欠かせないベーシックなロッド

私が愛用しているビンビンスティックシリーズ。
個性的なスペシャリティモデルとして発表された新機種達が話題になっていますが、ベーシックな仕様のロッドがあってこそ、これら特殊なロッドの個性が活きてきます。
2015042802.jpg
VCMシリーズの詳細はこちら
2015042802.jpg
HSシリーズの詳細はこちら
そんなベーシックな外せないロッド。
それが今の私にとっては、
BSC HS610SUL-ST(スーパーウルトラライト)
BSC HS610UL-ST(ウルトラライト
です。
スペック上は、柔らかいロッドとやや柔らかいロッド?対応ウェイトが異なるぐらい。 
よくどちらを選ぶべきか質問を受けます。
しかし、この2本は全く異なるロッドなので、スペック上での判断は避けた方が良いと思っています。強弱の違いでは選ぶことができない仕様です。
簡単に表現すると、
スーパーウルトラライト 
BSC HS610SUL-STは食い込み重視のロッドです。
ネクタイをついばんだりするようなあたりまで穂先が捉えてくれる”アタリ判定”にも優れたロッドである為、繊細なゲーム展開では欠かせません。
ちなみに対応ウェイトと80gとありますが、これはラインが船下に絞り込まれるような状況を想定しての設定です。
つまり、真下から前にラインが出るような状況(ティップに負荷がかからない状況)であれば、何グラムを使っても構いません。
実際、ドテラ流しでは200gでも300gでも使用可能ですのでご安心下さい。
続いて、ウルトラライトBSC HS610UL‐ST
こちらは着底感度重視のロッドです。
岩場、カケアガリなどを攻略する際に欠かせません。
SULと竿の構造が全く異なりショートソリッドティップを採用している為、着底時の衝撃がピンピンと穂先に出ます。
この2本の使い分けを軸にすると、その他のモデルの出しどころや意味が見えてくると思います。
例えば、
・610ULでも底取りが厳しい状況なので →72MH
・610SULに更にリフティングパワーが欲しいので→710UL
・610SUL/610ULを一本で済ませたいので →710UL
・青物が混在しているので→610L(VCM)
・波が高く、竿の胴でルアーの暴れを吸収してしまいたいので→610UL(VCM) 
・キャスティングの飛距離が欲しいので→シャローなら67L(VCM)/深さがあるなら610MLのスピニング
といった具合です。
複数のロッドを使い分けると釣りが快適になるだけでなく、あれこれ考える楽しみも増えるというものです。
そういってついつい購入する本数が増えてしまうのはどの釣りでも同じですが、これは釣り人の性でしょう。

どの地域でどのロッドを使うのか?

