スピニングタックルのキャスティング鯛カブラ釣法について

夏はシャローが熱いエリアとなります。
イワシが入れば状況はさらに過熱し、大鯛がガンガンアタックしてきて青物のように走り、水深が浅いのでなかなか弱らず、ネットインするまでエキサイティングなファイトが楽しめます。
シャローエリアではキャスティングの釣りが圧倒的に有利です。
キャスティングする水深の目安は30m以浅。
私はこの水深になれば迷わずスピニングタックルを手にします。
ベイトタックルでもできないわけではないのですが、ライントラブルを考えるとスピニングタックルがベストです。
以下、私が使用しているタックルセッティングです。
<ロッド>
使用するロッドは、釣り座によって左右されない6フィート後半から7フィートくらいまでの長さが使いやすいでしょう。
<リール>
リールはシマノなら2500番〜3000番、ダイワなら2000番〜2500番あたりが使いやすいです。
ギア比に関しては、回収スピードを速くして手返しを重視したいのでハイギアを使っています。
リールのハンドルは、手で鷲掴みできるようなラウンド形状にしています。
巻き抵抗が大きいハイギアだからではなく、ローギアであっても同じです。
しっかり握れるので疲れが少なく、また安定したファイトを生み出します。
<ライン>
メインラインはキャスト時の万が一のライントラブルに備え1号を使用。
リーダーは12lb。
リーダーの長さは鯛カブラを垂らしたキャストする状態でスプールに2、3回巻き込む程度。
リーダーとメインラインの結束部分が一番手前のガイドあたりのセッテイングをする方もいらっしゃいますが、私は直接PEラインに指が触れることによる摩耗が懸念材料なのと、キャストした瞬間にラインが暴れるのをリーダである程度おさえてからPEラインが出ていく方がトラブルが少ないように思えるからです。
<キャスティングで使用する鯛カブラ>
ここ最近は遊動式鯛カブラが人気ですね。
バレにくい、細いフックが使える、フォールで乗りやすいなどヘッドとパーツ(針)が離れることによる利点があるのはご存知の通り。
キャスティングにおいてもこのような利点は同じです。
私自身もこのような利点に大変魅力を感じているのですが、キャスティングに関しては固定式を好んで使っています。
・着底が分かりやすい
ヘッドとパーツが離れないので着底が明確です。また、根がかりをしても外しやすいです。
・アタリが分かりやすい
ヘッドとパーツが離れないので、繊細なアタリが取れます。
・フッキングパワーが伝わりやすい
ヘッドとパーツが離れないので、フッキングパワーが伝わりやすいです。
・トラブルが少ない
キャスト(斜め引き)の場合は、どうしてもラインが潮の流れ以外に風の影響も受けやすいため、糸ふけが出やすい。そのため着底が分かりにくくなりがちです。遊動式の場合、パーツから離れたヘッドが底を転がるのでパーツを引っかけやすく、針がリーダーに引っかかる「エビ」のような状態になりやすい。その点、固定式はヘッドとパーツが離れないのでエビになりにくい。
・パーツの交換が容易
ビンビン玉固定式のクイックスプリングはとても優秀で、パーツの交換がスピーディーにできます。
このような固定式の仕組み、すなわちヘッドとパーツが離れない構造がもたらす利点がキャスティングにおいてはアドバンテージになります。
ただし、決して勘違いしていただきたくないのは「遊動式だから釣れる」「固定式だから釣れない」というところ。
そのような情報に左右されるのではなく、それぞれの利点をよく理解して、釣り方や条件に応じて使い分けることが大切です。
<キャスティング釣法について>
この釣法において大切なのは「潮の重みを感じる方向にキャストする」こと。
最初は分かりにくいかもしれませんが、いろんな方向にキャストしてみるとどこかの方向で「潮の重みを感じること」ができるはずです。
慣れてくれば、おおよその検討はつきます。
私の場合、
・風の方向
・船が流れる方向
・潮が流れる方向
から絞り込み、実際にキャストしてみて判断します。
「釣れる方向」である目安をいくつかご紹介しましょう。
1)鯛カブラが着水後、ややテンションがかかった状態でフォールしていきます。この感覚を説明するのは難しいのですが、テンションがかからない方向だと鯛カブラは手前に来ています。逆にテンションがかかりすぎると水深以上にラインが出て着底が分かりにくくなるはずです。これは、リフト&フォールの動作中においても同じことが言えます。釣れる方向ですとフォール時に、巻き上げた水深よりややラインが出て着底するはずです。
2)着底後、リーリングするとややテンションがかかった状態になります。これはいろいろな方向にキャストすると「スカスカ(潮が噛んでいない)」「重い(潮が噛んでいる)」が分かります。
これらは少し経験が必要ですが、身につければ真鯛をキャッチする率が格段にアップします。
過去に解説した記事も参考にしてみてください。
キャスティング鯛カブラテクニック上級編(前編)
キャスティング鯛カブラテクニック上級編(中編)
キャスティング鯛カブラテクニック上級編(後編)

