ポイズンオーシャン・VCMシリーズの予約について

先日ご紹介しましたジャッカル・ポイズンオーシャン・VCMシリーズですが、予約を受け付けをご協力いただいておりますエイトオンラインさんでは、TKC-67L-VCMが現在入荷数を超えたために予約ができなくなっています。
数量をさらに増やして予約を受け付けることができるように調整中ということです。
早急に在庫を確保するように調整するということですので、購入をご希望の方は何度かサイトを覗いてみてください。
この調子ですとスーパーバキュームシリーズは入手困難なレアアイテムになりそうですね・・・。
スーパーバキュームシリーズは以下↓のサイトで予約していただけます。
鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ

スーパーバキュームシリーズ解説

12月に発売される予定のジャッカル・NEW POISON OCAN(ポイズンオーシャン)スーパーバキュームシリーズ。
ラインナップは、「TKC-68M-VCM」と「TKC-67L-VCM」の2機種。
10112701.jpg
10112702.jpg
10112703.jpg
10112704.jpg
10112705.jpg
10112706.jpg
10112707.jpg
この2機種を先日、玄界灘で試してきました。
いずれも従来のポイズンオーシャンシリーズと同じ、グリップで脱着できるセパレートタイプ。
10112708.jpg
違いは素材。
従来のTKC-64L、TKC-67M、TKC-69MHの3機種は高弾性のカーボン素材であるのに対し、スーパーキュームシリーズの2機種はグラス素材に近い低弾性カーボンを採用。
これにより、鯛カブラを違和感なく吸い込ませることができる。
そして、掛けた後の真鯛の「首振り」や「突っ込み」をバットで吸収し、バレを低減させることができます。
その特徴がはっきり分かる方法は、ロッドを左右に数回振ってみること。
高弾性のものに比べ、ロッドの反発がゆるく、まるで「鞭(ムチ)」のようにしなります。
では、まずTKC-67L-VCM。
これは水深60mで使用しました。
ビンビン玉の60gを使用し、いきなり84cmを掛けたのですがアタリは「スッ」と吸い込まれていく感じで出ました。従来のTKC3機種では「ゴン」という表現になります。
その名の通り、スーパーバキュームは吸い込まれるようにティップが入ります。
その後のファイトも、そのしなやかさからは想像もできないくらいバットが粘り、決して大鯛任せではないファイトができました。
また、突然の突っ込みや首ふりに対してもバットが吸収してくれるので、怖さはなく安心してやりとりできるのもこのロッドの良いところです。
他にナナマルを二枚掛けましたが、いずれも余裕のファイトができました。
最後に50cm級を掛けたのですが、こいつは従来のTKC3機種では「カツカツカツ」という感じのアタリがスーパーバキュームでは「ズンズンズン」という、ネクタイが引っ張られるようなアタリになりスイープな感じで掛けることができました。
要するに、低弾性なのでアタリが柔らかになり、スローにバットへアクション移動するのでスイープに掛けることができます。
次にTKC-68M-VCM。
これは水深100mのディープでビンビン玉の100gを使いました。
50cm程の真鯛、ヤズ、根魚を掛けたのですがティップはTKC-67L-VCM同様、吸い込まれるように入ります。
バットがTKC-67L-VCMよりもしっかりしているために重いカブラを使っても、しっかりとアワセが入ります。
さて、この2機種の使い分けですが、TKC-67L-VCMは主にシャローエリア(水深60mくらい)で60〜70g程度の鯛カブラを使用するフィールドに最適だと思います。
また、TKC-68M-VCMはディープエリア(水深100mくらい)で80〜120g程度の鯛カブラを使用するフィールドで最適でしょう。
小さなショートバイトを「掛けに行く」ような攻めの釣りをする場合は従来のTKC3機種、「吸い込ませて乗せる」というような釣りをする場合はスーパーバキュームシリーズがおすすめです。
実は、私は昨年TKC3機種を入手し使用していましたが、初期のTKC65MLG(グラスタイプ)は常に1軍で明石でも玄界灘でもどこのフィールドに行くにも必ず持って行き、一番使用頻度が高いロッドでした。
10112709.jpg
グラス素材は食い込みが良くオールマイティーに使えるロッドで、特に大鯛を掛けた時のファイトに怖さがなく、「いなせる」感じが好きで安心して取り込めるロッドでした。
キャスティング時でも、小さく重いカブラをキャストする際にはロッドに乗せて放り投げる感じが投げやすく、トラブルも少なくて使いやすかったのです。
もちろん、状況に応じて真鯛を「掛けたい」時はTKCの3機種を使用していました。
スーパーバキュームシリーズは、初めての1本はもちろん、従来のTKC3機種のような高弾性カーボンを使用したロッドをお持ちの方に、追加の1本として持っていただきたい素晴らしいロッドです。
自己レコードを始め、数えきれない真鯛を釣り長年愛用してきたTKC65MLG(グラスタイプ)。
これに勝るロッド「スーパーバキュームシリーズ」がリリースされたことにより、私の1軍ロッドは間違いなくこれになるでしょう。
めちゃくちゃおススメしたい1本です。
ぜひ、ぜひ、ぜひ、ぜひ、ぜひ入手してください。
スーパーバキュームシリーズは間もなく発売です。
初回のロットが少ないためにすぐに品切れになるかもしれないそうです。
次回は夏?頃になりそうだということですので、購入を考えられている方は早めに購入しておいた方がよさそうです。
スーパーバキュームシリーズは以下↓のサイトで予約していただけます。
鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ

