広島・愛媛鯛カブラ初心者講習会へ

週末は広島・愛媛鯛カブラ初心者講習会へ行ってきます。
雨の予報ですが、出船には影響はなさそうな天候です。
さて、今回の初心者講習会は、単純に真鯛を釣ってもらう!というものではなく「どうすれば鯛カブラで真鯛を釣ることができるのか?を勉強していただき、自分で考えて釣りをしてその結果、真鯛が釣ってもらえれば」という内容で、釣果重視ではありません。
なぜ釣果重視ではないのか?
釣果重視なのであれば、こちらも楽です。
なぜなら、私達講師が状況を把握して使う鯛カブラのカラー、巻き上げスピード、巻き上げるタナを参加者に指示すれば釣れるからです。
でも、それでは講習会に来ていただいた方は「何か分からないけど、とりあえず釣れた!」で終了します。
結果「魚は釣れたけど何で釣れたか分からない」のです。
それでは初心者講習会の意味がありません。
ですから、今回は私達講師が「自分で考えて釣りをするヒント」を教えます。
例えば、
・使う鯛カブラのカラーはみんなで違う色を使ってみる
事前情報ではヒットカラーはチャートやグリーンだそうですが、あえてこれに固着せずにいろんなカラーを使うことにより、本当にそれがヒットカラーなのか?時間や潮、場所によっては他のカラーの方が釣れるのでは?事前情報よりもさらに釣れるカラーがあるのでは?などを検証します。
雑誌やTV、釣具店、釣り船の船長からは様々な情報が得られます。
しかし、それを鵜呑みにして「最近のヒットカラーはチャートやグリーンだからそれを使えば釣れる」と思い込んでほしくないのです。
確かにその情報は正しいものでしょうし、それで釣れると思います。
ですが、講習会では「なぜチャートやグリーンが釣れたのか?他のカラーは本当に駄目なのか?」という理由を実際に経験して、そして考えていただきたいのです。
チャートやグリーンが事前情報でヒットカラーだとしても、今日は晴れたのでオレンジの方がよかったということになるかもしれません。
初心者だからこそ、「情報に左右されずに自分で考え、柔軟に対応する能力」を養ってもらいたいのです。
釣果的には遠回りになるかもしれませんが、そういった経験を積むと後に必ず役立ちますし、他人に差をつけられます。
釣具店一日スタッフやフィッシングショー、鯛カブラ.comへの質問などでは「どんな色が良く釣れるのですか?」「どうすれば魚がよく釣れるようになりますか?」など、魚を釣ることだけの質問が多く目立ちます。
あまりにも漠然とした「釣果だけを考えた質問」です。
それでは自分の引き出しは増えません。
「なぜ」という考えを常に持ってください。
分からなければ積極的に聞いてみましょう。
そして自分で考えていろいろ試してみましょう。
自分で試して結果がでなければ「なぜ自分の方法で釣れなかったのか?」を聞いてみましょう。
魚を釣り上げるのも楽しいですが、その過程も楽しいもの。
自分で考えて魚を釣った時、釣りの楽しみはさらに大きなものになります。
私達講師はそんな思いで参加者の皆様をサポートさせていただきます。
講習会の翌日は交流会。
地元のアングラーと真剣勝負です(笑

広島県来島海峡鯛カブラレポート

ちょうど二年前にイージーフィッシャーのロケでポルノグラフィティの岡野昭仁さんと一緒に釣りをした来島海峡に行ってきました。
私には真鯛が釣れず、ずっとリベンジしたいなと思っていました。
ただ今回は既に予約が入っていたので夕方の短い時間の釣りとなりました。
2012061501.jpg
楽笑丸(らくしょうまる)の船長が気を利かせての出船。
2012061502.jpg
最初のエリアは水深約30m。
事前によく確認せず来たので、てっきり深いエリアをすると思い込み45gを忘れました・・・
仕方なく60gでスタート。
同船者にエビオレンジでチャリコがヒット。
私は潮下だったので、オレンジゴールドフレークで探る。
アタリはあるがショートバイト。
そこですかさず段差フック投入。
これが功を奏しかわいいサイズ。
2012061503.jpg
来島海峡ファーストフィッシュとなりました。
その後、真鯛らしきアタリがあるもどれもこれもショートバイト。
ネクタイをカットしてショートネクタイを試すも刻々と時間が過ぎる。
アコウを2本追加して終了。
2012061504.jpg
船中5名で真鯛2枚、アコウ2本という釣果に終りましたが、船長はわずか三時間で潮もよろしくない中、無理を言って船を出し日暮れまでめいいっぱい頑張ってくださいました。
夜はアナゴを堪能。
2012061505.jpg
たった1枚という釣果に終りましたが、前回よりも確実に真鯛に近づきました。
広島の愛裕南丸で知ったスローリトリーブ、魚探に反応なしの状態で釣れること、そして二年の間に積み重ねたカラーローテーション。
次回、ガチで来島海峡にまた挑んでみたいと思います。
年間100枚まで残り46枚。

鯛カブラトーナメント2012 in 明石 参加者募集!

