リールのギア比とハンドルの関係

今週はジャパンフィッシングショー、そして来週はフィッシングショーOSAKAが開催されますね。
各社の新製品の発表を楽しみにしておられる方も多いことでしょう。
さて、今回は「リールのギア比とハンドルの関係」とちょっと難しそうな話題ですが、実はこのギア比について掘り下げた記事はそんなにありません。
記事になっても「スロー巻きにはパワーギア」、「高速巻きや手返し重視ならハイギア」といったことくらい。
私の持論になり、少々長くなりますが興味がある方は参考にしてください。
みなさんが鯛カブラ用のリールを選ぶ基準とは、いったいどのような基準なのでしょう?
持ちやすさ、パワー、ドラグ性能、糸巻き量・・・
まずはこの部分でしょうか。
この程度なら、ショップに行って商品を手に取ればある程度自分の好みは分かると思います。
自分好みのリールの機種を決めたら、次はギア比の選択になります。
そう、リールは機種によって2〜3種類程度のギア比が設定されています。
・パワーギア(ギア比が低いもの)
・ノーマルギア(ギア比が高くもなく低くもない中間のもの)
・ハイギア(ギア比が高いもの)
このギア比の違いというのは「自転車の変速ギア」に例えれば分かりやすいと思います。
・ギア比が低いと伝わる力は大きいが、距離は進みません。
・ギア比が高いと伝わる力は小さいが、距離は進みます。
「リール」においては、
・ギア比が低いと巻上げパワーがあるが、ハンドル1回転の巻上げ量が少ない。
・ギア比が高いと巻上げパワーはないが、ハンドル1回転の巻上げ量が多い。
となります。
ギア比はカタログスペックを見ると、
・パワーギア(5:1)最大巻上長(56cm/ハンドル1回転)
・ノーマルギア(6:1)最大巻上長(66cm/ハンドル1回転)
・ハイギア(7:1)最大巻上長(76cm/ハンドル1回転)
などと記載されています。
これらの数値を見て、お店でハンドルを回したところで違いはよく分からないと思います。
・重いものを巻くからパワーギア
・なんとなく中間のノーマルギア
・手返しを多くしたいからハイギア
よく分からない方は、これらの理由で決めているかと思います。
選ぶ理由としては、どれも間違いではないです。
パワーギアだと、ウエイトが重いものを巻くのは楽ですし、ノーマルギアはちょうどいいバランス、ハイギアは回収が速いので手返しが多くなります。
じゃ、結局は自分の好みで決めればいいのかということになりますが、1つとても重要なことがあります。
それは「潮の重さを感じ取れるか取れないか」です。
潮の重みとは、潮が噛む層で釣果を左右する大きな要因の1つとなります。
さっきまでは軽かったのに、この流しから重くなり始めたから潮がきいてきた。そろそろ捕食モードかな。。。
底は軽いけど、5回くらいハンドルを巻くと重くなる。と、いうことはこの変わり目の部分から上で釣れるぞ。。。
などの情報を得ることができるのです。
とても重要な情報ですよね。
この潮の重みは、リールのハンドルを巻く時の抵抗からの判断となります。
じゃ、この潮の重みとギア比って何の関係があるの?となると思います。
潮の重みとギア比は密接な関係があります。
「ローギアーになればなるほど分かりにくく、ハイギアになればなるほど分かりやすい」
これは、
・ローギア=小さな力で抵抗なく巻ける=抵抗が小さく伝わる
・ハイギア=大きな力で抵抗を感じながら巻く=抵抗が大きく伝わる
からなのです。
潮の重みを感じ取るには、必然的に抵抗が大きく伝わりやすいハイギアの方が分かりやすくなるのは、これらの理由があるからです。
私は、最初ハイギアのリールで潮の重みを感じることに慣れました。
船長から、どのあたり(ハンドル何回転)から重くなるかを確認しつつ、その感触を叩き込みました。
それを叩き込むと、今度はギア比をある程度下げても感じ取れるようになりました。
これにより、ある程度楽な力で負けて潮の重みも感じ取ることができるギア比というのが、自分の中で確立するようになってきました。
ただ、厳密に言うとギア比は同じでも素材やギアの大きさによって異なることも分かりました。
さらに、ハンドルの長さと組み合わされているギア比にも密接な関係があることも分かりました。
鯛カブラは、ライトタックルでヘビーウエイトのルアーを使うちょっと特殊な釣法です。
少しでも楽に巻けるよう、また予期せぬ大物とのファイトにも負けないように大型のハンドルを装着される方も多いでしょう。
しかし、先ほども述べたようにハンドルの長さとギア比には密接な関係があります。
さらに、ハンドル形状によっても変わります。
シングルハンドル(大きなノブ)は大きな力を生む分、繊細さに欠けます。
Wハンドル(小さなノブ)は大きな力は生みませんが、繊細です。
ああ言うと、こう言うし、こう言うと、ああ言うし(笑
はい、少し混乱してきましたね。
要するに、「ハンドルとギア比には密接な関係があるので、ベストなセッティングにする必要がある」ということです。
今、自分がとても使いやすいなと思っているのは、おおよそ6〜7:1程度のギア比に100mmのWハンドルとの組み合わせ。
この組み合わせなら、瀬戸内全域でオールマイティーに使えると思います。
20〜80m程度の水深、30g〜80gのカブラを使用するシチュエーションですね。
2015012601.jpg
※このようにいろいろなギア比のリールとハンドルを組み合わせて、細かい違いを試しています。
ちなみにシャローのキャスティングで使用しているスピニングの場合は、6:1程度のハイギアを使用しています。(シマノ2500〜3000番です)
2015012603.jpg
スピニングの場合は、現在のところハンドル長の異なるものはそれほど試していませんが、ノーマルハンドルの50〜55mmのままにし、ノブだけをラウンド形状に変えています。
2015012602.jpg
もちろん、スピニングも小さいノブの方が潮の重みは分かりやすいのですが、ベイトに比べて巻き抵抗があるのと、スピニングの使用=活性の高いシャローゲームとなり、大型の真鯛も多く、ひったくるようなアタリが多いことから、すっぽ抜けの意味も考慮しホールド性の良いラウンド形状を好んで使用しています。
最後に、スローに巻くような活性の低い状況でも、ベイトのセッティングは変えません。
ハイギアでもゆっくり巻けばいいことですから。
とても長い説明になりましたが、参考になれば幸いです。
フィッシングショーOSAKAには、普段使用しているタックルを持っていく予定をしています。
このあたり、より分かりやすく説明できると思いますので、タックルセッテイングに悩んでおられる方はお気軽にご質問ください。
ロッドの違いなども含めて、ご説明させていただきます。