第一回スピニング鯛ラバ大会 in 高松

香川県高松市で開催された第一回スピニング鯛ラバ大会に参加してきました。
参加船は、
セブンゴッド
ワンピース
ポセイドン
第一優勝丸
千秀丸
の5船。
ベイトタックル禁止、スピニングタックルオンリーでそれぞれの船に6名ずつ乗船し、30名で30cm以上をキーパーの全匹のトータル長で競うもの。
釣り座は1時間ごとにローテーション。
シマノから佐々木さんと赤澤さん、ダイワから後迫さん、ジャッカルから私とプロスタッフ、フィールドスタッフが参加し、日頃キャスティングの釣りをされている地元アングラーを集めたハイレベルな戦い。
という内容を知ったのは、大会数日前。
それまではキャスティングの講習会と聞いていたので、何を話そうかとしか考えていませんでした。
しかも高松市内のホテルが満室だったので前日の明石釣行から徳島県に入り、鳴門で宿泊したので3時半に出発。
よって、特に情報収集もしないまま現地入り。
5時に本日乗船させていただくポセイドンの集合地に到着。
2014073001.jpg
5時半に港を出発。
2014073002.jpg
2014073003.jpg
沖で参加船が集まり大会スタート。
2014073004.jpg
ここからは大会に集中していたので写真はありません。
まずは沖に出てすぐのポイント。
使用したタックルは、前日使って感触がよかった鯛夢。
ちょうどミヨシからのスタートだったので鯛夢にビンビン玉45g固定式、ヘッドはオレンジゴールド、スカートはシマシマオレンジ、ネクタイをオレンジゴールドフレークのカーリーでキャスト開始。
早々にアタリがあり、掛けるもワンダッシュでバレる。
ここからが続かない。
同船された方々も掛けるけどバレる。
日が昇り、ヘッドのカラーをレッドゴールド、スカートはシマシマレッド、ネクタイを赤にチェンジ。
船内でポツポツと真鯛が上がりだす。
けれども掛かりが浅く、みなさん苦労されている様子。
ここで強風が吹いて強い雨が降り出し釣りにならない時間となる。
雨が止み、晴れ間が出て来たタイミングで入ったエリアで真鯛のスイッチが入り出す。
このタイミングでトモに移動したので鯛夢でロングキャストを繰り返す。
気づいたら船内で真鯛をキャッチしていないのは私を含め2名だけ。
多い人は5枚近くキャッチしている。
とりあえずなんとか1枚を・・・
で、1枚バラしたあと、ようやくキャッチ。
これで一安心というところですが、自分が得意としているキャスティングの釣りだけに、なんとか少しでも上位を目指したいところ。
トップとの差は長さは分からないものの枚数的に3枚ほど離されている。
終了約1時間前に最後のエリアに入る。
目の前には潮目。
潮目のパターンは、潮目に向かってキャストがセオリー。
このタイミングで胴の間に入ったのですが、ちょうど正面に潮目があり運が味方する。
片弦3名なのでそのまま鯛夢を使用し潮目に向かってキャストを続けると、ラッシュに突入。
ストップフィッシングまでに5枚をキャッチ。
パターンにはめられたのと、タイミング良く狙いやすい釣り座に行けた結果でした。
パターンは、ちょうど潮目にキャストしリフト&フォールを2回繰り返したあとの3回目あたりで潮が噛むゾーンがありそこでアタリが集中。
5回転以内にモソモソとまとわりつくような違和感を感たら、やや巻きスピードを緩めて巻き続ける。
するとコツ、コツっとしつこく追いかけてきて中層あたりでやっと食い込みました。
1枚目をキャッチしたのがこのパターンで、後ろから追いかけてきているなと判断。
フックを池フック(リアのフックの長さがネクタイの長さとほぼ同じ)に変更し、残り4枚をキャッチすることができました。
この微妙な「モソモソとまとわりつくような違和感」は、高感度な鯛夢と微妙なアタリが取れる固定式のビンビン玉がなければ分からない。
遊動式はヘッドが離れるので、食い込みはいいのですがこのアタリはボケるのです。
違和感を感じず、フォールさせていたらこの魚は取れませんでした。
というようなパターンで猛チャージすることができ、計6枚(1枚ノンキーパー)をキャッチ。
ポセイドンの林船長が素晴らしいエリアに良いタイミングで入ってくれました。
なんだかんだで船中約30枚。
2014073005.jpg
港に戻り閉会式。
2014073006.jpg
セブンゴッドの船長が進行役。
2014073007.jpg
シマノの佐々木さんによるキャスティングセミナー。
2014073009.jpg
ダイワ後迫さんによるキャスティングセミナー。
2014073008.jpg
最後に私もキャスティングセミナーをさせていただきました。
そして表彰式。
全く予想していませんでしたが、3位に入賞しました。
2014073010.jpg
2位はセブンゴッドに乗船された方。
2014073011.jpg
優勝は私の釣り座の横にいらっしゃった方。
2014073012.jpg
優勝される実力をお持ちであることは、横で拝見させていただいていて良く分かりました。
おもしろいヘッドとフックセッティングだったのも印象的でした。
大物賞は千秀丸。
2014073013.jpg
最後に大会に参加された方々と。
2014073014.jpg
また来年の開催が楽しみです。
スピニングタックル限定といえど、やはりこの季節は結果が出ますね。
やはり夏はシャローのキャスティングの釣りが熱いです!

