親針チューンのご紹介

バレない工夫をあれこれ試しても、結局外掛かりも多くて弱気なファイトになっていまう鯛カブラ。
アワセを入れる、入れないを試したり針のアシストラインの長さを調整したり食い込みの良いロッドを使ってみたり。
しかし、春の乗っ込みや夏のイワシパターンなど、アグレッシブなバイトが得られる時にはガッチリフッキングになる経験をされた方も多いと思います。
これらの時期に共通して言える事は、ヘッドを攻撃する様な食い方。
昨年夏の九州遠征で実は一見乱暴とも思うようなパワーファイトについて感触を掴む事が出来ていました。
更に最近、キャスティングを始めとした斜め引きの釣りを続ける中で、戦術次第で鯛のバイトをコントロール出来るのでは?とも思うようになりました。
キャスティングなどの斜め引きで釣れる鯛は深いバイトが得られることが多いのです。
うまく行けば、通年OKなセッティングになるかもしれない可能性も。
もう一つヒントとなったのはひとつテンヤの発展です。
特に巻きテンヤと呼ばれる手法では、エサ付きながら鯛カブラと同じ巻き上げの誘いで大きな親針にガッチリと深くフッキングさせることが出来ます。
もちろんファイトはしっかりと竿を曲げた気持ちの良いパワーファイト。
同じ鯛を釣るのに対象的なファイトに違和感は募っていまいます。
そこで、鯛カブラの概念を覆すかもしれない試みとして、この時期を利用してフックのセッティングを見直せないかと思いました。
まずは迷いと意図しない外掛りを絶つ為、一本針仕様に。
そしてキャスティングでノーマル仕様を試していて気付いたのが「下アゴにフックが貫通したり、口の外に横掛かり」していることが多いこと。
これは、斜め引きさせた時にスカートやネクタイが真横に近い形でスイミングしているのに、フックは重みでそれらより「やや下」に位置するのが原因ではないかと思っていました。
2013072620.jpg
また、ヘッドに襲いかかるようなラストバイトを確実に捉えることを考えると、ヘッドに近いショートセッティングが最適ではないかと予測しました。
このセッティングを試したところ、早速おもしろい結果が出始めました。
ご覧のように手のひらよりやや大きめくらいのチャリコの口の中、上アゴ付近にガッチリとフッキングが決まっています。
2013072600.jpg
こんなサイズでもヘッドを襲いかかっているのです。
ヘッドには歯形の跡が。
2013072602.jpg
針のセッティングはというとこんな感じです。
2013072603.jpg
では、現在のセッティングをご紹介しましょう。
用意するのは通常使用しているフック(私はサーベルポイントのMサイズ/Lサイズ)、シーハンター15号、スレッド、瞬間接着剤です。
2013072604.jpg
まずはシーハンターを20mm程度の長さにカットします。
2013072605.jpg
シーハンターを真ん中で折り曲げてフックにスレッドで固定し、最後に瞬間接着剤で固定します。
2013072606.jpg
2013072607.jpg
2013072608.jpg
2013072609.jpg
写真のようにクイックスプリングに通す最低限の大きさの輪っかができるくらいでOKです。
2013072610.jpg
2013072611.jpg
クイックスプリングに通すと輪っかが狭いため写真のように固定されるくらいにしています。
2013072612.jpg
ネクタイを一番下にしたいので先にネクタイを通します。
2013072613.jpg
次にスカート。
2013072614.jpg
最後にゴム管で固定します。
2013072615.jpg
完成形です。
2013072616.jpg
フックはこのように「上向きに」固定されています。
2013072617.jpg
2013072618.jpg
できるだけフックを上向きで固定したいのですが、現段階のセッティングではキャストしたりしていると横を向いたりすることがあります。
手軽にチューニングできますので、ご興味のある方はお試しください。
ちなみにこの仕様ですとバーチカルでは逆にフックがネクタイに添わないので、バーチカル中心の釣りならフックがネクタイに添うノーマルセッティングがいいでしょう。
2013072619.jpg

