第9回高松鯛釣りカップに参加しました

5月29日の日曜日に、香川県で開催された「第9回高松鯛釣りカップ」に参加しました。
計10艇の遊漁船で総勢80名ほどの大会です。
TTC09.jpg
私はポセイドンに乗船しました。
ナカジーステッカーを貼らせてもらってナイスフィッシュ祈願!
2016053001.jpg
さて、朝一番に入ったポイントでは非常によく釣れました。
風の向きと潮の流れで右舷側にアタリが集中。
一方、左舷側は苦戦。
私は左舷側に居たのですが、船の下にラインが入っていく状況でした。
キャストしてもせいぜい2回のリフト&フォールで回収しないといけない状況でした。
水深が浅かったので、キャストを選択しましたが、この良い時間はノーフィッシュで終了しました。
この時点で半数以上の方が真鯛をキャッチ。
その後はポツポツと拾い釣り。
開始から4時間後、釣り座ローテーションでミヨシに立てたのでキャストする角度が広範囲になる。
そこで本日1枚目をキャッチ。
しかしミヨシの1時間ではこの1枚のみ。
ここから、右舷側の一番後ろへローテーション。
潮が転流して潮先に入る形になりました。
しかし風が強くなり、雨もぱらつく。
今度は右舷側がやや船底に入る。
そして底潮が動いていないのに、風で船が流され二枚潮のような状況。
二枚潮(二枚潮のような状態)は経験上、バーチカル有利。
朝からずっとスピニングタックルで釣りをしていたので、ベイトタックルは持ち込んだもののセットする時間のロスが嫌で、スピニングタックルのままバーチカルをする。
運良くいい釣り座にローテーションできたおかげで、この1時間で3枚の真鯛と2本のシーバスをキャッチしタイムアップ。
2016053002.jpg
果たして結果は。
2016053003.jpg
4位に入賞できました。
2016053004.jpg
同船者のトップは準優勝。
優勝はセブンゴッドでロクマルを2枚キャッチされた方でした。
私のタックルデータですが、結果的にスピニングタックルオンリーで、30gと45gの固定式ビンビン玉を少し改良したものに、ビンビンワームトレーラー鯛節ストレートの赤とオレンジに、ビンビンワームトレーラー鯛ペケをセットしたものでした。
2016053005.jpg
モザイクで隠してある部分があるのはご容赦ください。
個人的な楽しみで作ったものですし、公表するほどキチンとできていませんので笑
ワームしか使わなかったのは、キャスト時の針絡みを避けたいのが一番。
シリコンだとどうしても針先がネクタイを拾ってしまいやすく、ワームだとそれが少なくなります。
匂いや味にどうしても注目しがちですが、こういったパーツのトラブルを防ぐ意味も大きいのがワーム素材のメリットでもあります。
そして今年はかなりの方が3本針を使っておられた印象です。
みなさん、セッティングの方法は様々でいろいろ工夫されていますね。
思い起こせば数年前に香川で3本フックを使われているのを見た記憶があります。
その頃は、ネクタイなどのパーツに絡まないセッティングを試行錯誤されていたようですが、ワームの普及に伴ってそれが解消され、3本針の使用が加速したように思い受けました。
今や、関西方面で各地から強者が集まるようになった香川県。
香川県に来る度に、いろいろなことを知ることができ勉強になります。
今週は香川のタイラバカップですね。
私は残念ながら北九州のイベントと重なってしまい、欠席させていただくことになりましたが、参加される方のご健闘をお祈りしております。

ビンビン!タイラバクリニック開催のお知らせ

和歌山県加太の三邦丸でジャッカルカップが開催されています。
そこに亜衣ちゃんと私がゲストで参戦決定!
ぜひ遊びにきてください。
業界初!?釣りオネエ 田中亜衣さん(6/11)
鯛ラバ情報サイト、鯛カブラ.com 松本裕之さん(6/18) 
二方とも関西の鯛ラバに精通したエキスパート。鯛ラバに初挑戦の方も、スキルアップ希望の方も一緒に釣りを楽しみながら教えていただきましょう。あなたのお悩みを一発!スッキリ!解決してくれます。
◎開催日 6月11日(土)18日(土)
◎時間 出船 12:30 帰港 17:00
*基本講座 11:50頃~ 釣座抽選 12:10頃~
◎乗船料金 6,000円(一般) 1,000円(会員)
詳細はこちら
2016052701.jpg

