香川県高松タイラバ(鯛カブラ)レポート

香川県高松から出船しているセブンゴッドに行ってきました。
セブンゴッドは毎年香川で開催されているタイラバカップにも参加している遊漁船。
2015092901.jpg
セブンゴッドの卯目船長は、船内アナウンスで多くの情報を伝えてくれるので、とても釣りがしやすいです。
2015092902.jpg
そして、今回は船をチャーターしてプチイベントを開催してみました。
メンバーは、シマノフィールドテスター・鯛ラバーズの赤澤さん。
2015092903.jpg
和歌山県加太の石谷船長。
2015092904.jpg
ジャッカルからは亜衣ちゃん。
2015092905.jpg
その他、3名を含む計7名でのイベント。
その名も「激辛カップ」。
釣った真鯛の1匹長寸で2位と7位になると「激辛うどん」を食べていただくルール。
スタートダッシュは亜衣ちゃん。
2015092906.jpg
グッドサイズ。
2015092907.jpg
どんどん釣っていきます。
2015092908.jpg
それに負けじと赤澤さん。(写真はセブンゴッドの釣果情報からお借りしました)
2015092910.jpg
久しぶりに一緒に釣りをしましたが、さすがです。
竿頭に迫る枚数を重ねられ、よく竿を曲げていました。
おいしい魚も登場。
2015092911.jpg
気がつけば私と石谷船長だけ取り残されていました。
そんな石谷船長にも。
2015092912.jpg
そして私には11cm(笑)
2015092913.jpg
掛けるの難しいんですよ!
なかなか繊細な釣りを必要とする状況でしたが、さすがはみなさん!全員安打で20枚超。
優勝は亜衣ちゃん。
枚数もサイズも総取りでの優勝でした。
2015092909.jpg
この日はボトム付近でのアタリが多く、アタリがあってもすぐに離したり掛かりが浅いような状況でした。
中にはボトムから追ってくるものもいたのですが、食わせるためには「巻きスピードを落とす」「止める」などの工夫が必要でした。
また、シャローでもキャストするよりもバーチカルで、スローに巻く方がよかったです。
最後まで意地になってほぼキャスティングで押し通した私は撃沈でした。
イイダコがまだ残っているはずなので、それを餌にする大鯛を重めのウエイトのタイラバでボトムをズル引きして狙ってたのですけどね・・・ダメでした。
カラーは赤を中心に、オレンジや黒を足すと効果的。
単色ではなく明暗などの反対色を組み合わせるスカートが良い感じでしたね。
ただし、日によってはキャストでガンガン釣れたりするでしょうし、パターンが日替わりで変わることもしばしば。
今回の私のように「意地にならず、臨機応変に対応する」ことが、釣果を伸ばすコツだと思います(笑)
また、今の季節はどちらかというとカラーよりも巻きスピードや、アタリがあってからの対応が重要だと思います。
パターンがあっている人とあっていない人の差が顕著に出る秋。
ゲーム性があって楽しいと思います。
ということで、最下位になった私は源内で激辛カレーうどんをいただきました。
2015092914.jpg
涼しくなってきましたが、さすがに真夏のような汗をかきました。
石谷船長は自ら「激辛カレーうどん」に挑戦し、おいしそうに食べてました。
気の合う仲間といろんなところでバトルするのはとても楽しく、また次回も機会があればやってみたいと思います。
2015092915.jpg

番組およびイベント情報

釣りビジョン「BIN BINソルト」で「「J1ソルトの再現!響灘で秋の大鯛祭り!?」が9月30日(水)21:00より放送されます。
放送スケジュールはこちら
2015092801.jpg
また、熊本県の「山本釣具店菊陽バイパス店」で中島プロと吉岡プロのタイラバ対談が10月12日15時より開催されます。
イベントの詳細はこちら
2015092802.jpg