まもなくデリバリーが開始されるジャッカル・ビンビンスティックHSシリーズ2機種とVCM1機種。
2014042101.jpg
2015042102.jpg
ラインナップが充実したおかげで全国のフィールドをカバーでき、より様々な状況に対応できるようになりました。
そこで、どの地域でどのロッドを使うのか?これだけあるとさすがに迷いますね。
私も発売を待ちながら、使用シチュエーションを妄想しています。
私の個人的な使い分けを、良く訪れるエリア別に分けてみましたので参考になれば幸いです。
※これでないといけないというわけではありません。ご自分の好みもあると思いますので、あくまでも目安としてご覧ください。
<和歌山県加太>
比較的水深も浅く、根掛かりを気にする場所も少ないので、
メインは最も繊細なBSC-HS610SUL-ST、フォローとしてBSC-HS610UL-STを用意するのが安心な組み合わせだと思います。
これはベーシックかつ鉄板な組み合わせですね。
<兵庫県明石>
ベイトのメインはBSC-72MH-VCM!このロッドの他に海峡筋で釣りが成立するものが見当たりません。
先日使用してあらためて確信できました。スペアに2本持ち込んでも良いかもしれませんね。
その他の地域でも、激流ポイントがあれば皆さんも投入してみて下さい。
極端な場合、通常100gでも底取りができなかった方が、この竿にするだけで60gで底取り出来るようになります。
フォローとして、シャローのキャスティングゲームが成立する夏場はスピニングのBSS-67L-VCM。
<岡山県・香川県>
BSC-HS610SUL-STとBSC-HS610UL-ST。2本の併用となります。
メインでは食い込み重視のSULを使いつつ、岩場を攻める時には着底感度に優れるULモデルで根掛かりを回避します。
HSのULはキャスティングにも対応するので重宝します。
そしてスピニングのBSS-HS610ML-STも忘れず準備が必要ですね。
<愛媛県来島海峡、広島県しまなみ街道>
明石と同じく激流状態が発生する恐れがありつつも、場所によっては通常のタックルでも対応が可能な変化の富んだエリアです。
よって、ベイトのメインはBSC-72MH-VCM、フォローとして汎用性の高いBSC-HS610UL-ST。
そして、ここでもスピニングのBSS-HS610ML-STを私は常備したいと思います。
<広島県安芸灘、愛媛県伊予灘>
ベイトのメインはBSC-HS610SUL-STで、フォローとしてBSC-HS710UL-STかBSC-HS610UL-ST。
スピニングはBSC-HS610ML-ST。
船によって攻め方がバラエティ豊かな印象です。船の大きさも様々。
キャスティング、ドテラ流し、それにひとつテンヤまで。
正直、皆さんの良く行かれる遊漁船の個性に合わせて選択肢が分かれるところでしょう。
キャスティングやひとつテンヤにはスピニングのBSC-HS610ML-ST。
ドテラ流しはロッドの長さが気になりにくいので、BSC-HS710UL-STが活躍しそうです。
<九州玄界灘ほか日本海など>
大型船が多いのでベイトのメインはBSC-HS710ML-ST。
この竿はHSの610SULと610ULのちょうど中間的な使用感なので、
タックルを絞るのに役立ちます。
フォローとしてパワーファイトやクラゲ対策にBSC-610L-VCM。
ちなみに電動リールにはBSC-610UL-VCM。このセッティングをすると高い波を打消してくれるため、驚くほどの力を発揮してくれることでしょう。
なお、瀬戸内でも電動リールを使うときや、腰かけて釣りをされる年配の方にはBSC-610UL-VCMが強力な武器となりますよ。
ビンビンスティックHSシリーズの詳細はこちら
ビンビンスティックVCMシリーズの詳細はこちら

明石桜鯛争奪戦

