明石海峡鯛カブラレポート

兵庫県垂水から明石海峡で鯛カブラをさせていただける利弥丸に行ってきました。
最近釣果が上向きらしく、深場でも浅場でも釣れるということを聞いたので、待ちに待ったシャローのスピニングゲームにチャレンジ。
利弥丸では、午後シャローエリアの潮が良い時に今年からキャスティング便で出ています。
まずはシャローの潮が来るまで深場でバーチカルに狙いました。
しかしいつもより風が強く潮流が複雑で底取りが困難。
これには船長も頭を悩ませていました。
何回か場所を変えて流すも釣りにならずシャローに移動。
2015063001.jpg
北寄りの風だったので、シャローに入れば少しは和らぐかと思いきや、そうでもない。
潮下(南西側)にキャストしたいけれども、横から(北風なので)ラインが煽られて船も流され、おまけに上潮が早くて難しい。
逆方向や、真横といろいろな方向にキャストしてなんとか良い方向を探すも、これもそう簡単ではない。
とはいえ、ポツポツと真鯛が上がる。
私もビンビン玉45gのクイックスプリングで3枚をキャッチ。
日没前、船はさらにシャローに入る。
2015063002.jpg
ここで、世話をしていた女性に思わぬ大物が。
2015063003.jpg
80cm、6kg。
明石でハチマルは滅多に上がるものではありません。
まだ釣りを始めて2回目なので底取りもままならず、ベイトタックルを渡して100gのビンビン玉でバーチカルの釣りをさせていたのですが、それでも底を転がしていました。
このほかにゴーマルもキャッチ。
超ヘビーウエイトのカブラでリールのハンドルを巻くリズムもぎこちなく着底もワンテンポ、いやツーテンポも気づくのが遅くヘッドが底を転がっているような釣り方。
これまでに何人もの初心者の方と同船してきましたが、「初心者あるある」は凄いものがありますね。
この釣りは、こういったことがある釣りだと再認識しました。
2015063004.jpg
リリース含め20枚超。
いよいよシャローも本格化でしょうか。
まだイワシが入っていない状態でこの釣果ですから、これからがさらに楽しみです。
利弥丸では、午後便のキャスティングゲームを展開しています。
詳しくは利弥丸ホームページをご覧ください。

「第5回 鯛ラバカップ in 小豆島」での私の戦略

さて、先日開催された「第5回 鯛ラバカップ in 小豆島」での私の戦略です。
朝一は水深15〜20mのシャローに入りました。
この時の釣り座は一番後ろ。
船は前方からポイントに入っていきました。
水深と釣り座から考えてキャスティングがベストと判断し、スピニングタックルで広範囲を狙いました。
このエリアでは、正確には覚えていませんが船中5枚くらい上がったでしょうか。
やはりキャスティングをしていた人が有利でした。
私はこのエリアでは魚を獲ることができず・・・
次に向かったのは30〜40mのエリア。
ここで、釣り座ローテーションにより、私は一番前に。
自分の釣り座からポイントに入る状況です。
しかし、ここでも手にしたのはスピニングタックル。
潮下にキャストするよりも、潮下と垂直(真横)にキャストする方向が一番しっくりきました。
そこで3枚キャッチ。
船中、コンスタントには釣れていたのですが、サイズが小さく釣れるのはボトムを切ってすぐ。
カラーはオレンジ、赤、エビオレンジ、コーラなどを使いましたが、オレンジが一番反応がよかったです。
その次は最終となる水深50m前後のエリア。
ここで釣り座が後方となり、この水深ではキャストする人がほぼいなくなる。
前から船が入っていくのと自分のウエイトが伸びず一発逆転を狙いために、あえてキャスティングで狙ってみました。
潮がよくきいていたのと、右前に潮が流れているので左舷では問題ないのですが、右舷だったのでとてもやりにくかったのですが、やや左にキャストして右に流しながら探るということをやりました。
もちろん、隣にはアングラーがいるので、その方に迷惑にならないように細心の注意を払いました。
キャストして3回の巻き上げでピックアップ、1回の巻き上げが7〜10回転なのであっという間に回収してキャストするといった、効率の悪い釣りでしたが3枚キャッチすることができました。
もちろん、バーチカルをしている人も同じように釣っていたのですが、自分も同じようにバーチカルをしていては魚が回ってこなかった可能性もあります。
どうなっていたかは分かりませんし、結果論ですがミドルレンジでのキャスティングも通用することが分かりました。
このエリアで使ったウエイトは45g。
ショートバイトだったので60gではなく45gを使いました。
また、さらに欲を言えば遊動の45gを使いたかったのですが、キャストをするとどうしても底取りが悪かったので固定式を使用しました。
と、こんな形の展開で戦いましたが、サイズが上がらず入賞できませんでした。
来年は巻き返したいなと思います。