新製品情報(リール)

来週は横浜でジャパンフィッシングショー、再来週は大阪でフィッシングショーOSAKAが開催されます。
各メーカーの新製品をいち早く見ることができますね。
今回は新製品の中から、鯛カブラで使えるリールの新製品をご紹介します。
まずは、昨年マイクロモジュールギアを搭載して発売されたカルカッタコンクエストに、300と400がラインナップされるようです。
2015012004.jpg
300番は、玄界灘のドテラ引きで使用しています。
1号のラインを300m巻くことができ、パワフルな巻きはヘビーウエイトのルアーを使う鯛カブラにおいても、手首への負担が少なく快適に釣りができます。
右ハンドルは3月、左ハンドルは4月発売予定ということなので、春の玄界灘には間に合いそうですね。
カルカッタコンクエスト300/400の製品情報はこちら
次に電動リールでは、フォースマスターの300が発売になるようです。
2015012005.jpg
これまで、電動リールは餌釣りや疑似餌(サビキ)の釣りで使われていたために、ルアーの釣りにおいて、ユーザービリティーに欠けていました。
例えば、鯛カブラをするなら、
・まずは手巻きでアタリがあるスピードを見つけて、そのスピードで巻けるセッティングが簡単にできるもの
・着底→巻上げで電動巻上げをオンしなくてもクラッチをオンにすれば自動で巻上げオンになる機能
・巻上げてフォールする際には、クラッチオフと同時に、電動もオフになる機能
・クラッチのオン/オフが片手でできる
・ドテラディープの釣りで、ラインの残量(スプールの径)に関わらず一定のスピードで巻くことができる機能の精度アップ
などの機能があれば、使い勝手がいいなと個人的に思っていました。
すでに電動で鯛カブラをされている方も、少なくとも上記の機能があれば良いなと思ったことはあると思います。
そんな機能をすべて搭載したのが、このフォースマスター300。
これは劇的に電動鯛カブラを含め、スッテや太刀魚などのルアーフィッシングにおいて革命を起こすものになりそうです。
右ハンドルは3月、左ハンドルは6月に発売予定。
これまた春の玄界灘に間にないそうですね。
フォースマスター300の詳細はこちら

