タイラバロッドについてユーザー様からご質問いただきました

ユーザー様よりご質問いただきました。
フィッシングショーOSAKA 2016でもよくご質問いただきましたが、ユーザー様がロッドをセレクトされる時、ここ最近の傾向として様々なロッドを使ってみた結果、自分の釣り(フィールド)に合うものをさらに深く追求されているような内容のご質問が多かったように思います。
カタログスペックでは誌面などの都合上、広い範囲でしかお伝えできておらず、そこに掲載(記載)されていない細かい部分が気になっておられるのでしょうね。
<質問内容> フィッシングショーOSAKA 2016で松本プロにお聞きしたかったのですが、他のお客様とお話しされてたのでお聞きできなかったので・・・。 私の釣行のほとんどが明石でしてHS610ULか710ULどちらを購入するか悩んでます。理想は90〜100gを引き重りなく着底感知が良く、アタリを弾かずオートに乗るロッドです。先日冬の小豆島対策にHS610SULを購入し抜群でした。BSC-72MH-VCMをお勧めになられるかも知れませがその次にと考えてます。宜しくお願い致します。 <回答> この度は、フィッシングショーOSAKA 2016でジャッカルブースにご来場いただき、ありがとうございました。 また、せっかくの機会でしたのにお話させていただくことができず申し訳ございませんでした。 さて、ご質問の件ですが、まとめますと ・明石がメインフィールド ・使用するタイラバのウエイトは90〜100g ・引き重りなく着底感知も良い ・アタリを弾かずにオートに乗せられるロッド を満たす条件のロッドをお探しのようですね。 明石で90〜100gのウエイトを使われる釣りをされているということは、明石でも比較的深いエリアですね。 海峡の真ん中など、50〜60m付近で2枚潮や激しい潮流と風が影響すると難易度が高くなりやすいところですと、このくらいのウエイトが必要になることはよく分かります。 ・使用するタイラバのウエイトは90〜100g ・引き重りなく着底感知も良い ですが、引き重りに関してはロッドで調整をするのは難しいかと思います。 引き重りの一番の要因は、タイラバ自身の抵抗です。 よって、単純にタイラバが水を受ける抵抗を減らすために同じウエイトでも高比重なタングステン性を使うことで引き重りは軽減されます。 これは同じウエイトでタングステン、鉛の両方を引き比べるとすぐに体感できるレベルです。 タングステンを使うことで解消されます。 次に着底感度ですが、90〜100gというヘビーウエイトなタイラバを使うと、まずロッドのティップ(先端部)がタイラバのウエイトで入り込んでしまいます。 さらに水深が深いとラインが潮流の影響で引っ張られますから、ロッドのティップにかかる負担は相当のものとなります。 こうなるとどうしても柔らかいティップのロッドでは底取りが不鮮明となってしまいます。 そういう部分を解消するには、HSシリーズの「BSC-HS710UL-ST」か、VCMシリーズの「BSC-72MH-VCM」の2機種に絞られるかと思います。
BSC-72MH-VCMは、今回の1本の次にお考えということですので、そうなるとBSC-HS710UL-STが良いのではと思います。
長さがありますが、実はこの長さが結構キモでして、乗り合い船など喫水の高い船やプレジャーボートで船の先端など、水面までの距離がある場合に着底感を邪魔する「風」の影響も防げます。
要するに、ロッドの長さを生かして水面ギリギリまでロッドティップを下げることで、水面から出ているラインが風を受けることを防ぐのです。
あと、HSシリーズはベリーに張りがある「掛け調子」のロッドですが、これはリールのドラグを調整することで魚を乗せることができます。
張りがある分、ドラグを緩めにすることで乗せることができると思います。(参考までにVCMはややキツめにして粘りのあるベリーで乗せる感じです。)
しっかりとした針掛かりが確信できたら、そこから徐々にドラグを締めて勝負をかける、そんな感じのイメージでファイトしていただけたらと思います。
これらの内容から、BSC-HS710UL-STをご検討されてはいかがでしょうか。
ちなみにBSC-72MH-VCMは、ビンビンスティックシリーズ最強の着底感を味わえるロッドです。
一見、ベリーが強靭に感じるかと思いますが、そこはオートに乗せるVCMシリーズでして、粘りがあるものですから、魚が反転→しっかりとした巻き合わせが決まります。
最後になりましたが、文章ではお伝えしきれない部分もございます。
もし機会がありましたら、明石ですと「利弥丸」がビンビンスティックシリーズ全機種取り揃えてレンタルしてもらえますので、実践でお試しいただくことも可能です。
上記の説明とあわせて参考にしていただけますと、なお分かりよいのではないでしょうか。

