鯛カブラQ&A

H様よりご質問いただきました。

<質問内容>

初めまして。Hと申します。昨年より鯛カブラを覚えて、完全にハマってしまい、松本様のサイトを毎日の様に見入っております。早速質問なのですが、鯛カブラ用ロッドについてです。近年、各メーカーの技術力向上に伴い、実に様々なタイプのロッドが市場に出回っています。中には高感度が売りのロッドもありますが、その感度について、疑問があります。向こうアワセが主な鯛カブラゲームに、はたして感度というのは本当に重視されるべきものなのでしょうか?是非松本様ご自身のご意見を伺いたく存じ上げます。
<回答>
いつも鯛カブラ.comをご覧いただきありがとうございます。
さて、まず近年の鯛カブラロッドの傾向ですが、大きく分けて高感度なものと低感度なものの2種類が出回っており、各社様々なテイストでこの2種類を味付けしています。
結論から申しますと、私個人的には「どちらも必要である」が答えです。
私は普段ジャッカルのポイズンオーシャンを使用しており、これには高感度なもの(
TKCシリーズ)と低感度なもの(スーパーバキュームシリーズ)があります。
これらを状況により使い分けています。
では、まず高感度のロッドを使用する利点についてご説明します。
年末から年明けにかけての加太の釣行で高感度なロッドが活躍しているのですが、これは「前アタリ」や「ショートバイト」を逃さないために使っています。
そのアタリは、「コツッ」といったものや「ぬーっとかすかに重くなる」といったものなのですが、これが低感度なロッドでは分かりにくいのです。
加太では、この前アタリを感じてからさらに巻き続けると追い食いし真鯛の反応がある水深よりも遥か上まで追いかけてきます。
アタリがなければ真鯛の反応がある水深よりもさらに上まで(少し上までは巻き上げますが)は巻き上げません。
アタリに気付かなければ、そのままフォールさせてしまうのでせっかくのチャンスを逃してしまうことになりますよね?
また、積極的に掛けていく(アワセを入れる)時の釣りにも高感度なものが有利です。
高感度=張りがあるのでショートバイトばかりですぐに離すような時は、間髪入れずにアワセることで向こう合わせでは獲れない魚を掛けることができます。
また、キャスティングゲームにおいては張りのある好感度タイプのロッドの方がキャストしやすいです。
低感度タイプだと張りがないので、バックラッシュになりやすいです。
次に低感度なロッドを使用する利点です。
低感度=張りがないロッドの大きな特長は「バラシが低減する」という点です。
真鯛はファイト中に頭を振る魚なので、鯛カブラといういわゆるジグヘッドに近い種類のルアーだけにバラシが多くなりがちです。
これを低感度なロッドは張りがないために真鯛が頭を振る際、ロッドがそれを吸収しバレにくくなります。
またH様のおっしゃる通り、向こうアワセの際もスムーズに掛かりやすくなります。
特にアタリがあるとすぐにアワセを入れたり止めたりしてしまう初心者の方にも、アタリを感じにくいのでおすすめです。
このような感じでそれぞれの利点を生かし、今この状況でどちらのロッドを使うべきか?を考え、使い分けるのがベストだと思います。
私は毎回どこに行くにも「高感度なものと低感度なもの」の2本の組み合わせは必ず持っていきます。
そして釣りをして、どちらのロッドを使う方が有利なのか?を考えてセレクトしています。
タイプの違う2本を持つのが理想なのですが、予算的な問題もあると思いますので、例えばこれから鯛カブラを始めようとお考えの方は低感度なものをおすすめします。(上記でも説明しましたように、向こうアワセで掛かりやすいですし、バラシも少ないので)
逆に既に低感度なものをお持ちの方は、もう1本同じアイテムを追加するのではなく、タイプの違う高感度なものを購入しフィールドで使い分けることができるようにすることをおすすめします。
究極のロッドは「高感度で食い込みが良く真鯛のファイトを吸収してバレにくいロッド」ですね!

