スピニングタックルのライントラブルやベイトリールのバックラッシュについて

スピニングタックルを使ったキャスティングタイラバで、よく見かけるのがライントラブル。
ガイドにラインが絡まってロックし、ラインブレイクしてタイラバだけが飛んでいったり、魚を掛けた時にノット付近のPEラインが切れてしまった・・・
ベイトタックルでは、経験が浅い方に多いのがスプールの中でラインが絡まるバックラッシュ。
このような経験をされたことや、現在もなおこのような症状に時折悩まれている方はいらっしゃいませんか?
今回は、このようなトラブルを低減させる方法の一部をアドバイスしたいと思います。
まずはスピニングタックルの場合。
2016072801.jpg
ラインを少し太くする
ベイトタックルと同じ号数を巻かれている方をよく見かけますが、個人的には1号が良いように思います。単純なことですが、ラインが細いと切れやすいです。
ノットを必要以上に長くしない
私はPRノットでリーダーとPEを結束しています。完成したノットの長さは5mmを少し切るくらいの長さです。これで十分強度は出ているかと思います。ノットが長いと、ガイドに干渉しやすくなりトラブルの原因となりやすいです。
フルキャストしない
キャスト時のテイクバックやロッドを振り抜くスペースに制限がある釣り座、周囲のお客様との距離が近い乗り合い船・・・という制限に不意の波による揺れなどがある状況でフルキャストすると、よほど慣れていない限りトラブルの元になりやすいです。
それよりも、おおよそですがフルキャストの半分くらいの力で「ふわり」とキャストする方がトラブルは減るかと思います。
確かにロングキャストは有利ですが、同船者に怪我でもさせたら大変ですし、ラインブレイクするとルアーをロストしたりノットを結び替える手間が増えます。「ふわり」とキャストして、キャスト回数を増やすことで良いと思います。
キャストのコツ
・キャスト時にタイラバで水面を叩かない(触れさせない)ようにする。
・アンダーハンドでキャストする。
・ロッドにタイラバの重みをのせて送り出すような感覚でキャストする
その他1
ノット付近のPEラインに結びコブができていないか時折チェックしましょう。もし結びコブができていたなら、軽く引っ張って「スルリ」と解けるようであれば、一応大丈夫かと思います。(可能であればその部分をカットしてノットを組み直すことを推奨します。)この場合、ラインコーティング剤を予めラインに吹きかけておくと解けやすいです。
結びコブが解けない、強く引っ張って解けたという場合は躊躇せずノットを組み直しましょう。かなりの確率でそこからラインブレイクします。傷んだラインは驚くほどあっさりブレイクします。
その他2
根掛かり、掛けた魚のファイト後はラインが下のラインに食い込んでいる可能性があります。ここでロックしてタイラバが自分の方に返ってきたりして危ないので、根掛かりや魚のファイト後は軽くキャストして食い込んだラインを解くようにしてください。
次にベイトタックルの場合。
2016072802.jpg
ここでは、ベイトリールを「バーチカルに使う」という前提でお話します。
フォール時は必ずサミングする
サミング、いわゆるスプールに軽く親指をあててブレーキをかけます。余計なラインを出さない、着底が分かりやすくなる、着底時のバックラッシュが低減されるといったメリットがあります。
ウエイトが重いタイラバを使う場合はロッドとラインの角度をできるだけなくす
ウエイトが重いタイラバを使う場合、どうしてもロッドティップが暴れやすくなります。ウエイトが重い=ティップに負荷がかかるので、例えばサミングが慣れていない人や、スプールからラインが出て行く角度によってライン放出時の抵抗が生まれてロッドティップが「おじぎ」し、ライン放出の抵抗が減った時にロッドの反発力で、ティップが持ち上がります。これがバックラッシュになる原因となります。
ロッドとラインの角度を少なくすることで、ロッドの反発力が少なくなりライントラブルが軽減されます。
ウエイトが重いタイラバを使う場合、リールのクラッチを切る時に注意する
重いタイラバ=負荷がかかった状態でベイトリールのクラッチを切ると、負荷がかかっていない状態よりもクラッチが重く切りにくい状態になっています。この時、力を入れてクラッチを切ると勢いよくスプールが回転し始め、このタイミングでバックラッシュしやすくなります。頭の片隅にでも入れておくことで、ライントラブルを軽減できますので、覚えておいてください。
その他
根掛かり、掛けた魚のファイト後はラインが下のラインに食い込んでいる可能性があります。こういった後の1度目のフォール時は注意しながらラインを放出してください。食い込んだところでラインがロックして、ライントラブルになる可能性があります。
と、こんな感じで「少し気をつけるだけ」「知識を頭に入れておくだけ」でライントラブルは軽減できるかと思います。

