乗っ込みシーズンのパターン

みなさん、GWの予定はいかがですか?
私は、岡山、香川、福井、福岡、長崎と例年になくスーパーハードスケジュールで西日本各地の真鯛を追います。
いろいろな地域に足を運ぶのは、やはり地域によってパターンが多種多様であり、そこが面白いのです。
さて、今回は私が通う各地の「春の攻略法」を解説したいと思います。
まず全体的に言えることは、この春に生まれたものがベイトになること。
代表的なものとしてはイカナゴなどの稚魚、イカやタコの子供。これに春に動き始める甲殻類やご当地ならではのものがベイトとなります。
春は必然的にこれらのベイトを意識したパターンを組み立てます。そして、具体的なパターンとしてあらわれるのが、カラーやレンジ、リトリーブスピードです。
同じ地域でもいくつかパターンは存在しますが、特にカラーはハマると大きな爆発力がります。
それでは各地の基本となるパターンをご紹介します。(狙うエリアや季節の進行具合により異なりますので参考までに。)
■和歌山県加太
主なベイトはイカナゴ、アナゴなどの稚魚に甲殻類です。早朝、日が昇るまではイカナゴールド、エビオレンジが王道パターン。これらに反応が悪い時はネクタイを艶色オレンジやオキアミピンクなどを試し、アピールの強弱を付けます。巻きスピードはやや早め。潮が動き出せば中層まで広めにリトリーブします。
2012031003.jpg
■兵庫県明石
主なベイトはイカナゴ、甲殻類、そして海苔です。イカナゴ、甲殻類どちらもカバーできるオレンジゴールドフレークに実績があります。ヘッドはオレンジゴールド、レッドゴールドを組み合わせ、基本的には底付近を中心に狙います。海苔が流れ出すと濃いレッドや濃いグリーン、チャートなどの組み合わせが有効になります。この時ばかりは中層付近までリトリーブします。普段、明石では真鯛が浮くことは少ないのですが海苔パターンだけは別。かなり表層まで浮くことがあるので、反応があるタナまで丁寧にリトリーブしてください。ロッドは乗せ調子のものを中心にしつつ、キャスティングの釣りも有効になります。
2012071701.jpg
■岡山県下津井〜小豆島
主なベイトはイカナゴ、甲殻類です。イカナゴ、甲殻類どちらもカバーできるオレンジゴールドフレーク、艶色オレンジに実績があります。あとはこの地域で絶対外すことができないエビオレンジ。この地域ではエビオレンジは日照度、季節、濁りなどを問わずオールマイティーに釣れるカラーです。そして春の特徴としてゴールド系のミックスが欠かせないのもこの地域の特色かもしれません。ヘッドはアピールのオレンジゴールド系とアピールを抑えたレッドゴールド系を使い分け、10m程度までを中心に狙いますが急な掛け上がりでは、
リトリーブは早め。地形にそって実質底から5〜7m程度の巻き上げとなっているでしょう。
2012052102.jpg
■広島〜愛媛
主なベイトはイカナゴ、甲殻類、イカやタコの子供です。下津井同様の艶色オレンジ、エビオレンジ、ゴールド系に加えて、イカナゴパターンにチャートやグリーンも有効になるのが特徴的です。ヘッドはオレンジゴールド、レッドゴールドの強弱使い分けに加えてグリーンゴールドも用意したいところです。底付近を中心に潮が走り出せば少し上(15m前後)まで狙います。この地域は明石同様ほとんど真鯛が浮くことはないので、いかに丁寧にテンポ良く狙うかが釣果の分かれ目です。リトリーブスピードは普通〜やや遅めです。 
2011062106.jpg
■福岡玄界灘
主なベイトはイワシや子イカです。イワシの場合はオレンジや蛍光ピンク、赤と言ったイワシパターンの定番にゴールドホロフイルムなどフラッシングが強いものをプラスします。ヘッドはオレンジゴールド、ピンクゴールドなどアピール系を中心に。子イカの場合はグリーンゴールドのヘッドにイカグローが強いです。潮が走り出すと真鯛の活性が急上昇して浮き始め、激しくカブラにアタックしてきます。そうなると、ネクタイの本数を多めにしたりしてカブラのボリュームをアップさせたりゴールド系のパーツを君合わせた「目立つもの」が効果的です。またリトリーブスピードも「速巻き」に反応します。
2011050702.jpg
2011050701.jpg