エビオレンジな一日

約一ヶ月ぶりに鯛カブラをしてきました。
今回はちょっとしたご縁で知り合った方の案内でご一緒させていただくことに。
港に到着し、出発と思いきやプチBBQ(笑
2012022601.jpg
なんでもいいシシ肉をいただいたということで、ちょっとした宴会でした。
2012022602.jpg
めちゃくちゃおいしかったです。
日が昇り出船。
潮の色と経験からエビオレンジでスタート。
開始早々チャリコサイズをゲット。
そこからいい感じでアタリがあり、冬とは思えない状況。
チャリコサイズをもう一枚追加。
さらに40ちょいの食べ頃サイズ。
2012022603.jpg
そしてゴーマル。
2012022604.jpg
最後にもう一枚チャリコサイズを追加。
お昼までの釣りでしたが、冬なのに集中力を十分に保てるくらいたくさんアタリがありました。
しかもカラーローテーションせずに、ずっとエビオレンジでアタリが出続け終始エビオレンジな一日でした。
2012022605.jpg
計5枚とこの時期にしては上出来だと思います。
年間100枚まで残り90枚。

約1ヶ月ぶりに鯛カブラへ

明日は雨の予報ですが、約1ヶ月ぶりに鯛カブラへ行ってきます。
フィッシングショーやフィッシングMAXイベントで釣りに行けなかったのと初めての船に乗せていただくので、いつも以上に楽しみです。
さすがにこの時期はどこも簡単には釣れそうにないですね・・・
でも、大型はそろそろ春を意識しだして産卵に向けて動き始めていると思います。
今年の春のノッコミは新たに試したいことがあります。
これは5月に予定している釣行で試してみようかなと思っています。
またここ最近はネクタイばかりに目が行っていましたが、スカートにも着目しチューニングしてみたり、カラーバリエーションを試してみようかなとも思っています。
あとは釣り大会の参加や実釣の講習会なども開催していこうと思っています。
詳細が決まればすべてここでご案内させていただきます。
さて、鯛カブラの質問を受け付ける「鯛カブラQ&A」ですが、今年は例年に比べて質問が少なくなりました。
情報が増えたり教えてくれる人が居たり、アングラーの知識や腕がレベルアップしたというのもあるのでしょうね。
質問の受付は今月一杯で終了です。
ご質問のある方はお急ぎください。
鯛カブラQ&Aはこちらから。

