和歌山県・加太でグッドサイズが連発しています!

和歌山県・加太の清海丸からの情報です。
ここ数日、ロクマル、ナナマルのグッドサイズが連日のように釣れているそうです。
2015102901.jpg
釣れる真鯛の糞からは海底をあさってるようですが、ウルメイワシが船に付きに来たりするそうです。
シラス漁師は水面近くでシラスが多いという情報も。
餌が溜まっているせいなのか、型も枚数も良い状況です。
これからの季節、北西の風に強いフィールドですし12月や1月も安定した釣果に恵まれることが多いです。
すぐにでも飛んでいきたい!のですが、次回加太へは11月末のチャレンジとなる予定です。

明石海峡タチウオレポート

今回はタイラバでなく、タチウオに行ってきました。
以前から気になっていたアンチョビゲーム。
今更ですが、まだやったことがなかったので、利弥丸でチャレンジしてきました。
タックルはタイラバで使用しているタックルをそのまま流用です。
2015102601.jpg
ロッドはビンビンスティックのVCM610Lを持って行きましたが、ルアーをアクションさせる上でちょっと柔らかすぎました。
少し張りのあるロッドの方が操作しやすいかなという印象です。
リールは水深が深いので電動を使用しました。
ラインはPE0.8号のまま、リーダー12lbにメタル素材のリーダーを足しました。
まずはアンチョビミサイルで。
水深80m前後を狙いましたので、130g〜150gくらいが使いやすいかと思います。
船長に誘いの方法を聞くと、「フワフワとロッドをしゃくりながら、5回転程度巻いてステイ」を繰り返すそうです。
ステイが重要で、ステイもただ止めるパターンと、少しティップを揺らすパターンがあるようです。
巻きも、5回転→3回転→5回転とランダムにしてみたりと、単調な誘いから複雑な誘いで当日のパターンを組み立てるそうです。
アタリの多くはステイ中や、ステイからフォールさせた時に出ました。
2015102602.jpg
ヒットカラーもまずめと太陽が昇ってからでは変わりますし、タイラバのように周囲のヒットカラーに気を配りながらあわせていく必要があるようです。
時間帯によっては明確な差がありました。
また、ジグの方が反応が良い時間帯もありました。
2015102603.jpg
これまではジグでしか狙ったことがなかったのですが、アンチョビミサイルと使い分けることでさらにゲーム性が増しているように思いました。
ちょっとハマりそうです笑
みなさんもチャレンジしてみてはいかがですか?
おもしろいですよ!

爆流ビンビン玉スライドに搭載された針について

前回はバックファイヤーキャップという画期的パーツに着目しましたが、今回は爆流ビンビン玉スライドに搭載された針について触れたいと思います。
2015102002.jpg
爆流ビンビン玉スライドにはフッ素コート加工された刺さりや貫通性が良い針、ジガ―ライト真鯛が採用されています。
2015102001.jpg
アシストラインも長く、速巻き時に起こるテールバイトにも対策がされた仕様です。
テーリング防止にビーズが装着されています。
さて、ではなぜ小さい針が採用されているのか?
最近は小針が搭載された鯛ラバが多くなってきています。
中には疑問に思われている方もおられるかと思います。
私も小さい針を使うのですが、これが結構優秀なのです。
利点は、小さな針は噛み砕かれ難く、唇への掛かりがよいということです。
まず、吸い込みが良いので口の中や唇付近に掛かりやすくなります。
そうです、掛かるとバレにくい箇所に掛かりやすいのです。
唇や口の中に掛かるので噛み潰されることが避けられます。
牙のように出た歯の隙間の皮にうまく掛かる事もあります。
一方で、大きな針は外掛かりが多くおこる場合があります。
状況により吸い込みが弱い時、小鯛が多い時などは外掛かりでとるのもやむを得ない状況もありますので、このあたりは使い分けも必要ですね。
どちらかと言えば、私は口のどこかに掛かれば良い仕様だと考えています。
このことから、
・大きな針は針掛かりにくい中小鯛用である。
・小さな針は噛み潰されにくい位置に掛かりやすい大鯛用である。
といった考え方も可能です。
状況にもよるのでこれはあくまで考え方の一例ですが、
小さい針=中小鯛用ではなく、むしろ逆の狙いで大鯛を意識したものである。
おもしろい考え方でしょ?
この小針仕様ですが、気をつける点があります。
それは、引っ張り強度に耐えられる太軸の針を使う事です。
ジガ―ライト真鯛は太軸の針で、小針セッティングとの相性が良い針と言えます。
これまで、鯛ラバに適した太軸の小針が少なかったので、
最近ようやく可能になった仕様であるとも言えます。
一方で、細軸の針を使用したい場合には、その分サイズを大きくすると良いでしょう。
ビンビン玉スライドに採用されている一刀チヌ#6。
それにサーベルポイントのSやMといった針が大きめサイズで刺さりの良い仕様となっています。
皆さんも、独自のフック仕様を試すヒントにしてみてください。

