兵庫県明石鯛カブラレポート

明石に行ってきました。
2014082601.jpg
明石のお盆明けといえば、シャローの大鯛祭り。
ここ何年か毎年良い思いをしている時期でもあります。
先日発表になったビンビンスティックHSを手に沖へ。
ビンビンスティックHSの解説はこちら
ビンビンスティックHSの実釣動画はこちら
2014082602.jpg
ビンビンスティックHSは着底やアタリを「視覚化」する絶妙な張りを持たせたソリッドティップを採用しています。
繊細な底取りが要求される明石ではとても重宝するロッドです。
水深20m程度のシャローからスタート。
と、ここで周辺がざわつき始める。
水面からイワシを突き上げているのはサワラ。
急遽キャスティングタックルに持ち替えてプラグを装着しキャストするとお祭り状態に。
あっという間に3人で20本。
2014082606.jpg
キャスティングタックルといえど持って行っていたのはビンビンスティックですけどね(笑
サワラのサイズはアベレージが70〜80cmだったのですが、ビンビンスティックのパワーと魚をいなすマイルド感を改めて感じることができました。
潮が動き出すとサワラが消えたので真鯛狙いに。
しかし潮の動きが悪い。
風が強く二枚潮になる。
クイックスプリング45gのキャスティングで刻んでいくと、ややバーチカルになる角度でアタリが頻発することに気づく。
相変わらずピンポンダッシュが多い中、2枚のチャリコをキャッチ。
2014082603.jpg
2014082604.jpg
そして日没間近の流しでゴーマルを2枚。
2014082605.jpg
思っていたほど枚数は伸びませんでした。
ヒットカラーはシマシマオレンジ+オレンジゴールドフレークかダイナマイト明石+レッドゴールドフレーク。
これをクイックスプリング45gに装着しキャストで誘うわけですが、足元によってきてそろそろピックアップしようかなという角度でアタリが頻発したので、ちょい投げで探ると良い結果がでました。
最近、私の中ではこのパターンが多いですね。
なぜかバーチカルに近い動きの方が反応が良いです。
ビンビンスティック+クイックスプリング45gのキャスティングカブラ。
まだまだ楽しめますので、ぜひ皆様もシャローのキャスティングにチャレンジしてみてください!

福岡県響灘鯛カブラレポート

遠征の最終日はセブンスライドの発案者、ガイドサービスセブンの宮崎船長の船でレジャーフィッシングの取材でした。
宮崎船長と初めてお会いしたのは2年前の9月。
遊動式でどのような釣りをしているのかということに大変興味を持ち、お伺いさせていただきました。
そこでセブンスライドの良さを知り、ビンビン玉にセブンスライドを採用した製品を出せないかと思うようになりました。
それから2年。
セブンスライドを採用したビンビン玉スライドが発売されることになりました。
話をもとへ。
宮崎船長と検討した結果、昼から出て日没まで釣りをするプランに決定。
2014082101.jpg
しかし、この日は朝からずっと雨。
2014082102.jpg
時折、激しく降ります。
風も嫌な感じ。
2014082103.jpg
狙った水深は終始、30m前後のシャロー。
潮と風がそれほど強くない時は、スピニングタックルにクイックスプリングの45gで釣れ、潮と風が強くなればベイトタックルでスライドを使用して釣りました。
ドテラで流していたのですが、潮と風が強くなると45g→60g→80g→100gとウエイトを上げていかないと、どんどんラインが出て行く状況になっていく。
ただ、ウエイトを上げるとラインの出がおさまるものの、乗らなくなるし繊細なアタリが取れなくなる。
かといってウエイトを軽くすると底取りが悪く、ラインもどんどん出て行く。
結局、潮と風がMAXの状態ではウエイトを80g程度にして、着底後はほぼ巻かない状態でステイさせることで追わせることができました。
潮と風が緩むと、スピニングタックルにクイックスプリングの45gに戻すとラッシュに。
この日は潮と風が緩むタイミングが時合だったように思います。
ヒットカラーはオレンジや赤。
夏の響灘といえばグリーンやチャートが強いイメージなのですが、この日はオレンジや赤が良かったですね。
2014082104.jpg
なんだかんだと10枚くらい獲れました。
この日の取材の様子は、9月21日発売のレジャーフィッシング九州版に掲載される予定です。
宮崎船長とはお互い、現場で製品を徹底的に試している仲。
濃い内容の話ができます。
今回は取材だったのと帰阪しなければならなかったために、宮崎船長とゆっくりお話する時間が取れなかったのが非常に残念でした。
宮崎船長には話してませんが、今年中にもう一度行こうと考えているのは秘密です(笑
最終日も悪天候の中、バッチリ決まり今回の撮影〜取材は大成功だったように思います。
さて、今週からは肩の力を抜いてのんびり釣りを楽しみます(笑