和歌山県加太鯛カブラレポート

先日、初釣りに行ってきました。
京阪神からアクセスの良い冬の釣り場と言えば、和歌山県の加太。
大阪市内から車で1時間半程度で昼上がりなので体も楽です。
ここのところ、一人で二桁釣果も珍しくないようで絶好調。
いてもたってもいられず、清海丸へ行ってきました。
2015012001.jpg
前日の予報で日和はあまり良くなかったので覚悟はしていたのですが、この日は朝から雨。
6時半に集合して出船。
加太と言えば朝一が勝負なのですが、この日は沈黙。
船長曰く、潮が小さい日は潮が弱り始めたタイミングで潮の流れが変わるので、そのタイミングで食ってくるとのこと。
ところが、一流しごとに雨が強くなり、おまけに突風が吹いてくる。
潮が変わり始め、船長にヒット。
これからという時に、さらに雨風が強くなり早上がりをすることに。
長い間、加太で坊主になっていなかったのですが、今日はさすがに諦めないと。
と、思っていると終了間際に釣れました。
2015012002.jpg
これからというタイミングでしたが、安全第一で港へ。
なんとか一枚が見れて何よりです。
さて、この日は散々でしたが、相変わらず釣れています。
現在、ベイトが小さいのかシルエットを小さく見せるようにする方が良い釣果になるようです。
当日使ったのがこれ。
2015012003.jpg
ビンビン玉30g(固定式)に、チューニングネクタイカーリーのショートタイプ。
フックはやや長めでサーベルポイントのSを使用。
スカートは少なめ、もしくはなし。
私は、フックを長めにセッテイングする時は、リーダーへの針絡みを防ぐために少なめのスカートを装着しています。
カラーはエビオレンジ、エビオレゴールド、オレンジゴールドフレークをローテーション。
狙う水深は20〜35m程度ですので、30gで十分に底が取れます。
潮が速く(大きい)時は45gや60gを持っていき、底取りが悪くなればウエイトを変更するようにすれば良いです。
ちなみに、今は固定式が有利。
ビンビン玉で30gのラインナップがあるのが固定式だけですし、ウエイトが軽いのでそうバレることはありません。
また、固定式は着底が分かりやすいので軽いウエイトが使え、その分シルエットをコンパクトにできます。
当日、風が強くて30m付近では30gを使うと、さすがに底取りが悪かったのですが張りのあるティップを採用しているビンビンスティックHS-ULを使えば底取りが可能です。
底取りがしにくい人は、やや張りのあるティップのロッドを使うことで、底取りが明確に分かるようになります。
さて、加太は昨日も一人で二桁釣果。
近いうちにまた行ってみようと思います。

フィッシングショーOSAKA2015

2015年2月6日(金)〜8日(日)にインテックス大阪でフィッシングショーOSAKA2015が開催されます。
一般日は2月7日(土)〜8日(日)の両日となります。
今年、ジャッカルではソルトブースが独立します。
そして、下記のスケジュールで中島プロとトークショーをさせていただきます。
また、2月7日(土)〜8日(日)の両日はジャッカルソルトブースに在中しておりますので、ぜひお越しください。
▪︎2月7日(土)14:00〜
大鯛攻略!ビンビン玉ゲーム (中島成典プロ/松本裕之プロ)
▪︎2月8日(日)11:00〜
大鯛攻略!ビンビン玉ゲーム (中島成典プロ/松本裕之プロ)
2015011601.jpg

真冬の関西でおすすめのフィールド

真冬の関西でおすすめのフィールドと言えば和歌山県の加太ですね。
現在、リアルタイムに好釣果です。
2015010901.jpg
2015010902.jpg
清海丸のブログから画像を拝借しました。下の写真はお一人様の釣果です。
サイズもそこそこ良いですし、何より今の時期の真鯛が個人的には一番美味だと思います。
寒い中、行く価値大アリだと思います!

あけましておめでとうございます!

みなさん、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
昨年末は何度か釣行予定を立てていたのですが時化で中止に。
釣り納めは出来ずじまいでした。
さて、気温もぐっと下り寒さが厳しいシーズンになってきました。
しかし、この時期にビンビンスティックHSが猛威を奮っています。
玄海灘はもちろんのこと、熊本や瀬戸内海でも同様、その声は高まる一方です。
ビンビンスティックHSのSULを使うとなぜか釣れる。
厳しい時期だからこそ、あからさまにタックルの差が釣果の差にあらわれます。
そして、この時期はサイズも良く、10kg超のブリまでも掛かります。
しかし、ビンビンスティックHSはパワーも十分。
体験した人は皆一様に驚きます。
春のシーズンインにもマストなシリーズですので、触った事の無い方はフィッシングショーのジャッカルブースで。
釣れるロッドである理由も聞けると思います。
そして、新製品も気になりますよね。
こちらは情報が入ればすぐにでもレポートしたいと思います。