明石鯛カブラレポート

明石海峡に行ってきました。
先日開催された鯛カブラトーナメント 2014 in 明石ではルール上、シャローをすることができなかったのですが、今の季節、最も熱いのはシャローのキャスティング。
大潮で午後から満ち潮が動く潮回りであれば期待大!
ハマった時の瞬発力というものは半端ないものがあります。
気をつけなければいけないのは風。
この季節、午後に南風が強く吹くことが多く、満ち潮の場合は潮と風がぶつかって波が大きくなることがあります。
予報もあまりアテにならないことが多いので十分に気をつけ、釣れていても早めに撤退することが事故を防ぎます。
さて、前置きが長くなりましたが、この日は午後からジャッカル社員の方々と午後からちょっとした撮影を兼ねて出ることにしました。
撮影の内容はビンビンスティックの追加モデルの実釣テスト。
テストも大詰めを迎えている様で、私も仕様をチェックさせてもらいました。
とても良い感触で、ビンビンスティックVCMと併用できる良い仕様で楽しみです。
いつの発売になるのか気になります。
2014072901.jpg
さくっとビンビンスティックの追加モデルで釣った後、波が高くなり撮影を断念し釣りを楽しむことにしました。
ここで船上サラリーマンが「これ使ってみます?」と差し出したのがテンヤロッドの「鯛夢 TMS-245M-ST」。
鯛夢の詳細はこちら。
手にして早速キャスティングで試してみました。
長さが2.45m(約8フィート)のロングロッドなので、ミヨシからロングキャストするとかなり好感触。
軽い力で鯛カブラをロングキャストできるし、この日は風が強かったのでラインを海面に落としやすい。
そして感度が良くロングロッドならではのアワセが決まる。
2枚ほど釣りましたがこれはこれで使えますね。
鯛夢の感触とキャスティングを体験してもらおうと他のスタッフにタックルを渡して、キャスティング釣法をレクチャー。
すると、1投目でバイト!
2投目は・・・
2014072903.jpg
2014072904.jpg
2014072905.jpg
2014072906.jpg
2014072907.jpg
2014072908.jpg
ロクマル!
セレクトしたルアーとキャストする方向があえばこんなものです。
2014072902.jpg
キビレも多くなってきました。
夏の海ですね。
私もビンビンスティックのキャスティングモデルに持ち替え、テンポよく釣らせていただきました。
ビンビンスティックのキャスティングモデルは取り回しが抜群ですね。
最適な長さなので隣の人や釣り座に関係なくどこからでもキャストできる取り回し。
鯛カブラをロッドに乗せてキャストできるテーパーなのでキャストもトラブルが少なくイージー。
そして食い込みの良いティップに、掛けた後、真鯛が頭を振ってもロッドで吸収してくれるので安定したファイトが可能です。
日が傾くと風が強くなり撤退。
もちろん、アタリもガンガンあったので釣れる雰囲気満載なので残念だったのですが、安全第一です。
4人で約3時間の釣果。