第3回 鯛ラバカップ in 小豆島開催のお知らせ

2013年6月23日(日)に鯛ラバーズ事務局主催の「第3回 鯛ラバカップ in 小豆島」が開催されます。
今回の募集人数は103名。
瀬戸内最大の鯛カブラ・ワンデイトーナメントとなります。
当日はシマノフィッシングインストラクター佐々木洋三氏によるセミナーや清掃活動、香川のうどんを食べながらの懇親会など盛りだくさんの内容でお楽しみいただけます。
もちろん、私も今年こそシングル入賞を目指して参加する予定です。
すでに申し込みが始まっております。
申し込みは以下から。
2013042401.jpg

バラシ対策の基本

いよいよ各地で釣果が本格的になってきました。
のっこみシーズンに乗り遅れないように、私も頑張りたいと思います。
鯛カブラシーズンを前にこの冬に開催された、フィッシングショーや店頭イベントなどで「とにかくバレる」「バラシを少なくするコツはなんでしょうか?」というお悩みやご質問をたくさんいただきました。
皆様相当苦しんでおられますね。
少しでもバラシを減らすために針を変えたり、針の垂らし長を変えたり、あるいは遊動式を使ったり、強くアワせてみたりと色々と試しておられるようですが、基本ができていない状況であれこれしてもうまくいかないものです。
「バラシ対策の基本」をあらためてここで確認、実践してみませんか。
※ここで解説する「バラシ対策の基本」は、魚を掛けてから取り込むまでのいわゆる魚とのやりとり、ファイトについてのことです。
なぜ今この話題なのかと言うと、渋いアタリが多い冬やベイトによってコロコロと反応が変わる夏に比べて春は活性良く、また安定したパターンで釣果を得られる傾向にあります。
つまり、掛けてから釣り上げるまで、基本のファイトを練習しやすいシーズンと言うわけです。
<まずは安定した姿勢を保つこと>
安定した姿勢は「安定したリーリング」そして「安定したファイト」への基本。
後日、詳しく解説しますが船が揺れてもフラフラしないように体をしっかりと固定することが大切です。
そして最も重要なことはロッドのバットをしっかりと脇に挟んで固定し、リールに手を添えてロッドティップを水面に向け下げた状態にすることです。
<安定したファイト>
・アタリがあっても
・魚が掛かっても
・魚が走っても
「ロッドの位置をそのまま(ロッドティップをやや下げた状態)で一定スピードで巻き続ける」ことが基本です。
現場で見ていて一番多いバレ方は、ロッドを立てたりドラグを途中で締めたりした時です。つまり自らラインテンションの緩みを招く様な行為です。
「リールのハンドルを巻く手を止めたり、逆に焦って巻き合せの様にリーリングを速くしたり」をした時も良くありません。
こういう状況を見かけたら「バレますよ!そのままゆっくり巻いて」とアドバイスするのですが、ついつい焦ってしまった結果、ロッドを立ててしまったりハンドルから手が離れ、気がつけばバレてしまっています。
この「ロッドを立てる」という行為。
他の釣りではいわゆる「竿に仕事をさせる」ためにも必要な事なのですが、鯛カブラのファイトにおいては逆効果になることが多いです。(もちろんファイト方法やパターンによる例外もあります。)
真鯛の首振りでロッドが暴れる=テンションの強弱が生まれてバレる原因になります。
「ロッドティップを下げ気味に、一定スピードで巻き続ける」ことで刺さっている針のテンションが緩まなくなり、バレることが少なくなります。
伝わりにくいかもしれませんが、これだけで本当に天と地の差が出ます。
鯛カブラへの魚の追いや針の掛り所までも左右する重要な要素ですので侮れません。
<ファイトで巻き続けるためのドラグ設定>
使用している針の大きさや太さや強度によって異なりますが、500g〜700g程度の負荷をかけた時にドラグが滑り出すように調整します。
簡単な調整方法はペットボトルに500gなら500ml、700gなら700mlの水を入れてラインに結び、ロッドをゆっくりと立てます。
その時にドラグが少しずつ、じわりじわりと出る程度に調整するとよいでしょう。
安定した取り込みを実現するために、この調整も大変重要な要素です。
ドラグの強度の目安は、
・細い針ほど緩めに
・釣れる魚のサイズが小さい時は緩めに
※細い針ほど貫通性が高いので緩めのドラグ設定で貫通します。また針が細いと身切れを起こしやすいので緩めのドラグ設定にします。
・太い針ほど強めに
・釣れる魚のサイズが大きい時は強めに
※太い針ほど貫通性が悪いので強めのドラグで貫通させます。
といったことでしょうか。
繰り返しますが春の真鯛は活性が高く、食い込みが安定している事が多いので絶好の練習機会です。
お悩みの方は、ぜひこの時期にトライしてみてください。

