香川県・高松鯛カブラレポート

香川県高松市から出船しているワンピースに行ってきました。
朝は随分冷え込むようになってきましたね。
防寒着をしっかり着込んでおかないと風邪を引きそうです。
日中は暖かいので必要ないですが、私はよく「暑かったら脱げばいいけど、寒い時にはないものは着れない」と言います。
これから日に日に寒くなります。
服装に気をつけてください。
さて、朝6時に港を出発。
2014102701.jpg
ワンピースに乗船するのは2回目。
前回は周囲が釣れている中、まさかのボーズで屈辱を味わいました。
今回はその雪辱を晴らしたいところ。
事前情報では
・ベイトはイカナゴ
・2桁釣果が難しい
・群れに当たれば良い釣果に恵まれるが真鯛の居場所を突き止めるのが大変
とのこと。
前回、ちょうど2週間前に松本釣船2で同じような潮で小豆島周辺で釣りをしていたので、おおよその状態は把握していたので、今回も厳しい一日になりそうというのが大方の予想。
また、キャスティング(横の動き)には反応が悪かったので、バーチカル(上下の動き)の釣りメインになると予想。
前回、良く釣れたコーラオレンジフレークをセットしてバーチカルに攻める。
ところが、ミヨシでキャスティングの釣りをしていた人がファーストフィッシュを手にする。
キャスティング(横の動き)に反応する!と分かり、スピニングタックルにチェンジし、いつものビンビン玉クイックスプリング45gでキャスト開始。
あっさりとゴーマル。
2014102702.jpg
続いてヨンマル。
2014102703.jpg
ほぼ釣りをした経験がない女性のお客さんにも。
2014102704.jpg
かけ上がりからかけ下がるエリア(水深25m前後)で、かけ上がりの頂上付近で波が立ち、その付近でアタリが連発しました。
このエリアで船中2桁釣果達成。
少しずつずらして見事なタイミングでポイントに入って行く松岡船長の操船技術に脱帽です。
このポイントを打ち尽くし、潮が緩み始めたタイミングで移動。
少し深い30m前後のポイントに入ったところで、良い反応。
ここもキャスティングで攻めて本日3枚目は65cm。
2014102705.jpg
少しランガンを繰り返し、朝良かったポイントへ入る。
思うように底が取れないことが幸い?したのかボトムずる引きで良型のマゴチ。
2014102706.jpg
朝良かったポイントでしたが後が続かず、このポイントを見切る。
移動して入ったポイントで極太カンパチ!
2014102707.jpg
キャスティングで本日4枚目。
2014102708.jpg
最後にこれまた見たことがないくらい極太のアコウ。
2014102709.jpg
終わってみれば、真鯛船中15枚に様々な魚種でにぎわいました。
2014102710.jpg
竿頭をいただき、前回の汚名を返上させていただきました。
まだまだキャスティングでシャローエリアが楽しめる香川県。
シャローの釣りはおもしろい、初心者でもやりやすいとシャローを開拓するワンピース。
松岡船長が初心者でもしっかり教えてくれるので安心です。
もちろん、上級者の方には目から鱗の独自の理論を教えてもらえると思います。
大阪から港まで車で約3時間。
港周辺には風呂に入ることができ仮眠ができる健康ランドもあります。
やしま第一健康ランド
健康ランドから港まで車で15分程度。
その道中にコンビニもあります。
遠征の場合は、夜の空いている時間帯に高松へ入り、この施設で休むと釣りが楽ですよ。
さて、鯛カブラをする上で最近みなさんによくご説明する「ロッドとラインの角度」。
バーチカルではもちろん、キャスティングでもロッドとラインの角度は重要です。
2014102711.jpg
また改めて解説したいと思います。

玄界灘で素晴らしい釣果

福岡県の飛燕さくら丸からのレポートです。
しばらくイカ釣りで出船されていたのですが、玄界灘・鯛カブラ大会 in 玄界灘2014の下見も兼ねて先週末、久しぶりに鯛カブラで出船されたそうです。
結果はナナマル4枚、ロクマル9枚、トータル50枚と素晴らしい釣果。
ビンビンスティックHSで10㎏のブリも余裕のファイトだったそうです。
2014102001.jpg
大会までおおよそ約一ヶ月。
日に日に状況は良くなって行くと思います。
玄界灘・鯛カブラ大会 in 玄界灘2014の参加もお待ちしております!