2014072909.jpg
リリースを含め20枚超。
ヒットルアーはビンビン玉「固定式」45gにオレンジゴールドフレーク、レッドゴールドフレークでした。
世間は「遊動」の流れなのになぜ「固定式」なのか。
この理由はまた後日。
先にも書きましたが、この時期のシャローはとにかくキャストする方が釣れます。
難しいことは考えずにとにかくキャストしてみてください。
以下、この日同船したキャスティング鯛カブラは初体験のスタッフのコメントです。
——
念願の鯛カブラ.comの松本さんと同船釣行!
で、松本さんの教えに従うと釣れる釣れる!!
圧巻なのはビンビン玉45gでキャスティングを勧められて試すと1投目でバイト!
で2投目にフッキングが決まり、上がってきたのが64cm!ラインを結び直して3投目で40cmと、その後もバイト連発で小型が多いながらも一人で8枚。
オマケにキビレやキスも♪
——
どうですか?
楽しいですよ!
くどいようですがこの時期のシャローはぜひ「キャスト」してみてください。

鯛カブラトーナメント 2014 in 明石

7月20日に兵庫県の明石海峡で鯛カブラトーナメント 2014 in 明石が開催されました。
全国各地から集まった参加者は89名。
優勝ウエイトは2枚で7kg超といったハイウエイトでの戦いとなりました。
私は残念ながら表彰対象どころか入賞もせず。
完全にホゲりました。
非常に情けなく、悔しい大会となりました。
さて、上位3名の方の当日のパターンです。
<優勝者>
電動リールを使って釣りをされていたそうです。ヘッドは自作で、パーツ類はダイワの紅牙を使用。ワームとネクタイを1本ずつ装着したものを使用されていたそうです。
<2位>
大鯛がヒットしたのは松本レッド改的なカラーでした。ダイナマイト明石スカートに艶色レッドと艶色ピンクのストレートネクタイ二本掛けのロングリヤフックでした。底から6~7m巻いた時にスピードが緩んだ瞬間のバイトでした。フロントフックが上唇に掛かってて、リヤフックはアゴのしたのカマの付け根?辺りにガッチリ掛かっててました。
<3位>
まず、朝のパターンはタングステンよりも、鉛タイプのシルエット大きく早めの巻きが良かったと思いました。カラーはオレンジ系が反応良かったです。日が出るにしたがい、朝のパターンとは違ってタングステンでシルエット小さめ、ゆっくり巻きでカラーは赤が強いと思いました。ネクタイ形状はカーリーでも釣りましたし、ストレートでも釣りました。ただ、デカイ魚はカーリーで釣りました。当日は海藻が底から少し上に漂っていて、絡まない様に巻きの回数をおさえました。二枚潮がキツイ状況では強めにサミングを入れ、着底後すぐ動き始めるように心掛けました。
参加された皆様、そしてこのような盛大な大会を企画、開催していただいた船長様、そして鯛カブラを盛り上げるべく協賛いただいたメーカー様あっての大会でした。
また来年、大会の開催を1参加者として楽しみにしています。
大会の様子をピックアップしました。
まだ参加されたことのない方も雰囲気などを感じていただけると思います。

