鯛カブラ大会 in 玄界灘2014〜ガイドサービスセブン遠征

先週末は福岡遠征でした。
まずは4船(飛燕さくら丸、武蔵丸、大充丸、IZANAGI)計28名で開催された「鯛カブラ大会 in 玄界灘2014」。
昨年同様、やはり優勝者はハチマルでした。
2014111801.jpg
今年は表彰の対象が10位までだったのですが、それでもこのハイスコア!
玄界灘のポテンシャルは凄いですね。
入賞された方はほとんど「オレンジ」を使用されていました。
他、グリーン系統がちらほらといったところ。
この日は二枚潮がきつく、ボトム付近でのヒットが多かったそうです。
2014111802.jpg
私の結果は散々でした。
出直しが必要ですね・・・
さて、大会が終わり休む間もなく小倉へ。
翌日はガイドサービスセブンへ乗船。
2014111803.jpg
昨日のピリピリムードとは一転、女性ばかりの華やかな釣りとなりました。
2014111804.jpg
なんでも、ポイントレディースフィッシングクラブのメンバーでの釣行だそうで、今や女性アングラーと言えど、みなさんマイタックルをお持ちであることにとても驚きました。
もちろん、ルアーチェンジやノットまでご自身でされます。
鯛カブラって、みなさんは底から巻き上げる回数をカウントしているので、無言の釣りになるのですが、女性陣はとても賑やか。
また○○ちゃんが釣った!!
私に釣れない!!!
アタリがあったのに外れた〜!!!
闘志溢れる船上でした笑
2014111805.jpg
2014111806.jpg
2014111807.jpg
2014111808.jpg
2014111809.jpg
20141118010.jpg
2014111811.jpg
なんだかんだで、みなさん一日を通してほぼ休まずに釣りをされ、お土産を確保できました。
そして、私が知る限りガイドサービスセブンにしかないサービス「魚の下処理」。
どこにでもあるのが「血抜きと神経締め」をしてくれるサービスですが、ガイドサービスセブンの宮崎船長は鱗取りからエラ内蔵処理、そして希望があれば3枚にもしてくれます。
鮮魚士の資格をお持ちなので包丁捌きはとても鮮やか。
いただいた命ですから、ありがたく頂戴したいものです。
2014111812.jpg
2014111813.jpg
宮崎船長はなんでも?自作。
これ、なんだか分かりますか?
2014111814.jpg
リリーサーといって、魚をある程度の水深まで沈めるツールなんです。
これを使うと、リリースした魚の生存率が上がるそうです。
宮崎船長は常々「1匹の価値を上げたい」とおっしゃっています。
今回、宮崎船長と話していて心を打たれました。
話すと長くなりますし、みなさんそれぞれいろんな考えがあるでしょうから割愛しますが、私自身できることもあると思うので、これからやっていこうと思います。

この週末は北九州へ

この週末は北九州へ行ってまいります。
まずは、鯛カブラ大会 in 玄界灘2014に出場。
普段は「どうやって枚数を釣るか?」ということを考えて釣りをしていますが、大会ですから「どうやって一発大物を釣るか?」に思考をシフトさせて釣りをしたいと思います。
昨年の上位3名はすべてハチマルだけに、今年もハチマルを釣らねば上位に食い込めないでしょう。
自分なりに考えたものは用意できましたので、あとはこれで釣りをしてみようと思います。
ま、大会ですから火傷覚悟です(笑
大会終了後は小倉に移動して翌日、ガイドサービスセブンに乗船します。
釣り以外のお楽しみが待っているようで、楽しみです。
ジャッカルから「来年のカタログに使えそうな写真をください」と言われたのですが、いつも自分で撮影しているために自分自身が魚を持ってる写真がないことに気づきました(笑
ですから、カタログでインパクトを与えるような魚持ちの写真を撮りたいなと思っています。
今年の夏にインパクトを与えるような50cm近いアジを釣りましたが、これでは駄目なようです(笑
2014111401.jpg
そして、何よりタイラバを盛り上げている宮崎船長と一緒に過ごす時間が楽しみで仕方ありません。
帰ってきましたら、この2日間のレポートをしますので楽しみにしておいてください。
では、行ってきます。

鯛カブラ(タイラバ)実釣動画のご紹介

香川県高松市から出船しているワンピースの松岡船長が、鯛カブラ(タイラバ)実釣動画を作成されたのでご紹介します。
タックルの簡単な説明から、フッキングまでを紹介されています。
松岡船長が見せる「掛ける鯛カブラ(タイラバ)」。
必見なのは、アタリがあってから少し送り込むロッドワークとビシッと決めるフッキング。
フッキングで悩まれている方、ぜひご覧ください。
<使用タックル>
ロッド:ジャッカル ビンビンスティック HS610SUL (ベイト)
リール:シマノ NEWカルカッタコンクエスト100
タイラバ ジャッカルビンビン玉(オレンジ・オレンジ/コーラF)
PE:1号 リーダーフロロ4号

兵庫県明石鯛カブラレポート

兵庫県の明石へ行ってきました。
潮回りが良くないのと、風が強い予報と条件の悪い中での釣りになりました。
潮が良くなくても(潮が動いていなくても)早朝や夕マズメというのは、経験上、魚の活性が高い時間であることが多いです。
潮が悪ければなおさら「早朝や夕マズメが勝負」であることが多く、この時間を外すとアタリもなく終わることも。
よって、1流し目から集中です。
スピニングタックルにビンビン玉クイックスプリング45gを装着し、キャスト開始。
やはり早朝、フォールでアタリがあり掛けたのは青物でした。
2014110503.jpg
ファイト中にフックオフ。
引きからしてメジロですね。
フックが伸びたので、チェンジ。
今度は真鯛のアタリ。
これを掛けることができず、アタリが遠のく。
先の香川でもそうでしたが、明石も潮止まり前後が良い傾向らしいので、しばし休憩。
潮が緩みはじめ、同船者にアタリが出始めたのでキャスト開始。
休養空けの一撃。
2014110501.jpg
そして、青物。
2014110502.jpg
その他、カンパチにマゴチが追加となりましたが、15時まで粘るもアタリが遠くストップフィッシング。
厳しい一日でした。
シーズン終盤ですが、潮が良い日和であればまだシャローで釣果が望めると思います。
さてさて、いつものこの時期ならオレンジゴールドフレークで攻めるところですが、最近お気に入りのコーラオレンジフレークでも同じようにアタリが出ました。
最近では、私のカラーローテーションの一角となっています。
また、シーズン終盤ということもあり、シャローのキャスティングではなかなか食い込まない、じれったさがあります。
食い込みが悪いのですが、アタリがあったら「少し巻きスピードを落とす」と、しつこく追ってくる傾向があります。
一度、離してもまた追ってくることもあるので「アタリがあればスピードを落とし、巻く距離を長くする」ようにするのがコツです。
この場合、繊細なティップが引き重りにより曲がりきっていると弾いてしまうことがあります。
ロッドとラインの角度をできるだけ少なくして、繊細なアタリを弾かないように注意してください。
これから少しずつ厳しい季節になると思いますが、釣った真鯛の身はとてもおいしい季節になります。
枚数を釣るのが厳しくなることが多い季節ですが、その分、1枚の価値が上がりますよ!

鯛カブラ大会 in 玄界灘2014

2014年11月15日(土)に開催される「鯛カブラ大会 in 玄界灘2014」ですが、応募された方には、各船長よりご連絡させていただいております。
なお、1名キャンセルにより欠員が出ましたので、引き続き参加の募集をさせていただきます。
応募はこちらから。