タイラバ関連情報

ジャッカルより「鯛ラバ入門書」が発行され、全国の釣具店で無料配布されているようです。
2015092501.jpg
「タックル選びのコツ」や「カラーについて」など、初心者にもとても分かりやすい内容になっている印象です。
ぜひ手に取ってご覧ください。

熊本県天草タイラバ(鯛カブラ)レポート

シルバーウィークは九州へ行ってきました。
だいたい九州へ行くとなると北九州が多いのですが、今回は3年ぶりに熊本県の天草が目的地。
大阪から約820km。
車で金曜の夜に出発するスケジュールだと、とてもや1日ではキツイので山口県で1泊。
翌朝のんびりと熊本へ。
途中、行ってみたかった長崎県九十九島へ。
2015092401.jpg
綺麗な景色に長時間ドライブの疲れも癒されました。
そして九十九島にある水族館「海きらら」へ。
2015092402.jpg
イワシって下から見上げるとこんな風(色)に見えるのかなどと、勉強になりました。
2015092403.jpg
ここのイルカは日本で唯一?、2頭でジャンピングキャッチボールができるそうです。
2015092404.jpg
観光を終えて、島原半島へ。
以前、訪れてからずっとまた行きたかった雲仙へ。
山頂は少し寒いくらい。
2015092420.jpg
温泉に入るのがちょうど良い気温。
2015092426.jpg
掛け流しの白濁した温泉が100円です。
2015092429.jpg
売店にあった温泉せんべいの耳。
2015092416.jpg
袋にいっぱい入って120円でした。
翌朝、加津佐を訪れ、野生のイルカを見学に。
2015092405.jpg
そして口之津から鬼池までフェリーで移動。
2015092406.jpg
連休の影響で3便待ちでした。
天草に渡り、ルスプラジャーに乗船。
2015092407.jpg
「急流の玄界灘」と勝手に名付けていますが、魚影は玄界灘級でありながら明石海峡のような激流で地形も複雑。
よって、ウエイトも45gから120g以上までポイントによってウエイトがころころ変わります。
最初、シャローに入ったので45gのキャスティングで。
2015092408.jpg
あっさり釣れました。
しかし後が続かず、深いエリアに入ったのでビンビン玉爆流80gにチェンジ。
2015092409.jpg
グリーン系が良いと聞いていたのでホットチャートに蛍光グリーンのネクタイで。
続いてビンビンインチクでも。
2015092410.jpg
釣っても釣ってもサイズが小さいので、中層を意識して巻くとゴン!
勢いよくドラグが出て、グッドサイズ確信でしたが2ダッシュ目にフックアウト。
2015092411.jpg
初日はこれにて終了。
ルスプラジャーは光浜荘という旅館も経営されており、宿泊セットプランもある船宿です。
しかし、この日は翌日の弁当作りのために旅館で食事ができなかったため、宮崎船長に地元のおいしいお店をご案内いただきました。
食べてみたかった天草大王(鶏)。
2015092424.jpg