加太鯛カブラレポート

先週、年明けから釣果が良い玄界灘へ行く予定だったのですが天候不良により中止となり、どこへ行くか考えた挙げ句、和歌山の加太へ行くことにしました。
今年の加太は、年明けからビニール優勢で鯛カブラの反応はイマイチの状態。
念のため最近の状況を船長に確認すると、
「ビニールはよう釣れてるけど、カブラはアタリすらない時あるわ。カブラやってても無線や周囲でバンバン釣れてるの聞いたり見たりしてたら、ビニールやってまうから辛抱してやり切れんのよ。やり切ったら釣れるかもしれんけど。」
といった返答。
個人的にビニールは鯛を釣る上で究極の釣方の一つだと思っているので、これに勝とうと思うのは間違いかもしれませんが、鯛カブラでもビニールに勝ることもありましたし夜明けすぐなどは鯛カブラへの反応の方が良いです。
ちなみに、加太のビニール釣法は天草の漁師に伝授されています。
清海丸の石谷船長が地元の漁師達と以前熊本へこの釣法を教えに行ったそうです。
そんな前情報でしたが、とにかく鯛はいるのは確かだし餌を食べているのも確か。
1枚くらい釣れるだろうと加太へ向かいました。
港を出てすぐにアクシデント。
仲間の漁師から「今ペラになんか巻いたような衝撃があってんけど何もないわ〜地震あったんちゃうか」と無線が入る。
それと同時に携帯に地震速報。
船長の知り合いの家で窓ガラスが割れただの、壁に亀裂が入ったという連絡が入る。
津波は?うちの家は大丈夫か?神戸は?
ひとつひとつ状況を確認し、とりあえず大きな被害はないことを知り一安心。
地震って海面が盛り上がり船がスライドするような感じになることを初めて知りました。
東日本大震災の時もここ加太で海面が盛り上がり、定置網にメバルが端から端までびっしり掛かったらしいです。
津波の心配もないようなので釣り開始。
2013041501.jpg
地震で魚が驚き、口を使わないのではないか?と思いましたが数流しで同船者にヒット。
アドバイス通り、イカナゴールドでチャリコサイズ。
私はビンビン玉20gにイカナゴールドのショートネクタイを使い、水深25〜30mをリーリング。
普通なら45gを使うような水深で試してみましたが、難なく底がとれました。
特筆すべきは「引き抵抗の軽さ」。
ポイズンオーシャンシリーズで最もライトアクションであるTKC-64Lに、新製品のシマノ・メタニウムを装着した「ウルトラ高感度タックル」ともいうべきタックルセレクトで巻くと劇的に変わりますね。
シマノ・メタニウムは昨年から愛用していたアンタレスと同じマイクロモジュールギアを搭載したソルトウォーター対応モデル。
2013041504.jpg
このマイクロモジュールギアは鯛カブラという釣りのために生まれてきたのではないか?と言っても過言ではないくらい素晴らしいギアです。
巻きの滑らかさ、軽さ・・・他のリールより一線を越えたリールです。
はっきりと体感できるレベルのものです。
瀬戸内などのシャロー中心のエリアで釣りをされる方には、今このリールを一番にお勧めします。
間もなく私にもアタリが出始め、その明確さにも驚きました。
ついつい、体が反応してアワセを入れてしまいそうな感覚。
乗せきれず何度か悔しい思いをしながら巻いていると、ふっと一瞬軽くなる。
このアタリで乗ったのはハマチ。
2013041502.jpg
ビンビン玉20gとメタニウムの筆下ろし第一号でした。
ふっと軽くなったのは吸い込まれた結果。
ライトウエイトだけに綺麗に吸い込まれ、喉あたりに掛かっていました。
とういうことは、鯛にも吸い込まれやすいことになるでしょう。
そうなるとアシストラインに長さや材質を再考する必要があるのではないかと思えました。
日が昇ってからはここ最近カッコいいところを見たことがない(笑)船長が怒濤のラッシュ。
あっという間に3枚を釣り上げました。
私もカラーチェンジを繰り返し我慢して巻き続けた結果、ビンビン玉30gにエビオレンジで久しぶりに鯛の顔を見ることができました。
2013041503.jpg
この1枚を最後にアタリが遠のき時間いっぱいまで巻き続けるも終了。
船中3名で真鯛5枚、ハマチ1本という結果でした。
ただ、ビニールでは終始コンスタントに釣れていましたね。
いいように考えれば、自分は釣れていなくても周囲が釣れているので、それを見ていると巻き続けることができます。
何にも釣れていないような状況で巻き続けるより断然頑張れますね。
とにもかくにもブランクが長く久しぶりの釣行となったわけですが、1枚を手にできたことに満足しました。
これから間もなく一年で一番の真鯛祭りが始まりますね。
楽しみなシーズンになってきました。