兵庫県明石鯛カブラレポート

シャローが熱くなってきた明石へキャスティング鯛カブラに行ってきました。
2013072501.jpg
出船すると平磯から淡路島へ流れる潮「さこど」がよく動いている。
開始早々にいきなりヒット。
2013072502.jpg
続いて2枚目。
2013072503.jpg
わずか3流し程度で時合いが終わる。
先ほどまであったアタリや反応が急になくなる。
本流が動くまで我慢の時間。
しかし今日の明石は少し様子がおかしい。
本流が動く時間になっても一向に潮が動かない。
いや、正確には動いているのは上潮だけ。
底潮が全く動いていない。
こうなると経験上、キャスティングでの釣りが厳しくなる。
バーチカルに切り替える。
さらに夏場のこういう状況になぜかヒットカラーが偏る場合がある。
他のカラーは一切見向きもしないといっても過言ではないくらいの偏り。
それは蛍光レッドのネクタイ。
2013072504.jpg
ビンビン玉20g/30gでいうところのオレンジゴールド24とレッドオレンジ22に採用されているネクタイカラー。
当日、私はそのカラーを持っておらず蛍光レッドを使っていた方はロクマル頭に10枚と一人爆釣。
方や異なるカラーを使っていると同じように釣りをしても皆無。
過去に経験したことがあるにも関わらず、すっかり忘れて万が一を考えてタックルボックスに入れることをしなかったことを深く悔やみました。
釣果はついてきませんでしたが、あることを試してみると面白い結果が出ました。
鯛カブラの概念を覆すことになるかもしれない、そんな内容です。
近日、鯛カブラ.comで公開します。

瀬戸内の各地でキャスティング鯛カブラゲームが好調です!

瀬戸内のキャスティング鯛カブラゲームが各地で好調です。
まずは愛媛県のニライカナイ
先日69cmを頭に40枚だったそうです。
2013072401.jpg
続いて広島県の愛裕南丸
どどーんとハチマルが出ました。
2013072402.jpg
同じく広島県のYELLOW-TAILさんも30gを使ったキャスティングで連日好釣果!
2013072404.jpg
岡山県の松本釣船2では30gを使ったキャスティングで連日好釣果です。
2013072403.jpg
香川県のワンピースも水深20m前後のキャスティングで連日好釣果です。
2013072405.jpg
最後に兵庫県の利弥丸
明石もハイシーズンを迎え大型がシャローに入りだしました。
大窪船長が調査に出たところ、あっさりナナマルをキャッチしたようです。
2013072406.jpg
どこのエリアも絶好調ですね!
シャローが激アツです!!
ぜひ足を運んでみてください。

山口県の角島(つのしま)への旅のススメ

過去に数回訪れている関門海峡の北西に広がる海域「響灘(ひびきなだ)」は、14kgというモンスター真鯛が鯛カブラで釣れた場所。
行けばほぼ確実に最低でもナナマルの顔が見られるというとんでもない場所。
鯛カブラの聖地とも言えるエリアではないでしょうか。
今回は、その響灘に浮かぶ素晴らしい楽園「角島(つのしま)」を訪れる機会がありましたので、みなさんにご紹介します。
角島は、山口県下関市豊北町大字角島の日本海(響灘)上にある島で山口県の北西端で北長門海岸国定公園に含まれています。
角島の詳細はこちら
2000年に1780mの角島大橋が竣工し離島へ架けられた一般道路橋としては群を抜く長さです。(沖縄県の古宇利大橋に次ぎ全国第2位)
2013072301.jpg
角島大橋開通以後、テレビドラマや映画のロケ地として取り上げられる機会が増え、多くの灯台を設計した英国人、リチャード・ヘンリー・ブラントンによる日本海側では初の洋式灯台「角島灯台」や、白い砂浜とエメラルドグリーンの海での海水浴があります。
海水浴場の駐車場代は無料でシャワーも簡易なものは無料。
入場料は大人600円/人でレンタルシートやビーチパラソル、簡単な食事や飲み物などが販売される施設があり、トイレも完備されています。
海水浴場はとても綺麗でゴミが全くと言っていいほど落ちていません。
私が過去に行った中で最高の美しさです。
宿泊施設は角島大橋のすぐ横にホテル西長門リゾートがあり、素晴らしい時間を過ごすことができます。
機会があればぜひ足を運んでみてください。
あまりにもの美しさに言葉を失うことでしょう。
2013072302.jpg
2013072303.jpg
2013072304.jpg
2013072305.jpg

