アンチョビドラゴンテンヤ

瀬戸内の遊漁船では年中タイラバをしている船もあれば、シーズンによってジギングやティップラン、タチウオなどを狙う船もあります。
1日の遊漁の中でも○時まではタチウオをして、それ以降はタイラバというプランを組み合わせる船もあります。
今年はアオリイカやタチウオが好調ですね。
私も今週末はいろいろやってみようと考えています。
話は逸れますが、ジャッカルからタチウオテンヤが発売になるようです。
動画を見てみると、餌をつける時にしっかりとホールドするように考えられています。

小さなベイトにラスパティーン

今の時期のベイトの1つに「かえり」があります。
「かえり」って何?
これはちりめん(イワシの幼魚)が少し大きくなったものです。
先日の九州釣行でこのベイトについている魚がいました。
2016092111.jpg
以前、これについたカツオを狙いに行っていた時がありまして、小さいシルエットのジグやクリアカラーのポッパーで釣った覚えがあります。
シルエットが小さいベイトを追うと、そのサイズに合わせることが釣果を生み出すキーとなります。
さて、こんなシチュエーションであると便利なのがラスパティーン
ナブラ直撃! ラスパティーン!
タイラバと一緒にタックルボックスに忍び込ませておけば、このようなナブラに遭遇した時、タイラバをラスパティーンに結び替えて使えます。
さらに一品おかずを増やしたい時に、このラスパティーンを使ってみてください笑

ガイドサービスセブン・ドリームツアー最終日

空が時折フラッシュし強い雨が降る夜が明けた翌日。
7時に見島を出発。
2016092101.jpg
この日はちゃんと酔い止めを飲みました笑
予報を見て、朝予報が悪くなる前までは見島付近で釣りをして、そこから帰りながら釣りをするプラン。
早めに就寝したので、メンバー全員の顔色はすこぶる良いです笑
見島付近では残念ながらやはり少しの時間しか釣りができず、一路角島付近へ。
途中、鳥が楽しそうにしていたのでルアーをキャストするとこんな感じに。
2016092111.jpg
そして、もし時化で遠征がダメなら近場で遊びましょうとおっしゃっていたポイントに到着。
風も波もほとんどない。
でもって、水深が浅くなったのでいろんな釣り方で楽しめます。
ナカジーはラスパティーンで。
2016092102.jpg
松村さんはタイラバ。
2016092104.jpg
まいちゃんこの日はたくさん釣りましたね!
2016092105.jpg
昨日の体調不良が嘘のようです。
2016092108.jpg
海里ちゃんもさすがです!
2016092106.jpg
今回の遠征では、JKキャプテンも勤めてくれました。
2016092107.jpg
ゆうくんもグッドサイズのマゴチを!
2016092109.jpg
マゴチとサゴシのWヒット。
2016092110.jpg
静岡から参加してくれた洋太郎くんも!
職業柄?か民宿で注いでくれたお茶がおいしく感じました笑
2016092112.jpg
やっちゃんは高級魚!
2016092113.jpg
と、まぁ短時間で様々な魚種がずーっと釣れ続けて船長も大忙し。
帰り際までドリームツアーでした笑
そして奇跡的にも台風接近ギリギリセーフで2日間出船できたことが何より!
2016092114.jpg
宮崎船長、海里ちゃんどうもありがとうございました!
2016092115.jpg
実はここからの陸路がこの旅最大のシケでした。
少しずつ休憩を挟みながら大阪へ向かいます。
2016092116.jpg
そして無事に帰宅。
2016092117.jpg
翌日は海の幸を料理屋へ。
マゴチの刺身。
2016092118.jpg
アオリイカの刺身。
2016092119.jpg
ホウボウの塩焼き。
2016092120.jpg
マゴチのアラ。
2016092121.jpg
マハタの鍋。
2016092122.jpg
マダイの兜焼き。
2016092123.jpg
どれもこれもとても美味。
秋の味覚を堪能しました。
気が早いですが、来年のガイドサービスセブン・ドリームツアーがすでに楽しみで仕方ありません。
そして九州は何度来ても素晴らしいところですね。
準備などは大変ですが、十分すぎる価値や楽しみが遠征にはあるように思います。