福岡県玄界灘鯛カブラレポート

広島県でのビンビンソルトロケを終え、尾道から新幹線で博多へ。
翌朝、天神からほど近くの港から出る飛燕さくら丸へ。
2014081901.jpg
船長が私たちに提案してくれたプランは。ゆっくり休める午前9時出船の戻りは天候とイカの釣果次第でエンドレス!?のプラン。
先に博多入りしていた船上サラリーマンと吉岡プロと合流。
2014081902.jpg
まずは出てすぐのポイントでアンチョビミサイルを使ってタチウオ。
2014081903.jpg
2014081904.jpg
そして楽しみにしていたシャローの根魚カブラ。
2014081905.jpg
良型の根魚がボコボコに釣れるんです。
2014081906.jpg
シャローなのでやはりキャスティングが面白い。
2014081907.jpg
私はクイックスプリングの45gを使用して広範囲に探りました。
雨だったので写真はあまりありませんが、真鯛も結構釣れました。
面白かったのは、鯛カブラを着底させてリールを巻かずにボトムノックさせる釣り方。
これが結構ハマりました。
そして夜になり、イカができる!との判断でイカのポイントへ。
2014081908.jpg
前日も倒れそうなくらい長い時間やっていた船上サラリーマンと吉岡プロは、この日も雨の中、ずっとイカと戯れていました。
2014081909.jpg
玄界灘の大人のバカンス。
ここ何年かお盆休みにプライベートの釣りを楽しみに行ってますが、今年も最高の時間を満喫することができました。
港に戻り、吉岡プロと別れて船上サラリーマンと小倉へ。
旅はまだまだ続きます。

ビンビンソルトロケ〜広島県生口島の秀丸

お盆の前半2日間は広島県生口島の秀丸でビンビンソルトのロケをしてきました。
2014081801.jpg
四国から北陸地方を縦断した台風11号の影響で酷い濁り。
過ぎ去ったとはいえ、当日は深い霧に覆われていました。
2014081802.jpg
2014081803.jpg
2014081804.jpg
昼前後からは時折太陽が顔を出してくれました。
2014081805.jpg
そして夕方にが綺麗な夕焼け。
2014081807.jpg
2014081808.jpg
台風の影響で釣果がとても心配でしたが、そこはビンビンコンビ!
前半はとても苦しみましたが、徐々にアジャストしていき夕方には・・・
なんと2日間のロケを初日で終わらせるグッドジョブ!!!
2014081809.jpg
ナカジーもこの表情(笑
詳細は番組の都合もあり多くは語れませんが、やはりこの時期はなんだかんだいってもシャロー打ちが熱かったです。
2014081806.jpg
スピニングタックルで広範囲を探りながら、バーチカルでフォロー。
まだまだキャスティングをする人は少ないのが不思議で仕方ないです。
水深30mより浅い場所なら迷わずスピニングタックルとクイックスプリングの20g、30g、45gを手にして広範囲を探ってください。
バーチカルよりもグンと釣果がアップすることが多いです。
ビンビンソルトの放送日は9月上旬とのこと。
放送日が決まり次第、改めてお知らせいたします。
2014081810.jpg
初日でロケを終わらせるスーパーアシストをしてくださった秀丸船長!
あちこちのポイントを回っていただき、時間も延長して全力で釣らせてくださいました。
ありがとうございました。

お盆休みは遠征

今週は遠征に行ってまいります。
まずは広島県に入りビンビンソルトのロケを2日間。
その後、福岡に入り飛燕さくら丸で鯛カブラとイカのリレー便。
そして最終日はガイドサービスセブンで雑誌取材。
目まぐるしい一週間となりそうですが頑張ってきます。
台風の影響がとても心配です。
予想通り、通過後は酷い濁りで状況が一変。
やれるだけのことはやってきます。