第10回高松鯛釣りカップに参加しました

第10回高松鯛釣りカップに参加しました。
夏のシャローでタイラバをキャストして釣る。
その楽しさを普及させようと、遊漁船の船長達が考案した「スピニングタックルしか使えない」という制限がある大会です。
年間、複数回開催される高松鯛釣りカップですが、スピニング縛りの大会は毎年夏に開催され今年で3回目を迎えます。
少しマニアックな大会ですが、香川県のみならず他府県からの参加も多い人気の大会。
ここでの釣りは久しぶりということもあり、大会にエントリーした仲間と前日入りして状況を見てみようということになりました。
香川県高松市へは大阪から車で約3時間くらいでしょうか。
前日プラはポセイドンに乗船しました。
2016072510.jpg
大会当日に乗船する船ではありませんが、香川エリアのおおよその状況は掴めると思います。
2016072511.jpg
つい一週間ほど前までは、大型を含むいい釣果だったらしいのですが急激に落ち込んだそうで。
とは言え、ポセンイドンの林船長は大会に向けて魚が濃そうなエリアをチェックしてくれていましたので、あとはアングラーがどう釣るか?ですね。
あいちゃん、先日の明石大会の優勝者を含む頼もしいメンバーと一緒ですので心強いものです。
さて、蓋を開けてみると朝一のエリアではいい感じでマダイに出会えました。
しかしながら、このエリアの潮がなくなり他のエリアに移動すると噂通りに渋い。
アタリがない時間→たまに釣れる→アタリがない時間→たまに釣れる。
釣れる魚は餌をよく食べているのか体型はもの凄く良好。
なのになかなか口を使ってくれない。
アタリがあっても追いが悪い。
そんな一日でしたが、本番当日の終了時間までは当日周るであろうエリアチェックして、それを過ぎた後は夕方まで私たちにお付き合いくださいました。
プラを終了後はホテルにチェックインして、メンバーで食事。
香川県の高松エリアは、港から高松市内のホテルまで近い遊漁船が多いのも魅力です。
市内のホテル近くには徒歩圏内にいくつもの飲食店街があり、こういった点でも重宝します。
今日のプラを終えてメンバーで感じたことをまとめると、
・カラーは赤をベース
・シルエットの小さいもの(鉛よりタングステン)もしくは波動系
・だいたいどこのエリアもボトムにマダイが張り付いている感じ
・潮が動けば横引きに反応、潮が止まれば上下の動きに反応
といった感じ。
さて、迎えた大会当日。
私はワンピースに乗船しました。
2016072512.jpg
前日とは違うエリアでしたが、マダイがヒットする状況などを見ていると前日のプラと同じような感じです。
特に大きく状況も変わらないことから、乗船前に決めていた方法で大会終了までやろうと決めました。
大会スタート後、1回目のローテーションの釣り座で2kg弱が釣れました。
あとは同サイズをもう1枚釣ればそこそこの順位になれるであろうと、次を狙います。
結果的に私はこの1枚のみで終了。
ウエイト的には船で一番良かったのでワンピース代表として検量に挑みます。
そして閉会式。
大会は2枚の重量で順位が決まります。
2016072513.jpg
64名の頂点に立った人はナナマルを絡めていました。
2016072514.jpg
ノーフィッシュやリミットメイクできなかった方もかなりいらっしゃった中、素晴らしい釣りを展開された方々です。
おめでとうございます。
上位に入賞された方と少しお話をさせていただきましたが、私たちがプラで感じとったことと同じようなことを感じておられました。
そして今回も事故などなく大会を無事に終了。
2016072516.jpg
私の結果は・・・
2016072515.jpg
こんな感じでした笑
悔しいですが、また次の大会に向けて頑張ります!