明石の釣果が上向きです

先日、利弥丸に乗船されたお客様からのレポートです。
許可をいただきましたので転載いたします。
ここから———-
久しぶりに垂水の「利弥丸」へ行ってきました
「利弥丸」といえばもちろんタイラバ
当たったら巻き続ける…という常識を覆す当たったらフッキングのイケイケのタイラバで4枚釣らせていただきました
今日これだけ快適に釣りが出来たのは、「ジャッカル ビンビンスティック BSC-72MH-VCM」があっからこそです
一見、持ってみるだけではこんな固い竿大丈夫?と思います。
しかーし実際に明石の激流で使用すると衝撃
底取りがラクラク
ガンガン攻めて行けます。
おかげさまで本日根掛かりなし、カブラのロストゼロでした。
なんと釣ってる方は全員この竿を使っていました。
タイのレッドカーペットの出来上がり
フッキングも決めやすくサイコーに気持ちよかった
攻めるタイラバをしてみたい方は、このビンビンスティックを持って「利弥丸」へ行ってみてくださいね
2015061820.jpg
ここまで———-

第5回 鯛ラバカップ in 小豆島

先日、鯛ラバーズ主催の「第5回 鯛ラバカップ in 小豆島」へ行ってまいりました。
この大会には第一回から参加させていただいていて、かれこれもう5回目。
参加人数も年々増えていき、今や総勢140名。
それでも募集の際は募集人数をはるかに上回る申し込みがあり、抽選で参加を決定するしかないような状況となっているそうです。
さて、私はナカジーを始めとするジャッカルメンバーで参加させていただきました。
2015061801.jpg
開会式。
2015061802.jpg
各自、抽選で決まった船に乗り、エントリーの際に釣り座のクジをもらい、決められた釣り座で準備を始めます。
1時間ごとにローテーションしていくので、どこかで良い釣り座の時間が回ってきます。
有利な釣り座はもちろんなのですが、不利な釣り座でどう凌ぐか?
みなさん、あの手この手で頑張っておられました。
今年、一番顕著だったのが、スピニングタックルを持ち込む方が増えていたこと。
とはいえ、まだまだ少ないのですが、昨年まではほぼいらっしゃらなかったのが、今年は結構見かけました。
中には、タイラバマガジンでキャスティングの記事を読んできましたよという方も。
さて、話は一気に飛んで閉会式。
いつもながら大会中は必死なので写真を撮影していません(笑
一緒に同船したO君は8位に入賞。
2015061803.jpg
朝一のシャローのキャスティングで掛けたゴーマルの状態が良く肥えていて、これがキッカーとなりました。
私とO氏はそれぞれ6枚ずつ、2人で12枚釣ったのですが、朝一のゴーマル以外のアベレージは40cmくらいとサイズが伸びませんでした。
優勝はロクマルサイズを2本釣った方。
2015061804.jpg
朝一と終了間際にそれぞれ1本ずつ釣り、それ以外はダメだったということでしたが、グッドサイズを2本持ち込んでの優勝となりました。
2015061805.jpg
じゃんけん大会や、もれなく景品が貰えるのもこの大会の魅力。
2015061806.jpg
上位入賞者のみなさん。
2015061807.jpg
大会に参加していただいた船長さん達。
2015061808.jpg
2015061809.jpg
私の今年の成績はリミットメイクはするものの、表彰対象になりませんでした。
毎年リミットメイクがするものの、サイズが伸びずなかなか上位に入れないです。
今年は乗船した船長が流したエリアがほぼ浅かったので、6枚すべてキャスティングで釣りました。
一番深いエリアは約50m。
それでも一人スピニングタックルでやり通しました。
釣れたので間違いではなかったと思いますし、ミドルレンジのキャスティングも新たにいろいろ見えてきたものがありました。
このあたり、また改めてレポートしたいと思います。