週末アングラーが残す驚異的な数字

先日記事にした船上サラリーマンの釣り、ピントこられた方もおられるでしょうが、実践するとどうなるの?という方もおられる事でしょう。
船上サラリーマンの実釣経験話はこちら
公開したのには訳があります。
驚くべきはその安定感。
週末をメインにシーズンにおよそ40回程の釣行で、彼がボーズになるのは2、3回あるのか?というレベル。
しかも彼にホームグランドは無く、常に全国各地アウェーでの戦い。
乗船人数も、周囲に船も多いハイプレッシャーの中でも変わらない釣果。
全国どこででも通用する基本の考え方と言えるのではないでしょうか。
しかもビンビン玉スライドが完成形に至ってからはバラしも今だに片手で足りる程。
これを聞いて、ビンビン玉への信頼感が更に増したのは私だけでしょうか。
週末アングラーの一般的?なサラリーマンが残す数字としては驚異的ですね。

ビンビン玉スライド鉛式

ビンビン玉スライドも鉛式が店頭に並びはじめたようですね。
http://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/5645/
タングステンモデル同様、耐久性に優れた超低摩擦素材“PTFEタフネスパイプ”を採用してくれているので、遊動式の不安材料であったヘッドとの擦れによるラインブレイクの心配もありませんね。
うれしい仕様です。
さて、この鉛式はまずコストパフォーマンスの良さが際立ちますが、それだけでは無いと思っています。
鉛はタングステンと同じウエイトでも比重の違いによりシルエットが大きくなるのはご存知でしょう。
「存在感」や「強い水押し」によるアピール力はシルエットが大きくなる鉛の方が勝り、魚を誘う上で効果的な場合もあるようです。
数年前に響灘のしーまんに訪れた際、鉛の大きなヘッドに通常よりも大きなネクタイ、そして太軸で強靭なフックを使用したしーまんラバーを使い、ジギングタックルで大鯛を狙うスタイルに驚きました。
記憶に新しい明石の鯛カブラトーナメントでも、上位の方が大きなヘッドの鯛カブラを使用して大鯛に的を絞った攻め方をしていました。
「存在感」や「強い水押し」は魚を寄せる力があります。
それらは、大鯛にスイッチを入れる能力も持ち合わせていると言えるでしょう。
私もテストモデルを使用した事がありますが、比重が軽くなった分、横からの潮に応じてヘッドが振りやすくなっているという特徴も見つけておりアピール力という鉛ヘッドならではの利点を活かした仕上がりになっていると感じました。
当然底取りが良く、引き抵抗が軽いタングステンヘッドの大きなアドバンテージはこれまで通り欠かせませんが、戦術や状況に応じて使い分けることで釣りの幅を広げてくれる事でしょう。
私もローテーションに加えてみます。