一つテンヤ

九州遠征最終日。
この日は初めての一つテンヤ。
餌のエビを買いに久保田船長と市場へ。
10112601.jpg
10112607.jpg
玄界灘は豊かですね〜。
10112602.jpg
151kgって。。。
10112603.jpg
エイも。
10112604.jpg
甘鯛うまそ〜。
10112605.jpg
いいサイズですね。
10112606.jpg
普段釣ってる魚、結構いい値段するもんです。
魚種も豊富ですが、なにせデカイ!
餌を確保し1年ぶりに向かうのは玄界灘のまっただなかに浮かぶ小呂島(おろのしま)。
小呂島と言えば、昨年1日に70cmオーバー3枚を筆頭に24枚を釣り上げ、自己レコードの81cm/6.6kgを釣った場所。
今年は小呂島があまりよくなかったから縁がないまま終わるのかなと思っていたので、一つテンヤとはいえテンションも上がる。
ビンビンテンヤでの一つテンヤをナカジーに一通り教えてもらい、人生初一つテンヤに挑戦!
一つテンヤを投入すると即アタリ!
どうも鯛ではない様子。
小さなアタリで食い込まず、頭だけきれいに食べられている。
どうもこの繊細さと普段鯛カブラに慣れている身体で、軽いウエイトを着底させる「間」が煩わしく感じ、1人スーパーバキューム・TKC-67L-VCMを手に取り、ビンビン玉60gをセットして2本の針にエビを付けて「エビカブラ」を投入してみる。
スーパーバキューム・TKC-67L-VCMの筆おろしがエビカブラとは微妙ですが、今日は一つテンヤと割り切って・・・
エビカブラを鯛カブラ同様、着底させて巻くを繰り返す。
3回目のリーリングだっただろうか、スーパーバキューム・TKC-67L-VCMのティップが「吸い込まれた」。
スーパーバキュームという名の通り、吸い込まれるという今までにない感覚がはっきりと分かる。
しかも掛けた魚はデカイ!
ナナマル?ハチマル?
みんなが見守る中、浮いてきたのは・・・
84cm!
10112609.jpg
やっぱり小呂島最高!!
10112608.jpg
エビがついてなければ自己レコードなんですが、エビがついていただけに自己レコードにするのはやめよう・・・
嬉しいながら微妙な感じ。
開き直って2投目。
すかさずバキューム!
ほい来た78cm!
もう釣れるからなんでもいいやの3投目。
また来た76cm!!
3連続のビックフィッシュ!!!
いやぁ〜久しぶりのデカラッシュ。
気持ちいい!!!!
忙しすぎて写真を撮ってもらうの、忘れました(笑
ここに来てようやく私の真鯛運も復活か!?
一つテンヤは未だ真鯛は上がらず。
エビカブラは一つテンヤに釣り勝つのか?
いやいやそんなに甘くない。
ナカジーが追い上げる!他のお客さんも追い上げる!!
真鯛、アマダイ、レンコダイ、ブドウイカ、サバフグ、ミノカサゴ、カサゴ、アコウ、アオナ、マハタ、タマガシラ、ハトポッポ、ハマフエフキと、とにかくみんな釣りまくる。
クーラーも生け簀ももういっぱい。。。
一つテンヤ、凄い!
写真撮影する間もなし。
3日間、疲れましたがとても有意義に過ごせました。
鯛カブラは駄目でしたが、スーパーバキュ−ムのテストはできました。
エビカブラながらもスーパーバキューム・TKC-67L-VCMは84、78、76、50cmの4枚をとってくれました。
それにしても素晴らしいロッド。
この柔らかさでデカイのを掛けてもいなせるのは凄い。
同船されたお客さんの評価もかなり↑↑↑
鯛カブラの時代を築く新たなシリーズ。
次回、このブログで今回の試釣での使用感を含め、ご説明したいと思います。
みなさんすいません、エビつけまして・・・
でも、こんなに釣れました。
10112610.jpg

