和歌山県加太タイラバ(鯛カブラ)レポート

和歌山県加太の清海丸へ行ってきました。
1人2桁釣果だの、いいサイズが入ってきただの、非常に良い釣果の情報を得ましたので居ても立ってもいられなくなりました。
石谷船長にカラーを聞くと、シマシマエビオレンジ+コーラレッドフレークかシマシマオレンジにオレンジゴールドフレークが良いとのこと。
そしてキャスティングも解禁になったようなので、スピニングタックルも持ち込んでみました。
朝4時半に出船。
朝一から釣れるんだろうなぁと、ドキドキしてたんですがポツポツ状態。
前日は朝からずっとアタリがあったようなのですが、何がどう変わったのか。
潮が入れ替わればちょっとは変わるだろうと期待するも、「昨日の潮みたいに流れへんなぁ」。
それでも少しずつアタリの数が増えてくる。
魚探には浮いた反応がないのと、水深も20m程度なのでキャストしてボトム付近を狙い続ける。
そして、コツコツっとアタリがあり送り込んでも乗り切らなかったので、そのままステイさせているとタイラバを引ったくっていきました。
2015083101.jpg
73cm。
2015083102.jpg
加太で久々のナナマルでした。
引き潮が動き出して間もないタイミングでした。
そこから本流が流れ出し、潮目ができてきたので潮目を狙ってキャストするとアタリが増える。
パターンを掴んで魚を追加。
2015083103.jpg
丸々としたコンディションの良い真鯛が釣れました。
翌日もナナマルが飛び出したそうです。
久々の加太でしたが良い釣りができました。
キャスティングができるようになったので、新たな楽しみもできました。
※加太は場所により船団ができる場合もあります。近くに他の船がいる場合もありますから、船長に確認してキャストしてくださいね。
昨年の香川で潮目を狙うパターンを見つけてから、いろいろやっていますが面白いものが見えてきました。
もう少し煮詰めてみます。

高松鯛釣りカップ・スピニング大会

第7回高松鯛釣りカップ・スピニング大会に出場してまいりました。
今年は状況の下見をするために前日入りし、状況を把握しました。
下見はワンピースIIに乗船。
2015082501.jpg
前情報では、バーチカル気味の方が反応がよく、ヒットカラーは赤かオレンジ。
2015082502.jpg
暑い中、船長も遅くまで頑張ってくださいました。
2015082503.jpg
結果的に枚数はそこそこ釣れるものの、ビッグフィッシュパターンが掴めずでした。
船中最大魚のゴーマルをキャッチしましたが、枚数を重ねていくうちに混ざるであろうという感じでした。
カラーは特に偏りなく釣れました。
また、横引きではなくバーチカルという前情報でしたが、横引きでも反応する魚がいることも把握でしました。
結果的にヘッドの大きいものを使用してボトムを引きずるのが、今回のビッグフィッシュパターンでした。
私も頭の片隅にありましたが、枚数を重ねていくうちにビッグフィッシュ混ざるかもしれないクイックスプリング(固定式)の30g、45gで貫くパターンを大会で採用することにしました。
そして翌日。
2015082504.jpg
いよいよ大会スタートです。
大会にはワンピースで挑みました。
自分の一番自信があるスタイルのキャスティング縛りだけに、一番気合いが入ります。
しかし、この日も枚数は獲れるけれども40cmの壁が誰も越えられない。
刻々と時間が過ぎ、お昼近くに船中でロクマルが上がる。
小さいヘッドで釣れたので、やはり数打ちゃ当たる!パターンでやり通そうと、ひたすらキャストを続ける。
終了間際に帰り道で15分だけします!という船長のアナウンスに、この日一番の集中。
ここで奇跡?が起こり44cmをキャッチ。
37cmをキャッチしていたので、2枚の長寸81cmとし、船中で最長寸とし終了。
2015082505.jpg
表彰式。
上位の方はやはりロクマル含む2枚をキャッチされていました。
2015082506.jpg
1位、2位はポセンイドン、3位は優勝丸から出ました。
優勝はなんと女性の山本さん!
2015082507.jpg
前日からお一人でポセイドンに乗り込んで練習をし、大会に挑んだそうです。
私の知る限り、タイラバの大会で女性の優勝者は初です。
使っていたルアーはビンビン玉スライド。
もう香川の大会でどれだけお立ち台に上がったルアーなんでしょうね。
明石でもそうですが、もはやビンビン玉は瀬戸内の大会では毎回のようにお立ち台ルアーとなり、十分な実績ですね。
ポセイドン林船長にお話を伺ったところ、大会に向けてお客さんが居ない日でも船を出して魚を探していたそうです。
ポセイドンのブログに詳しく書いています。
そして、なんとか女性初の優勝者を出したく、前日山本さんにいろいろ教えて大会に挑み、狙い通り女性初の優勝者を送り出すことができました。
2位の山口さんはもはや上位入賞の常連サンです。
安定した強さ、脱帽です。
そして昨年2位、3位、今年は1位、2位と2年連続上位を独占したポセイドンの林船長。
みなさんおめでとうございます。
3位の優勝丸にご乗船だったお客様からもお話を伺いました。
船中では枚数こそ上がらなかったものの、サイズが良かったそうです。
船長はタイミングよくビッグフィッシュだけを追っていたのではないかということでした。
私の方は10位と不甲斐ない結果でした。
2015082508.jpg
後の祭ですが、30g、45gでなく大きなヘッドを使っていれば変わっていたかも?と自分を悔やみました。
ビッグフィッシュがいたかもしれないエリアで、違うことをしていたのかもしれないですね。
松岡船長の頑張りに応えることができませんでした。
2015082509.jpg
表彰式後には亜衣さんがこの大会で使っていたビンビンインチクのショートレクチャーをさせていただきました。
大会に向けて、私たちアングラーに夢と感動を与えてくださるために、たくさんの努力をしてくださった参加遊漁船の船長さん、ありがとうございました。
2015082510.jpg
また、遠くからも参加してくださったアングラーのみなさん、ご協力いただいたメーカーのみなさんにも厚く御礼を申し上げます。
今回は「一人の釣り人」として参加させていただき、とても楽しくハラハラした時間を過ごさせていただきました。
京阪神地区からも2〜3時間程度でアクセスできる香川県高松エリア。
ぜひみなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。
2015082511.jpg