キャスティングロッドの新製品

季節はもう初夏ですね。
私にとっては一年で一番好きな季節に向かっています。
これからは産卵から回復した個体が、シャローに入り出し積極的に餌を追います。
キャスティング好きの私にはたまらない季節です。
さて、店頭にビンビンスティックスピニングのニューモデルBSS-HS610ML-STが並んだようで、「触ってみました!」や「楽しみにしていたので購入したよ!」と仲間内から連絡が入ってきました。
2015061101.jpg
さっそく私も使ってみたので感想をお伝えしようと思います。
まずはキャスト時のシャキッと感。
ワンランク重いウエイトのカブラもビシッとキャストできました。
次に感度。
高感度でキャスティングをやり込んだ方には前アタリの前のアタリ、いわゆる真鯛がカブラにまとわりつくような違和感を感じとることができました。
手元のガイドの高さも絶妙で、リールを巻いている時に発生する巻きブレが非常に高いバランスで抑えられていました。
また、私はキャスティングの場合は特に意識してビシッとアワセをいれる方なのですが、このロッドはシャープなアワセが決まりとても気持ちよかったです。
この夏、シャローでさらに使い込んでみたいと思います。

様々なフィールドや状況に幅広く対応できるロッドと潮がガンガン流れる時間帯や繊細な釣りをしたい時に使うロッドのご紹介

そろそろ真鯛の産卵も終盤。
場所によっては、産卵中の個体もいれば産卵後や産卵から回復した個体がいるようです。
いろいろな状態の真鯛がいるので、数日前までよかったパターンが急に変わったり、スローでないと口を使わないものもいます。
水温が十分高くベイトも豊富になってきたのになぜ?と思うでしょうが産卵という行動に支配されているのが原因です。
さて、このような時期に有効なメソッドの1つとして「ウエイトの軽い鯛カブラを使ってフォールで誘う」釣りがあります。
例えば玄界灘ではパラシュートアンカーを入れた状態で水深90mを狙った際、この釣りがハマる時間帯がありました。
先日の明石でも明らかにフォールに反応していました。
落ちていくものに興味を持ったり、落ちてすぐに巻き上げるタイミングいわゆる動きの変化によりスイッチが入って口を使っています。
ところがウエイトの軽いカブラを使う際、どうしても難しくなるのが底取り。
このような状況で注目したいのが「BSC-72MH-VCM」。
2015061001.jpg
手で曲げてみると、非常にしっかりとした剛性感のあるロッドです。
しかし、着底感度に優れるおかげで、ワンランク軽いカブラを使った繊細な釣りに使えそうです。
多少の波風があってもしっかりと手元に着底を伝えてくれるので使うたびに信頼度が増しているロッドです。
食い込みが悪い時はドラグ設定をあえて緩めにして、アタリがあったらドラグが少し出るくらいにして使うと良い結果が出ると思います。
また、グリップエンドが小さくなっているので、アタリが出たら竿先を送りこむ動作がスムーズに行えます。
少々釣りの難易度は高まるかもしれませんが、同時にゲーム性も高くなるので好きな人にはたまらないロッドになるでしょう。
様々なフィールドや状況に幅広く対応できるBSC-HS710UL-STと、潮がガンガン流れる時間帯や繊細な釣りをしたい時に使うBSC-72MH-VCM。
2015061002.jpg
この2本があれば、ほぼあらゆる状況に対応できるので、私のタックルセレクトでも外せない存在となりそうです。

J-1ソルトグランプリ2015

ジャッカルソルトチームメンバーで繰り広げられる「J-1ソルトグランプリ2015」の収録に行ってきました。
ジャッカルのソルトチームメンバーを2チームに分けて釣りの勝負をする内容ですが、とても楽しくおもしろい内容になっていると思います。
近々、釣りビジョンで放送されると思いますので、楽しみにしておいてください!
初日は巌流島で戦いました。
2015060101.jpg
2日目は四季丸で真鯛対決。
特別ゲストであるガイドサービスセブン宮崎船長の娘さんの海里ちゃんも頑張ってくれました。
テレビ初出演とは思えないくらいやらかしてくれました(笑)
2015060102.jpg
四季丸の船長もさすがです。
とにかく、研究熱心でいろいろとお話を伺いたかったのですが、ロケということもありゆっくりお話する時間もありませんでした。
2015060103.jpg
四季丸での2日目はとにかく凄いことになっています。
久々に驚きました。
四季丸には必ず再度プライベートで伺いたいなと思いました。
詳しくは番組をお楽しみに!