18日に利弥丸で開催された明石桜鯛争奪戦に参加してきました。
2015042001.jpg
この戦いは、利弥丸の大窪船長と(この日の船の操作は船長の友人が行いました)
2015042002.jpg
船上サラリーマン、
2015042003.jpg
シーククレットゲストに加太清海丸の石谷船長
2015042004.jpg
そして私の4人と参加者が明石の桜鯛を争奪する戦い。
我々に勝つのは誰か?
勝った方には・・・?
ワクワク、ドキドキのイベントです。
2015042005.jpg
まずは水深20〜30mのシャローをチェック。
私はスピニングタックルを手に取り、キャストで広範囲を狙う。
それにしても今日の濁りは酷い。
雨が多いせいか、水潮が流れてきて二枚潮。
船もうまく流れず場所を変えてみるもシャローは全滅っぽい。
そこでシャローを見切り、淡路島周辺のミドルレンジエリアに向かう。
2015042006.jpg
漁師の網には真鯛が入ってきているらしく、いるのはいるがあとは口をいつ使うか?
アタリがない厳しい時間が続く。
そして、いよいよ本命ポイントに入る。
実績のポイントでここで釣れなければ今日はダメだろう。
ボトム付近のベイトの反応も良く、船内でアタリが出たという声が聞こえる。
ビンビンスティックHSを使ってバーチカルで釣りをしていた私に、船上サラリーマンが間もなく発売されるビンビンスティックBSC-72MH-VCMを試してみないですか?と手渡される。
利弥丸の大窪船長が2年の歳月をかけてじっくりと納得のいくまでテストしてきただけあって、激流の中でもストレスなく底取りができる。
2015042012.jpg
この日の潮は大潮であまり素直でない潮。
底取りがかなり難しいとはいかないまでも、着底を見逃せば鯛カブラがボトムを転がりかねない。
先ほど、までンビンスティックHSを使っていた時は、フォールさせる度にティップを垂直にしてボトムを感知していたのですが、ビンビンスティックBSC-72MH-VCMではリトリーブポジションのまま底取りができる。
また、グリップエンドが小さいため、リールを持つ手は下から支える感じとなりアタリがあればオートにロッドが下を向いて追従するような感じ。
とにかく底取りが分かりやすく快適で、ソリッドやチューブラーティップが主流の中、分かりにくい着底で悩んでいる方には最適な1本となりそうです。
また、できる限り軽い鯛カブラを使用して繊細なゲームをしたい上級者にもうってつけでしょう。
そんな感じで、リズム良く釣りをしていると着底間際にラインが少しふける。
おや?と思いリールを巻くと走り出す。
アワセを入れてフッキング。
変な引きを感じる。
真鯛ではない?
2015042008.jpg
この引きはおかしい・・・
2015042009.jpg
そう思っていたのですが浮いてきたのは、真鯛。
2015042010.jpg
新しいロッドを使っていたのと、真鯛が潮に乗っていたので最後まで勘違いしていました。
2015042013.jpg
このあとも魚探の反応はよく、同船者にもアタリが出だすも上がってくるのはグチ。
2015042011.jpg
そしてそのままタイムアップ。
厳しい1日でしたが、運良くなんとか1枚絞り出すことができました。
ま、運も実力のうちでしょう笑
周囲の遊漁船も船中1〜2枚の釣果だったようですし・・・。
ベイトは海苔。
2015042014.jpg
最後は反省会という名の談笑会。
2015042015.jpg
楽しい1日でした。
この日は、水潮の影響が大きかったのとまだ真鯛が深いところにいるようなので今週末の小潮狙いが期待できそうです。
小潮ですと、同じエリアを長い時間できるのでチャンスが拡大しますからね。
最後に石谷船長がお越しくださいましたので、現在の加太の状況とこれからの状況をインタビューしてみました。

