明石鯛カブラ(タイラバ)トーナメント2015レポート

7月18日(日)に明石海峡で開催された「明石鯛カブラ(タイラバ)トーナメント2015レポート」です。
2015072401.jpg
2日前に台風11号が日本列島を通過し、京阪神地区にもかなり多くの雨が降りました。
台風通過直後ということもあり、どの船も直近の状況が分からない上に水潮の影響を受け、かなりタフな展開になりました。
参加者89名中、真鯛をキャッチできたのは3割程度。
実に7割の方がノーフィッシュという結果でした。
上位3名の入賞者の方々。
2015072402.jpg
2015072403.jpg
2015072404.jpg
そんな状況の中、優勝者の方はなんと5枚キャッチ。
2015072405.jpg
2枚のウエイトは6kg超と明石海峡では破格のウエイトでした。
優勝者の方は、どの釣り座に行かれても順調に釣果を重ねていかれたそうで、秘策は「ビンビン玉のテンションフォール」でした。
ロッドはビンビンスティックVCM-72MH。
2本ともビンビンスティックVCM-72MHという惚れ込みです。
昨年の12月から利弥丸に通って8ヶ月。
今年も春から毎週のように明石に通って大窪船長に指導してもらい、その努力が実りました。
おめでとうございます。
2015072406.jpg
私の方はと申しますと、残念ながらノーフィッシュでございました。
香川に続くこの悔しさは8月の某大会で晴らしたいと思います。
上位入賞者のパターンをインタビューしています。
とても参考になると思いますのでご覧ください。

新型 鉛式ビンビン玉スライド「爆流(ばくりゅう)」の続報

ジャッカルサイトにて新型ビンビン玉スライド「爆流(ばくりゅう)」の続報が掲載されました。
記事の中に含まれている爆流の水中動画は特に必見です。

私が面白いと思ったのがスカートやネクタイのパーツの動きです。
2015072301.jpg
写真は動画で実験されているビンビン玉スライドのヘッドを、特別に大型化し水中で泳がせているシーンです。
ご覧のように、反転流を引き起こしてスカートやネクタイがヘッドに吸い寄せられており、綺麗に泳がせることができていません。
これまで、よく120gまでのラインナップはなぜなのか?という問いかけをジャッカルにしてまいりましたが、一目瞭然ですね。
納得できました。
タングステンは高価なので仕方がないとして、鉛を大きくするとこのようなことが起こるのですね。
安定した泳ぎが自慢のビンビン玉であっても、限界を超えるとこのようなことが起こるとは。
全く想像していませんでした。
ちなみに動画で使われているのはなんと250gだそうです。
そして、これらの問題を解消したのが「爆流」。
2015072302.jpg
これでようやく大型ヘッド(ヘビーウエイト)にすることが可能となったということですね。
こちらも250gのヘッドだそうです。
2015072307.jpg
もちろん、ヘッドの後ろに泳ぐ反転流でパーツを動かし魚を誘う道具ですので、その日によって最適なセッティングは異なるでしょう。
鉛式ビンビン玉スライドとも使い分け・・・などと考えているとタイラバ(鯛カブラ)はますます奥が深くなります。
私的には今回の動画で、タングステンのビンビン玉がなぜ激流エリアで優秀なのか?ということを同時に再認識できました。
また、これは追加情報なのですが、ビンビン玉や爆流は極めて横倒れし難いヘッドであるという点も釣果の秘密だそうです。
特に激流状態や横引きの時、しっかりと安定したバランスがとれていなければヘッドが横倒れした状態で泳ぐのです。
あまり気にしたことがないかもしれませんが、これが釣果を左右している事は簡単に想像できますね。
さらに、爆流には革命的パーツが採用されました。
その名も「バックファイヤーキャップ(PAT.P)」。
固定式では「クイックスプリング」、スライドでは「セブンスライド」といった、現場でスピーディにパーツ交換をできる仕組みがそれぞれ採用されていましたが、今回はスライド(遊動式)用に更なる新パーツが発表されました。
2015072303.jpg
圧倒的にスピーディなパーツ交換ができる仕組みは動画をご覧ください。
これであれば、スカートの交換も船の上で簡単に行うことができそうです。
実は先日、私もプロトモデルを使わせていただきました。
2015072300.jpg
使用感は従来モデルよりも水押しが強くなっている分、引き抵抗はやや重めでしたが、その分アピール力は増していると思います。
アピール重視には爆流、引き抵抗が軽く繊細な釣りには従来のビンビン玉といった使い分けができるような印象も受けました。
使い込むほどに新たな発見が生まれそうです
発売がとても待ち遠しいですね。
詳細はジャッカルサイトをご覧ください。