静岡県御前崎タイラバ(鯛カブラ)レポート

前回、あいちゃんと静岡県御前崎は伊達丸に訪問しました。
マダイはもちろん、様々な魚も釣れて楽しい1日だったのですが、その後僕たちを避けるかのように釣果がうなぎ登りに。
再びチャンレジしたくなり単独で静岡県御前へ向かいました。
2016072501.jpg
前回も話したように大阪からですと車で4時間程度。
なんかいつもそうなのですが、複数回行くようになると近く感じてくるのです。
船長となぶら市場で待ち合わせ。
うなぎ登りの釣果はどこへやら、また僕を避けて釣果が落ち着いてきたようです。
今回も浅いところを中心に狙うプラン。
2016072502.jpg
2016072503.jpg
2016072504.jpg
スピニングロッドでキャスティングをし、広範囲を探ることで釣れました。
この日は、1日を通してなかなか針掛かりしないようなピンポンダッシュ系のアタリに苦労しました。
時間帯によってはアタリすらない時間も。
そんな中でも安定していたのはビンビン玉30gのクイックスプリング。
ウエイトを軽くしてシルエットを小さめにし、アタリが出たら止めて待つ。
巻き続けるとアタリが途絶えて追わなくなるので、止める。
そうすると持って行くようなアタリが出ました。
これが、ウエイトの重いものだとスッと速く落ちるので、少しでも軽くしてフォールスピードを落としてやることが良かったのではないかなと思います。
同船者が釣れない時間でも、アタリを出してヒットに持ち込むことができました。
試しに船長に30gを渡して釣りをしてもらうと、すぐにキャッチ。
おもしろいもんですね。
しかし伊達丸の船長は魚が釣れたら釣った本人よりも喜んでくれたり、釣れない時間に雰囲気を盛り上げてくれたりと、釣りをさらに楽しいものにしてくれます。
次回、また船長に会いたくなったら御前崎に足を運ぼうと思います笑

明石海峡キャスティングタイラバレポート

先週末はマヅメの時間帯にシャローが良い潮だったので、4時間だけ出ました。
酷かった濁りも取れてたので期待が膨らみます。
出船直後からアタリが出ていい調子で9枚釣れました。
2016072001.jpg
2016072002.jpg
2016072004.jpg
2016072006.jpg
2016072007.jpg
2016072008.jpg
2016072010.jpg
イワシがかなりいるのですが、どうも糞や吐き出すベイトを見る限りまだイワシをベイトにしている様子はなく、底の生物がベイトでした。
写真は吐き出したベイトと鯛ペケ
2016072011.jpg
大きさ、形といいまさに「マッチ・ザ・ベイト」ですね。
私の釣り方はビンビン玉クイックスプリングの30gを、潮が緩い時間はドリフト、すなわち潮に乗せて扇状に探り、潮が来ると潮が流れる方向へキャストし、ボトムを漂よわせる感じでスロー巻き。
アタリが出たら止めて持って行くまで待つ釣りがこの日は良かったです。
イワシを追い始めたらまたパターンは変わるんでしょうけど、それまではこのパターンが生きそうです。
もちろん、場所によってはイワシを捕食しているエリアもあります。
釣った魚が吐き出すものや糞を見ればだいたいの判断ができます。
私は糞が黒っぽいザラザラしたようなものであれば底物、黄色く水っぽいものならイワシを食べていると判断しています。
釣った魚をヒントに、釣り方やカラーを変えていくようにします。
一概には言えませんが、私が釣りをしているエリアでは最初は底物→イワシへ変化します。
底物の場合はシマシマオレンジのスカートにオレンジゴールゴフレークのネクタイ。
潮が緩いとカーリータイプで、走り出すとストレート。
それに鯛コームをチョン掛けするセッティング。
イワシを追い出すとダイナマイト明石のスカートにレッドゴールドフレークのネクタイにしています。
まだまだサイズは小ぶりですが、これからサイズもどんどんアップし、条件がハマればグッドサイズの数釣りが可能です。
ぜひ、この夏にキャスティングタイラバを始めてみてはいかがでしょうか。