福井県茱崎鯛カブラレポート

船上サラリーマンから福井県のディープオーシャン釣行の報告をもらいました。
現在、テンヤアングラーに混じっての鯛カブラ乗船もOKとのことで、
一人鯛カブラで1日釣りをしたそうです。
ベイトはイカナゴ。
まだシーズンイン間もないとのことで、一人1〜2枚程度の釣果だったらしのですが、
8kg超の大鯛も飛び出し、船上サラリーマンも6kgのハチマルをキャッチしたそうです。
2015040801.jpg
2015040802.jpg
狙った水深は80m前後。
パラシュートアンカーを入れて流しているので、60gでボトムが取れるようです。
軽い鯛カブラを使うことでフォールの誘いもでき、イカナゴパターンでは有効のようです。
釣れたカラーはエビオレンジのカーリーでスロー巻き。
これからますます大鯛の確率も高くなり釣果もアップすることでしょう。
夢を狙いに日本海へ足を運んでみてはいかがでしょうか。
ディープオーシャン
まるいち
話は変わりますが先日の岡山釣行の実釣動画を公開しました。
よろしければご覧ください。

岡山県下津井・鯛カブラレポート

冬の期間中は鯛サビキ中心で出船されていた岡山の松本釣船2ですが、鯛カブラで出船されるとのことで開幕戦に参戦してきました。
2015040601.jpg
開幕戦だけに誰も全く分からない状況で、船長もこれまでのデータでポイントをランガンするようです。
まずはローライト・イカナゴパターンを想定してイカナゴールドでスタート。
すると同船者がオレンジ系でヒットさせたので、すかさずビンビン玉チューニングネクタイのオレンジゴールドフレークにチェンジ。
このカラーなんですが、自分の中ではイカナゴールドとともに瀬戸内の春の定番色。
加太、明石、香川、岡山ではイカナゴールドとオレンジゴールドフレークは、カラーローテションの柱となります。
2流し目。
オレンジゴールドフレークのカーリータイプでヒット。
2015040602.jpg
ちょうど探見丸に浮いた反応があり、その水深でドンピシャでした。
こういう情報があるかないかで大きく釣果を左右します。
探見丸搭載船では、必ず持参したいアイテムですね。
続いて3流し目。
前の流しでは同船者の方がキャスティングで釣れたようなので、もしかのために持ってきたキャスティングロッドにチェンジし斜め引きで狙う。
今回持ってきたのがジャッカル・テンヤロッドの鯛夢。
今年のフィッシングショーで発表されたビンビンスティックHSのキャスティングモデルと同じソリッドティップ搭載で、感度に優れています。
こういう時期だからこそ、感度の良いロッドで繊細なアタリを逃さずバイトに持ち込みたいものです。
クイックスプリング45gに先ほどヒットしたオレンジゴールドフレークのカーリーを装着し、キャスト開始。
季節が春ということもあり、バーチカルに近い角度になるまでピックアップせずにフォローすると、狙い通りバーチカルに近い状態になってヒット。
2015040603.jpg
さらにその次の流しでゴーマルをキャッチ。
これはアタリがあって食い込むまで結構タイムラグがあったにも関わらず、ネクタイと同じ長さにしたリアフックが上唇の皮一枚でのフッキングでした。
2015040604.jpg
2015040605.jpg
この仕様は、アシストラインにPE6号、フロントフックはサーベルポイントのSでリアフックはネクタイと同じ長さにしグレ針の7号を装着したもの。
吸い込みやすいPEラインと小針のセッティングは現在もいろいろ試行錯誤しており、ネクタイなどに絡みにくく吸い込ませることで口の中に掛けることを考えています。
ちなみにこの日は3枚をキャッチしたのですが、2枚がフロントフックで1枚はリアフックでした。
季節や状況にもよりますが、ヘッドにアタックするパターンと後ろから追いかけてくる(吸い込んでくる)2パターンが存在すると思います。
リアフックを長くするパターンで今分かっているのは、
・早巻きのリアクションバイト
・低活性時のスローリトリーブの釣りをする時
は、リアフックに掛かることが多いです。
現段階でこれだというアシストライン、針のセッテイングはまだ明確にはありませんが、引き続き試行錯誤して良いセッテイングができれば、ここでお知らせしたいと思います。
さて、朝のラッシュでは2桁近い枚数がヒットしましたが、その後は沈黙。
2015040606.jpg
ポロポロとは釣れたものの、明確な地合いはなく終了。
開幕戦にしては2桁釣果で上出来な釣果だったと思います。
これから日に日に良くなっていくと思います。
楽しみですね。

桜鯛イベントのお知らせと各地の釣果情報

ちょうどホームグラウンドである明石海峡にもそろそろ挑戦してみようと思っていた矢先、幼馴染でもある明石の利弥丸・大窪船長から明石海峡の桜鯛を狙う挑戦状を頂きました。
対戦日は4月18日(土)。
兵庫県明石の利弥丸で桜鯛の争奪戦を開催します!
ジャッカルソルトフィールドスタッフ・鯛カブラ.comの松本氏とジャッカル船上サラリーマンの吉田氏、そして利弥丸の大窪船長で繰り広げる桜鯛争奪戦。
これに一般の参加者も含め、全員でバトルをします。
3名のうち誰が釣るか?この3名を倒す参加者はいるのか?3名を倒したアングラーには何がおこるのか?
私たち3名と一緒に桜鯛を狙いに行きましょう!
明石桜鯛争奪戦の参加申し込み・お問い合わせは利弥丸大窪船長まで。
2015040201.jpg
続いて和歌山県の加太・三邦丸で4月1日〜30日までの期間、ビンビンカップが開催されています。
菜の花鯛 ~ビンビンCUP~
協賛 ジャッカル
日程 平成27年4月1日~4月30日まで
賞品:優勝者 ビンビンステック / 準優勝 ビンビン玉コンプリートセット
3位 ジャッカル協賛賞品 ほか参加賞
豪華商品がずらりと並んだイベントです。
詳細は三邦丸まで。
2015040202.jpg
各地では例年よりも少し早めに真鯛の釣果が上向きです。
いよいよ全国シーズンイン目前。
私の住む関西も加太を皮切りに釣果は上向きです。
和歌山県・清海丸
2015040206.jpg
広島県・愛南丸(あゆみまる)
2015040203.jpg
愛媛県・ニライカナイ
2015040204.jpg
福岡県・飛燕さくら丸
2015040205.jpg