岡山県下津井・広島県呉鯛カブラレポート

岡山と広島に行ってきました。
まずは岡山で下津井の松本釣船2に。
前情報では「厳しいですよ」とのこと。
2014101701.jpg
度重なる台風に水温低下。
さてどうなることやら。
シャロー中心に狙うとのことで、ほぼ一日スピニングタックルとビンビン玉クイックスプリングの45gで攻めました。
最初に入ったポイントはピンで食ってきました。
2流しくらいでしたが、そのピンポイントのみでアタリがあり船中で4枚ほどキャッチ。
ピンの時はバーチカル有利でした。
潮が緩み違うポイントへ。
そこで真っ黒レッドフレークのショートカーリーでヒット。
2014101702.jpg
船長はビンビン玉スライド45gのコーラオレンジフレークで。
2014101703.jpg
その後、これといった明確な時合はなく拾い釣りをする感じで、ちょっと厳しい感じでした。
2014101704.jpg
厳しいからといってスローではなく、速巻きにもアタリがあります。
カラーはシルエットがはっきりする濃いめのカラーがアタリでした。
濁りもあるかもしれませんね・・・取れたらまた釣果がアップするかもしれません。
これからは例年のパターンで考えるとショートネクタイのスカートレスが良くなってきそうです。
岡山で釣りを終えて広島へ。
知り合いがオープンした広島焼きの店に行ってきました。
玉家(たまや)
広島市中区富士見町4-20
TEL.082-236-7111
2014101705.jpg
2014101706.jpg
麺が自慢のお店です。
とてもおいしいのでオススメです!
さて、広島では愛裕南丸にお世話になりました。
2014101707.jpg
台風の影響もあり、当初予定していた4船での大会はできず、愛裕南丸イエローテールニライカナイの3船での大会となりました。
2014101708.jpg
ルールは、テンヤ、鯛カブラで釣った真鯛1匹の長寸。
2014101709.jpg
風が強い中、みなさん次々に魚をキャッチされます。
さすが常連さんです。
2014101710.jpg
ご乗船いただいた方からキャスティングのご質問がありましたので、丁寧にご説明させていただきました。
本当は鯛カブラ.comでも詳しく説明したいのですが、なかなか文章では説明しずらいんです。
現場でキャストしながら説明すると、とても分かりやすく説明できます。
風対策、キャスト方向、ロッドワーク。
一通りご説明したところで・・・
2014101711.jpg
来ちゃいました(笑
2014101712.jpg
めっちゃ喜んでいただきました!
途中まで最大サイズだったのですが、後半に追い抜かれてしまいました。
優勝はイエローテールにご乗船のお客様でした。
広島では釣り具のポイント広島警固屋店に立ち寄りました。
関西でもないくらいの鯛カブラコーナーの充実度には驚きました。
2014101713.jpg
なんと1列すべてが鯛カブラ。
パーツ類も充実しており、地元関西の大型店にない商品まで陳列。
スタッフの方と話をさせていただきましたが、鯛カブラに精通されているので初心者の方でも詳しく説明してもらうことができると思います。
年内、岡山と広島へ行くのはこれが最後になりそうですが、充実した時間を過ごすことができました。
さて、来週は天候不良で月初に行けなかった香川に行ってきます。

玄界灘・鯛カブラ大会 in 玄界灘2014

夢のフィールド玄界灘で4船総勢29名による鯛カブラの大会「玄界灘・鯛カブラ大会 in 玄界灘2014」が2014年11月15日(土)/天候不良等による予備日:2014年11月29日(土)の日程で開催されます。
昨年は上位入賞者3名がすべてハチマルというハイスコアでした。
今年はどうなるのか?
もちろん、私も参加します。
みなさん、一緒に夢のサイズを狙いましょう!
大会の応募はこちらから。
2014101501.jpg

プロフェッショナル仕事の流儀「魚スペシャル 魚とともに生きる男たち」

2014年10月13日22時よりにNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で「魚スペシャル 魚とともに生きる男たち」が放送されます。
内容は、
日本屈指のブランド「明石鯛(たい)」の水揚げ10年連続1位を地元で記録する漁師・戸田修一(71)。極めて難しいため使い手が減り続けている伝統の吾智網漁(ごちあみりょう)を駆使して、明石鯛を獲る。その流儀は「じわっと待つ」。コンディションがどれだけ悪かろうとも腰をすえて海と向き合い、潮を読み、ほかの漁師が不漁にあえぐなか大漁を記録する。だが、「名人」と呼ばれるまでには、30年に及ぶ苦難の歳月があった。そこに秘められた夫婦の物語とは・・・。
ほかにも、明石鯛の鮮度を保つために伝統の技を振るう職人や、「日本一の焼き魚」と称される腕を持つ気仙沼の職人たちが登場。“魚”にまつわる奥深き世界を掘り下げる。
となっています。
鯛カブラゲームにおいても、全国屈指の難易度がありゲーム性も高い明石海峡。
そこで、明石鯛の水揚げ10年連続1位の漁師が出演されるのであれば、これは必見ですね。
番組の詳細はこちらから。
2014100601.jpg