新型 鉛式ビンビン玉スライド「爆流(ばくりゅう)」

ビンビン玉がこの世に登場しておよそ8年の歳月が流れました。
近年スライド(遊動式)のシステムを採用したくらいで、8年間、基本的な形状を変えることはありませんでしたが、いよいよ形状を変えた「爆流(ばくりゅう)」がリリースされるようです。
2015071301.jpg
今後の情報が気になりますね。
新型 鉛式ビンビン玉スライド「爆流(ばくりゅう)」の情報はこちら

明石海峡鯛カブラレポート

土曜日、明石に行ってきました。
朝6時に出船。
シャローは南向きの潮が流れ、ベイト(イワシ)の反応もすこぶる良く釣れそうな反応。
しかし全くアタリなし。
時折、鳥が海面に突っ込むので何かに追われているのかと近づくと何も追っていない。
カラーを変えたり、巻き速度を変えたり、リアクション狙いをしたり・・・
ありとあらゆることをやってはみたもののベイトの反応があるエリアでは、まったくアタリなし。
10時になり、満ち潮も緩みだす。
シャローでの引き潮はあまり良くないということなので、一旦上がらせてもらい、午後の満ち潮狙いでリベンジさせてもらう。
15時まで車で仮眠して再度チャレンジ。
出るとすぐにアタリ。
明らかに午前とは違う。
南方向の潮がすぐに緩み、西方向の本潮が流れ出す。
結果的にはコンスタントにアタリがあり、13回のアタリに対し掛けたのが6枚で釣り上げたのは4枚。
2015070601.jpg
水深10mから20m付近のシャローを狙いましたが、
・ベイトの反応があるところでは余り釣れない
・反応がないところで釣れる
・キャスティング(斜め引き)よりもチョイ投げバーチカルに反応
・鯛カブラのシルエットは小さい方が良い
・なのにヘッド(上針)に良くかかる
・吐き出したベイトはカニやヒトデなどの底生生物
・ヒットカラーはいろいろ試すもオレンジゴールドフレークがベスト
でした。
昨年もそうでしたが、シャローにイワシはいるもののまだ真鯛がそれについていない感じです。
青物なども居ないようで、青物が入ってイワシを追い回すようになるまでは底生生物パターンでしょうか。
水温は21〜22度。
引き潮は1度程度下がります。
ヘッドを目掛けてアタックしてくるせいか、ピンポンダッシュが多く、アタリがあって巻きスピードを落とそうが止めようがピンポンダッシュで終わり。
アワセの調整に終始苦労しました。
しかし7月に入ったというのに、とても寒く上着を2枚重ね着してちょうどよい感じでした。
陸では暑くても、まだまだ雨の日や朝夕は冷えます。
念のため、上着はお忘れなく。
さて、今週もまた明石に行ってきます。
そして再来週は明石鯛カブラトーナメントです!
今週は大会前プラということでいろいろ探ってきます。

キャスティングに関する問題(参考回答)