2014072801.jpg
2014072803.jpg
2014072804.jpg
2014072805.jpg
2014072806.jpg
2014072807.jpg
2014072808.jpg
2014072809.jpg

明石鯛カブラレポート

明石の利弥丸に行ってきました。
2014071401.jpg
今年の明石は例年に比べてまだ水温が低く、夏のメインベイトとなるイワシの入りが遅い。
この日は真鯛とサバ狙い。
まずは鯛カブラ。
2014071402.jpg
朝一から良い時合のようで周囲の船では既に竿を曲げている。
水深40〜60m付近を狙う。
鯛カブラ初体験の4人の方を招いたので、まずは基本的な釣り方をレクチャー。
水深40〜60mなら60gをチョイスするところなのですが、初心者ということと明石という潮の流れが速くても釣れるフィールドであることから使用する鯛カブラは80gで統一。
朝一の時合で4名中、2名の方に真鯛をキャッチしていただきました。
真鯛の時合が終わりサバジギングに移動。
鯛カブラタックルにジグを装着しライトジギング。
2014071403.jpg
釣ったサバはクルーがすぐに下処理をしてクーラーボックスに入れていってくれます。
2014071404.jpg
これはとてもありがたいですね。
お土産を確保し再び真鯛狙いへ。
2014071405.jpg
水深50m付近、底から15回転目でヨンマル。
2014071406.jpg
続いてボトムからすぐの巻き始めでゴーマル。
2014071407.jpg
ヒットカラーはコーラオレンジフレークにレッドゴールドフレークの2本掛けでした。
2014071408.jpg
ちなみに私が使用しているウエイトは60g。
慣れていれば問題なく底が取れますが、刻々と潮の速さが変わるので一瞬の着底を見逃すといくらでもラインが出ていくので要注意です。
2014071409.jpg
この日の真鯛は船中8枚。
雨の影響か、少し食いが悪かった感じです。
船長曰く、体力を回復し積極的に餌を獲るようになってきたので脂が乗り始めておいしくなってきたとのこと。
これからもう少し水温が上がり、イワシが入ってくればシャローゲームで大型も上がるでしょう。
さて、今週末は鯛カブラトーナメント in 明石2014です。
潮は小潮。
海峡の真ん中付近から淡路島周辺で釣りをする展開になりそうです。
潮は小さいですが、雨の影響から水潮の可能性もあります。
また、明石特有の複雑かつ刻々と変わる潮の流れ・・・
80g、100g程度のヘビーウエイトのカブラを用意しておいた方がよいでしょう。
現在のメインベイトは甲殻類。
入賞を目指して頑張ってまいります。