ショートネクタイと段差フックショートバイトチューン

先日の記事と関連するのですが、今回はショートネクタイと段差フックショートバイトチューンについてご説明します。
まずショートネクタイですが、これは2年程前に岡山県下津井の松本釣り船2さんに行った時、事前に「ベイトが小さく厳しいですよ」という一言から「ビンビン玉ステルス」という通常よりも短いネクタイを使用しスカートレスにしたところ、良い釣果に巡り会えたことからショートネクタイの有効性を感じていました。
ベイトが小さい時に加えて活性が低い時にも有効なチューニングです。
ストレートタイプのネクタイでもカーリータイプのネクタイでも、どちらでも簡単にチューニングできますのでご紹介いたします。
用意するのはハサミだけ。
現場で必要な時に手軽に作れます。
カットの位置や形状は下記の写真を参考にしてください。
■ストレートタイプのショートカットチューン(上がカットしたもの、下がノーマル)
2012022201.jpg
2012022202.jpg
■カーリータイプのショートカットチューン(上がカットしたもの、下がノーマル)
2012022203.jpg
2012022204.jpg
ショートチューンしたネクタイを通常のようにスカート付きにしたり、スカートのボリュームを減らす代わりにアピールさせるティンセルを装着したり、徹底的にシルエットを小さくするためにスカートレスにしたりしたものを使い分けることで、状況にアジャストさせていきます。
またストレートネクタイのショートチューンに場合はフックの向きがキモとなります。
ネクタイとフックが並行になるように装着することで、フックがネクタイに絡みにくくなります。
次に段差フックショートバイトチューン。
通常、市販されている鯛カブラには上針と下針という段差があるシステムが採用されています。
この段差の距離が各メーカーによって微妙に違うのですが、ショートバイトが多い時や活性が低い時に段差の距離を長くすることでフックアップさせる確率を高めることができます。
ただ、その距離に関してはどのくらいがベストなのか?というのが課題でしたが、ほぼこれくらいがベストでは?ということが分かり始めたのでご紹介します。
使用しているスカートの長さにもよるのですが、私が使用しているビンビン玉のネクタイではこのような長さが現在のところベストセッティングかと思います。
↓上が段差フックショートバイトチューンで下がノマール
2012022206.jpg
上針の位置はノーマルのものと同じ位置であるのに対し、下針の「フックポイント」はネクタイの真ん中よりやや後方にあります。
この距離がなぜベストセッティングなのか?
例えば上針がネクタイの真ん中あたりで、下針がネクタイと同じかそれ以上でもいいのではないのか?
もちろんそれも試しました。
ですが試行錯誤して試した結果、このセッティングが一番良い結果だったからです。
まず上針の位置が「そのまま=ヘッドに近い」理由ですが、ショートバイトや低活性時=ネクタイの先(後方)を噛んだがすぐに離したと思いがちです。
でも本当にそれがすべてなのでしょうか?
「ヌーっ」とまるで海藻が鯛カブラにまとわりついたようなアタリであればそうかもしれませんが、「コツッ」や「コン」といった比較的明確なタイプのショートバイトもあります。
いずれのアタリも水温が低い時期や低活性時、または小型が多い時に多発するタイプのアタリです。
こういう状況で釣った魚がどちらのフックに掛かっていたか?
思い出してみてください。
下針ばかりではないことに気付きました?
そうです、こんな状況でも上針が掛かっていることがあります。
上針が掛かっている確率よりも下針にかかっている確率の方が多いのでは?と思うかもしれませんが、テスト結果では低活性時でも上針に掛かっているのは半分、もしくはそれ以上の日がありました。
なので、低活性時と思えるような状況でも頭付近にバイトするということが言えると思います。
次に下針をフックポイントをネクタイの約半分の位置に設定した理由ですが、これは加太の清海丸船長から聞いた話がヒントになりました。
鯛カブラのようにシリコンやゴムのネクタイではバイトした位置(歯形)が分かりにくいのですが、加太で真鯛を釣る時に使っているビニールははっきりとした歯形がつきます。
この位置がフック付近、いわゆる頭の方向となる部分か真ん中というもの。
一番後ろの部分には歯形がつくことはほとんどないそうです。
ただ、ビニールは鯛カブラでいうところの「デッドスロー」なスピードで誘うので、ビニールにおいては後方付近へのバイトがほぼないのかなと思える点はあります。
ですが鯛カブラの場合はリーリング速度が平均してビニールよりも速いので「ヌッー」としたネクタイの後方付近にバイトしているように思います。
かと言って、例えばネクタイの後方まで下針を延ばすと、
・ネクタイに絡みやすくなりアクションを損ねる
・フォール時にリーダーにフックが絡みやすくなる
という欠点が生じます。
張りのある素材のものを使用してみると、リーダーにフックが絡みにくくなりますがネクタイにフックが添わないのと吸い込みが悪いと思えたのでこれもNGでした。
これらのことから、上針はノーマルの状態(ヘッドに近い位置)、下針はネクタイの中心よりも「下針のフックポイントがやや後方」が現段階ではベストなセッティングではないかと思っています。
↓下針の長さは下の写真を参考にしてみてください。(上が段差フックショートバイトチューンで下がノマール)
2012022205.jpg
↓ビンビン玉に装着すると下針のフックポイントがネクタイの中央よりやや後ろにあることが分かっていただけると思います。(上が段差フックショートバイトチューンで下がノマール)
2012022207.jpg
ただし、これはノーマルの長さのネクタイを使用した場合のことであり、ショートネクタイの場合は、
・ネクタイに絡みやすくなりアクションを損ねる
・フォール時にリーダーにフックが絡みやすくなる
ことがなくなるので下針はネクタイの後方付近でOKです。
ぜひこの時期、ショートネクタイチューンと段差フックを試してみてください。

フィッシングMAX三宮店にご来場いただきありがとうございました

週末に開催されたフィッシングMAX三宮店のイベントが無事に終了しました。
豪華プレゼントをご用意させていただいたじゃんけん大会はとても盛り上がりました。
2012022001.jpg
2012022002.jpg
たくさんの方と鯛カブラのお話をさせていただき、時間はあっという間に過ぎました。
たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
また遠方からはるばるお越しいただいたみなさん、お土産までお持ちいただいたみなさん、ナカジー共々厚く御礼申し上げます。

