フィッシングショー0SAKA 2015

フィッシングショー0SAKA 2015では、ジャッカルソルトブースへご来場いただきありがとうございました。
今年はソルトブースが独立して出展。
2015021601.jpg
真鯛が泳ぐ水槽を見ていると、鯛カブラを落としたくなるのは私だけでしょうか?
2015021602.jpg
さて、ジャッカル2015年ニューアイテムですが、まずは遊動式のインチクのご紹介。
2015021603.jpg
ビンビン玉スライドのパーツの上からタコベイトを被せたものがインチクのパーツとなります。
もちろんヘッドには、青物とのファイトでも壊れない「PTFEタフネスパイプ」を採用。
ほとんどのインチクはウォブリング系のアクションなのですが、この商品はロール系。
キャスティングや斜め引きの釣りで有効なアイテムになりそうです。
続いてビンビンスティックにニューラインナップ。
昨年までのラインナップは瀬戸内を中心とした海域で、誰にでも扱いやすいスタンダードなモデルが中心でしたが、今年のテーマは、特別な状況や海域で使うスペシャルロッドでしょう。
まずはVCMシリーズに72MHが登場。
2015021604.jpg
会場で触られた方は「シャキっ」としたテイストに驚かれたことと思います。
現在の鯛カブラロッドの主流は、ティップが柔らかく、そして胴まで入るようなロッドが多い中、このロッドは別次元。
大鯛、青物対策の外海で使うロッド?と思われたと思います。
実はこれ、明石の大窪船長が提案したロッド。
明石と言えば、急流で二枚潮は当たり前。
着底が分かりにくく底も粗い。
そういった状況でも、着底が明確なモデルです。
もちろん、パワーを生かした釣りもできるので、外海での使用も可能でしょう。
次にHSシリーズのニューアイテム。
2015021605.jpg
ベイトモデルに710ULが追加されました。
単に610ULを1フィート長くしたモデルで、HS特有の高感度なロッド。
長くしたことで、さらに綺麗に追従しパワーもあります。
そしてグリップエンドを長くしているので、船底に潜られるような状況でも驚くほど楽にかわせます。
喫水が高い船でも、ティップを限りなく水面に近づけることができるので、風が強いような状況でもティップがぶれないなどプラスアルファの要素も満載です。
そしてHSシリーズにスピニングモデルも追加。
VCMシリーズのスピニングモデルに比べて、シャキっとしており60gのキャスティングも視野に入れたロッドです。
当初、TKC64Lをスピニングに改造して愛用していたので、個人的にはとても好きなテイスト。
真夏のシャローで、ヘッドに噛み付くようなバイトをしっかりとフッキングさせる!想像するだけで気持ちが高ぶりますね。
最後に、展示はされていませんでしたが、ブースにはこんなものが転がっていました笑
2015021613.jpg
ビンビン玉スライド(鉛)の250gと300g。
玄界灘で使いたくなるのはもちろん、超ディープでのアカムツ狙いなどができてしまいます。
今年はナカジーとビンビンコンビでトークショーもしました。
2015021606.jpg
相変わらずなコンビですが今年はナカジーを積極的に連れ回そうと思っていますので、よろしくお願いします!
そして、我々のトークショーには飛び込みで素敵なゲストも登場!
2015021607.jpg
セブンスライド生みの親、ガイドサービスセブンの宮崎船長。
2015021608.jpg
トークショーをご覧いただいていた方にはサプライズなプレゼントでしたね。
最後に気になった商品をご紹介。
シマノのフォースマスター300シリーズ。
2015021609.jpg
2015021610.jpg
2015021611.jpg
ロッドとリールを握ったまま、スプールから指が離れることなく、親指一本でクラッチのON/OFFの切り替えができ、電動巻上げ中にクラッチを切るとモーターが停止。
着底後、クラッチを戻せば電動巻上げ開始という今までにありそうでなかった機能が搭載。
他、ハンドルを巻くと巻きスピードが表示されたり、ラインの放出具合による巻きスピードのムラがなくなるシステムなど、電動鯛カブラをされる方には欲しくなりそうな機能が満載です。
いつもながらあっという間の2日間で、たくさんの方々とお話しすることができました。
2015021612.jpg
次はフィールドでお会いしましょう!

ビンビン玉クイックスプリング(固定式)とスライド(遊動式)について

フィッシングショーOSAKA 2015にはたくさんの方々とお話しできました。
ご来場いただいたお客様にはお礼申し上げます。
ショー関係の新製品などは後日、改めて掲載します。
さて、ショーでもお問い合わせいただいたのですが、ビンビン玉クイックスプリング(固定式)とスライド(遊動式)の使い分けについて解説したいと思います。
まず、これまでのビンビン玉クイックスプリング(固定式)は廃盤になっていません(笑)
世間は遊動式ブームですが、まだ発売されています。
というよりも、私自身、ないと困ります。
私がクイックスプリング(固定式)を使う主な目的は、シャローのキャスティングとベイトが小さい時で明らかにシルエットが小さいベイトに反応している時です。
2015021001.jpg
まず、シャローのキャスティング(10〜30m)では30gや45gをメインに使用しています。
固定式なので、キャスト時のトラブルが少なく(リーダーにパーツが絡みにくい)、潮が速くても着底が明確です。
パーツの交換が遊動式よりもスピーディーに行える点も有利です。
次に、ベイトが小さい時で明らかにシルエットが小さいものに反応する時。
着底が遊動式に比べて明確なので、より軽いウエイトが使え、遊動式ではワイドに広がるスカートもクイックスプリングではタイトに収まるので全体的にシルエットを小さくできます。
また、軽いウエイトを使うことで、フックを小さく細いものが使え、バレを減らすことができます。
ちなみに固定式を使用する場合は少し固めのロッドを使い、基本的にはしっかりとしたアワセを入れるようにしています。
2015021002.jpg
遊動式の利点はなんといってもバレにくさ。
ヘッドとパーツが離れるので、重いウエイトをチョイスしてもフックを小さく細いものが使えるのが魅力です。
初心者の方でも安心してファイトすることができるでしょう。
固定式と遊動式ではどちらがいいですか?という質問を多々いただきますが、どちらが良いというのではなく、状況によって使い分けることが大切です。
遊動式ブームの世の中ですが、マニアは固定式をタックルボックスに忍ばせ、ここぞという時に使っています。