先日の問題の私なりの参考回答です。
先日の明石での午後の風向きと潮の流れ、船の流れ方の図です。
2015070301.jpg
風の向きと潮の流れが交差し、交差する風が強くてとてもやりにくい難易度の高い状況でした。
このような状況で、釣り座がA、B、C、Dの場合、それぞれどう対応すればよいのでしょうか。
キャスティングのセオリーは潮上から潮下(潮が流れていく方向)に向かってキャストすることです。
ただし、風や潮流の速さ不足などでセオリー通りにならない場合があります。
今回の例もセオリー通りにならない状況でした。
では、釣り座がA、B、C、Dのそれぞれについてご説明します。
<釣り座A>
2015070302.jpg
2015070303.jpg
正面(北北西)に向かってファーストキャストします。すると北北西から北東というような方向にラインが流されていきます。北北西から北東に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストは正面に風をうけますが、流されていくうちにラインが横風を受けるようになりますので、ロッドティップを下げてラインを海面に沈めて、極力流されないようにします。
ファーストキャストでは、あまり引き重りを感じないのですが、流されていくと引き重りを感じます。これは、船に引っ張られているからです。よって、最初の巻き上げ回数から少しずつ巻き上げ回数を減らしてレンジをキープしつつ、巻きスピードをゆっくりしていって対処します。
キャストして流されていくと手前に鯛カブラが寄って来ず、少しずつ引っ張られていくような感じになりますので、流されすぎたらピックアップして再度入れ直すようにします。
<釣り座B>
2015070304.jpg
2015070501.jpg
正面からやや左(南西)に向かってファーストキャストします。すると西から北西というような方向にラインが流されていきます。南西から北西に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストはラインがまともに横風を受けるようになりますので、鯛カブラが着水したらすぐにロッドティップを下げ、ラインを海面に沈めて風の影響を受けないようにします。
ファーストキャストでは、鯛カブラが手前に寄ってくるので、引き重りをあまり感じません。よって、最初の巻き上げ回数は多めにして、巻きスピードは速めにします。
流されていくと少しずつ引っ張られていくような感じになりますので、巻き上げ回数を減らして巻きスピードを緩めていきます。流されすぎると真横から最終的には船底に入るようになりますので、ピックアップして再度入れ直すようにします。
<釣り座C>
2015070306.jpg
2015070307.jpg
正面からやや左(南東)に向かってファーストキャストします。すると東から北東というような方向にラインが流されていきます。南東から北東に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストはラインが横風を受けるようになりますので、鯛カブラが着水したらすぐにロッドティップを下げ、ラインを海面に沈めて風の影響を受けないようにします。流されていくとさらにラインが風の影響を受けるので、ロッドテイップは海面近く、もしくはティップを海中に入れてしまうくらいのロッドポジションにします。
ファーストキャストから引き重りを感じ、流されていくとさらに重くなります。よって、最初の巻き上げ回数から徐々に減らしていき、巻きスピードも徐々に緩めます。
流されすぎたら、ピックアップして再度入れ直すようにします。
<釣り座D>
2015070308.jpg
2015070309.jpg
正面からやや左(北北東)に向かってファーストキャストします。すると北北東から東というような方向にラインが流されていきます。北北東から東に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストはラインが横風を受けるようになりますので、鯛カブラが着水したらすぐにロッドティップを下げ、ラインを海面に沈めて風の影響を受けないようにします。流されていくとさらにラインが風の影響を受けるので、ロッドテイップは海面近く、もしくはティップを海中に入れてしまうくらいのロッドポジションにします。
ファーストキャストから引き重りを感じ、流されていくとさらに重くなります。よって、最初の巻き上げ回数から徐々に減らしていき、巻きスピードも徐々に緩めます。
流されすぎたら、ピックアップして再度入れ直すようにします。
以上、4パターンの釣り座での解説でした。
潮の速さや風の強さによって少し変わる場合もありますが、おおよそこのような状況では上記の説明通りで釣れるはずです。
個人的な見解ではありますが、参考にしてみてください。

キャスティングに関する問題

問題です。
先日の明石での午後の風向きと潮の流れ、船の流れ方を図にしました。
図でも分かるように、とてもやりにくい難易度の高い状況でした。
シャローエリアなのでキャスティングで狙ったのですが、釣り座A、B、C、Dではどのような方向にキャストしてどう引いてくるのが理想でしょうか?
考えてみてください。
私の考えは後日こちらでご紹介します。
2015070100.jpg