とてもおいしかったです。
2015092427.jpg
翌朝、再びルスプラジャーで沖へ。
2015092412.jpg
最初はシャローエリア。
45gのキャスティングで狙うとびっくりするくらいコンスタントにアオナやアコウが釣れる。
2015092413.jpg
特に今年はアオナが多いらしく、1キャスト1ヒットといった具合で釣れるそうです。
そこそこ持ち帰り分くらい釣れたところで移動。
魚探の反応はあれど、なかなか口を使わない。
ボトムでアタリが出てもすぐに離す。
昨日の状況から大鯛は浮いていると予測し、それをどうやって口を使わすか?
ぼーっとしている大鯛を狙うために手にしたのはビンビンインチク。
中層を早巻きリアクションで狙ってみる。
やはり魚は浮いていました。
ゴンといいアタリでドラグが唸る。
2015092414.jpg
大鯛とまでは言えませんが綺麗なロクマル。
2015092415.jpg
嬉しい1枚でした。
沖ですれ違う船を見ていると手を振っておられる方が。
船長に確認すると、飛燕さくら丸でよくご一緒させていただく方であることが判明。
偶然の再会に驚きました笑
この日は午前で下船し、光浜荘で名物のおいしいちゃんぽんを食べて再び島原へ。
2015092430.jpg
2011年の年末に乗船させていただいた久真丸の久間さんと再会し、素敵な夜食へ案内していただきました。
今回は残念ながら乗船できませんでしたが、次回訪れた時にはご案内していただこうと思います。
島原で1泊し、いつもは通り過ぎるだけの島原半島をさっと観光。
テレビで見て食べてみたかった「かんざらし」。
2015092428.jpg
べっこう飴のような蜜に浮かんだ白玉団子という感じで、絶品スイーツでした。
そして以前、久間さんに教えてもらったカステラ屋さん「山本喜久栄堂」でお土産を購入。
2015092423.jpg
博多へ向かい、これまた行ってみたかったマリンワールド海の中道の水族館へ。
2015092421.jpg
2015092422.jpg
この日、帰阪予定だったので時間的に厳しいかと思いながらも、あの味が忘れられず天神に戻り「なかむら」へ。
2015092418.jpg
ここで、天草の沖ですれ違った方とまたもや再会(笑
本日釣った天草の真鯛を分けていただきました。
2015092419.jpg
今回の天草では85cmを釣られたそうで、いろいろお話しを伺いました。
お互いの答え合わせをすると見事に一致。
良型は浮いており、ボトムを捨ててリアクションで口を使わせたとのこと。
自分一人であればどうだったのかな?で終わっていましたが、お話しを伺って正解の答えに辿り着いていたんだなと思いました。
なかむらでは毎度ながらおいしい料理を満喫。
2015092417.jpg
2015092425.jpg
翌朝、無事に家に到着しました。
さて、今週末は香川のセブンゴッドへ。
天候が気になりますが、どうなることやら。
同船するメンバーは凄腕?ばかりなので、状況はどうであれ出られるなら面白い戦いになりそうです。