ライフジャケットの大切さ

みなさん、乗船する際はもちろんですが、オカッパリで釣りをされる際もライフジャケットは着用されていますか?
私は幼い頃、祖父に連れられてよく池にザリガニ釣りに行っていました。
小学1年生になった年の夏休み、祖父にザリガニ釣りに連れて行けとねだりいつもの池に。
何回も行ったことのある池で、どこが滑りやすいとか幼いながらに勝手は分かっていました。
ですが、いつしか夢中になり大きいザリガニを釣りたくなり「危ないから気をつけろ」という祖父の声も聞こえずいつしか滑りやすい急深の場所へ。
足元を見ると大きさなザリガニ。
ザリガニは私の姿を見ると深いところへゆっくりと後ずさりし始めたので、目の前にスルメをと少しずつ前へ、前へと進んだ時、足元が滑り池に落ちました。
今でも記憶に残っているのは、どんなにあがいても緑色の世界だったこと。
それ以外、どういう風に助けられたのか、どうやって家にたどり着いたのかすら全く記憶にありません。
気がついたら祖母が濡れた服を着替えさせてくれていました。
大きくなった頃、祖父から当時の話を聞きました。
「ドボンという音とともに私の姿が見えなくなり落水したのに気づいたので池に飛び込んだんだ。抱えようとしたら子供とは思えない力で暴れて陸に上がるのも一苦労だった。」
今思えば、ひよっとしたら今の自分は存在しないかもしれない、最悪は祖父とともに命を落としていたかもしれません。
続いて最近発生した某所での転覆海難事故のお話を知りましたので転載します。
転載ここから—–
比較的水深の浅い、30メートル未満の海でボートフィッシングをされていて事故が発生したようです。
当日は台風のウネリは多少はあったものの、浅い所以外は風も弱く、ベタ凪の海。
決して無理をした出船では無く、風裏エリアでの釣り。
その日も楽しく釣りを行い、何事も無く終える予定だったようです。
ストップフィッシング前、最後の流しの、最後の最後で事故が起きました。
もう帰ろうとした時、船の後方から大きな波が迫ってきたのです。
今までそのポイントには無かった波が、突然、何列にもなって(セットの波)船に向かってきました。
Aさんが大きな声で「危ない!」と声を掛け、全員慌ててロッドを置き船に摑まる。
ひとつ目の波は交わす事が出来ましたが、その裏の波は更に大きく、船を横転させました。
その瞬間、船はひっくり返り、大きな波に飲み込まれ全員水中の中へ。
もまれている時間は20秒ほどだったと思いますが、もっと長く感じ、船やタックル、ルアーと揉みくちゃにされ、フックが手足に刺さっていました。
その時点で、船で全身のあちこちを打っていましたが、必死に水面へと顔を出す。
全員、「苦しい、生きたい」と必死です。
しかし、もがいていても、次々に大きな波が襲ってきました。
船が波と一緒に押し迫ってきます。
2回、3回と船と揉みくちゃにされましたが、逆さまになった船に乗り、みんなが居るか確認。
全員、気を失う事無く、クーラーやタックルケースの残骸に摑まり何とか踏ん張っている。
そして迫ってくる波を利用して、沖から陸をめざし泳いでいく。
ライフジャケットを付けていたので、押し波も利用する事も出来ましたし、溺れるほど海水を多く飲む事はありませんでした。
そして何とか6人全員、陸まで辿り着き、全員の命が助かりました。
この後、海上保安部の方と話をしたのですが、現場を見て、死亡者が出なかったのが不思議だと・・・
助かった要因は、やはり「ライフジャケットの着用」が大きかったと思います。
そして、私を含めた4人がサーフィン経験者という事もあると思います。
波に対しての知識や経験があるだけでも違うように思います。
またパニックにならず、冷静に判断できた事が溺れずに済んだと思います。
今回、私達は釣りをしていて海難事故になってしまいましたが、これからは海水浴シーズンにもなります。
海や川での事故も多くなりますので、くれぐれも注意が必要です。
特に小さなお子様の親御さんは、目を離さないようにして下さい。
もし、その現場に居合わせた際は、「118」で海上保安庁、「119」で救急を電話で至急掛けて下さい。
救急の到着が早ければ早いほど、命の助かる可能性が高くなります。
そして周りの人にも大きな声で助けを呼んで下さい。
助けに行く際にも、二次災害にも繋がりますので、ライフジャケットを装備してから行って下さい。
水の中で苦しい時はお互いを引っ張り合ってしまい、溺れてしまいます。
転載ここまで—–
さて、長文になりましたが、体験談をお読みいただくと想像もつかないようなことが急に発生しパニックになることが分かるかと思います。
特に上記の海での事故は周囲の状況からしてそんな高い波がくるとは想像できなかったと思われます。
普段波がおだやかな日が多い瀬戸内でも、大型のタンカーの引き波で「冷やっ」とする場面が何度かありました。
万が一、落水したとしてもライフジャケットを着用することで命が助かる確率が大きく上がります。
水辺で遊ばれる方は必ずライフジャケットを着用してください。

