岡山・下津井鯛カブラレポート

岡山県下津井の松本釣船2に船上サラリーマンと行ってきました。
今回は翌日に開催される「鯛ラバカップ in 小豆島」のプリプラが目的。
2013062601.jpg
連日、好釣果だったのですが念には念を入れて前日に状況を把握して大会に備えようと思ったのですが、台風が日本列島に近づき相当な雨が降り状況が一変。
あんなに好釣果だったのが嘘のように沈黙。
これはこれでプリプラに来た意味はあるのですが、楽しい釣りができるかなと思っていただけにショックでした。
2013062602.jpg
港内はそうでもなかったのですが、沖に出ると河川から流れてきた漂流物が海面を漂って水温も低下し水潮の影響をモロにうけていました。
しかし、そんな中でもうれしいゲストが。
2013062603.jpg
船長も大会前日ということもあり、16時頃まで特別に頑張っていただいたおかげで船上サラリーマンと試行錯誤しながら何とか4枚ずつ計8枚を釣ることができました。
夕方の時合いにはWヒット連発。
2013062604.jpg
2013062605.jpg
大会は13時半帰港なので、この時合いは大会当日にはできないんですけどね(笑
この日に感じたことは、
■カラーはエビオレンジ、イカナゴールド、オレンジゴールドフレークが安定している
■シャローはもちろん、水深が深いエリア(40〜50m)でも30gというライトウエイトにアタリが多かった
■アベレージサイズは40cm前後
■広範囲を探れるキャスティングが強い
といったことでした。
この日得たデータを元に高松市内に入り、再セッティング。
本番に向けて頑張ります。

小型電動リールを使った鯛カブラ

今年はシマノとダイワからそれぞれ小型の電動リールが発売になりました。
シマノ・フォースマスター400
2013062101.jpg
ダイワ・シーボーグ150J
2013062102.jpg
小型になったことで片手で仕掛けの上げ下げができるようになり、軽量化のおかげで手持ちの釣りを楽しむことができるようになりました。
これらの小型電動リールを鯛カブラで使用するとどうなのか?
鯛カブラはハンドルの巻きから潮流の変化や、真鯛が鯛カブラにアタックする微妙な前アタリを感じ取る釣りです。
掛けたあとはライトタックルならではのスリリングなファイトを味わう。
鯛カブラの釣りで一番ハラハラドキドキする場面ですね。
こう書くと、電動リールは必要ないんじゃないの?となりますが「基本的に手巻きで、必要な部分は電動で」という使い方をするととても便利で楽なのです。
具体的にどういう使い方ができるのか?
実際に電動リールで鯛カブラをしてみた私なりの見解です。

■シャローは必要なし

シャローは手巻きで十分です。
これといって電動を使う必要性は感じません。

■ディープ、特にディープのドテラで有効

ヘビーウエイトのカブラを使用しディープエリアで釣りをする場合は、引き抵抗が重くなりますし深い分、ピックアップするのは一苦労。
玄界灘のようにディープをドテラで引く場合などは、潮が速かったり風が強いと瞬く間に150m、200mとラインが出て行きます。
ピックアップはさらに辛いものになりますよね。
電動で回収すれば速いし楽です。
また、手返しが多くなり単純に好釣果に結びつく確率がアップします。
着底後のリーリングやファイトなどすべてを電動に任せるのも年配の方には楽かもしれません。
こちらの方はアタリがあるスピードを見つければ、その設定にしておけばいいわけですし、水深も把握できるので真鯛の反応がある層を正確にトレースできます。
ちなみにリーリングスピードはシマノのフォースマスター400なら「8か9のスピード」を中心に速くしたり遅くしてパターンを見つけると良いでしょう。
2013061306.jpg
必要なところだけを電動に頼る。
すべてを電動に頼る。
自分にあった使い方で楽しめばいいのではないでしょうか。
私も正直、電動は頭にありませんでしたが、一度使ってみるとディープの釣りが予想以上に快適で手放せないなと思いました。
ディープエリアの釣りをされている方は、お試しいただく価値は十分にあると思います。

ビンビン玉20g/30gが間もなく発売!

