ビンビン玉スライドをテストや撮影で実際に使ってきた感想について

BINBIN STICK(ビンビンスティック)に続き、間もなく発売(5月上旬予定)を控えている「ビンビン玉スライド」。
今回は、このビンビン玉スライドをテストや撮影で実際に使ってきた感想について改めてまとめてみようと思います。
まずはヘッド。
こちらはハリス(シーハンター)の長さを変えることにより、
・ヘッドとパーツを離れにくくする
・ヘッドとパーツを離れやすくする
の使い分けができます。
ヘッドとパーツを離れにくくするにはノーマルの仕様で。
2014041801.jpg
ヘッドとパーツを離れやすくするには、ハリス(シーハンター)の結びコブを小さくし、セブンスライドのパーツの中にリーダーとハリスの結び目を入れるようにします。
2014041802.jpg
こうすれば結び目が傷むことはありません。
そしてヘッドはフロロリーダー上にあるので遊動しやすく(離れやすく)なります。
次にセブンスライドを使ったパーツ交換をさらに素早くする方法。
この方法はセブンスライドの考案者である宮崎船長に教えていただきました。
通常、セブンスライドにはスカートとネクタイが装着されています。
これを「セブンスライドにはスカートのみ」装着し、ネクタイは装着しないようにします。
2014041803.jpg
スカートの本数は12本にしています。
従来の固定式のように「フレアさせない」ようにするためには、シリコンのゴム管をかぶせる方法もありますが、面倒なのでリーダーで結んで縛っても良いでしょう。
2014041804.jpg
フレアさせたければハサミでカットすればOKですから。
で、ネクタイはどうするの?
となりますが、ネクタイはハリス(シーハンター)の輪っかの部分に入れ、セブンスライドのパーツで固定します。
2014041805.jpg
2014041806.jpg
2014041807.jpg
こうすることでネクタイの形状やカラーチェンジが素早くできるのです。
この方法を何度もテストしましたが、ネクタイが取れたりズレることはありませんでした。
この方法で装着すると、予めセブンスライドにはスカートのみ装着したものを作っておき、現場で素早くその日のアタリカラーを組むことができます。
もちろん、瀬戸内でシルエットを小さく見せるために施すスカートレスチューンにも対応。
その場合は、スカートを装着していないセブンスライドのパーツでネクタイを固定するだけ。
2014041808.jpg
そして遊動式では、ヘッドとパーツが離れますのでフックへの負担が軽減されるためにより細く小さいサイズの針が使えます。
この利点を利用して固定式の場合ではシーハンターの10号を使っていましたが、8号を使用することで「小さい針+細いハリス」による「吸い込みを良くさせる」ことが可能です。
ハリスは長いもの、短いものも持つようにしています。
2014041809.jpg
状況によりベストな長さのものを使い分けています。
さて、瀬戸内では各地で乗っ込みが始まったという情報が飛び交っています。
春のお祭り騒ぎの準備として、まずはパーツを組んで準備されてはいかがでしょう。
2014041810.jpg
2014041811.jpg
あれこれ考えながらパーツを組む。
鯛カブラゲームの楽しみのひとつですね。

BINBIN STICK(ビンビンスティック)を実釣で使った感想

フィッシングショー以来、度々ブログにも登場しているジャッカルの「BINBIN STICK(ビンビンスティック)」ですが、いよいよ発売が近づいてきたようです。(5月上旬頃発売予定のようです。)
ベイトモデルはアクションが「UL(ウルトラライト)」と「L(ライト)」の2機種があります。
「自分のフィールドではどちらが最適なのか?」「使い分けはどうすれば良いのか?」といったご質問を抱かれる方も多いと思います。
そこで、私がテストや撮影で実際に使ってきた感想を、改めてまとめてみようと思います。
まず、このシリーズに共通した印象は、「素人~玄人まで楽しめるロッド」ということ。
慣れない人にとっては、自然とバレを防いでくれますし、強度的にも安心感のあるロッドであり、鯛カブラをやり込んできた人にとってはファイトの強弱を意識的に使い分けることができる不思議な感覚のロッドでしょう。
■BSC-610UL-VCM
2014022102.jpg
瀬戸内のフィールドに多いシャローからミドルレンジ中心のゲームで使用するのに最適な完全ノセ調子のロッドです。
食いが渋い状況ほどその特徴は最大限に発揮されます。
またヘビーウエイトの鯛カブラでもロッドの角度を最適に保ちさえすれば問題無く扱えます。
冬の玄海などで、今までとれなかった食いの浅い真鯛も獲ることができてしまう程です。
ティップからバットにかけて滑らかに追従するアクションなので、身切れを軽減しチャリコサイズ特有の小刻みな暴れもしっかり吸収してくれ、とても安心したファイトができます。
ファイトの主導権は魚に握らせることになるものの、中鯛〜大鯛に遭遇した場合でも粘りのあるブランクがフックやラインへのダメージも軽減しながら、ジワリジワリと相手の体力を奪ってくれる事ことでしょう。
■BSC-610L-VCM
2014022103.jpg
ディープレンジも視野に入れた鯛カブラを使用するのに最適です。
ヘビーウエイトモデルの鯛カブラを使用してもティップが入りすぎませんし、60g程度のウェイトでも、深場や波風のある状況での底取りの良さはこちらが優れるでしょう。
特長的なのは竿を絞り込んだ時のリフトパワーです。
大鯛や青物との遭遇が多い海域でも魚に主導権を与えず余裕のファイトができますので、通常のしなやかなファイトから、強めの針を使用したセッティングまで幅広く対応可能です。
ベースが前モデルのTKC-67VCM(スーパーバキューム)と言えば、想像しやすいですね。
どちらか1本だけというのであれば、こちらのタイプを選ぶと場所や状況を選ばずオールマイティーに使うことができると思います。