爆流ビンビン玉スライド続報

ジャッカルサイトに爆流ビンビン玉スライドの続報が掲載されました。
爆流ビンビン玉スライドの記事はこちら
2015082101.jpg
ウエイトのラインナップは80、100、130、160、200、250gの6種類。
爆流ビンビン玉スライドは、なんと250gのヘビーウエイトまでラインナップが設定されていますね。
ヘビーウエイトがラインナップされたことで、この秋~冬にシーズンを迎える玄界灘などの「ディープのドテラ流し」で活躍してくれそうですし、水中でアピールする大きなヘッドは大鯛にも効果がありそうです。
流れが激しいエリアの攻略を心待ちにしている人もいることでしょう。
そしてカラーにも新色が追加されているようです。
個人的に気になるのは、ラメオレキン、ホットオレンジ、ラメグリキン、ホットチャート、ブラックレッド。
定番色のヘッドに「ラメ」のスパイスが入っていたり、私も自信で手塗りをして良い結果を得ていたホットオレンジ、これまでにないホットチャートは新たな可能性を秘めていそうですし、ブラックレッドはいかにも大鯛が好みそうです。
2015082102.jpg
2015082103.jpg
2015082104.jpg
2015082105.jpg
2015082106.jpg
よく見てみるとフックの仕様も変わったようです。
刺さり、貫通性が良いとされる小型のフッ素加工フックが使われているようで、更に今回はリアのフックが長くなりビーズが装着されています。
2015082107.jpg
これにパーツの交換が素早くできる新構造バックファイヤーキャップ。
リーダーを傷めないPTFEパイプも搭載されていて使い勝手も抜群でしょうね。
9月発売との事です。
さて、この爆流ですが9月5日(土)、6日(日)に開催される大阪京セラドームの「船釣りフェスタ」に出店するジャッカルブースで展示されるそうです。
船釣りフェスタの詳細はこちら
2015082108.jpg
いち早く手にとって、使い方の説明なども受けられるチャンスです。
ブースに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
さて、私は今週末香川で開催されるスピニングタックル縛りのキャスティングタイラバ大会に出場してまいります。
得意のシャロー、キャスティング勝負。
昨年よりも上位を目指して楽しんでまいります!

明石海峡でキャスティングタイラバを楽しみませんか!

最近シャローが好調な明石。
キャスティングでシャローを狙ってみませんか?
ブログを拝見されてご興味を持たれている方もいらっしゃると思います。
ということで8月29日の土曜ですが、私と一緒に利弥丸の午後便でキャスティングタイラバを楽しみませんか?
ご興味ある方はご予約ください。
午後から満ち潮が走る日で潮も良く、釣果も期待できると思います。
http://www.toshiyamaru.com

