
の3つのギア比となります。
※実際は6.3:1や4.9:1という風に上記の3タイプと言い切るには誤差がありますが、そうなると説明が長くややこしくなるので、あえて3タイプにしています。
では、鯛カブラで使用するリールはどのギア比がベストなのか?
私は様々なギア比のものでいろんなフィールドを試しましたが、ベストだと思うのは5:1もしくは6:1のどちらかです。
これをどちらか1つに絞るなら5:1です。
ローギアタイプを薦める理由は、
1)一日中リールを巻いても疲れない。
2)魚とのファイトがしやすい。
3)いろいろなリーリングスピードの釣りに対応しやすい
です。
1)、2)はローギアの場合、巻きのパワーと軽さがハイギアタイプよりも上だからです。
3)は私の性格の問題?かもしれませんが、どうもゆっくりのスピードで巻くのが嫌いでついつい速く巻いてしまうのでハイギアタイプだとそうしても速く巻き過ぎてしまうからです。テンポよくハンドルを巻きたいのでローギアであれば多少スローにリーリングしても自分のテンポにあったリーリングができます。
速く巻く分に関してはローギアでもがむしゃらなスピードで巻くことは無いのでローギアで十分に対応できます。
季節やベイトによってこの巻くスピードは変わるのですが、バスフィッシングのようにリールを5台も10台も持つ人はいないでしょうし、一度にそんな多くのタックルを船内に持ち込む人もいません。
せいぜい、2本が一番多いと思います。
限られた数のタックルしか用意しない釣りですから、どんな状況にも対応しやすいものを持つことがベストだと思います。
ハイギアタイプを使う人の理由として、回収スピードが速いので手返しが多くなるということをよく耳にします。
確かにそうなのですが、回収の回数よりも回収せずに鯛カブラを上下する回数の方が多い釣りですので、私は回収スピードは遅くても巻きが軽い方をセレクトします。
長時間一定のスピードでリールのハンドルを巻き続ける釣りですから、集中力の持続や疲労を少しでも軽減させるために巻きの軽いローギアタイプを使用されることをお薦めします。
次に形状ですが、これは個人の好みが一番大きいかもしれません。
好みがなく、迷う場合は購入される際に実際にロッドに装着しハンドルを巻いて試してみてください。
ちなみに私は最初ジリオン(平形)を使っていましたが、現在はカルカッタコンクエストやRYOGA(丸形)を使用しています。
これは、丸形の方がリールを巻く時にロッドがぶれずに安定して巻くことができるからです。
平形はリールを手で覆うような感じでパーミングできるので一見安定するように思えますが、手で壁を作るようにパーミングする丸形の方が安定して巻くことができます。
もちろん、これは個人的な意見ですので、先ほども申し上げましたように実際にリールをロッドに装着してハンドルを巻いた感触でご判断ください。
最後に価格はやはりリールの性能を大きく左右します。
当たり前のことですが、高価なほどいい素材で本体重量が軽く、またベアリングの数も多いために巻きもスムーズとすべてにおいて安価なものよりもメリットはあります。
デメリットは高いということですが・・・
参考になりましたでしょうか?

明石へ!

お盆休みの後半は明石へ。
台風の余波か?南風が強い。
10081607.jpg
まずはベイトの群れを探してスタート。
しかしヒットするのはサバやエソ。
釣りの展開を変えて沖でジギング開始。
フットボール体型の大ハマチと65cmの真鯛をゲット。
しかしここでストップフイッシング。
予想以上の南風で釣りにならず・・・
10081608.jpg
トンネルはまだまだ抜けず、釣りの展開にも見離され鯛カブラ.comが違う釣りばかりを紹介するサイトになりつつあります。。。
どうかみなさん見離さないでくださいねm( _ _ )m
しかしこのフットボール体型のハマチは最高に美味でした!
やっぱり明石の魚は最高です。