鯛カブラトーナメント2016 in 明石

7月17日に明石海峡を舞台とする鯛カブラトーナメント2016 in 明石が開催されました。
9船の101名で開催するタイラバの大会は今年で第5回を迎えます。
明石海峡では、特に目立った成績は残せず5年が過ぎました。
今年も淡路発の「ミツヤ丸」小溝船長に乗船。
毎年乗せていただいているのに結果が出せず、意地の乗船です笑
さて、今大会は「ディープエリア+二枚潮」をどう攻略するか?か課題でした。
蓋を開けてみれば、大会当日の二枚潮はそれほどきつくありませんでしたが、当日にならないと分からなかったわけで、その対策を考える必要がありました。
そこで、まず使うタイラバのウエイトを160gと200gに絞りました。
底取りとデカヘッドによるアピール。
水深に関係なく、大きいヘッドを使うと良いサイズが釣れる確率が高いことを何度も見たことがあります。
いつもはタングステンを使って手返し重視策でしたが、今年はゼロでもいいから型狙いに掛けてみようと思い160gと200g勝負にすることを決めました。
2016071905.jpg
ビンビン玉爆流は250gまでラインナップがあるので爆流をセレクト。
2016071908.jpg
そしてタックルは、ビンビンスティックVCMのBSC-72MH-VCM。
底取り重視の通称「明石海峡スペシャル」。
2016071906.jpg
そして旧モデルとなるポイズンオーシャンの67M。
2016071907.jpg
重いウエイトのタイラバと底取り重視のロッド。
これに引き抵抗が大きくても快適に巻き取りができる300番のカルカッタコンクエストと200番のオシアコンクエストをセレクト。
まるで外海のドテラディープ攻略ができそうなヘビータックルですが、いろいろ考えた挙句にこの2本で挑むことにしました。
6時にスタート。
開始早々2kgクラスがヒット。
これで一気に気持ちが楽になりました。
あと1枚追加すればそれなりの順位になるであろうと2枚目を狙います。
2回目の釣り座ローテーションでさらに2kgクラスを追加。
そこから満潮が終わり、引潮に。
最後のエリアで1本良さげなサイズを掛けるもバラしてしまい、トータル予想ウエイト4kgで検量。
あいちゃんの司会で閉会式がスタート。
2016071909.jpg
まずは16位から順位を下げて発表。
ここでは呼ばれず。
次に15位から順位を上げて発表。
10位の発表でも呼ばれず、シングル入賞確定。
5位の発表でも呼ばれず片手順位確定。
そして3位の発表でも呼ばれず優勝か準優勝のどちらかが確定。
結果、一歩及ばず準優勝でした。
2016071910.jpg
6年目にしてようやく明石海峡大会でお立ち台。
2016071911.jpg
小溝船長にもこれまでの恩返しができたかと思います。
2016071912.jpg
さて、優勝者は私と同じようなタックルで、こちらはビンビン玉タングステンの120gで勝負。
大会終了ラスト1時間でナナマルを釣られたそうで、これがキッカーとなり2枚で6kgのウエイトで優勝でした。
10年前は先調子で張りの強いロッドに小型のベイトリール、タイラバは固定式しかなく60g程度のラインナップまでしかありませんでしたが、そこから120gまでのラインナップとなり、現在では200gを超えるウエイトまでラインナップされて、タックルもどんどん進化し、これまでできなかったエリアで釣りができるようになりました。
船の流し方も、バーチカルからドテラという船も現れ、タックルの進化で釣り方や狙い方の選択肢が増えてきました。
少し前まで瀬戸内では200gの爆流の大きさに笑いがある時代でしたが、今やこれで狙う人が増えてきており、タックルボックスに入っている時代になりました。
そうなると、今よくみかけるソリッドティップでは少しやりにくく、ひと昔前の張りのあるロッドが使えたりします。
みなさんもこの機会にいろんなことを試してみてはいかがでしょうか。
新しい発見があると思いますよ!
あいちゃんもこの大会についてレポートしてくれています。
こちらもぜひご覧ください。
http://www.jackall.co.jp/saltwater/fieldreport/4755/