久しぶりの鯛カブラ

九州遠征2日目。
本当に久しぶりの鯛カブラ。
朝5時に港を出発。
九州で鯛カブラといえば飛燕さくら丸さん。
目指すは昨日のジギングと同じ七里が曽根。
約2時間でポイントに到着。
水深は100m付近。
今日のタックルはビンビン玉100gにポイズンオーシャン・スーパーバキューム「TKC-67M-VCM」、カルカッタコンクエスト200DC。
カラーはオレンジをベースに金テープを装着した七里が曽根で安定したカラーをチョイス。
表層にいるシイラが高活性で鯛カブラが落ちない。
10112501.jpg
落ちれば真鯛が食ってくる。
10112502.jpg
10112503.jpg
ラッシュとはいかないまでもコンスタントに良型が顔を見せる。
10112504.jpg
10112505.jpg
外道も盛んにアタックしてくる。
10112506.jpg
超ウェルカムなチカメキントキまで。
10112508.jpg
周囲ではナナマル級がどんどんヒットする。
10112509.jpg
しかし私は沈黙。
私のファーストフイッシュはマハタ。
ナカジーもレンコダイにアマダイと外道のオンパレード。
そして・・・
私のセカンドフイッシュは、中層をハイスピードで巻き上げたビンビン玉を突如吸い込み、一気に数十メートルのラインを引き出しました。
そう、これはダイヤモンド!
いいのか九州?こんなに毎日ダイヤモンドを釣らせて・・・
セカンドランでようやく止まりここから果てしないファイトが続くのかと思った矢先、無念のフックアウト。
ヒットさせるのも至難の業ですが、そこから獲り込むのも至難の業。
スーパーウルトラ・ライトタックルでやつを釣り上げるには、運も見方につけて様々な難関を突破しなければならない。
3釣行連続のダイヤモンドゲットは叶わず。
いや、本命の真鯛がまだなんですけど・・・。
今日の真鯛は、バタバタっとアタリが集中するエリアがあり、そのエリアを過ぎると食わない。
昨日のジギングでもそう。
今までの九州なら、そのエリアが広くコンスタントにヒットが続くのですが、どうもそうではない様子。
しかも、真鯛をゲットしている人はみんな恐ろしく「3秒/1回転」のデッドスローな巻き。
潮も動かず風もなくドテラで流しても船がほとんど流れない状況。
魚探の反応は底ベタ。
展開を変えようとビンビン玉のType零を取り出し70gで100mのディープを狙う。
未だ本命ノーフイッシュのナカジーとともにカップ麺をすすり、一息入れて本命をひたすら狙う。
先に卒業したのはナカジー。
10112510.jpg
気が付けば、7人中6人が真鯛を既にゲット。
残りは・・・そう、私だけ。
今年は何回こういう状況に立たされたことか。
焦る状況も、今年は幾度も味わってきたのに今回もまたですか。。。
キープキャスティング。
スーパーバキュームのティップがフッと吸い込まれた。
ようやく手にした本命は50センチに届かないサイズでしたが、本当に嬉しかったです。
10112507.jpg
最後にジグのテストをしていたナカジーにシオがヒット。
10112511.jpg
10112512.jpg
結局、船中ではナナマルも数枚登場しトータルではなかなかの釣果でした。
10112513.jpg
私は真鯛1枚とマハタ1匹。
当日同船されたみなさんには完敗です。
いや、そういうことではなくこの状況に応じたパターンを理解して、それを攻略した地元アングラーの方々に拍手!
素晴らしいと思います。
今日はまたいろんなことを教えていただきました(こっそり盗み見していました)
またひとつ、引き出しが増えて今後につなげることができます。
ご一緒させていただいた皆様、どうもありがとうございました。
明日は最終日。
ラストは一つテンヤ。
初めての釣り方に挑戦します!