シルバーウィークは九州へ

今年の9月は連休が長いですね。
私は6月以来となる九州へ行こうと思います。
みっちり釣りをするわけではありませんが、天候がよければ2日間船に乗る予定をしています。
釣りをするのは天草。
2012082202.jpg
前回訪れたのが2012年の8月ですから、おおよそ3年ぶりとなります。
激流の天草。
腕が鳴ります(笑)
さて、どうなることやら。
楽しんでまいります。

静岡県御前崎タイラバ(鯛カブラ)レポート

これまで大阪以西を中心に活動してきました。
東には福井止まり。
先月、鯛カブラ.comの遊漁船の案内ページに登録いただいたきっかけで静岡県御前崎の船長と知り合い、釣果ブログを見ているとタイラバで真鯛を釣っている。
それも、ナナマルやハチマルの良型がコンスタントに混じる。
静岡県の真鯛釣りと言えばフカセかジギングで青物を狙っていると釣れるというイメージしかなく「タイラバで狙う」というイメージはそれほど浸透していないのでは?と思っていました。(私がしないだけかもしれませんが。)
「これはおもしろそうだ」。
ひょんな思いから、一度行ってみよう!ということになり、船上サラリーマンや吉岡プロと一緒に
静岡県御前崎の「伊達丸」へ行ってきました。
御前崎まで大阪から約350km程度、時間にして約4時間くらいでしょうか。
今回はジャッカルで集合したので滋賀経由で行ったのですが、滋賀から280km、約3時間半で御前崎に到着しました。
ちなみに関東在住の吉岡プロも同じくらいの約3時間半ということで大阪と東京のちょうど真ん中くらいですね。
2015091401.jpg
初めてのエリアは毎回ワクワクします。
今回、狙う水深は30〜50m。
この夏場は水深10mのシャローでも釣れたらしいです。
御前崎と言えば陸からわずかな距離で100m、200mというイメージでしたので、ディープでするのかな?と思いきや、浅いところですると聞いて驚きました。
港から20分くらいでポイントに到着。
台風の影響で海が白く、なんとなく厳しそうな予感。
船の流し方は片舷に並んでのドテラ。
2015091405.jpg
船長からはピンクやグローが良いと聞いていたので私はグローで開始。
吉岡プロはイカナゴールド、他のメンバーもエビオレンジなどそれぞれ思い思いのカラーで開始。
まずは吉岡プロ、コンスタントにアタリを出します。
相変わらず釣りがうまい。
メンバーにもアタリはあるようなのですが、どうもショートバイトに悩まされる。
水潮の影響か?
真鯛がボトムに張り付いているような気がしたので、私はスピニングでチョイ投げし、潮に流すような感じで探っていました。
グローではあまり触る感じがなく、エビオレンジをつけていたメンバーにアタリがあったので、最近お気に入りの「シマシマオレンジ+オレンジゴールドフレークカーリー」にチェンジ。
ふと船上サラリーマンのタックルボックスを見ると、先週船釣りフェスタに展示されていた「鉛式ビンビン玉スライド爆流」があったので、迷わず「ホットオレンジ」のヘッドを奪いました笑
同じようにスピニングでチョイ投げをして探っていると、ボトム巻き上げすぐにドン。
潮が結構きいていたのでロクマルくらいかな?と思ってファイトしてると、ロクマル以上に粘る。
もしや今回もまたナナマル?
2015091402.jpg
やっちゃいました。
2015091403.jpg
75cm、4kg。
嬉しい一枚でした。
一方吉岡プロは一人ポコポコ魚を掛けます。
2015091404.jpg
最近、タイラバがおもしろいらしく、テンヤで釣りをする知識も増えて勉強になるそうです。
2015091406.jpg
ほんと、よく釣りましたね。
2015091407.jpg
沖上がりは13時。
漁協の規定で半日の1便しかありませんが、毎年真鯛を放流したりして資源管理をうまく調整されているようです。
和歌山の加太もそうですが、こういうところはやはり安定して真鯛が濃いですね。
2015091408.jpg
よく釣れました。
2015091410.jpg
2015091409.jpg
ぜひ機会あればみなさんも静岡、御前崎タイラバにチャレンジしてみてください。
伊達丸ホームページはこちら。
伊達丸釣果ブログはこちら。
とても優しい船長で、初心者の方にも詳しく指導してもらえます。
さて、遠征の楽しみは沖上がり後も続きます。
なぶら市場で御前崎の海の幸。
カツオがおいしかったです。
2015091411.jpg
そしてシラスアイスも絶品でした。
御前崎の海の幸やお土産もここで買えます。
今回は時間の関係で訪れませんでしたが、源泉掛け流しの日帰り温泉もあります。
さがら子生れ温泉の詳細はこちら。
遠征って、こういうのも楽しみですよね。
また機会あれば行ってみたいと思います。

タイラバ(鯛カブラ)新製品「爆流」レポート

大阪の京セラドームで開催された「船釣りフェスタ/ジギングフェスティバル」に行ってきました。
そこで、ジャッカルブースに展示されていたタイラバ(鯛カブラ)新製品「爆流」を見てきましたのでレポートします。
2015090701.jpg
私自身、既にテストで使用させてもらっていましたので、形状などは確認していたのですが、カラーラインナップを見るのは初めてでした。
これまでにないカラーは金メッキ、ラメ入り、蛍光色です。
2015090702.jpg
個人的にはこの「ホットオレンジ」がお気に入りです。
2015090703.jpg
これまでの人気カラーは継承していました。
2015090704.jpg
「爆流」の気になる発売時期ですが、今月(9月)にはお店に並ぶようですよ。
そして・・・
ワームも参考出品していました。
2015090705.jpg
長さ調整できるワームに、フックにつけるタイプのワームまで。
チューニングネクタイで実績のあるカラーを、ワームにそのまま継承しているところが良いですね。
ルアーにアフターパーツまで、さらに充実のラインナップで選択肢が増えそうですね。