スピニングリールの楽しさをベイトリールで

新製品で個人的に気になったものを1つご紹介します。
タイラバで使えるベイトタイプのリール「シマノ・スティーレ」です。
2016021101.jpg
詳細情報はこちら
このリール、何がいいかと言うと「ドラグ音」。
これまでタイラバで使えるベイトタイプのリールでドラグ音が鳴るものは、オシアコンクエストのように丸型タイプに搭載されていましたが、ベイトタイプにも搭載されました。
このスティーレはアルデバランベースのようで、非常にコンパクトなフォルムで軽量です。
例えばオシアコンクエストの200番サイズが275g、炎月CTが200gであるのに対しスティーレはなんと145gです。
私自身、手が小さいのでコンパクトなスティーレはパーミングしやすく、また軽いので疲れにくいと思われます。
手に伝わる感度もよさそうですね。
そして何よりもドラグ音。
このドラグ音ですが、オシアコンクエストのものとは違い、スピニングリールに近い音になっているような印象を受けました。
スピニングリールでの釣りでベイトリールにない楽しさと言えば、ファイト中の心地よいドラグサウンドが挙げられます。
また、私自身はこのドラグサウンドで魚の大きさやラインがどれだけ出されたか?を知る目安にしていて、音でドラグを締めたり開けたりするようにしています。
ドラグサウンドがないベイトリールはこれがなかなか分かりにくく、リールが巻けているのかドラグが出ているのかの判断がしにくいです。
タイラバと言えばドラグを出す釣り。
ファイト中のやりとりにもなんとも言えない楽しさがあると思います。
ドラグ音が加われば、なおさら高揚感があります。
ドラグ音がある・ないで好きキライがあるかと思いますが、好きな方にはたまらないかもしれないですね。