ネクタイの「ストレートタイプ」と「カーリータイプ」の使い分け

フィッシングショーで一番問い合わせが多かったのが、ネクタイの「ストレートタイプ」と「カーリータイプ」の使い分けでした。
まずは過去にアップしたネクタイの「ストレートタイプ」と「カーリータイプ」のアクションの違いをご覧ください。
※二つの動画を同時に再生することで、それぞれの違いがよく分かると思います。
■ストレートタイプの水中アクション

■カーリータイプの水中アクション

ご覧のように「ストレートタイプ」は控えめなアクションですが、「カーリータイプ」はワイドなアクションになります。
また、ネクタイが受ける抵抗の違いにより、ヘッドのアクションにも違いがあります。
さらにアクションの違いからシルエットも異なり「ストレートタイプ」は「シルエット小」、「カーリータイプ」は「シルエット大」となります。
よって真鯛が動かないものや少ないシルエットのものを好む時は「ストレート」、動くものや大きいシルエットのものを好む時は「カーリー」と使い分けるのがベストということになります。
では、真鯛が好む「動き」や「シルエット」を予想するファクターとは何か?
私のこれまでの経験から判断材料の目安となるものをご紹介します。
■動かないもの、もしくは小さな(細い)シルエットのものを好む時(ストレートタイプをセレクト)
・潮が動いていない時や水温低下もしくは上昇などの影響で魚の活性が低い時。
・二枚潮など潮の流れが普段とは違う時。(経験上、底潮が走らないので真鯛が低活性な時が多い)
・ベイトが小魚等、真鯛が小さな餌を捕食している時。
■動くもの、もしくは大きな(ワイドな)シルエットを好む時(カーリータイプをセレクト)
・潮が良く動いている時や春のスポーニングシーズンなど普段よりさらに魚の活性が高い時。
・真鯛が広範囲におり、少しでも目立たせてルアーの存在を気付かせたい時。
・ベイトがイカやバチ、海苔など捕食しているベイトの動きに合わせたい時。
・潮上の人がストレートを多用している場合など目先を変えたい時。
ざっとこんな感じでしょうか。
これを見ると、「低活性=ストレート」で「高活性=カーリー」となりますが、意外にそうでもない場合や逆の場合もあります。
アクション(形状のタイプ)の違う2種類を使い分けることで、真鯛に対する目先を変えたりして捕食のスイッチを入れるという使い方もできるでしょう。
カラーローテーションと併せて、アクション(形状のタイプ)を変えることでそれまで口を使わなかった真鯛が突如として口を使い出すこともあります。