タイラバ(鯛カブラ)で重要なパーツ

ジャッカルから、私も楽しみにしていた「爆流ビンビン玉スライド」が発売になりましたね。
気がつけば、こんなにも豊富なラインナップとなっています。
2015101600.jpg
上から、ビンビンインチク、爆流ビンビン玉スライド、ビンビン玉スライド、ビンビン玉クイックスプリングです。
今回、注目したいのは爆流ビンビン玉スライドで新しく採用された「バックファイヤーキャップ」です。
2015101605.jpg
現場でカラーチェンジなどをする際にとにかく手軽で、驚くほど簡単かつ素早く作業ができます。
また綺麗にパーツをまとめ、安定して泳がせることができるように考えられています。
2015101607.jpg
2種類の大きさがあり、シーハンターの太さによって使い分けられています。
バックファイヤーキャップの構造です。
2015101609.jpg
スカートやネクタイの交換方法はいたってシンプルで、シーハンターにスカートとネクタイを通して、バックファイヤーキャップを被せるだけです。
スカートはあらかじめ、中央をPEラインなどで縛ったものを用意しておくのもよいでしょう。
2015101611.jpg
クイックスプリングを使われたことがある方なら、すでにこの方法でご用意されていますね。
2015101610.jpg
バックファイヤーキャップは、セブンスライドに比べてパーツのシルエットがコンパクトです。
2015101606.jpg
一方、セブンスライドはスカートがフワフワと漂い、アピール力があります。
水押や波動も異なるでしょう。
2015101604.jpg
これらを使い分けることで、これまで以上にその日の状況にあわせた釣りができるようになったと思います。
ビンビン玉スライドにバックファイヤーキャップ、瀑流にセブンスライドという組み合わせもできます。
2015101613.jpg
さらにビンビンインチクのパーツを流用してもおもしろいでしょう。
2015101614.jpg
2015101615.jpg
また、ビンビンインチクにはビンビン玉のパーツも流用できます。
2015101616.jpg
2015101617.jpg
バックファイヤーキャップが追加されたことで、さらに広がりを見せたビンビンシリーズ。
2015101618.jpg
こうなると、バックファイヤーキャップの単品販売を望みたいところですね。
2015101602.jpg
ちなみに、名前の由来は、後ろ方向(バック)にパーツが放出(ファイヤー)されたように揃うからだそうです。
めちゃくちゃですが本当のお話です。
言いたいことはわかるような気がしますね笑