船釣りフェスタのジャッカルブース情報

9月5日(土)、6日(日)に開催される大阪京セラドームの「船釣りフェスタ」に出店するジャッカルブースの情報です。
船釣りフェスタの詳細はこちら
2015082108.jpg
発売間近の新製品展示がたくさんあるようです。
・タイラバ
爆流ビンビン玉スライドを展示
バックファイヤーキャップを手に取って見れるチャンスのようです。
その他、プロトアイテムの展示予定とのこと。
・太刀魚
アンチョビメタル TYPE-Ⅰ&Ⅱ
ラトル式アンチョビミサイル
アンチョビ太刀魚フック
アンチョビドライバー 追加モデル
・中深海タングステンメタルジグ 
シンカイザー 300g/500g
その他、
・ビンビン玉、ビンチクの使い方。
・アンチョビミサイルのセッティング&使い方。
・アンチョビメタルの使い分け 
・イカメタルなど
船上サラリーマンがブースに立ちご質問やご相談に乗るそうです。
そしてフィールドスタッフから私、松本と亜衣ちゃんも会場に行く予定をしています。
ブースに在中するわけではありませんが、ブースに顔を出したり会場内にいます。 

明石海峡タイラバ(鯛カブラ)レポート

8月に入ってから好調な明石へ行ってきました。
満ち潮が夕まずめに走る「鉄板日」と言っても過言でない日。
本来、この日は利弥丸でみなさんと一緒にキャスティングをする企画を予定していたのですが、エンジントラブルで午後は出船できなくなりました。
どうしようかと悩み、知り合いに連絡すると出てくれるとのこと。
亜衣ちゃんを誘って久しぶりに明石で一緒に釣りをすることにしました。
午前中はとてもよく真鯛が釣れたようで午後も期待大?
もしくは午前釣れたので午後は撃沈?
どちらに転ぶのか?
スピニングタックルオンリー勝負スタート。
2015090102.jpg
引き潮が少し残っている。
早い時間に1枚ゲットするも、あとが続きません。
そして久しぶりにロクマルマゴチを釣りました。
2015090101.jpg
引き潮が緩みサコドの潮でできた潮目や反転流で3枚追加。
先日の加太で確信を得た潮目のよれ狙いでうまく拾えました。
そして満ち潮が動きだす。
コンコンとアタリがあったあと「ドーン」。
最近の小鯛チョッカイからの大鯛ひったくりパターンです。
同時に亜衣ちゃんにも。。。
お互い船首に居たので亜衣ちゃんがオマツリ回避で移動してくれる。
先に上がってきたのは私。
そしてまだ格闘中の亜衣ちゃん。
2015090103.jpg
浮いてくる魚がデカイ!
2015090104.jpg
亜衣ちゃんハチマル、私はナナマル。
2015090105.jpg
まさかの大鯛Wヒットでした。
2015090106.jpg
ちなみに亜衣ちゃんとは、以前にナナマルWヒットをやっています。
2015090107.jpg
久しぶりの明石同船でそれを超えるWヒットとなりました。
日が落ちるまでやって大満足の釣果。
2015090108.jpg
今、明石は好調のピークです。
過去、同時期にナナマル3連発もやっています。
2011080603.jpg
2011080604.jpg
2011080605.jpg
大型はだいたい9月までシャローに入ってきます。
次回、9月11〜14日前後、そして25〜28日前後あたりまでが大型の狙い目でしょう。
今回、残念ながら中止となった利弥丸キャスティング企画。
しかしまだまだチャンスはあります。
利弥丸に問い合わせてみてはいかがでしょうか。