ガイドサービスセブン・ドリームツアー初日

台風の接近で天候不良が予想されていた3連休。
鍵を握るのは台風の速度と進路。
3連休に日本付近へやってくるという当初の予報から、速度をあげずにゆっくりとしたスピードのままとなる奇跡。
メンバーを乗せた車で九州へ。
2016092001.jpg
滞在時間4時間のホテルを後にし、港へ。
今回は1泊2日で遠征へ行くドリームツアー。
そんなドリームツアーにお付き合いいただいたのはガイドサービスセブン
「どこに行くの?」「何が釣れるの?」
「到着するまでのお楽しみ!」
ということでドリームツアーがスタート。
2016092002.jpg
いい凪です。
2016092003.jpg
キャビンで眠りにつき、船が止まる。
「ここらで目的地の半分くらいのところです。反応がおもしろいので、少し釣りをしてみましょう!」と宮崎船長のアナウンス。
結構走ったように感じたけど、ここで半分?
突然のアナウンスで私はジギングタックルを手に。
すぐにヒラマサをキャッチ。
昨年のセブンツアーでも同じような光景が・・・
「同じような光景?」
少し釣りをしていよいよ本来の目的地へ。
と、この辺りから海の状況が変わりだす。
目的地の到着するとうねりと風。
同船者の体調が優れず、私も・・・
ここで、メンバーの半分がまさかの離脱笑
釣り続行組は再び沖へ出て、離脱組は先に旅館へ。
上陸した島は「見島」。
Wikipediaより—–
山口県萩市に属する島。山口県の最北端に位置しており、萩市沖北北西約45キロメートルの日本海上にある。萩市には7つの島があるが、相島、大島、櫃島と並び、現在も人が住んでいる島である。見島はそれらの中で最も本州から遠い位置にある。また北長門海岸国定公園にも含まれている。古くから大陸との交易で栄え、約1000年の歴史がある。先祖が倭寇の出身者もいる島である。現在の人口は約1060人。

再び九州へ

この週末、予報では台風16号の影響が出そうでした。
3連休の方もいらっしゃるでしょうし、釣行を計画されていた方も多いと思います。
そんな私も九州遠征を予定していて3連休の釣行は半ば諦めていたのですが、直前の予報によると土曜日は問題なさそうで日曜日から少しずつ台風の影響が出そうな感じです。
とりあえず出船できそうなので予定通り九州へ向かいます。
今回は、ガイドサービスセブンを2日間チャーターしての釣行です。
2016091503.jpg
大阪では17日(土)、18日(日)とジギングフェスティバルが開催されます。
ジギングフェスティバルではジャッカルが出展し、亜衣ちゃんがタイラバのお悩みを相談してくれます!
こちらもぜひお見逃しなく!

タイラバのフックの結び目

タイラバのフックですが、自作されている方も多いかと思います。
その時の状況で変えたり、フィールドによってはご当地セッティングみたいなものもあります。
タイラバという釣りは、女性や子供でも手軽に楽しめオフショアのルアーフィッシングのハードルを下げた釣りではないでしょうか。
パーツのセッティングも手軽に自作でき、ルアーのカスタマイズが簡単なのも魅力ですよね。
みなさんのタックルボックスを眺めていると、みんなあれこれ考えているんだなと感じます。
さて、そんなパーツの1つであるフックなのですが、シーハンターなどを使って針を結んでいるかと思います。
私はその結び目に緩み防止のため「瞬間接着剤」を使っています。
これには少しコツがあって、本線(結び目から上)につけないようにした方がいいと思います。
本線に接着剤が染み込むと、そこから切れやすくなるからです。
よって、結び目に「ほんの少しの量」を染み込ませたいのですが、これが従来から市販されている瞬間接着剤では量の調整が難しいのです。
つまようじの先につけて染み込ませたりとみなさん色々考えておられるようですが、100円ショップのダイソーには、こんな便利な瞬間接着剤があります。
2016091501.jpg
ペン型で細かい部分に少しの量を染み込ませやすく、しかも1本100円(税別)とお買い得。
これを結び目の後ろ側、この方向から少し染み込ませます。
2016091502.jpg
結び目全体に染み込ませる必要はないかと思います。

タイラバカップ in 瀬戸内・明石大会に参加してきました!