またまた違う釣りを・・・

みなさんお盆はいかがでしたか?
台風の影響もあって今年のお盆は出船中止になったところも多かったのではないでしょうか。
また、台風通過後も風が残り少し残念でした。
私はその台風がちょうど九州を直撃した11日の夜に九州へ向かいました。
22時に博多駅に到着すると台風はどこへ?といった感じ。
そして飛燕さくら丸の久保田船長と北島さんと合流し宴会♪
久保田船長に案内していただいた店は安くてうまい!
10081101.jpg
サザエもデカい!
10081102.jpg
もちろん真鯛も♪
10081103.jpg
最後は寿司。
11081104.jpg
やっぱり九州最高です。
そのあとバーに行きホテルに戻ったのは深夜2時。
翌朝、大充丸の船長から7時過ぎに「もう出られますよ!」と連絡があり飛び起きて佐賀へ。
どうしてもキャスティングでヒラマサを釣りたくて、初日はキャスティングオンリーで出船。
釣れる時はこんなもんですね。
私は2投目であっさりヒラマサをキャッチ。
10081601.jpg
そして北島さんにも。
10081602.jpg
北島さんは連発!!
10081603.jpg
ベイトはペンペン(シイラの幼魚)
10081604.jpg
いやぁ良く釣れました。
10081605.jpg
二日目はジギングメインで楽しみました。
二日目は化け物を掛けるも30分格闘の末ラインブレイク。
船長曰く、推定100kgのサメだそうです。
その後もステラの8kgのドラグが全く止まらないヒラマサを掛けましたがラインブレイク。
悔しいですが、キャスティングで価値ある魚が捕れたので満足の釣行でした。
10081606.jpg

カンジインターナショナル・シリコンシートロング新色登場!

カンジインターナショナルから販売されている「シリコンシートロング」シリーズに新色が登場しました!
10081110.jpg
まずは写真左。
カラー名は「コーラ」。
小豆色をベースにゴールドとレッドのラメが入っています。
甲殻類や海苔を補食している時に効果がありそうなカラーです。
春の明石では、海苔パターンの時にはバッチリなカラーでしょう。
次に写真右。
カラー名は「ワサビマスタード」。
タマネギ色をベースにグリーンのラメが入っています。
これは、春の九州でイカパターンの時によさそうです。
そして私が思うこのカラーがハマるパターンとは・・・
真鯛ではない魚に効果絶大のような気がします。
これはかなり良さそうです!
他にない独創的なカラーを生み出すカンジインターナショナルのシリコンシートシリーズ。
みなさんもぜひ一度使ってみて、新たなパターンを見つけてください。

釣りの展開を変えて・・・

松本です。
今週は展開を変えて琵琶湖へバスフィッシングに行ってきました。
マイボートも長らく放ったらかしにしていたので、久しぶりに違うルアーフィッシングをしてみました。
10081001.jpg
釣りは朝の2時間程度でしたが、数本のブラックバスをキャッチすることができました。
よく私が鯛カブラのアタリで例えている「でっかいブルーギルのようなアタリ」も堪能することができました(笑
午後からは同じく琵琶湖で友人のバーベキューに参加。
10081002.jpg
10081003.jpg
外で食べる肉は最高です!
ちなみに、バーベキュー会場は私がボートを駐艇している横にある「シュプリーム」。
琵琶湖の北の方にあるのですが、水も綺麗でロケーションも最高!
しかも低価格で手軽にバーベキューができます。
食材の持ち込みも可能で、イスやテーブルもありコンロや炭も有料であります。
水道設備もあり調理も可能。
ウエイクボードの教室もやってたりと、アウトドアを思う存分楽しめます。
超おすすめです!

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
水曜日から二泊三日である場所へ釣りに行き、帰ってきた翌日にも明石へ行ってきました。
イワシが入ってきてポロポロとは釣れるものの、これといった爆釣は未だ聞かずで「そろそろ」「今週こそ」と通っているわけなんですが・・・
まずは鯛カブラの潮待ちで依然好調の青物を狙う。
サバは今回もイレ食い。
そんな中、回収中のジグにヒットしたのは・・・
10080301.jpg
ほぼ表層でかなり速いスピードの回収でヒットするとはイワシパターンですねぇ。
そして鯛カブラがベストな潮の時間。
今回もわずか数十分の短いハニータイムはありましたが大物は上がらず。
40cmほどの真鯛を1匹釣って終了。
酷暑3日連続の釣りはさすがにこたえました。
というか、長いスランプのトンネルはまだ続いています・・・