明石海峡タイラバ(鯛カブラ)レポート

お盆休みも終わり、秋の気配が少しずつ感じられるようになってきました。
ここ何年かは、お盆に九州へ遠征に行っていましたが今年は地元でゆっくりと過ごしました。
さて、お盆は明石へキャスティングに行ってきました。
まずはビンビンインチクのキャスティングでヒラメ。
2015081701.jpg
続いてメジロが上がるものの、真鯛は釣れず刻々と時間だけが過ぎていきました。
日没まであと1時間くらいしかない時間帯にスーパーラッシュ突入。
とにかくワンキャストごとにアタリがある。
しかし、これがなかなか乗らない。
2ノット、2.5ノット、3ノットと時間を追うごとに潮の流れも速くなるが、それでもアタックしてくれる。
数枚掛けて、少しゆっくり巻いて「アタリが出たら止める」と針に掛かることが分かってきた。
しかも、止めていると途中で引ったくっていくパターンでくるやつがデカイ。
ちなみに最初のアタリで掛けると小さい。
このパターンでまずはロクマル。
2015081702.jpg
さらにこのパターンでロクマルを釣ったあと、ステイさせていると引ったくって一気にドラグが鳴る。
2015081703.jpg
2015081704.jpg
ナナマル。
これで今年も明石でナナマルの顔を見れました。
2015081705.jpg
2人でリリース含め15枚。
明石ではおそらく今が一番枚数、サイズともに期待できると思います。
ぜひチャレンジしてみてください。
さて、今週末は香川で開催される「第7回高松カップ スピニング大会」が開催されます。
私も参加します。
まだ空きが若干ありそう?なので、ご興味がある方がいらっしゃいましたら参加してみてはいかがでしょうか。

明石海峡タイラバ(鯛カブラ)レポート

先週もまた明石海峡に行ってきました。
ここのところ、明石海峡ばかりの釣行ですが発売されたばかりのビンビンインチクや、発売がそろそろ?と噂されるビンビン玉スライド爆流を「まず使う」のに個人的には最適な場所なのです。
もちろん、自宅から一番近いというのもありますが、やはり潮の流れが速く複雑なフィールドで使ってみるということが大切なような気がするからです。
先週は潮が長潮ということもあり、厳しいだろうなと予想はしていたのですが、もしかして!という淡い期待をして出船。
2015081001.jpg
この日は朝の潮の入れ替わりが勝負。
その時間まではキャストし続けても反応は皆無。
魚探には釣れそうな写りがあるんですけどね。。。
魚探はあくまでも参考。
反応がない時でも釣れますし。
とは言ってもモチベーションだけ上がっただけで刻々と時間が過ぎていきます。
潮が変わり始めるとチャリコが釣れました。
続いて、ゴーマル。
2015081002.jpg
今週もやはりチョイ投げバーチカルが有効でした。
2015081003.jpg
あまりにもの暑さに11時に退散。
結果は厳しかったものの爆流フィッシュを2枚キャッチできました。
さて今週はお盆休みですね。
ここ何年かは九州遠征に行っていましたが、今年は「しつこいくらい」明石に通う予定をしています。
後半、天気が崩れそうですが潮は良くなります。
ホームグランドですが、今が一番ワクワクするキャスティングシーズンなので飽きずに通えます笑
残暑が厳しいです。
みなさん、釣りに行かれる際は熱中症には十分気をつけてください。

明石海峡タイラバ(鯛カブラ)レポート

先週も明石海峡に行ってきました。
狙いはシャロー。
ビンビンインチクが発売されたので、早速シャローのキャスティングで試してみました。
2015080401.jpg
お昼過ぎに出船。
開始早々に同船者に良型がヒット。
引き潮が緩むタイミングで釣れました。
潮が止まり、反応がない時間が過ぎていきます。
まぁまぁ、これも読み通り。
16時30分頃に転流するのでそこからが勝負。
潮が入れ替わり、沖へ払い出す潮の流れが出たところでビンビンインチクにヒット。
2015080402.jpg
ビンビンインチクをキャストしていて感じたのですが、タコベイトのパーツが針の暴れをおさえるため、キャスト時のトラブルがありませんでした。
フォール時も皆無。
このパーツをビンビン玉に使えばおもしろそうだと感じました。
斜め引きをするとヘッドがウォブリングするアクションはおもしろいですね。
ドテラ、キャスティングで使えそうです。
引き続きキャスティングで狙います。
しかしアタリがなく、同船者にはアタリがある。
違いはキャスト(斜め引き)かバーチカル。
二枚潮はそれほどなく、あえて言うなら風と潮が逆なので、キャストすると若干釣りにくい状況なのですが、差し支えはない程度。
明らかに斜め引きではなく、上下の動きに反応していると判断し、ビンビン玉へチェンジしてチョイ投げで誘う。
フォールで50アップ。
2015080403.jpg
続いて中層でロクマル。
2015080404.jpg
パターンがハマったようで十分釣れたので早めに沖上がり。
リリース含め2名で12枚でした。
2015080405.jpg
釣った真鯛からは黄色の糞。
イワシを捕食しているようで、ヘッドに噛み付くバイトが多いわけです。
いよいよ明石のシャローが一年で一番良いシーズンになりました。
シャローを狙うのなら個人的には午後がおすすめです。