明石海峡タイラバ(鯛カブラ)レポート

兵庫県垂水漁港発「虎ノ介」に2週続けて行ってきました。
鯛カブラトーナメント2016 in 明石の開催前日でしたが、スピニングでシャローをやりたかったので午後便で出発。
2016071901.jpg
最初に沖を見に行きましたが相変わらず二枚潮で、底取りが難しい。
沖を早々に見切って浅い場所に移動。
南風がそれなりに吹いていてやりにくい。
2016071902.jpg
自分の釣り座と風を考えてベストな方向にキャストしていくと釣れました。
2016071903.jpg
小ぶりなサイズも追加。
2016071904.jpg
浅いエリアにもイワシが入ってきたので、もう少し時間が経てばイワシに付き出すかなと思います。
釣りをする時間が短い午後便ですが、昼過ぎからのんびりと涼しい時間に釣りをするのもいいですよ!
ちょうどこの日、午後便であいちゃんが利弥丸で新製品「ビンビンロケット」のロケをしていました。
2016071920.jpg
2016071921.jpg
こちらでは、グッドサイズが連発したようでシャローのキャスティングタイラバにまた1つ新しい風が吹きそうです。
後日、なんらかの形でその時の模様をお見せできるようなので楽しみにしておいてください。
なお、キャスティングタイラバをしてみたい方は、以下の遊漁船でお楽しみいただけます。
潮によっては浅いところをやらない日もありますから、事前に船長まで確認していただけたらと思います。
兵庫県垂水漁港発「利弥丸」
兵庫県垂水漁港発「虎ノ介」

NEWスタイル鯛ラバ!?

ジャッカルから興味深い動画が配信されています。

普段使っている鯛ラバと比べて少し違和感のある仕掛けで次々と魚を釣り上げるナカジー。
根っからの鯛ラバアングラーである私にとっては斬新な内容でした。
新製品のテキサステンヤを使用した実釣動画なのですが、瀬戸内海を舞台に、見事に鯛ラバとひとつテンヤの融合っぷりを見せてつけてくれています。
海老とワームの二刀流。
ボリュームのある仕掛け。
止めて誘う釣り。
大きな親針を活かした”掛け”スタイルの鯛ラバ。
ベイトタックルでひとつテンヤ。
動画を見ていると色々なテーマが頭の中を駆け巡ります。
次世代の鯛ラバに繋がるヒントがいろいろと詰まっていそうです。
聞いたところによると動画の中で使われているワームにも秘密があるそうです。
http://www.jackall.co.jp/saltwater/back_stage_diary/4942/
アミノ酸たっぷりの集魚剤「AMINOROX」と紹介されていますが、
実はこれ、ビンビンワームトレーラーと同じ。
あの強烈なニオイを放つ「魚&甲殻類の粉×オイルの練りこみ」だそうです。
釣れる訳です。
「テキサステンヤ×ワーム」鯛ラバ船でも、ひとつテンヤ船でも、一石を投じるアイテムになってくれるのではないでしょうか。
なお、今回の舞台は瀬戸内海「ワンピース3号艇」です。
瀬戸内海でひとつテンヤを体験できる船も増えてきましたね。

タイラバに関する大会

今週は明石海峡で鯛カブラトーナメントが開催されます。
これを皮切りに、香川県高松、そして再び兵庫県明石でも開催されます。
ご興味ございましたら参加されてみてはいかがでしょうか。
■第10回高松鯛釣りCUP・キャステイング大会
<日時>
7月24日(日)
<参加艇>
Redスナッパー、千秀丸、豊漁丸、ポセイドン、ワンピースI、II、III、優勝丸、セブンゴッド
※残席残り僅かのようです。
参加ご希望の方は上記遊漁船の船長まで問い合わせてください。
■タイラバカップ in 瀬戸内・明石大会
<日時>
2016年9月11日(日)
※こちらは2016年8月1日(月)から受付開始となります。
詳細はホームページをご覧ください。