先日の記事と関連するのですが、今回はショートネクタイと段差フックショートバイトチューンについてご説明します。
まずショートネクタイですが、これは2年程前に岡山県下津井の松本釣り船2さんに行った時、事前に「ベイトが小さく厳しいですよ」という一言から「ビンビン玉ステルス」という通常よりも短いネクタイを使用しスカートレスにしたところ、良い釣果に巡り会えたことからショートネクタイの有効性を感じていました。
ベイトが小さい時に加えて活性が低い時にも有効なチューニングです。
ストレートタイプのネクタイでもカーリータイプのネクタイでも、どちらでも簡単にチューニングできますのでご紹介いたします。
用意するのはPEラインのカットに適したハサミ。
通常のハサミですと、余程ハサミの刃が鋭くないとネクタイの素材がシリコンであるために滑りやすく、綺麗にカットすることができません。
PEラインのカットに適したハサミですと、刃がギザギザになっていて滑るような素材でも刃が素材に絡みやすくカットしやすいです。
ハサミがあればチューニングできますので、現場で必要な時に手軽に作れます。
カットの位置や形状は下記の写真を参考にしてください。
■ストレートタイプのショートチューン
■カーリータイプのショートチューン
ショートチューンしたネクタイを通常のようにスカート付きにしたり、スカートのボリュームを減らす代わりにアピールさせるティンセルを装着したり、徹底的にシルエットを小さくするためにスカートレスにしたりしたものを使い分けることで、状況にアジャストさせていきます。
またストレートネクタイのショートチューンに場合はフックの向きがキモとなります。
ネクタイとフックが並行になるように装着することで、フックがネクタイに絡みにくくなります。
次に段差フックショートバイトチューン。
通常、市販されている鯛カブラには上針と下針という段差があるシステムが採用されています。
この段差の距離が各メーカーによって微妙に違うのですが、ショートバイトが多い時や活性が低い時に段差の距離を長くすることでフックアップさせる確率を高めることができます。
ただ、その距離に関してはどのくらいがベストなのか?というのが課題でしたが、この年末から年始にかけての釣行でほぼこれくらいがベストでは?ということが分かり始めたのでご紹介します。
使用しているスカートの長さにもよるのですが、私が使用しているビンビン玉のネクタイではこのような長さが現在のところベストセッティングかと思います。
上針の位置はノーマルのものと同じ位置であるのに対し、下針はネクタイの真ん中あたりにあります。
この距離がなぜベストセッティングなのか?
例えば上針がネクタイの真ん中あたりで、下針がネクタイと同じかそれ以上でもいいのではないのか?
もちろんそれも試しました。
ですが試行錯誤して試した結果、このセッティングが一番良い結果だったからです。
まず上針の位置が「そのまま=ヘッドに近い」理由ですが、ショートバイトや低活性時=ネクタイの先(後方)を噛んだがすぐに離したと思いがちです。
でも本当にそれがすべてなのでしょうか?
「ヌーっ」とまるで海藻が鯛カブラにまとわりついたようなアタリであればそうかもしれませんが、「コツッ」や「コン」といった比較的明確なタイプのショートバイトもあります。
いずれのアタリも水温が低い時期や低活性時、または小型が多い時に多発するタイプのアタリです。
こういう状況で釣った魚がどちらのフックに掛かっていたか?
思い出してみてください。
下針ばかりではないことに気付きました?
そうです、こんな状況でも上針が掛かっていることがあります。
上針が掛かっている確率よりも下針にかかっている確率の方が多いのでは?と思うかもしれませんが、テスト結果では低活性時でも上針に掛かっているのは半分、もしくはそれ以上の日がありました。
なので、低活性時と思えるような状況でも頭付近にバイトするということが言えると思います。
次に下針をネクタイの約半分の位置に設定した理由ですが、これは加太の清海丸船長から聞いた話がヒントになりました。
鯛カブラのようにシリコンやゴムのネクタイではバイトした位置(歯形)が分かりにくいのですが、加太で真鯛を釣る時に使っているビニールははっきりとした歯形がつきます。
この位置がフック付近、いわゆる頭の方向となる部分から真ん中にかけて集中するというもの。
一番後ろの部分にはほぼ歯形がつかないそうです。
ただ、ビニールは鯛カブラでいうところの「デッドスロー」なスピードで誘うので、後方付近へのバイトがほぼないのかなと思える点はあります。
鯛カブラの「ヌッー」としたアタリはどうもネクタイの後方付近にバイトしているように思います。
かと言って、下針をさらに延ばすと、
・ネクタイに絡みやすくなりアクションを損ねる
・フォール時にリーダーにフックが絡みやすくなる
という欠点が生じます。
張りのある素材のものを使用してみると、リーダーにフックが絡みにくくなりますがネクタイにフックが添わないのと吸い込みが悪いと思えたのでこれもNGでした。
これらのことから、上針はノーマルの状態(ヘッドに近い位置)、下針はネクタイの中心付近が現段階ではベストなセッティングであると思えます。
ただし、これはノーマルの長さのネクタイを使用した場合のことであり、ショートネクタイの場合は、
・ネクタイに絡みやすくなりアクションを損ねる
・フォール時にリーダーにフックが絡みやすくなる
ことがなくなるので下針はネクタイの後方付近でOKです。
ぜひこの時期、ショートネクタイチューンと段差フックを試してみてください。

フィッシングMAX三宮イベント続報!