船上サラリーマンの実釣経験話

ジャッカル社員として日々積極的にフィールドに足を運び、私達フィールドスタッフとともに製品開発に取り組んでいる船上サラリーマン。
彼に初めて鯛カブラを教えたのは玄界灘。
10040607.jpg
そこからめきめきと腕を上げていき・・・
2014080201.jpg
最近実釣研修など初心者に実践させる機会が多いのですが、確実に成果が得られ確信を持てているとのこと。
これまでの実釣経験をまとめてくれましたので、ぜひお読みください。
なかなか的を得ていますよ!
<リトリーブ>
巻きスピード、巻きレンジ、色の組み合わせでバイトを探します。
海釣りは型にハメやすい釣りですが、ワンパターンにならない誘いをする事で安定釣果を絞り出します。
まず巻きスピードとレンジの探り方。
これは魚探の反応を見て探ります。船長の魚探が見える釣り座が良いです。
反応があるのにバイトが無いといった時こそがチャンスで、何かが間違っている警告です。
・巻きスピードを速くする。
・巻きスピードに緩やかな変化をつける。
・巻くレンジを長くする。
等を試します。
ボリュームや色はその後に考える事にしています。
最もアタリの多いレンジ・スピードを探しながら・・・ではありますが、巻き上げる高さやスピードは積極的に変えます。
魚探の反応よりも高く巻きます。
そして速い巻きほど距離を長くします。
ただし、 高く→低く→低く/速く→速く→遅くと言ったように複数回の動作をワンセットに考えます。
経験上、狙いのタイミングでバイトは出せる傾向にあると言えます。
巻き上げ時には、PEラインのマーキングを見てテンポのコントロールと何メートルの巻き上げかをカウントします。
これは必ず実践するべきです。
※ワンポイント
その瞬間に一匹にでも鯛に口を使わせれば良いので、早い/遅い/高い/低い。常にあらゆる可能性を否定しない事が大切です。
例外ももちろんあり。
濁り、ボトムの反応等が著しい場合はパターンも偏り難しいです。
フォールでスイッチを入れる意識をします。
着底後の一瞬の巻き上げに変化をつけバイトを誘います。放置もあり。
偏った攻略パターンは他にもあるでしょう。
なお、底潮の濁りは上潮では判断できないので注意です。
<色とボリュームについて>
基本的には“適度に”アピールをする事を意識します。
鯛が嫌がらない組み合わせを考えます。
嫌がらない色で良いので、いろいろなカラーでヒットしてもその理由があっていればそれで良いのです。○○パターンは○○カラーで釣れる。と言った偏った考えは排除します。
※基本の組み合わせ
まずはオレンジベース。オレンジゴールドフレーク:先発色。
蛍光オレンジ:日が上がった時に使う。暗い時は効果薄い。
艶色オレンジ:蛍光オレンジと併用。中間
エビオレンジ:地味色
のローテーション。
シマシマオレンジがコントラストもあり、ベースのスカートに使う事が多いです。
これに他の色をあしらいで足します。本数は減らして、全部で5~6本が基本。
※各色の役割 
赤・黒系:シルエットを際立たせてアピールします。
グロー:水深の深い所で使います。
チャート系:アピールを強くするとき、深場、黒濁りで使います。
ラメ系:ローライトで頼りになります。
特に金メッキや金ラメは濁り、ローライトに効果あります。
ネクタイは、速く引く場合はストレート、遅く引く場合、潮の緩い時はカーリーと考えますが、
これだけにとらわれると失敗します。実際、早巻きのカーリーは効きます。
※ネクタイの裏ワザ
ストレートのダブルネクタイは激しい明滅をもたらすので効果が高いです。
シークレット技と言えるほどの力を持っています。
黒い系と明るい色の組み合わせや、ラメ系との組み合わせが特に強いです。
<ヘッドの色>
蛍光色なのか、金が入っているのか、地味な色なのか。大きく影響しますので、オレンジゴールド/レッドゴールド/オレンジオレンジ/レッドレッドは外せません。
<フックについて>
スタイルに応じて千差万別です。
ただし、基本的にはなるべく短い(ヘッドに近い)針の長さ。
平行セッティングを好んでいます。圧倒的に口掛かりが多くなります。
個人的には小針が今のところ実績高いです。
ロングフックを使う場合はテールバイトに集中する時です。
ただし、スローの時は食い込みを待てば前の針にかかる事が多いので
超高速巻きのパターンによく使います。
やや早い程度であれば、前のフックにかかる事が多いと思います。
その場合は通常の平行針を使う方が良いです。
<リールについて>
リールは必ずハイギアとローギアを持ち込むようにしています。
ハイギアで潮の感触を確かめたいからです。
リールが変わっても同じ誘いができるのが前述のPEラインを見て巻く術の良い点です。
潮が速いと重く、緩いと軽い。
単純にそれだけと思いがちですが、
船が動いているので一概にそうは言えません。
船の船速と方向。底潮の方向により 潮が速いのに抵抗感が少ない時や潮が緩いのに巻きが重い。と言ったことも多々ありますので、間違えないように。
また、潮の向き・速さは水深によってバラバラである事は頭に入れておくべきです。

<ノリの悪いバイトについて>

ノリが悪く苦労する事は誰しもあると思いますが、多くの場合、魚の活性では無く、釣り人の食わせ方が悪いと思った方が良い様です。
送り込み方次第で何ら違和感なく乗せられる状況は多々あります。
これは経験が必要ですので、上達を左右するポイントでもあると思っています。