和歌山県加太鯛カブラレポート

和歌山県加太の清海丸に行ってきました。
2014071005.jpg
本日は鯛カブラ初挑戦のMさんと釣りがほぼ未経験のTさんのお供。
とはいえ、先日広島で苦い思いをしているのでそれに対するリベンジでもあります。
加太の状況はイワシが入ってきて間もない状況でまだイワシに鯛が付ききっていない状態。
「加太は朝マズメ」
という言葉が示すように朝の1流し目からアタリが連発。
それも船長だけに(笑
船長はテンポ良く釣って行く。
私にも待望のアタリ。
2014071006.jpg
ネクタイはイカナゴールド。
続けてもう1枚。
2014071007.jpg
船酔いと眠気で少しトーンダウンしていたTさんに強烈なツッコミ。
2014071008.jpg
丸々と太ったメジロでした。
2014071009.jpg
続いて後ろで釣っていたMさんにも待望のアタリ。
2014071010.jpg
かわいいサイズでしたが本命が釣れました。
2014071011.jpg
潮が緩み少し深場へ移動。
するとTさんがグッドサイズの本命を掛ける。
2014071012.jpg
立派な真鯛ですね!
2014071013.jpg
さらに続けてもう一枚にアコウまで。
2014071014.jpg
私もこの深場で同サイズを1枚追加しタイムアップ。
2014071015.jpg
初心者のお二人に良い釣りをしていただくことができました。
加太はアクセスも良くて釣果も安定していますし、根がかりなども少なく狙う水深も浅いので初心者の方にはとても釣りやすい場所だと思います。
近年、鯛カブラを始めた方も多いと思います。
どこか初心者でも釣れるような場所はご存知ないですか?と聞かれたら、迷わず加太をおすすめいたします。
機会あれば、ぜひ行ってみてください。
イワシが入り始めたのでこれからますます良く釣れると思います。

広島鯛カブラレポート

広島県の愛裕南丸(あゆみまる)に行ってきました。
2014071001.jpg
広島に訪れるのは約1年ぶり。
2014071002.jpg
テンヤをする方、鯛カブラをする方、両方をされる方と楽しみ方は十人十色。
2014071003.jpg
この日はどちらかというとテンヤ有利。
真鯛があまりやる気がなく下を向いているような状態。
その中でも船上サラリーマンは鯛カブラで4枚と健闘。
パターンを聞いてみると、
・様々な巻き速度を組み合わせ、巻き上げる水深もボトムノックをしたりして不規則にしてみた
・ネクタイのカラーは濃いめ(コーラオレンジフレーク等
・アタリがあると竿を送り込んで食い込ませた
と言っていました。
まとめると、
「カラーはシルエットがはっきりするもので巻き速度やリフト&フォールでやる気の無い真鯛のスイッチを入れて食わせる」
という釣法です。
2014071004.jpg
結果的に63㎝までが23枚。
私は・・・
恥ずかしながらサメとガシラのみ。。。
見事にホゲました。
この日の状況はルアーマガジンソルトで掲載されるそうです。

新製品情報

ジャッカルからビンビン玉チューニングネクタイカーリータイプにショートタイプが追加されるようです。
2014070901.jpg
私がショートタイプを使う場合は、ベイトが小さい時(初春のイカナゴなど)。
またこれとは逆に、ボリュームや大きな水押しを出したい時に、スカートを外してショートタイプのネクタイを2本装着して使っていました。
今まではノーマルタイプの先端をカットして使っていたのですが、全体的に縮小されており長さだけでなく幅も小さいのでより繊細なアクションを生むのではと感じます。
▼製品詳細ページ
http://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/tai_kabura/binbindama-tuningtie/
次にビンビン玉チューニングスカートにワイドスカートが追加されるようです。
2014070902.jpg
以下、ジャッカルサイトからの引用です。
耐久力にも優れ、発色の良さにより多彩なカラーバリエーションを可能にした薄型シリコンシートを利用した鯛カブラ専用スカート。
1mm幅に設定されたワイドスカート仕様はボリュームアップに役立つだけでなく、複雑な潮流においてもスカートの絡まりを防いでくれる張りの強さを兼ね備えます。
▼製品詳細ページ
http://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/binbindama-tuningskirt-wide/
ヘッドだけでなく、ネクタイやスカートのパーツ類も充実してきました。
ますます「釣れそう」ですね!