九州初日はジギング.comからスタート!

19日の19時に新大阪でジャッカルプロスタッフの中島さんと中島さんの琵琶湖ガイド「ナカジーガイド」のお客さんの岡さんと合流し九州へ出発しました。
20日から3日間のスケジュールで初日はジギング&キャスティング、2日目は鯛カブラ、3日目は一つテンヤと一見バラエティに富んだ釣り旅行と楽しい気分になるのですが、移動の疲労に3日間の釣りは体力的にはとてもハード。
「そんなんええなぁ」と思う方も多いとは思いますが、いくら釣りが好きでもしんどいですよ(笑
初日の行き先は佐賀県の呼子。
もう何回目の九州遠征なのか。
慣れた距離とは言えカーナビに表示される一向に減らない距離と到着予想時間は気が遠くなりますね。
ここのところの九州は新幹線移動だったので、余計にそう思ってしまう。
3人で交代し、博多に到着したのは3時。
博多でサウナに入り再び4時に出発。
余裕を持って出発したつもりが、結局出船時刻の5時30分に呼子に到着。
大充丸さんに乗り込み初日から休憩する間もなく即釣り開始!!
とは言え、ポイントの七里が曽根までは2時間の移動。
キャビンに3人なだれ込み、急速フル?充電。
わずか2時間でも釣りをする時には十分な睡眠。
楽しさとワクワクが眠眠打破を超える覚醒ドリンクとなる!
10112401.jpg
ファーストフイッシュを掛けたのはナカジー。
10112402.jpg
10112403.jpg
10112404.jpg
ネットインしたのはめっちゃ太いカツオ!
10112406.jpg
ナカジーキャスティングファーストフイッシュでした。
10112405.jpg
続いてジギング。
まずはナカジーにカツオ。
そして私に・・・
ダイヤモンド君臨。
10112407.jpg
キハダマグロの15kg。
夢が一度叶うと次は簡単に来るもの?です。
さらにナカジーにヤズ。
10112408.jpg
ヤズは連続ヒット。
10112412.jpg
10112413.jpg
この日は渋い状況だったものの、それなりに釣れていつもながら満足。
ナカジーも本格的なジギングは初めてだったので、新しい釣りに覚ざめたようでした。
夜は呼子から博多に移動。
そして釣った魚で宴会。
10112409.jpg
10112410.jpg
10112411.jpg
めちゃウマでした。
いよいよ明日は久しぶりの鯛カブラ。
さて、どうなることやら。

無事に帰ってきました

先週の金曜日の夜に大阪を出発し、3日間玄界灘で釣りをして先ほど帰ってきました。
とても、とても充実した3日間でした。
釣果的には満足でしたが、やはりどうも今年は鯛カブラに縁がなさそうです(笑
今回、行って改めて思いました。
鯛カブラを始めてから、初めて味わう長いスランプ。
このスランプを糧にしスランプが抜けた時には、またたくさんの引き出しを持っていることでしょう。
とりあえず往復1,300kmの旅から無事に帰ってきました。
この3日間のレポートはまた後日。
私のポイズンオーシャン・スーパーバキュームの筆降ろしは、釣りは微妙な内容ですが恐ろしく超ド派手な門出となりました・・・
そして、あのダイヤモンドも再び・・・
ま、楽しみにしておいてください。