フィッシングショーOSAKA2013でみなさまの前に登場したビンビン玉軽量モデルの20gと30gが6月末から発売される予定のようです。
レッドレッド-45とライムチャート-37は20gおよび30gで初採用となるカラー。
個人的に蛍光レッドを使用したカラーを熱望していただけにレッドレッドは嬉しいラインナップ。
2013062001.jpg
ビンビン玉20g/30gのカラーラインナップはこちら
ジャッカルサイトのバックステージダイアリーにも関連記事が掲載されています。
さて、この20gと30gですが夏のシャローのキャスティングを意識したモデルとなっていますが、バーチカルの釣りでも面白い活躍をしてくれます。
潮の速さにもよりますが、水深30m程度なら30g、20m以浅なら20gと今までなら45gでカバーしていた水深で使うことができます。
驚くべきは引き抵抗の軽さ。
45gと使い比べてみてください。
その差は歴然です。
引き抵抗が軽い分、アタリがより明確に感じ取ることができタックルの感度が大幅にアップしたような錯覚に陥ります。
また、ショートネクタイをあわせることでシルエットを小さく見せることができ、低活性な真鯛に口を使わせることもできます。
シャローエリアのキャスティングとシャローのバーチカルに新たな革命を引き起こすであろう、ビンビン玉軽量モデルの20gと30g。
ぜひお試しください。

ビンビンソルト#19

先日釣りビジョン「ビンビンソルト#19」のロケに行ってきました。
2013061701.jpg
ロケ地は私のホームグラウンド。
2013061702.jpg
ナカジーと二人でプレッシャーの高い真鯛をどう攻略するか?
7月上旬オンエアの予定です。
お楽しみに!

広島鯛カブラレポート

広島県の愛裕南丸(あゆみまる)に船上サラリーマンと行ってきました。
2013061301.jpg
この地に訪れるのは約1年ぶり。
2013061302.jpg
事前情報では、産卵前とアフターの個体が入り交じるが日に日に良くなってきているとのこと。
7時に港を出る。
ポイントまでは約40分。
到着したエリアは水深70m前後。
70gをセレクトしカラーはエビオレンジでスタート。
1流し目から同船者にアタリがあり2流し目からはプチラッシュに。
ポロポロと真鯛が上がる。
なのに私にはアタリがない(笑
あれこれしているうちに時合いが終了。
船上サラリーマンは2枚キャッチに対し、こちらは音沙汰なし・・・
ここからは拾い釣りで忍耐勝負。
風邪気味で体調が優れずここでダウン。
しばらくキャビンで休み、少しマシになったところでサクッと1枚。
2013061303.jpg
やっぱり寝て起きるとすぐに釣るジンクスを持っています(笑
ここで、今回入手した小型電動リールを投入し2枚追加。
2013061304.jpg
2013061305.jpg
2013061306.jpg
これはこれでありですね。
後日、電動リールを使った鯛カブラの可能性を解説したいと思います。
釣果は10人で16枚。
船上サラリーマン4枚で私が3枚の計7枚と2人約半数くらい獲れたので良しとしましょう!
2013061307.jpg
しかし、ここのディープエリアにいる真鯛は浮かないですね。
ボトム付近を2秒/1回転程度のデッドスローでひたすらノックする釣りでした。
西日本各地で釣りをしていますが、このエリアほどスローに巻くエリアは他にないと思います。
ちなみに当日は、
・朝のプチラッシュで同船者がバラシを多発していた
・頭デッカチのアフターの個体が釣れた
ということから活性が低く追いも悪いと判断し、ショートネクタイを使いました。
そして針はここ最近のマイブーム「サーベルポイント」を使用。
ドラグはいつもの500g程度と緩めの設定で時間をかけて魚を浮かせるファイトで、掛けた魚はすべて獲れました。
もう少し経てばイワシパターンになり活性も上がるでしょうが、まだ体力が回復できていない個体が多い時期かと思います。
この時期にネクタイショートカットチューンが良い場合がありますので、ぜひお試しください。
現場でハサミさえあれば手軽にできますよ。
私がいつもやっているショートカットチューンをご紹介します。
参考にしてみてください。
■ストレートタイプ
2013061300.jpg
※ストレートタイプはノーマルサイズで折り曲げるセンターの位置をピンテール側にずらして装着します。
■カーリータイプ
2013052202.jpg
ストレートとカーリーの使い分けは、潮の速さで使い分けています。
潮が動けばストレート。
潮が緩ければ(止まれば)カーリーといった具合でしょうか。

瀬戸内各地で釣果が安定してきました!

今年の瀬戸内はこれといった春の乗っ込み爆釣というものがなく、それなりには釣れたものの爆発力に欠けていたように思います。
「ゴールデンウィークくらいには」「ゴールデンウィーク明けには」「次の大潮には」と誰もが期待していましたが、その時が来ないまま産卵が終了した感じです。
結局は例年通りに産卵したようで、5月中旬には産卵を終えた個体が混じり始めてました。
さて、ここに来て産卵を終えた真鯛が体力を回復し始め活性が上がってきています。
釣果情報を眺めていると、瀬戸内各地で安定した枚数が上がっています。
この週末は大潮ですから、楽しめるのではと思います。
私は、今週広島の愛裕南丸に行ってきます。
そして!!!
と続きをお話したいところですが、今はまだ内緒です。
「皆様のため」になるように頑張ってまいります。