兵庫県垂水漁港発「虎ノ介」

兵庫県垂水漁港発「虎ノ介」が7月より遊漁開始となりました。
兵庫県垂水漁港発「虎ノ介」の詳細はこちら
利弥丸で修行を積んだ平井船長が明石海峡でタイラバメインの釣りに案内してくださいます。
早速船上サラリーマンと遊びに行ってきました。
2016071121.jpg
しかしこの梅雨時期の海峡は、雨が降ると二枚潮がひどいです。
ただでさえ難しい海域なのに「さらに」難しくなります。
この二枚潮が取れると本格的な夏が到来です。
そうなると今度は午後から南風が吹きます。
南風が吹いて満ち潮が流れると波立ち、釣りにならない日もあります。
そんな中でも、出られる日はいい釣りができるのも夏です。
潮のいい日はさっさと何日か予約して、出られたらワクワク!
そんな感じで毎年夏の明石海峡を楽しんでいます。
さて、マダイはあまり釣れませんでしたが、代わりにサバが遊んでくれました。
この時期のサバはおいしいんです。
現在、サバは橋から東側はサビキ、西側はジグで釣れるようです。
この日は東側で狙いましたのでサビキで。
2016071122.jpg
あっと言う間に十分なほど釣れました。
2016071123.jpg
そうそう、今週の日曜日は「明石鯛カブラトーナメント2016 in 明石」が開催されます。
大潮なのでポイントによっては底取りが普段よりも難しいかと思います。
タイラバのウエイトは80g程度から160g程度まである方がよいと思います。
底取りが不安な方は重めをセレクトしてください。
参加されるみなさん、お会いできるのを楽しみにしております。

和歌山県加太・タイラバ(鯛カブラ)レポート

静岡県から来られた伊達丸船長御一行さんと加太へ行ってきました。
伊達丸船長御一行さんは、タイラバの知識を増やすため利弥丸に乗船して明石海峡へ行ってこられた後に大阪で合流。
2016071101.jpg
あいちゃんも合流してくれてみんなでワイワイとタイラバ談義。
そして伊達丸船長御一行さんと和歌山へ。
以前から一度乗船してみたかった中井船長の海竜に行ってきました。
中井船長とはショーなどでお会いした時にお話したりする機会は何度かあったのですが、一度乗せていただきたいと思いつつなかなか機会に恵まれませんでしたので、本当に良い機会となりました。
2016071102.jpg
御前崎と違うのは釣れる潮の速さでしょうか。
明石海峡では潮の速さの洗礼を受けたようでした。
加太も狙うポイントによってはすごく潮の速いところがあります。
御前崎では、普段1.2号のPEラインに5号か6号のリーダーを使われているようです。
外海ですから、不意にくる青物などの対策を考えられてのことだと思いますが、乗船人数を少なくされているのでオマツリ防止の強引なやりとりもさほど必要なさそうですので、0.8号や1号で十分大丈夫だと思いますよなどとアドバイス。
ラインの太さが変われば(細くなれば)潮の抵抗も減りますから、タイラバを巻く引き重りが軽減され、これまで感じなかった水中の情報も感じやすいですし、同じウエイトのタイラバを使っても着底が分かりやすくなります。
さて、釣りの方は昼くらいまで沈黙が続き、潮が入れ替わるといい感じ!
2016071103.jpg
今回の加太釣行は2回目らしく前回ダメだったようなので、これが加太のファーストフィッシュ。
2016071104.jpg
伊達丸船長も。
2016071105.jpg
夏になるとアコウがよく釣れるようになります。
2016071106.jpg
1枚釣れると気が楽になるもんです。
気が楽になると魚は釣れるようになるもんです笑
2016071107.jpg
潮が走り出すとサイズアップ。
2016071108.jpg
さらに大きくなって!
2016071109.jpg
最後に入ったポイントはなかなかおもしろいエリアで、まぁとにかく潮が複雑。
水深は25m程度なんですが、中井さんスタイルでここもドテラ。
120gのタングステンでも、一番潮が走っている流しでは2回くらい底がとれたらいいような状況。
ここはイワシが入っていてこんな速い潮でも魚が浮いてるんですよね。
2016071110.jpg
ピックアップ寸前、タイラバが表層で確認できるようなところまでマダイが追いかけてきました。
潮が緩くなると60g、45gでも底が取れるようになるので流しごとにウエイトを調整します。
マダイが浮いているので、水深の半分くらいまで沈めてそこから上を狙う方法も有効的です。
終わってみれば、ほとんどリリースしたので曖昧ですが20枚以上釣れたと思います。
船上は騒がしくとても楽しい一日でした。
中井船長の海竜は基本的にチャーターのみの受付です。
ドテラ流しや小針を使うシステムなど独自のおもしろいアイデアがあります。
同じ海域でも船をたてる釣りとドテラの釣りを比べてみると、また違った発見がありました。