鯛カブラ収納ケース

現在、各社より発売されている鯛カブラ収納ケースですが、使用する鯛カブラのヘッドの形状やウエイトによってマッチするケースが変わるので、複数の種類のケースを使用する方も多いと思います。
私もその1人でビンビン玉45g〜60gと80g〜100gを別のケースに入れています。
45g〜60gを収納しているケースは特に不満はないのですが、
80g〜100gを収納するケースに不満がありました。
不満点は2つ。
1)大きなヘッドが動かないように入るような「穴」がない。
2)囲いがあるもの(仕切られているもの)はあまり数が入らない。
この不満点を解消するケースがTAKAより発売されました。
10111901.jpg
10111902.jpg
10111903.jpg
ちょうどたこ焼き機のように丸い穴が空いており(直径約)、シャウトのアンサー、ジャッカルのビンビン玉、シマノの炎月・十六夜などの扁平ラウンドタイプのヘッド形状をしたものがスッキリ収納できます。
よるある「両面テープでウレタンを接着したもの」ではない点もGood!!
重いものを収納しようが、濡れようが剥がれたりズレたりする心配はありません。
おまけにスリットも入っているのでフックが絡まないのもいいですね。
なお、こちらの商品は以下↓のサイトで購入していただけます。
鯛カブラ・鯛ラバ専門オンラインショップ

めちゃくちゃ久しぶりに鯛カブラに行ってきます!

鯛カブラ.com始まって以来、シーズン中はほぼ毎週のように鯛カブラに行ってましたが、今回は長い長い間行くことはありませんでした。
以前にもお伝えしたように、何かと忙しくバタバタしていた&他の釣りに夢中になっていたこともあり行ってなかった訳ですが、たくさんの方々から「最近鯛カブラに行ってないですね〜」と指摘を受けておりました。
そして・・・
ようやく久しぶりに鯛カブラに行くことが決定しました!!
向かうは九州・玄界灘!
明日の夜に出発し、土曜日は他の釣り(すいません、せっかくなのでやりたいです)をして、日、月曜日と鯛カブラをして、帰りは温泉宿にでも泊まって火曜日に帰ってきます。
心配していた天気も今のところ3日間とも問題なし!という予報なので、たっぷり楽しんでまいります。
そして、ジャッカルから新発売されるニューポイズンオーシャンVCMシリーズを2機種試してきます。
九州なので、TKC-68M-VCMの方がいいかなと思ったりしますが、手元にはTKC-67L-VCMしかないですし、まだ触ったこともないので何とも言えません・・・
長らく新しい映像も撮らずに放置していた鯛カブラ.com TV用の映像も撮影してくる予定です。
秋の玄界灘の攻略とジャッカルのスーパーバキュームシリーズを余すことなく撮影してまいります。
今回はジャッカルプロスタッフの中島さんとご一緒させていただきます。
リアルタイム?な私達は中島さんのブログをご覧くださいね。
ブログはこちらから↓↓↓

ナカジーガイドブログ

ではでは、頑張ってきます!

近況報告

最近全く釣りに行っていないです・・・
釣りに行っていないというより、行けない状態です。
単に仕事が忙しいだけなのですが。
このサイトを始めてから、いろんなタックルを買って試したり、毎週のように釣りに行ったり遠征に行ったりといろいろ資金が必要ですから、仕事をして資金を貯めないといけないんです。
1年こういった活動をしようと思うとそれなりに資金が必要ですからね・・・
サラリーマンとホームページを作るデザイナーをやっているので、実はそれなりにハードな毎日だったりします。
皆様からも「最近釣りに行ってませんね」と心苦しいお言葉をいただいており、重々身にしみています。
自分が釣りに行かなければ永遠に釣果レポートが掲載されない鯛カブラ.comになってしまいますからね・・・
ということで、来週久しぶりに3日間の予定で九州に遠征する予定です。
問題はシケですが、天候さえよければ久しぶりに鯛カブラを楽しんでまいります。
ジャッカルの加藤さんや中島さんと大漁生活のロケに行った日からちょうど1年。
また中島さんと一緒に行ってまいります。
昨年良かったシーズンだけに楽しみです。
そして、岡山にも行く予定です。
動画も長い間、新作を配信していないので、いい釣りができればまた配信したいと思っています。
今年はまだ満足する釣りができていないので(ジギングやキャスティングはかなりいいのですが)、年末までには満足できる釣りをして今年を終えたいと思っています。
先日、締め切りました鯛カブラトーナメント2010のご意見、ご感想を書いていただいた皆様、本当にありがとうございました。
もちろん、すべて拝見させていただきました。
皆様からいただいたご意見やご感想をもとに、これからも充実したホームページにしていきたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
シーズンオフまでもうあとわずかですね。
秋の荒食いも始まっていますし、ガンガン釣りに行きましょう!