キャスティングタイラバ〜タックル編

これからの季節、瀬戸内では産卵を終えた真鯛は徐々に体力を回復させ、餌を追ってシャローに入ってくるようになります。
こうなると面白いのがシャローのキャスティングタイラバ。
キャストする方向を考え、イメージ通りにトレースする。
もちろん、ポイントへは遊漁船の船長に連れて行ってもらっているのですが、そこでさらに「自分で探す」というプラスアルファが加わるからです。
浅いだけにアタリもよりダイレクト感があり、青物のように走るスリリングなファイト。
私はこの釣りが一番好きです。
これまでに何度か紹介してきましたが、ちょうどそろそろシーズンインなので、おさらいの意味も含め自身が考えるキャスティングタイラバを何度かに分けてお話したいと思います。
まずはタックルです。
ベイトタックルでもキャスティングは可能ですが、できれば専用のスピニングタックルを揃えたいところです。
なぜなら、
・バックラッシュなどのライントラブルが減る
・タックルの重心が下向き(ベイトは上向き)なので、安定したファイトができる
という2つのメリットがあるからです。
私の場合、ロッドは以下の2種類を使い分けています。
2015052501.jpg
<ジャッカル・ビンビンスティックHS BSS HS610ML-ST>
船の釣り座、特にミヨシ(船首)以外の釣り座で使用します。
乗り合いなど混雑した場合にも使用します。
ビンビンスティックHS BSS HS610ML-STの詳細はこちら
<ジャッカル・鯛夢 TMS-245M-ST>
ミヨシなど高い釣り座で使用します。
混雑しておらず、広々と釣りができる場合にも使用します。
鯛夢 TMS-245M-STの詳細はこちら
単純にこれらの違いはロッドアクションもさながらですが、一番の違いは長さです。
ビンビンステックは取り回しが抜群で扱いやすく、バーサタイルに使用できます。
一方、鯛夢はテンヤロッドなのですが、その長さを生かしてロングキャストができ、ミヨシなどの高い釣り座では、風の影響を受けやすいラインを水面に近づけてリトリーブできるポジションを保てます。
このように長さの違う2本を持つことで、いろんな状況に対応できるようになります。
続いてリール。
私はシマノの2500番、3000番を使っています。
瀬戸内のシャロー(30m以浅)で使うタイラバのウエイト(45g前後)をリトリーブするのに、特に引き重りなく安定した巻きができるサイズではないかと思います。
ギア比は高いもの(HG)使用。
キャスティングタイラバは「ピックアップしてキャストする」動作を繰り返す釣りですから、手返しの多さが釣果に直結します。
この部分を特に重視しているので、私は好んでHGタイプを使います。
2015052502.jpg
2015052503.jpg
リールのハンドルノブはラウンドタイプに交換しています。
このタイプのノブは、しっかりと握ることができますから強烈なバイトや、ファイト中のツッコミでもノブから手が滑ってしまうことがありません。
また、長時間ノブに手をかけていても、平ノブに比べて手の負担が少ないです。
「力をそれほど入れなくても、リーリングができ、瞬間的な負荷がかかっても手が滑りにくい」
というメリットがあります。
平ノブからラウンドノブに替えるだけで、劇的に変わるのを体感していただけると思います。
次にライン。
私はメインラインのPEは1号を巻いています。
シャローなのでそれほど底取りにシビアになる必要もないでしょうし、キャスト時のライントラブルが発生しても、少々のことではラインブレイクしにくいです。
ラインキャパは150m巻けば十分でしょう。
リーダーはフロロの12lb。
これを、2ヒロ程度とっています。
リーダーの長さについては、人それぞれいろんな意見があると思いますが私は短めの方が、ライントラブルも少ないように思えますし、その長さで十分かなと思っています。
と、タックルはこんな感じです。
次回は、使うタイラバについてお話いたします。