淡路島・須磨・須磨・明石の遊漁船グループ主催/鯛カブラ.com協力のもと「鯛カブラトーナメント2012 in 明石」が2012年7月15日(日)に開催されます。
総勢70名の鯛カブラオンリーのワンデイトーナメントです。
明日6月15日正午から受け付けスタートです。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。
鯛カブラトーナメント in 明石2012

島根県出雲鯛カブラレポート

今回は島根県出雲市の日御碕から出船している幕島丸さんに行ってきました。
私にとってこの場所での鯛カブラは初めて。
2012061201.jpg
日御碕と言えばアオリイカや神鰤が有名。
2012061202.jpg
神鰤とは晩秋、日本全国の八百万の神々は会議をするために出雲を目指さます。
そのために神様がご不在になった日本各地では、十月を「神無月」と呼び、神様集いし出雲の国では「神在月」と呼びます。
時期を同じくして、大社の海にはたっぷりと脂が乗った大きな寒鰤がやってきます。
その堂々たる白銀の姿や、神々に導かれるように現れることから、神宿りし鰤「神鰤」と呼ばれ、荒れる日本海に、大社の海の男たちは命を掛けて沖へと向かう。
神々と大社の海の恵み、神鰤を獲るために・・・
この伝説を、出雲の釣り宿幕島さんが、8キロオーバーの鰤を神鰤と定義し、釣り上げた者にはその証としてステッカーが配られ、また年間を通じて大きさをランキングで争うという「神鰤プロジェクト」を企画をされているそうです。
さて、鯛カブラの方はというと、それほどする人が少ないようで事前の情報はほぼ皆無。
水深とベイトだけを聞いてあとは自分の経験で答え合わせ。
情報もなく鯛カブラの同船者もオヤジのみ。
オヤジにはエビをつけていたので、真鯛が入ればエビに反応があるだろうからそれがバロメーターになるという二段構え。
幕島丸の森山船長に無理難題を押しつけ、真鯛がいるであろうエリアに案内していただきました。
最初のポイントでは青物の反応が良く、これならこの下に真鯛が居る!と巻くも真鯛どころか青物の反応も得られず。
ポイントを点々とするも真鯛らしきアタリは皆無ですが、根魚だけは高活性。
飽きない程度にアマダイにアコウ、イトヨリ、マハタ、キジハタ、ガシラ・・・と何かしら釣れる。
2012061203.jpg
2012061204.jpg
2012061205.jpg
森山船長はスロージギングやインチクで根魚を次々に掛ける。
2012061206.jpg
2012061207.jpg
水深は浅いところでは約30〜40m、深いところで約80m。
パラシュートアンカーを入れて流すので、通常よりワンランク軽いウエイトで釣りができます。
魚礁をラウンドして根魚と戯れる時間が過ぎる。
そして、魚礁から離れそろそろ移動するだろうなというエリアで・・・
底から10巻きでゴン。
掛けてから気付いたのですが、ビンビン玉60gで底が取れたので、瀬戸内用のボックスからビンビン玉を取り出して使っていました。
そうなんです、フックが小さいんです。
掛けた瞬間にロクマルくらいかな?と思ったので、ドラグをさらに緩めて時間をかけてファイト。
なんとか無事にネットインしましたが、ネットインした瞬間にフックが外れ、案の定伸びていました。
今年は嬉しい1枚をたくさん釣っていますが、これも嬉しい1枚!
ミッションコンプリートです。
2012061208.jpg
森山船長、よくぞ当てていただきました!
一日巻きましたが、あとにも先にも真鯛のアタリはこの1バイトのみ。
一瞬をものにすることができました。
ヒットカラーは福井同様エビオレンジ。
イカグロー?オレンジ?グリーン?チャート?それとも・・・と何も情報がない初めてのエリアでは使う色を迷いますが、福井の釣行経験が「ディープエリアでもエビオレンジ」という自信が、何も反応がない状態でも信じて巻き続けることができました。
今年は1枚しか釣れなかったという日を何度か経験しました。
それは、「船中爆釣の中、1枚しか釣れなかった」ではなく「厳しい中、1枚獲れた」と言える経験でした。
そういう状況では「本当にこのカラーで釣れるのか?」「真鯛はいないのでは?」と釣れない要素ばかりを考えてしまい集中力も失せてしまいますが、そういう時は自分の信じたカラーか過去にそのエリアで実績のあるカラーで押し通すこと。
ある程度この釣りの知識が増えるとあれこれやってしまいがちですが(自分もそうでした)、そういう時は空振りが多いような気がします。
あれこれ考えるのもいいですが「信じて巻く」ことが一番だと思います。
ということで、なんとか1枚の真鯛をゲットし、あとは高級魚がクーラー満タン!
2012061209.jpg
真鯛以外の魚は食べることに関しては超ウェルカム!!!!!
森山船長は本当に一日良く頑張ってくださいました。
2012061210.jpg
ありがとうございました!
年間100枚まで残り47枚。