ビンビン玉チューニングネクタイ・カーリタイプ又割きチューン

昨年からビンビン玉チューニングネクタイ・カーリタイプにあるチューニングを施してこっそりと使用していました。
実釣で良い結果が出ていたのでそろそろ公開します。(本当はまだまだ自分だけでこっそり使いたかったのですが。)
カーリータイプは、水を撹拌しストレートタイプよりも強い(アピールする)アクションなのですが、その強いアクションをやや抑えるがアピールするアクションをするものが欲しいなと思い試していたのがカーリタイプ又割きチューンでした。
単純にノーマルのネクタイを2分するので1本の太さは細くなるのですが、細いのでスローな巻きでも良く動き、アクションも繊細になります。
それでいて2本が4本になるのでアピール力はそのまま。
ハサミがあれば現場でもすぐに作れます。
それではチューニング方法をご紹介します。
まず用意するのはPEラインをカットするハサミ。
2014041502.jpg
刃が滑りやすいPEラインをカットするためにギザギザの加工がしてあります。
ネクタイの素材も滑りやすく通常のハサミでは切りにくいので、PEラインをカットするハサミを使うとスムーズにカットすることができます。
カットする位置などは下図を参考にしてください。
2014041501.jpg
ネクタイの先端から切り込みを入れると切りにくかったり細いので誤って切断してしまうので、先端よりもやや上から切り込みを入れる方が良いです。
切り込みを「1」の位置で止めると、ノーマルのカーリータイプの水の撹拌力はそのままに、ネクタイの先端が魅惑のアクションをします。
切り込みを「2」の位置で止めると水の撹拌力がやや控えめになりますが、スローでも良く動き「繊細なアピール」をするアクションになります。
手軽にできますのでぜひお試しください。
そしてそのアクションをご覧ください。
きっと「これ反則でしょ?」と思いますよ。
ショートカットチューンと併用するのもありです!
ショートカットチューンの詳細はこちら

来島海峡でビンビンソルトのロケ

先日、来島海峡でビンビンソルトのロケをしてきました。
お世話になったのは愛媛県今治から出船している来島丸
2014041101.jpg
初日が「小潮」で二日目が「長潮」という船長に「一番釣れない潮なのでこの日はどうにか勘弁してほしい」と言わせる最悪な状況で二日間のロケをしてきました。
詳しいことはお伝えできませんが、前情報通りこれまでにない厳しい状況でした。
そこをどうにかするのが僕たちの仕事。
2014041102.jpg
「苦しみ、悩み、試行錯誤してアジャストさせる」
とてもドラマチックな展開になっていると思います。
私自身、これまでにない最高の苦しみと嬉しさがありました。
ビンビンソルト最新号は5月上旬放送予定。
みなさん、ぜひ一緒にシビレましょう!!
2014041103.jpg
2014041104.jpg

鯛カブラ(タイラバ)船の案内ページ掲載について

先日、鯛カブラ.comにあるページ「鯛カブラ(タイラバ)船の案内ページ」に掲載していただいた遊漁船の船長から「こんなページに無料で掲載してもらえるのを知らなかった」というお声をいただきました。
以前からこのサービスをしておりますが、確かにページの右に小さなバナーがあるくらいでした。
さて、この「鯛カブラ(タイラバ)船の案内ページ」ですが、全国各地の「鯛カブラ(タイラバ)を楽しめる遊漁船」を2014年4月現在112船の掲載があります。
このページを作ったきっかけは「全国で鯛カブラをしてみたいけど、鯛カブラをさせてくれる船を探すのが面倒だった」ことから始まりました。
このようなことを思うのは私だけではないと思います。
そんな考えで作ったページですが、今や鯛カブラ.comの数あるページの中でも非常にアクセス数の多い人気ページとなりました。
2014年4月現在、1ヶ月に鯛カブラ.comを訪問してくださるユーザーさんは約3万8千人!!
まだ掲載されていない船宿さんがございましたら、この機会にぜひご依頼ください。
掲載料は無料です。
掲載の申し込みは以下のバナーをクリックしてください。
2014040401.jpg