兵庫県明石海峡タイラバレポート

この週末は明石へ行ってきました。
スピニングタックルオンリーでキャスティングタイラバ1本勝負。
タイラバはどちらかというとまだまだバーチカルで狙う人が多いように思います。
年々スピニングタックルを持ち込む人が増えてはきましたが、まだまだ浸透していないように思います。
私はどちらかと言えばというより、無類のキャスティング好きです。
ポイントには船長が連れていってくれるのですが、キャスティングで狙ったコースを通して釣ることで、なんとなくどこか自分で探して釣ったような気分に浸れるのと、スピニングタックルのファイトが好きなんです。
無論、状況や季節によってはベイトタックルのバーチカルが有利な展開もあるのですが、いろんな状況でスピニングタックルによるキャスティングタイラバをしてきたことで見えてきたこともあります。
今回の釣行ではスポーニング絡みの個体が10mを切るような水深で口を使ってくれました。
潮が動き始め、本流が来るまでの時間に大型のバイトが集中。
計3枚の良型を掛けましたが、1枚目は水面に浮かせてフックアウト、2、3枚目はファイト中のツッコミでフックアウト。
このうち2枚は「プツン」という感覚が伝わってフックアウトし、1枚はフックを伸ばされてフックアウト。
後に釣り上げた真鯛を見ると、ほぼすべてと言っても過言ではないくらいリアフックに掛かっており、唇の柔らかい部分に掛かっているものが多く「プツン」という感覚は身切れが原因ではないかと推測します。
私が釣りをしているエリアでは、6月くらいまではこの状況が続きます。
カーリーテールよりもストレートが良く、少し短めにします。
あまりパーツが動かない小さなシルエットの方が分があるように思います。
ビンビンワームトレーラーも有効的です。
ビンビンワームトレーラー
小型が多いというのもありますが、胃の内容物は1cmもないような貝やカニを食べていることが多く、あまり動かない底生生物を捕食していることが多いというのもあります。
特異なエリアなので短い時間だけしか釣れませんが、よくアタリました。
2016052301.jpg
2016052302.jpg
2016052303.jpg
2016052304.jpg
2016052305.jpg
2016052306.jpg
次の日もと欲を出して2日連続の釣行となりましたが、出てまもなく風が強まり1枚釣って上がりました。
これからの季節、明石では午後に南風が吹き、軽視しているととんでもない目にあいます。
6月に入れば、利弥丸でのキャスティング午後便が始まるかと思います。
良い潮の時にだけ午後出ると思いますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。
9月くらいまで楽しめますよ。

タイラバマガジンII

昨年発売されたタイラバマガジンですが、2016年5月31日に「タイラバマガジンII」が発売されます。
今回、私はシャローとディープの攻略法を執筆させていただきました。
結構なボリュームの執筆をご依頼いただいたので、しっかりとノウハウをお伝えできる内容になっているかと思います。
よろしければご一読ください。

タイラバマガジンII

タングステン性小型ジグ「ラスパティーン」

少し更新が遅くなりましたが、GW中に福井県の小浜から出船している雲丸に行ってきました。
2016051601.jpg
昨年にジグをただ巻きするおもしろい釣りがあると雲船長から伺い、興味を持っていたのですが機会を逃しましたので今回初チャレンジとなりました。
この釣りですが「白身三昧便」と呼ばれ、主なターゲットはシーバスです。
タイラバやスッテのタックルをそのまま使い、メタルジグを落として巻くだけというタイラバと同じような釣りのようで、女性などにも人気だそうです。
ただ、落として巻くだけといえど、日によってはパターンが異なり、カラーやシルエット、ブレードのあるなしで釣果が変わるといった、まるでタイラバのネクタイなどのパーツを調整するかのようなゲーム性を持っています。
また、前述しましたようにライトタックルで時には80cmや90cmというようなシーバスがヒットし、ブリなどの青物もヒットするのでとてもスリリングなファイトを楽しめます。
少し話は逸れますが、私自身、このような大型で引きの強いターゲットとファイトすることで、いつも使っているタイラバタックルの限界を知ることができると思います。
特にラインに関しては、タイラバ初心者は特に0.6号や0.8号の強度に不安を感じると思いますが、しっかりメンテしているラインであれば、多少無理をしても簡単にラインブレイクすることはありません。
簡単にラインブレイクする主な原因は、オマツリや船底に擦れるなどのトラブルがあった時のラインチェック、またはその症状によってはライン交換、根ズレによるリーダーチェック不足です。
例えPEラインを半年以上(月2〜3回程度の釣行)使用していても、きちんとチェックしていれば大丈夫かと思います。
さて、本題に話を戻しましょう。
今回は、ジャッカルから新発売される小型のタングステンジグ「ラスパティーン」のサンプルを入手したので、早速使ってみました。
ラスパティーンの詳細はこちら
使った水深は40〜50mでウエイトは40g。
ドテラ流しでもそれほど流れない状況であれば、十分底を取ることができます。
この日はベイトの大きさがマチマチで、イカナゴ大、イカナゴ小、子イカ、ベラやヒイラギの幼魚でした。
イカナゴ大の時は大きめのジグに反応が良く、小さくなると小さいジグに反応が良くなります。
また、ブレードの種類(形状)や大きさ、カラーをどう組み合わせるかで釣果が変わります。
ラスパティーンに少し小さめのウィロー系のブレイドをセットしたものを使用しました。
2016051603.jpg
本当に落として巻くだけで釣れちゃいました。
2016051602.jpg
タイラバと同じく、着底して巻き始め、アタリがあってもそのまま巻き続けると追い食い、中層、フォールと様々なパターンが存在します。
これはおもしろい!
タイラバ好きならこの白身三昧便もハマる釣りだと思います。
6月くらいまでは良いそうなので、機会があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
また、この釣りを通じて、真鯛を同じような方法で狙えるのではないか?ということも思いました。
シャローで真鯛が良くなれば、ぜひ試してみたいと思います。