来島海峡キャスティング鯛カブラ事情

かめや釣具店東広島店様より有力な情報を得ました。
来島海峡に浮かぶ岡村島等のショアからのキャスティング鯛カブラで、真鯛が上がっているとのこと。
2013072001.jpg
青物狙いのショアジギングの合間に鯛カブラをキャスティングするとグッドサイズの真鯛が釣れるそうです。
また、周辺海域のオフョショアではシャローのキャスティング鯛カブラが好釣果とのこと。
各地でライトウエイトのキャスティング鯛カブラが楽しめるシーズンの到来ですね。
詳しくはかめや釣具店東広島店へ。

鯛カブラトーナメント2013 in 明石

2013年7月15日に鯛カブラトーナメント2013 in 明石が6船の遊漁船、総勢77名で開催されました。
2013071901.jpg
開会式を終えて大会スタート。
2013071902.jpg
天候も良く、波も終始穏やかな状況で釣りができました。
各船釣った魚を検量。
2013071903.jpg
各船、予想以上の好釣果でした。
船中20枚超え、1人で6枚・・・
2013071904.jpg
検量を終えた方から海岸・港内清掃にご協力いただきました。
2013071906.jpg
船上サラリーマンも頑張ってくれました。
2013071905.jpg
それにしてもたくさんゴミが集まりました。
2013071907.jpg
ちょっとした配慮でゴミは減ります。
垂水漁港内にはゴミ箱が設置されていますので、せめてそこまでお持ちください。
身も心も綺麗になったところで閉会式。
2013071908.jpg
好釣果だっただけに接戦でした。
2013071909.jpg
2013071910.jpg
2013071911.jpg
3位入賞の方。
2013071912.jpg
2位入賞の方。
2013071913.jpg
そして優勝はこの方。
2013071914.jpg
なんと、昨年の広島・愛媛鯛カブラ初心者講習会に参加いただいた方でした!
講習会後、愛媛県の遊漁船「ニライカナイ」で1年間みっちり修業され、瀬戸内一難関ともいえるこのエリアで見事、優勝となりました。
おめでとうございます!
僕の教えが役に立ちました(笑
そんな先生はというと・・・
2.5kgのコブダイを持ち込み、見事外道賞の頂点に輝きました!
2013071915.jpg
みなさんおめでとうございます!
2013071916.jpg
また来年も開催するとのこと、みなさんまたお会いしましょう。
2013071917.jpg

兵庫県明石鯛カブラレポート

ビンビンソルトのロケから一ヶ月。
番組でも説明したようにシャローのキャスティングが熱くなるシーズンがやってきました。
潮時表を見ながら夕まずめに良い潮になる日をセレクトし、午後からゆっくりと出船。
2013071701.jpg
それでも、今日はなかなか潮が動かず最初の1時間はあちこち移動。
探せど探せど魚探の反応がないまま。
ようやく見つけた水深15mのベイトの脇にいる鯛らしき反応でキャスティング開始。
まだ日が高くて晴天、潮が澄んでいたのでビンビン玉30gオレンジゴールドフレークと松本レッドで交互に探るとフォールでバイト。
2013071702.jpg
同じような反応を探し、再びキャストすると2枚目。
2013071703.jpg
サコド(平磯から淡路島へ動く潮)が動き出したタイミングで、水深10mのシャローへ入り水深20m付近までを探る。
このタイミングで北風が吹き出し、潮の流れと船が風で押される方向が同じになって30gでは底取りが悪くなったので、フラッシュオレンジ-8SSの45gにチェンジ。
2013071704.jpg
狙い通り!
北風が収まり再び30gに戻してかわいいサイズ。
2013071705.jpg
さらに30gで1枚追加。
2013071706.jpg
複雑な潮と厄介な風を読み切り、的確なウエイト調整と的確なキャスト方向で狙った結果、短時間で5枚をキャッチ。
まだまだ時合いだったのですが、用事があったので早上がり。
続けていればもう少し追加できたように思います。
さて、現在の明石の状況です。
昨年なら今頃はイワシに付き大型の顔が見られたのですが、今年はまだイワシに付いていない感じです。
イワシの群れは結構入っており、潮止まりでは青物がイワシを追っているのですが・・・
真鯛の糞は黒っぽく、まだ甲殻類をメインにしている感じです。
ただ、とても太っており食い気は十分。
この状況だとそろそろシャローに大型が差してくるでしょう。
当分は雨が降っても夕立くらいでしょうから潮も澄んでいますし、オレンジゴールドフレークをメインにイワシの反応があれば松本レッドを打ってみるというカラーチョイスで良いと思います。
ぜひ20gや30gといったライトウエイトの鯛カブラを使ったシャローのキャスティングをやってみてください。
おもしろいですよ!!!