玄界灘・初心者講習会レポート

5月3日に開催予定だった「玄界灘・初心者講習会」が天候不良のために延期となり、振替日である昨日に開催させていただきました。
1日の金曜日までまたも中止か?という予報だったのが金曜日の夕方良い予報に一変し、土曜日の午前の予報も良い予報のまま変わらずだったので船長からGOサイン。
2012060401.jpg
慌てて準備し土曜日の夕方、博多入りしました。
2012060402.jpg
2012060403.jpg
いつもの店で一人宴会をし、準備不足だったものをホテルで準備。
翌朝、出港前に30分程度、基本動作等の講習を行い七里が曽根へ。
2012060404.jpg
予報とは打って変わって、高い波と強い風。
初心者の方々にはかなり厳しい条件で、講習会用に用意した100gのビンビン玉でも1回しか底が取れない状態。
着底が分からないままリフト&フォールを繰り返すと根がかりや他人とのオマツリの原因となります。
手数は減りますが、ここは堅実な方法を選択し、1回落としては回収するを繰り返していただきました。
朝一は時合いか、浮いている真鯛の反応がありまずは青物が顔を見せる。
そして真鯛。
2012060405.jpg
うれしい一枚ですね、おめでとうございます。
このタイミングでミヨシのお客さんにマグロが掛かるも、なすすべもなくラインブレイク。
もしや!と忍び込ませていた対マグロ用のタックルを落とす。
回収中にドン!
ハンドドラグでファーストランを止め、浮かせにかかるもフックアウト。
上針のアシストラインはボロボロ、下針は伸びて折れました。
2012060406.jpg
自分が想定していたタックルバランスがダメだったことに気付きました。
他、生徒さん達にもマグロが掛かり計4発掛けるもすべて獲れず。
初心者講習会には招かざるゲストでした。
天候が良くならず食いも止まったので、風裏になるポイントに移動。
ようやくここで初心者講習会らしい講習ができました。
2012060407.jpg
2012060408.jpg
2012060409.jpg
2012060410.jpg
残念ながら本命の真鯛は顔を見せませんでしたが、根魚など多彩なゲストが顔を見せ、全員の方に魚の顔を見ていただくことができました。
私も鯛カブラ人生初めてのイトヨリをゲット。
2012060411.jpg
港に帰り、反省会とちょっとしたアドバイスをさせていただき無事に終了。
2012060412.jpg
参加していただいたみなさん、おつかれさまでした。
ということで、ほんの少しの時間ですが竿を出した先生にも真鯛が釣れず。
今シーズン初のボーズを食らいました。
一応、一年間パーフェクトを目指していましたが、ここで記録はストップ。
また一から出直しです。
今週末は前回天候不良で出ることができなかった島根県出雲に挑戦してきます。

いざ九州へ!

明日は5月3日に開催される予定だった「玄界灘初心者講習会」の振替日でした。
当初は金曜日の夜に出て二日間を九州で過ごす予定でしたが昨日までの予報では二日間とも中止・・・
それが今朝一変!!!!!
ということで、今から急遽準備して博多に向かいます。
楽しみにしていた初心者講習会のみなさん!明日は全員安打目指して頑張りましょう!
では行ってきます!

広島・愛媛鯛カブラ初心者講習会の受け付けを開始しました!

本日6月1日より6月15日までの期間、広島・愛媛鯛カブラ初心者講習会の参加者を募集させていただきます。
鯛カブラ.com・ジャッカルソルトフィールドスタッフ/松本裕之氏とジャッカルプロスタッフ/中島成典氏(ナカジー)がデモンストレーターとなり、鯛カブラ初心者の方を対象に講習会を開催します。僕たちと一緒に鯛カブラを楽しみませんか?
詳しくは広島・愛媛鯛カブラ初心者講習会詳細ページをご覧ください。