ジャッカル・タイラバ関連新製品情報

フィッシングショーOSAKA 2016に参加してまいりました。
2016021001.jpg
さて、今年のジャッカル・タイラバ関連製品をすべてご紹介します。
まずは瀑流鉛式ビンビン玉スライドに45gと60gが追加されました。
商品詳細はこちら
軽いウエイトが追加されたことにより、比較的浅いエリアが多い瀬戸内などの地域ではとても重宝するウエイトです。
ちなみに、従来の丸型との違いは「静か動か」。
丸型は動かずフィネスな誘いをするのですが、瀑流はスラローム軌道のヘッドアクションでアピールして誘います。
分かりやすく例えると、ネクタイのストレートとカーリーの使い分けのようなもの。
動かない方がよいか、アピールした方がいいのか。
季節や状況によって、真鯛が好むアクションにあわせることが釣果を伸ばすコツです。
瀑流鉛式ビンビン玉スライドに45gと60gは3月の発売予定らしいです。
続いて、ジャッカルがワームをリリースします。
まずはカーリータイプのビンビンワームトレーラー 鯛カーリー。
商品の詳細はこちら
2016021003.jpg
そして鯛節ストレート。
商品の詳細はこちら
2016021004.jpg
私が個人的に思うワームのメリットは、
・針に絡みにくい(干渉しにくい)
・味、匂いなどの要素が加わる
・シリコンネクタイにない波動
です。
開発者に聞くと、これらの様々な要素についてトライアンドエラーを繰り返したそうで、すでにタイラバでワームを使用することがスタンダードになっていますが、すぐに商品を出すことはせず、あえてじっくり完成度の高いものをリリースすることに徹したそうです。
他の特長としては、
・1本である(装着した時に2本にならない)
・長さ調整ができる
ことでしょうか。
1本にすると、同じ色を2本つけることによるアピール力の増加や、異なるカラーをつけてのコントラストによるアピール、従来のネクタイにワームを追加させて目先を変えるなど、幅広いシチュエーションにあわせやすいメリットがあります。
次に、針に刺して使うトレーラーワーム。
商品の詳細はこちら。
http://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/tai_kabura/binbinwormtrailer_comb/
http://www.jackall.co.jp/saltwater/products/lure/binbinwormtrailer_peke/
2016021005.jpg
針を浮かせてネクタイなどのパーツに添わせることができたり、バイトマーカーのような使い方もできます。
こちらもカットして長さ調整が簡単にできます。
あとはこのトレーラーを持っていると、最近流行の「バチコン」にも対応できますね。
真鯛を狙っていて遭遇するアジやメバルなどを仕掛けを変えるだけで狙うことができます。
今年は私もこれに挑戦してみようと思います。
ワーム関連はすべて3月の発売予定らしいです。
続いてビンビンインチクにも45gをはじめとする軽いウエイトが追加されるようです。
2016021007.jpg
キャスティングタイラバはもちろん、ショアからのロックフィッシュ狙いなどにも対応できるウエイトサイズですね!
最後に、タイラバとひとつテンヤが融合したテキサステンヤが展示されていました。
2016021006.jpg
タイラバパーツをつけたり、テンヤの針をセットした餌釣り、ワームをつけたテキサスなど、1つのヘッドで様々な釣りに対応できるものです。
半固定のシステムでバレにくさも考慮しています。
今年の新製品も楽しみですね!
さて、ショーではたくさんの方々とお話しさせていただきました。
まずは初日の業者日。
ここでは、各地の遊漁船の船長にお集まりいただき、毎年恒例の船長会を開催しました。
今年は20名以上の船長が参加され、食事をしながら情報交換などをしていただきました。
2016021008.jpg
一般日はソルトチームで皆様をお出迎え。
2016021009.jpg
タイラバは亜衣ちゃんと二人で担当させていただきました。
2016021010.jpg
ところで、ソルトチームにどこかでみた少女が・・・
2016021011.jpg
そうです!J1ソルトグランプリでドラゴン8チームに所属していた海里さん。
セブンスライドを考案したガイドサービスセブン・宮崎船長の娘さんです。
彼女が2日間、私たちと一緒にジャッカルブースを盛り上げてくれました。
利弥丸の常連さん。
2016021012.jpg
伊達丸の伊藤船長。
2016021013.jpg
そしてステージでは亜衣ちゃんと。
2016021015.jpg
海里さんもステージに上がりました。
2016021014.jpg
17歳とは思えない堂々としたステージでした。
今後も彼女の活躍に期待したいですね。
最後になりましたが、今年もたくさんのご来場、誠にありがとうございました。
2016021016.jpg