和歌山県加太鯛カブラレポート

先日、幼馴染みの友人達を連れて加太の清海丸へ行ってきました。
1名は鯛カブラ経験者。
2名はこの釣りが初めて。
全員安打を目標に暑い中頑張ってもらいました。
少しでも釣れる確率を上げるべく釣果情報を見ながら日を選んだのですが、梅雨の終わりの大雨の影響が急にこの日から出たようで前日から状況が一変。
こうなると前日までのヒットカラーも釣れなくなりすべてが手探りに。
ちなみに前日までは濃いグリーンやエビオレンジが良かったらしいです。
あれこれ考えた挙げ句、蛍光オレンジ、オレンジゴールドフレーク、エビオレンジを使ってもらい誰にアタリがあるかをチェック。
結果的にオレンジゴールドフレークへの反応が良かったので、ここで全員オレンジゴールドフレークにチェンジ。
なんとか全員安打達成となり食いが渋い中、上出来の結果となりました。
私はパッケージを空けてそのまま使用したビンビン玉ハイアピールバージョンのファイヤーオレンジ-8SSの45gで1枚。
2013071601.jpg
幼馴染みには底取りを明確にして釣りやすくしてあげたかったので同じくハイアピールバージョンのファイヤーオレンジ-8SSの60gを使ってもらいました。
2013071602.jpg
2kgのアコウも飛び出し満足してもらえたかなと思います。
2013071603.jpg
先生が良いせいか!?4名全員安打でこの釣果ならOKでしょう!
2013071604.jpg

キャスティングを勧める理由

特に7、8、9月はシャローが熱いシーズン。
イワシなどのベイトを求めて大鯛が水深10mや15mといったシャローで活発に餌を補食します。
乗っ込みに次いで真鯛をキャッチしやすい時期でもあり、しかも大型に遭遇しやすくなります。
水深が浅いのでファイト中の真鯛はなかなか弱らず、青物のような素晴らしい走りでドラグを出します。
想像しただけでワクワクしますよね。
そんな楽しいシーズンに入ったので、最近私は「キャスティングの釣り」を連日のように推しているのですが、それでも現場に行くと「まだまだバーチカルでやっている人」を多く見受けます。
バーチカルが「駄目」「釣れない」と言っているわけではありません。
キャストすれば「もっとキャッチ率がアップする」ことを知っていただきたいのです。
なぜなのか?
まずはこの図をご覧ください。
2013070701.jpg
船が右から左へ流れています。
1番の人から先にポイントに入っていますよね。
必然的に「1番の人が先に食わせる確率が高い」という状況になります。
次に2番、そして3番、最後に4番。
後ろになればなるほどヒットさせる確率が低くなります。
この状況を上から見てみましょう。
2013070702.jpg
黄色に塗りつぶした部分というのは1番の人が最も有利で、次いで2番、そして3番、最後に4番となります。
例えるなら、2番の人は1番の人を通り過ぎた魚。
3番の人は1番と2番の人を通り過ぎた魚。
4番の人は1番、2番、3番の人を通り過ぎた魚。
船の後方に行けば行くほど苦しい展開になりますよね。
でも、ちょっと待ってください。
黄色の部分以外はフレッシュエリアなのです。
2013070703.jpg
ここが狙い目です。
考えようによっては、自分が一番の釣り座になりますよね。
しかもですよ!
フレッシュエリアから足下まで「広い範囲を狙うことができる」というメリットもあるのです。
2013070704.jpg
さらに!さらに!!
2013070705.jpg
斜め引きになることで、真鯛がいる層を広く探れるのです。
いかがですか?
私はこの時期のシャローで釣りをする乗り合いなら、釣り座に関係なく真鯛をキャッチする自信があります。
しかも、まだキャストする人が少ないので自分一人が常にフレッシュなエリアで釣りをさせてもらっている状態なので、いい思いをさせてもらっています(笑
みなさん、キャストできるポイントは積極的にキャストしないと損ですよ!
キャストする方向は潮が動いている方向(例えば東から西へ潮が流れていれば西の方向)がセオリーですが、そうでなくても釣れますしバーチカルで釣りをしているよりも確率が高いことが多いです。
とにかくキャストする。
難しく考えないでやってみてください。
やらないと私が釣ってしまいますよ(笑