今週末開催のフィッシングMAX三宮イベントで販売させていただく入手困難なポイズンオーシャンVCM67Lの在庫が3本に増えました。
19日(日)17時からの販売となります。
ぜひこの機会にお求めください。
「ナカジ—&鯛カブラ.com 松本と一緒に作る鯛カブラチューニングパーツ」ですが、特にスカートの配色にこだわっています。
基本色に数本混ぜ合わせるカラーがポイントとなっています。
ちょっとしたことですが、これが大きな差になることもあります。
ご期待ください!

和歌山県加太鯛カブラレポート

今年初の加太の清海丸さんへ行ってきました。
一年で一番寒い季節。
相当な防寒対策をしていきましたが、それでもお手上げなくらい寒い。
2012021101.jpg
年末とは少し状況が変わりヒットカラーも様々なようで、ひとまず一からアタリカラーを探る。
とりあえず薄暗いのでエビオレンジスカート+イカナゴールドのカーリーネクタイでスタート。
タックルは微細なアタリを感じ取りたいのでTKC-64Lを使用。
年末から水温も下がり、真鯛に蛭が付き始めたようなので巻きスピードは1秒/0.5回転にする。
1流し目すぐにファーストヒットをものにするも、途中でバレてしまう。
そこから夜が空け明るくなったところで船長のビニールが急に爆釣モードへ。
使っているカラーはオレンジとのことで、ネクタイをオレンジゴールドフレークにチェンジ。
アタリはあるが、超ショートバイト。
何かが違う・・・
そう、船長が使っているビニールは半透明で薄いオレンジ。
上がビニールで下がジャッカルチューニングネクタイのエビオレンジ。
2012021104.jpg
ここが違うのかと一番近いカラーであるエビオレンジのカーリーネクタイにチェンジし、スカートレスにしてボリュームを減らしたものを投入。
これが正解で、ゴーマルに少し届かない食べ頃サイズをゲット。
2012021102.jpg
苦労をしてやっと1枚を手中にした私を尻目に、船長はどんどん掛けていく。
アタリも鯛カブラとは段違い。
ビニールだけでなく、底に付けたビンビン玉ステルスのネクタイスカートレス・フックに毛糸玉をつけたものにも良く食ってくる。
結局船長はビニール4枚、ビンビン玉ステルスのネクタイスカートレス・フックに毛糸玉チューンに4枚と計8枚を釣っていました。
2012021103.jpg
恐るべし加太の伝統釣法。
圧倒的な差がつきました。
何が違うのか?
ちなみに今のベイトの1つは極小さなイカ。
よくチリメンジャコなどをスーパーで買うとたまに小さなイカが入っていますよね?
毛糸玉はそれをイメージしているようです。
新しい課題がひとつ増えました。
寒いですが時合には鯛カブラにも結構アタリがありました。
年末から言えることですがどうやら朝まずめが冬の加太は勝負の時間ですね。
この時間に釣らないと厳しい感じがします。
本日私は1枚。
年間100枚まで残り95枚。

2012年2月19日(日)フィッシングMAX三宮イベントご来店特典発表!

<当日限定の特典>
■来店の皆さまには、非売品のイベント限定JACKALLステッカーをプレゼント!
■ステップアップ企画!!「ナカジ—&鯛カブラ.com 松本と一緒に作る鯛カブラチューニングパーツ」!ナカジ—&鯛カブラ.com 松本のアドバイスの元、釣れ筋カラーの作成方法をその場でレクチャーし組上げたパーツ(フックは安全のため未装着とさせていただきます)をなんとその場でプレゼントします!それぞれのフィールドでの釣れ筋カラーやベイトなどのパターン別、美しく仕上げるコツなど初心者の方はもちろん、上級者の方まで丁寧にレクチャーさせていただきます!
■3,000円以上お買い上げの方には、まだフィッシングショーでしか手に入らない2012 JACKALLカタログをプレゼント!
■当日、15時と19時の2回開催される「じゃんけん大会」では、ナカジ—まる秘グッズをプレゼント!
■入手困難なポイズンオーシャン各モデルの在庫が勢揃い!!特に人気のVCM67Lもなんとイベント当日17時に販売いたします。1本しか在庫がないために、希望者多数の場合はじゃんけんにて販売させていただきます。
盛りだくさんのフィッシングMAX三宮イベントにぜひお越しください!