ご質問いただきました

ユーザー様よりご質問いただきました。
同じようなことで悩まれている方もいらっしゃると思いますので、参考にしていただけたらと思います。
<質問1>
場所は瀬戸内(玉野、宇野沖)か下津井周辺で釣りをしており、メインは60gで稀に45g。それ以外の重さは使いません。色々な竿を使い、現在はBSCー610ULーVCMに落ち着いているのですが、パワーがありすぎて面白くないのです。
昨年、78cmを釣ったときも余裕すぎて・・・
そこで目を付けたのが、BSC-HS610SUL-STなのですが、コンセプトが違うことは承知しています。
サンデーアングラーの私にとって、魚とのファイトも楽しくなくてはつまらないものです。大鯛がいつも釣れる訳ではなく、40cm~50cm程度でも楽しみたい!と考えています。
私がタイラバロッドに求めるのは、乗りが良く、良く曲がり、中型魚とのファイトも楽しめ、そこそこの感度があることです。
以上を踏まえた上で、HS610SULという選択肢はどうでしょうか?
近くの釣具店にもありませんので、注文でしか購入できないのでご質問を致しました。
<回答>
現在、「BSC-610UL-VCM」をお使いとのことですが、おっしゃる通りしなやかでありながら粘り強いブランクですので、大鯛や青物でも「暴れを抑制して」寄せてくることができるロッドです。
一方、現在お考えになられている「BSC-HS610SUL-ST」は、ロングソリッドティップ仕様で、アタリがあると追従していくようにティップが入りますが、適度に張りのあるベリー部分で魚を掛けることができるロッドになります。
乗りが良く、良く曲がるロッドは感度が下がります。
感度を上げるのであればそれなりの張りが必要となります。
この相反するものをバランス良く設定することにメーカーさんは試行錯誤していると思います。
お考えになられている「BSC-HS610SUL-ST」は、現在お使いの「BSC-610UL-VCM」に比べると、ティップの入りはさらに良い上に感度も高いと思います。
ファイトにおいては、現在お使いの「BSC-610UL-VCM」の方が暴れを抑制(吸収)するようなロッドですので小〜中型の魚を掛けた時の安心感は高いと思います。
「BSC-HS610SUL-ST」では、どちらかと言うと手元に魚の首振りが伝わりやすい感じがします。
よって、現在お使いの粘りのあるブランクから、ある程度張りを持たせたブランクに変えることで、ファイト時のドキドキ感はたまらないものになるかと思います。
普段は瀬戸内(玉野、宇野沖)か下津井周辺で釣りをされているとのこと。
なかなか言葉では伝わりにくく、ロッドの調子などは個人差があると思います。
安いものではありませんから、できれば実際に使用してみて最終判断をされる方がよいと思います。
下津井周辺ですと、松本釣船2さんにレンタルロッドとして「BSC-HS610SUL-ST」があると思いますので、一度お試しされてはいかがでしょうか。
松本釣船2
http://artemis.cx/
<質問2>
バッグファイアーキャップですが、10号のシーハンターの場合、サイズはどちらを購入すればよいでしょうか?
<回答>
バックファイヤーキャップには、
Mサイズ シーハンター8号クラスに対応
Lサイズ シーハンター15号クラスに対応
の2種類のサイズがあります。
シーハンターの10号を使われるのであればLサイズの方が通しやすいと思います。
Mサイズでもシーハンターの10号を通せますが、穴が小さいためにシーハンターに通そうとなると少し時間がかかるかもしれません。
よって、Lサイズをおすすめいたします。

ジャッカル・ソルト新製品情報【続報】

先日ご紹介させていただいた、ニオイで釣果が更にアップするビンビンワームネクタイとビンビンワームトレーラー。
こちらは動画が公開されています。

そしてさらに、新たな新製品情報をキャッチしました。
2016020301.jpg
爆流ビンビン玉スライドに45gと60gが追加されています。
ネクタイやスカートがヘッドの反転流の影響を受けず、パーツが暴れにくいヘッド形状のコンパクトサイズです。
明石、加太、香川などでは45gや60gの使用頻度が高いだけに軽いウエイトのラインナップが増えたことは嬉しいことですね。
また、45gと60gだけに設定された釣れ筋カラーも追加されています。
他にもまだあるようなのですが、フィッシングショーOSAKA 2016明けにでもレポートしたいと思います。
が、少しだけキャッチした情報を・・・
「テキサステンヤ」という名のタイラバ×ひとつテンヤの新しいリグがあるようです。
フィッシングショーOSAKA 2016開幕まであと少し。
6日(土)、7日(土)の両日、ジャッカルソルトブーズに立ちますので、ご質問などありましたらこの機会をぜひご活用ください。