近況報告

私事でいろいろあり気がつけば3ヶ月もの間、真鯛を手にしていません。
昨年の同時期には既に30枚もの真鯛を手にしていましたが、今年はまだ1枚。
年始に「今年は数にこだわらない」と申しましたが、さずがに寂しい釣果。
シーズンを迎え、私事も落ち着いてきましたのでそろそろ本格的に動こうと思います。
釣りに行っていない期間はただ漠然と過ごしていたのではありません。
フィッシングショーで発表されたビンビン玉20g/30gをキャスティングするテストモデルとしてポイズンオーシャン64Lをスピニングロッドにカスタマイズしたり、ショートネクタイを作ったり、フックのシステムを根本から見直してみたり、新しい形状のネクタイを考えたり。
鯛カブラという釣りが流行しはじめたのが2005年頃。
それから約8年の歳月が過ぎましたが、まだまだ分からないことだらけですし、さらに釣果を上げるためのメソッドやアイテムやパーツを改良する余地はあると思います。
自分の仕事でもそうなのですが「これで良い」と思うと、そこで思考がストップしていまいます。
また「当たり前、セオリー、基本」といった概念にとらわれると新しいものは生まれません。
当たり前に、セオリー通り、基本に添って釣りをすれば高確率で魚をキャッチすることができるでしょう。
しかし、新しいことを生み出そうとすると釣れている最中こそ「当たり前、セオリー通り、基本」を外したことをしてみて、「これはよかった」「もしかすると可能性があるかも?」「全く駄目だから違うことを考えよう」といったことに気付くのです。
しかし、交通費や乗船料を支払って朝早くから釣りに行くのですから、なんとしてもボーズだけは避けたいところ。
釣れている最中にわざわざ釣れるか釣れないか分からないことをすることなどしたくないものです。
もちろん、私もそう思います。
ですが、今私が置かれている状況は「鯛カブラ.comユーザーさんに1枚でも多くの真鯛をキャッチしていただくこと」です。
また、まだまだ鯛カブラという釣りは初心者の方が多いです。
そういった部分を見直すため今年は数を釣ることを捨て、まずは初心者の方にも分かりやすくこと釣りを解説するサイト作りをしたり、みなさんが疑問に思うことや私自身が疑問に思うことを検証していきたいと思っています。
あとはなんとか今年中に私が鯛カブラという釣りに出会ってから今に至までに経験したことなどをまとめた冊子を作りたいと思います。
完成しましたら無料でダウンロードしてご覧いただけるようにしたいと思っていますので、楽しみにしておいてください。

鯛カブラキャスティング釣法でベストなロッド

K様よりご質問いただきました。
メールで個別に回答させていただこうと思いましたが、最近この手の質問が多いのでこちらで回答させていただくことにしました。
<質問内容>
教えて下さい!鯛カブラでのキャスティング釣法ですがロッドはどんな物がベストですか?
勿論ビンビン玉の20gと30gを使います。
出来れば値段的にも安いロッドを紹介して欲しいです。宜しくご回答下さい!
<回答>
私が利用しているのはジャッカル・ポイズンオーシャンシリーズですので、それを例にお答えさせて頂くと、
・TKC-64L
・TKC-67M
あたりがおすすめです。
しなやかさ重視の鯛カブラロッドの中でも、適度にキャストし易いブランクの張りがあるロッドだからです。
特に20gや30gであれば、TKC-64Lが使いやすいでしょう。
詳しくはこちらにも記載しておりますので参考になさってください。
http://www.taikabura.com/casting/4/index.html

ご要望の「安いロッド」となると、最近は実際に他の会社の商品を使い込んでおりませんので、良い回答が浮かびません。
喫水が浅い船などテクニカルなキャスティングが求められる状況ほど、ショートロッドの方が使用しやすいと思いますので、ロッド選びの参考に頂けましたら幸いです。
なお、ベイトリールでのキャスティングが苦手な方には、スピニングタックルも選択肢に挙げられるかと思います。
使いやすい条件はベイトタックルの場合と同じです。
流用としては、バスロッドやライトジギングロッドなどでしょうか。