兵庫県明石海峡タイラバレポート

GWはいかがでしたか?
天候の良い日が多く、みなさま各地へ釣りに行かれたのではないでしょうか。
私は、利弥丸の熊本チャリティーイベントにお邪魔してきました。
2015050901.jpg
この日は潮も良くて期待したのですが、予報に反して風が強く釣りができるエリアが限定的に・・・。
さらに追い討ちをかけるようにどんどん風が強くなって午前中で沖上がりとなってしまいました。
結果、真鯛「ゼロ」とパーフェクトゲームでしたが、自然相手ですから仕方ないですね。
そのような条件の中、チャリティーイベントに参加していただいたみなさまに感謝です。
2016050902.jpg
亜衣ちゃんが募金箱を作ってくれました。
少しでも復興のお役に立つことができたら嬉しいです。

マイクロジギング

最近「マイクロジギング」という釣りが気になっています。
その名の通り、タングステン素材を活用しコンパクトなシルエットのジグです。
キャスティングタイラバのように、チョイ投げして巻いてくる釣り方のようで、タイラバタックルを流用できます。
ターゲットは真鯛、青物、根魚など。
私自身、ジャッカルのラスパティーンを期待しています。
ちょうど動画でもただ巻きの使い方(マイクロジギング)をして釣れているようです。

機会あれば、試してみたいと思います。

三重県紀伊長島タイラバ(鯛ラバ)レポート

GW前半は、三重県の紀伊長島へ行ってきました。
三重県と聞いてあまりピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますが、実はタイラバが密かなブームになりつつあるフィールドなのです。
そんな中、和栄丸にお招きいただきどんな感じのところなのか見に行ってきました。
野呂船長とは今年のフィッシングショー大阪で初めてお会いしました。
現在は、タイラバ遊漁に向けてポイントなどを日々開拓されています。
元々は漁師をされていて、ここ最近遊漁船を始められたとのこと。
漁師をされていたのであれば、遊漁船を始められて間もなくと言えどすごく期待しちゃいます!
2016043001.jpg
この日は我々のためにチャーター。
外海だけあってすごく海が綺麗です。
2016043002.jpg
狙った水深は40〜50mといったところでしょうか。
この日のスタイルはドテラ流しなのですが、ポイントの移動が早い。
ベイトの反応が薄くなればすぐに移動するスタイルでテンポがいいです。
早い時は2、3回の巻き上げで移動になるので、このスタイルならタングステンが有利でしょうね。
船長は80gを推奨されていました。
さて、ベイトは底から10m付近にたまっています。
ベイトは小さいイワシとのこと。
2016043003.jpg
しかし、タイラバを巻いてもカラーをチェンジしてもポツリポツリと釣れる程度。
アタリはあれど「コンっ」というショートバイト。
ベイトが小さいからか?とショートネクタイを試したり、ワームを使ったり、リアクション狙いの高速巻きをしたり。
あらゆることは試してみたのですが、どうやらこの日の真鯛の機嫌は悪いようで、結局真鯛は1枚。
あとは、ハナダイやイトヨリ、エソといった釣果となりました。
2016043004.jpg
次の日、ご自分で出られた船長はいいサイズを釣ってくれました。
2016043005.jpg
ま、今はちょうど産卵に絡む気難しい時期なのでしょうね。
日ムラもあり釣果が安定しないのでしょう。
ですので、今現在はまだタイラバのお客様を募集していないようなのですが、間もなく安定しだすと思われますので、タイミングを見計らって募集開始となるようです。
まだまだ手探りなだけに、どれくらいのポテンシャルを秘めたフィールドなのかは未知数です。
私も、また改めて行ってみたい注目エリアです。
ちなみに、大阪からの交通ですと、車で名阪国道を抜け伊勢道〜紀勢自動車道に入り「紀伊長島I.C」より車で5分。
大阪から約200km程度ですので、3時間あれば到着するかと思います。
高速代は伊勢道〜紀勢自動車道だけですので距離の割に財布に優しいです。
そして、僕にはうれしい?午前11時から17時頃の遊漁になるとのこと。
大阪からですと、7時から8時に出れば間に合います。
体にもやさしいですね笑
また、ポイントも港から近く、明石や加太で釣りをしているような感じ。
夏にはシャローに魚が差してくるようなので、キャスティングも期待できそうです。
船長には、浅場で反応が出だしたらすぐに連絡ください!とお伝えしました。
また近いうちに行ってみたいと思います。