非常識から常識が生まれる可能性

今日は私が普段、目にする鯛カブラとは違う鯛カブラをご紹介します。
10102501.jpg
しーまん工房から発売されているハンドメイドの鯛カブラです。
ヘッドは鉛製で70g、90g、130g、160gのラインナップです。
10102504.jpg
10102505.jpg
ご覧のように他にないヘッドの形状、ネクタイの長さ、本数・・・と私が普段、目にする鯛カブラとはほど遠い形状をしています。
そして大きさも。
10102502.jpg
横に並べたビンビン玉の80gがとてもかわいく見えてしまいます。
フックも比べ物にならない大きさ。
10102503.jpg
炎月やアンサー、ビンビン玉など市販されているものを見慣れている私はかなり大きく感じます。
正直、こんなもので釣れるのか?と疑ってしまいますが、これが12kg!13kg!!14kg!!!と怪物真鯛を仕留めているんですね。
しーまん工房釣果アルバムに掲載されている怪物真鯛はこちら
デカイルアー(餌)にはデカイ魚がヒットしますが、これを鯛カブラでも証明しているのが、しーまん工房の鯛カブラではないでしょうか。
大きさだけではない、このカブラ特有のアクションも怪物真鯛を引き寄せる「何か」があると思いますが。
市販されている鯛カブラはどれも同じような大きさ、同じようなヘッド、同じようなネクタイ形状です。
もちろん、その微妙な差が釣れるカブラかそうでないカブラになりますが、これらの一般的な形状や大きさにとらわれず、独特の形状、大きさで開発し結果を出しているしーまん工房の鯛カブラには、私達が思いつかないものを形にしたため先入観などが一切ありません。
私達はメーカーから販売されているものを使用し、それが普通に釣れるのでそれ以上に「釣れる要素」を追求することをなかなかしません。
釣り方もそうで、本やDVDで説明されていることが正しいと思い、またカブラのセレクトもたくさん釣れている記事や映像を見て「これは釣れる」と思い込み、使っていたりするものです。
もちろん、それで釣れるのですが「人よりも多く釣りたい」「より大きい魚を釣りたい」という希望を叶えたいのであれば、「他人と違うこと」「他人が思いつかないようなこと」に挑戦することが大切です。
そもそも、この鯛カブラ自体も近年メジャーになった釣りですし、初めて鯛カブラを見たときは「こんなもので真鯛が釣れるのか?」と思ったものです。
それが、今や餌以上の釣果を叩き出すルアーになっていますからね。
みなさんもこのような常識にとらわれず、いろんなことを試してみてください。
非常識から常識が生まれる可能性がまだまだあると思います。
というより、私達が勝手に非常識と思い込んでいるだけなのでしょうね。
思い込みから脱出した時に、新たなルアーや釣り方生まれる。
そしてまだこの世に出現していない記録ものの大物に出会うことができるのでしょうね。

ポイズンオーシャンシリーズ別テーパー比較

先日ポイズンオーシャンのシリーズ別テーパー比較を写真でご説明しましたが、少し見にくいとのことですので、イラストにしてみました。
10101801.jpg
イラストでも御確認いただけるように、NEWポイズンオーシャン「スーパーバキュームシリーズ」は、歴代のポイズンオーシャンシリーズの中でも一番スローテーパーです。
ロッドティップだけが入るというものではなく「さらに入る」というものであり、スローテーパーである胴の部分で真鯛の首ふりをいなし、従来と変わらないバッドパワーで真鯛を浮き上がらせるというものになっています。
スローなテーパーのメリットはこれだけではなく、例えば急な真鯛の走りでドラグが追いつかない状況でも、ロッドがある程度の「ため」を作ってくれるので、リールのドラグをそんなに緩めていなくても安心だと思います。
言葉で説明するのは難しいのですが、極端に言うと高反発なロッドではリールのドラグが先に出てしまうのですが、低反発であればドラグよりも先にロッドが吸収してその後にドラグが出て行く感じです。
スーパーバキュームは瀬戸内の繊細な釣りにとどまらず、九州などの大鯛が狙える確率が高いエリアでも活躍するのではないかと思っています。
これから瀬戸内、九州と鯛カブラに行く予定をしていますので実際に使用してみて、またその感想をお伝えしたいと思います。

