和歌山県加太・タイラバ(鯛カブラレポート)

12月に入っても例年になく暖かい日が続いていましたが、年末になるとさすがに冷え込みがきつくなってきました。
そんな中、中島プロ、藤井プロと一緒に加太の清海丸へ行ってきました。
2015122701.jpg
ポイントは水深25〜30m付近。
朝一番は全くアタリがなく、ビニールにはアタリがありポツポツと上がる。
ゆっくりな巻きに反応しているので、巻きスピードをやや緩めて探る。
まずはホウボウ。
2015122702.jpg
続いて・・・
2015122703.jpg
中島プロに綺麗なゴーマル。
2015122704.jpg
ボトムから20巻きくらいできたとのこと。
水深の半分くらい浮いている感じ。
中島プロ、続いて同じサイズを今度はボトムで。
うーん、アタる水深がマチマチ。
ボトムから中層を探ると効率が悪いので中層だけを探りたいけど、かと言ってボトムでも釣れるのでやっぱり幅広く探るしかないのか?
こちらはキャスティングのフォールで。
2015122705.jpg
次はバーチカルでヨンマル。
藤井プロにも。
2015122706.jpg
周囲を見るとビニールはコンスタントに釣れているのですが、タイラバはどうも形勢不利のようで・・・
ベイトもなにかよく分からないですし、釣り上げた真鯛のコンディションを見てもやや痩せ気味。
こういう時ってアタるカラーもマチマチですし、これといったパターンもなく1日やり通してなんぼって感じになります。
ラストは藤井プロにビックヒット。
2015122707.jpg
エイでした。
2015122708.jpg
釣果的には一人2、3枚というところです。
港に戻り、みんなでランチ。
港から徒歩5分のところにある満幸商店へ。
2015122709.jpg
2015122710.jpg
2015122711.jpg
いつものことながら、コストパフォーマンス抜群のランチでした。
現在、日ムラはあるようですが、周囲の船を見ている限りではいい感じだと思います。
年末年始も加太方面は出船できる天候になりそうです。
年内、ラスト2回の釣行はすべて加太。
コンディションの良い、グッドサイズを釣りたいものです。

あらゆる遊動式タイラバに対応!バックファイヤーキャップ販売開始!!

ジャッカルより、あらゆる遊動式タイラバに対応したバックファイヤーキャップの販売が開始されました。
もう店頭には並んでいるようです。
2015122101.jpg
バックファイヤーキャップには、
・シーハンター8号クラスに対応した「Mサイズ」
・シーハンター15号クラスに対応した「Lサイズ」
の2種類があります。
2015122102.jpg
冒頭にもありますように、ビンビン玉以外でも使用することができます。
自作タイラバの方も、ぜひ使ってみてください。

冬場に強いタイラバエリア!和歌県加太のご紹介

瀬戸内の真鯛もいよいよ終盤。
終盤というよりも日に日に寒さが増し、釣果が厳しくなっていきますね。
代わりに、玄界灘など外海はこれから調子があがっていきます。
それはそれで魅力的なのですが、やはり近場でとなってしまいがちですよね。
そこで冬でも近畿圏からのアクセスがよく「タイラバで真鯛が釣れる」スポットをご紹介します。
はい、私も毎年冬になると訪れる和歌山県の加太です。
加太ってどこ?
2015121005.jpg
和歌山県と淡路島の間の海峡です。
2015121006.jpg
港からポイントまで10分足らず。
基本的にこの赤い丸で囲った部分がポイントです。
海峡になっており、島があるのでどこかしら潮が流れている場所がありますから、この範囲内で釣りをすることができます。
大阪から車で約1時間半程度です。
北西風に強く、冬型の気圧配置になってもここだけは出られます。
また、黒潮の影響も受けるので冬場でも水温が高くシャローからミドルレンジくらいの水深で釣りができるので、タイラバも45g、60g、80gあれば対応できます。
船は基本的にスパンカーでたてます。(遊漁船によって変わりますが、多くはスパンカーでたてます。)
根掛かりはほぼありませんし、比較的浅いポイントが多いので初心者の方にもおすすめです。
また魚影が濃いので、魚をキャッチできる確率は瀬戸内でも高い方だと思います。
加太に来られているお客さんはほとんどがビニールという、サビキ仕掛けです。
長い仕掛けに枝針が何本もついていて、一見タイラバよりも有利に見えますが、そうとは限りません。
魚が浮けば広いレンジを一気に探れるサビキが有利であるとは言えますが、これからボトム付近に集まる真鯛にはタイラバの方がよかったりします。
ビニールにはないカラー、アクションもタイラバにはありますから、ビニールに釣り勝つこともよくある話です。
遊漁船はいくつかありますが、ビニール専門船が多いのでタイラバをする場合には船を探すのに一苦労しますが、タイラバ専門で出てくれる船があります。
清海丸(せいかいまる)
石谷船長
冒頭で「冬場に強い」とご紹介しましたが、単に季節風に強いだけではありません。
まずはこれから年明け、1月くらいまでによい釣果があがるのです。
ホットな情報ですが、昨日、今日と大鯛もあがっています。
2015121001.jpg
これを見ると、すっ飛んで行きたくなりますよね。
さて、加太の魅力はこれだけではありません。
港には正午ころにあがります。(漁協で遊漁時間が決められていますので午前の遊漁となります。)
ちょうどお腹が空くころですよね。
港から車で3分ほどのところにおすすめのところがあります。
満幸商店(まんこうしょうてん)
2015121002.jpg
値段もリーズナブルでとてもおいしく、ボリューム満点!
人気のお店なので予約は必須です。
お腹を満たしたあとは、冷えた体を温めましょう。
港から車で15分くらいのところに日帰り温泉があります。
休暇村 紀州加太
2015121003.jpg
加太の風景を見下ろすことができる絶景の露天風呂があります。
日帰り入浴で大人一人620円です。
お風呂のあとはお土産コーナーで蜂蜜漬けの梅干しを購入しましょう。
2015121004.jpg
釣った真鯛の刺身の上に、この蜂蜜漬けの梅干しを添えれば、とても美味!
冬の真鯛は脂ものっていてとてもおいしいです!
そりゃそうですよね、関西で有名な真鯛ブランドと言えば明石、鳴門、加太ですから。
これからさらに寒さが厳しくなりますが、ホットな加太でタイラバをされてはいかがでしょうか。

タイラバパーツ「バックファイヤーキャップ」発売!

ジャッカルより、タイラバパーツの革命的新製品「バックファイヤーキャップ」が12月末に発売されるようです。
2015120401.jpg
以下、ジャッカルサイトからの引用です。
“バックファイヤーキャップ” は仕掛けのループにパーツを通すだけの簡単な作業で、揺れる船上においても、ネクタイやスカートの交換を素早く行うことが可能です。さらに、パーツの暴れを適度に抑えてくれる効果まで備えているので、繊細な誘いを可能にし、パーツ同士の絡まりを防ぐ効果があります。様々なヘッドに対して効果的に作用し、鯛ラバの性能を高めることができるでしょう。釣果アップに直結すること間違いなし。
【 参考適合表 】
Mサイズ シーハンター8号クラスに対応
Lサイズ シーハンター15号クラスに対応
2015120402.jpg
詳細はこちら