9月11日(日)に兵庫県の淡路島の育波漁港を会場として開催された「タイラバカップ in 瀬戸内・明石大会」に参加しました。
本大会は、香川県のタイラバアングラーが結成した「鯛ラバーズ」の神戸支部の方々がぜひ明石海峡でも大会を開催したいという要望をもとに、開催にむけて念入りに話し合い、各船長との交渉や会場の手配、釣り具メーカーへの協賛などを行って明石海峡での開催となったというもの。
スタッフの方からお聞きしたのですが、簡単に開催するのではなく、そこには時間をかけて念入りに支部のスタッフと話し合い、本当に開催へと踏み切ってよいのか?などを検討して開催に至った長い経緯があったそうです。
香川大会にも参加させていただいていますが、大会がスムーズに進行するのも鯛ラバーズスタッフの方々が準備などをしっかりとしておられる努力があってのものと感じます。
今大会も早朝から鯛ラバーズスタッフの方が道案内のために各ポイントに立ち、会場へ誘導してくださっているので迷わずに会場へ辿り着くことができました。
2016091201.jpg
開会式ではルール説明をはじめ、スムーズに乗船する船に誘導してくださいます。
会を重ねるごとに、大会自体のクオリティが上がってきているのには脱帽です。
エビス丸(淡路島)、ミツヤ丸(淡路島)、釣り船まるかつ(淡路島)、海豚1号/2号(明石)の6船に分かれ、60名による大会がスタートしました。
私は釣り船まるかつに乗船し、大会に挑みました。
競技内容では、25cm以上の真鯛2枚の重量で順位を決めるというもの。
大会前の私の予想は、時期的にナナマルクラス(4〜5kg)が絡んでくる確率が高いので、上位に食い込むためには4〜5kgの魚をいかにして釣るかを課題にしていました。
2016091202.jpg
船内では、1時間ごとに釣り座をローテーションしていきますがアタリのない時間が過ぎます。
各船からの無線も厳しい時間が続いているようですが、すでにナナマルをキャッチした船もある模様。
予想通りの展開に、自身も大型を狙ってタイラバを巻きます。
しかしながら、苦しい状況は変わることなくストップフィッシング。
私の船で揚がった真鯛は2枚。
そして閉会式。
2016091203.jpg
60名中、魚を持ち込んだアングラーは15名。
キャッチ率25%、各船の平均釣果は2〜3枚というとても厳しいものとなりました。
その中でも上位2名はナナマルを持ち込んでおりました。
2016091204.jpg
上位の皆さん、おめでとうございます!
私は残念ながらノーフィッシュに終わりました・・・。
そして、検量に持ち込まれた魚は参加者のご好意によって、地元の老人ホームへ寄付されたそうです。
2016091205.jpg
施設の方々はとても喜ばれていたとのこと。
温かい気持ちになりました。
大会ではたくさんのアングラーの方々とお話しをさせていただきましたが、遠くからはるばる来られた方や楽しみすぎて一睡もできなかった方などもいらっしゃって、みなさん本当に楽しみにされていたんだなと実感いたしました。
このような大会も今や、各地で少しずつ増えてきております。
他の地域の方々との交流や、他の方の釣りを見たり話しをするととても勉強になります。
皆様も機会があれば、このような大会に参加されてはいかがでしょうか。

ジギングフェスティバル

2016年9月17日(土)・18日(日)の2日間、大阪市鶴見区のハナミズキホールでジギングフェスティバルが開催されます。
ジギングフェスティバル詳細はこちら
2016091101.jpg
ジャッカルもブースを出展するようで、シーズン真っ只中のタチウオジギングと、鯛ラバアイテムの展示があるようです。
鯛ラバでお悩みの皆さんには、鯛ラバのエキスパートアングラー「田中 亜衣さん」が両日来場し釣果アップのために、あらゆる相談に乗っていただけるそうです!
ご都合よろしければ、ぜひジギングフェスティバルにご来場ください。
ジャッカル・ジギングフェスティバルのイベント情報はこちらから。

今週はタイラバカップ in 瀬戸内・明石大会です!

先々週、先週と台風続きで予定していた釣りが中止になってしまいました。
そんな中、予定を変更して晩夏の夜遊び。
2016090503.jpg
2016090502.jpg
さて、今週はタイラバカップ in 瀬戸内・明石大会です。
http://tairaba-cup.com/?page_id=591
2016090501.jpg
今のところ、予定通りに開催されそうです。
6月の香川大会には参加できませんでしたが、明石大会には参加させていただく予定です。
そして来週は再び九州へ。
こちらは、ガイドサービスセブンをチャーターして1泊2日のドリームツアーを予定しています。
行き先は知らないのですが、数時間かけて夢の釣り場へ1泊2日でご案内いただけるようです。
さらに来月は四国遠征を2回予定しており、この秋はいろんな場所でタイラバを楽しもうと思っています。