NEW POISON OCEAN VCMシリーズ続報

NEW POISON OCEAN VCMシリーズ続報です。
ジャッカルさんからNEW POISON OCEAN TKC-67M-VCMのプロト最終モデルをお借りしました。
VCMシリーズは「スーパーバキュームシリーズ」という位置付けで発売される新製品です。
従来のTKCモデルとの違いは「低反発カーボン」を採用したこと。
これにより、鯛カブラにじゃれつくようなアタリに対して違和感なく食い込ませ、フッキングした後の真鯛特有の「首振り」でのバレを低減させます。
まず手に取って感触を・・・
柔らかい!
そして低反発カーボンを採用したため、従来のモデルならロッドを振った時に「ビシッ」と戻る感覚が、「ぺらん」と戻る感じでロッドが曲がる支点が手元によっている(スローテーパー)。
それでいてバットは残る。
食い込みが良く、バレにくい、そしてバットが残るといった鯛カブラロッドに求められるすべてを高い次元で両立させた1本です。
これで今まで泣かされてきた「アタリがあったのに乗らなかった」や「ヒットしたのにバレた」が解消されるのではないでしょうか。
瀬戸内スペシャルモデルと言っても過言ではないと思います。
さて、言葉ではなかなか伝わらないと思いますので、500gの負荷を掛けてロッドの曲がり具合を見ていただきましょう。
まずは新製品のPOISON OCEAN TKC-67L-VCM。
10101501.jpg
POISON OCEAN TKC-67M。
10101502.jpg
POISON OCEAN TKC-64L。
10101503.jpg
POISON OCEAN TKC-65MLG。
10101504.jpg
すべてを比較すると・・・
10101505.jpg
VCMシリーズが一番曲がっていることが分かります。
アクションも他の機種と比べ、ややスローテーパーになっています。
「スローテーパー+低反発」、これがバレにくいロッドアクションの秘訣ですね。
それでいて従来のモデルのように、しっかりとバットが残っています。
決して「掛ける」ための柔らかいロッドではなく、掛けてからも魚をいなすバットパワーを持っています。
ロッドの太さはTKC-67Mと比べると、少し(分かりにくくらいですが)太くなっています。
10101506.jpg
そしてガイドの形状も変わっています。
10101507.jpg
今年の年末から来年の初めあたりに販売される予定です。
もし店頭で見かけたら、まずロッドを軽く揺さぶってみてください。
従来とのモデルとの差が一目瞭然です。
これまた欲しくなるロッドですね。
とりあえず、これを持ってフィールドに出てみます。

「夢」叶う

みなさんの「夢」はなんですか?
私はここ2年、ずっとある魚を追いかけていました。
まずは、トップウォーターで釣るヒラマサ。
ジギングでは簡単に釣れるのですが、トップウォーターでは難易度が一気に上がります。
ヒラマサがトップに出る条件が揃い、ベイトに合わせたルアーをセレクトし、掛けたら今度は根ズレとの戦い。
これらがすべてクリアされて初めて釣れます。
大阪から九州に行くためには相当の費用がかかるため気軽に行けるものではなく、また天候に左右されるために毎回行ける訳ではありません。
そんな難関をクリアして8月にトップウォーターでヒラマサを釣りました。
トップウォーターのヒラマサも夢の1つでしたが、さらに私にはもう1つの夢がありました。
その夢がとうとう叶う「運命の日」がやってきました。
秋の朝日が昇る佐賀県呼子の朝。
10101101.jpg
ターゲットは海のダイヤモンド。
10101102.jpg
その時は、イワシがボールになり始めた夕方にやってきました。
まずはキハダマグロの12kgがヒット。
ブラックではなくイエローでしたがダイヤモンドをクリアしたことで「夢」に手が届きました。
そして・・・
10101103.jpg
「夢」のブラックダイヤモンド。
クロマグロ22kg(血抜き後)。
約10分間のファイトタイムの記憶はしっかりと残っています。
大きさはともあれ、とりあえず夢のマグロを釣ることができました。
夢を叶えてくださった大充丸さんには心から感謝いたします。
しかし、私の夢はこれで終わりではありません。
鯛カブラを始めてから未だ叶っていない夢。
真鯛の10kgオーバー。
この夢を叶えるまでひたすら「落として巻く」を続けたいと思います。
追伸
夢を釣ったにも関わらず、そんなものを釣らずにしっかり鯛を釣りに行きなさいと言ってくださった皆様、マグロ.comやジギング.comを開設する予定はございませんのでご安心ください。

ポイズンオーシャン「VCM」新登場!

ジャッカルのポイズンオーシャンに新機種「VCM」がラインナップされました。
低弾性カーボンを使用し「超乗せ調子モデル」だそうです。
現行モデルも非常に良いのですが、それとはどう違うのか?どんなシチュエーションでその能力が最大限に発揮するのか?
一刻も早く使ってみたいですね。
10100901.jpg

明石○○○○レポート

週末、シマノ・フイッシングインストラクターの佐々木洋三さんと、テンス・フィールドテスターの高見さんの三人で明石の利弥丸に行ってきました。
今日は三人ともいつもの○カブラとは違うようで・・・
10100501.jpg
そうです!ジギングです。
10100502.jpg
イカナゴをたっぷり食べている超メタボなハマチ、サゴシ、タチウオと良く釣れました。
いやぁ〜それにしてもみなさん他の釣りも巧いもんです(笑
周囲が釣れない中、バンバン釣ります。
私に巨大なアカエイまでヒットする始末。
三人でハマチ5本、サゴシ4本、タチウオ多数と大漁。
釣った魚はみなさんを我が家にお招きして明石鮮魚パーティ。
明石のハマチを甘く見てはいけません。
そんじょそこらのブリなんかよりも良質の脂がのっていて、しかも全身「トロ」状態。
10100503.jpg
いろんなところで釣ったハマチやメジロ、ブリを食べましたが個人的には明石がNo.1のおいしさです。
アラは大根と煮て・・・
10100504.jpg
サゴシとタチウオは佐々木さん特製のタタキで!
10100505.jpg
それにしても激ウマでした。
え?
佐々木さん達と行くなら鯛カブラをしなさいって?
は、はい・・・みなさんすいません。

鯛カブラトーナメント2010

いよいよ鯛カブラトーナメント2010が今月一杯で締め切りです。
鯛カブラで釣れた真鯛のサイズを問うものではなく、小さくても豪華賞品が当たる可能性があります。
また、みなさんからいただいたアンケート結果は商品をご協賛いただいているメーカー様にフィードバックしていますので、より良いタックル、ルアーを開発するにあたって貴重なご意見となります。
ぜひトーナメントに応募してください。
鯛カブラトーナメント2010のご応募はこちらから。