北九州・響灘タイラバ(鯛カブラ)レポート

3連休に北九州・響灘へ行ってきました。
現地に前日入りしましたので、J1ソルトで乗船させていただいた四季丸が開催していたジャッカル大会の様子を見に行きました。
2015101401.jpg
潮が思うように行かず苦戦されたようですが、良いサイズが上がっていました。
2015101402.jpg
上位の方は「5社メーカー対抗チャンピオン大会」の出場権を獲得です。
2015101403.jpg
その他、北部九州真鯛トーナメントを開催されていたり、様々なイベントをされています。
翌日。
1年ぶりにガイドサービスセブンに乗船。
2015101404.jpg
天気は良いが風が強い。
2015101405.jpg
それでも関西から来たメンバーと関東から参加したゲストがワイワイ楽しむ。
2015101406.jpg
亜衣ちゃんは遠慮して誰も行かないミヨシに陣取り、釣りを楽しんでいました。
2015101407.jpg
イベントの合間を縫って、関東から参加してくれた吉岡プロ。
2015101408.jpg
爆流で見せ場を作ってくれました。
海況悪い中、みんなでワイワイなんだかんだと様々な魚種が釣れました。
釣った魚は、宮崎船長が素晴らしい手さばきで調理してくれます。
2015101409.jpg
一瞬で真鯛のひらきが完成。
2015101410.jpg
驚いたのがエソ。
いつもリリースしていましたが、一夜干にするとうまいとのこと。
2015101411.jpg
こういった魚をおいしく食べるためのサービスは、魚の調理師免許を所持しておられる宮崎船長ならでは。
二日間、結構風が強かったのですが宮崎船長のおかげで楽しく過ごさせていただきました。
夜は船上で作っていただいた一夜干を食しました。
2015101414.jpg
エソがこんなに美味しいとは予想外でした。
海里さんも参加してJ1ソルト・ドラゴン8チーム同窓会?笑
2015101412.jpg
宮崎船長からいろんな「深い」話も聞けて、夜も楽しい時間を過ごさせていただきました。
2015101415.jpg
二日間、お世話になりありがとうございました。
次回、訪れた際は風が吹きませんように笑

兵庫県明石海峡タイラバ(鯛カブラ)レポート

だいぶん涼しくなってきましたね。
朝夕などは寒いくらいで、厚めの上着なしでは我慢できないほどです。
秋が深まる中、兵庫県明石海峡へ行ってきました。
日ムラはあるものの、潮が流れ出すとシャローでもまだまだ釣れているようです。
2015100701.jpg
まずは淡路島方面に流れる潮が少し残っていたので、その付近を狙います。
2投目でしたか、そんな早い段階で1枚をキャッチ。
2015100702.jpg
ただ、潮が少し残っている状況だったので、次の流しでは無反応。
潮も止まり、動き出すまで辛抱です。
潮止まりに青物が水面に顔を出し、同船者がメジロをキャッチ。
しかし、水面にいるベイトも3〜5匹ととても小さい群れというか、はぐれたもの?のような感じで青物の足も速く、真鯛もついていない感じ。
辛抱の時間を過ごし、ようやく満ち潮が動き出す。
これ同時に爆風の向かい風(笑)
潮と風が逆って、風が緩ければいいんですがここまで強いとかなりやりにくい。
こうなればバーチカルの釣りなのですが、スピニングタックルしか用意していないので、なんとかキャストできるところを探して打ってみる。
底潮もいい感じできいているのに、アタリが出ない。
流す筋を変えても変わらず。
ふと陸側を見ると、いい感じで潮が走っているところを見つけ、移動してもらう。
これが大正解。
潮は2ノット強で、陸側によったので風も少しマシになり、45cmをキャッチ。
2015100703.jpg
ここから一気にスパート。
57cm。
2015100704.jpg
54cm。
2015100705.jpg
4流し程度でしたが、よく釣れました。
この日、日が昇るまではオレンジゴールドフレークで、日が昇るとレッドゴールドフレークにコーラーオレンジフレークの2本掛けが好反応でした。
2015100706.jpg
夏場ほどの釣果は出なくなったものの、まだ楽しめそうです。
2015100707.jpg
ちなみに、この日は潮目を狙うと良い結果でした。
潮目を狙い場合ですが、潮目の内と外を狙ってみてどちらが良いかを交互に試したり、潮目のよれを狙い撃つと効果的です。
キャスティングだと、こういう狙い方ができるので効率的ですよ。
2015100708.jpg
バーチカルにはない釣法。
潮目が付近にあれば、意識して狙ってみてください。