あいちゃんイチオシNEWアイテム

今週末、大阪で開催されるフィッシングショー大阪2017ではジャッカルタイラバ関連新製品の展示があるようです。
フィッシングショー大阪2017の詳細はこちら
一つ目の目玉はディープドテラ攻略アイテム。
タングステンヘッドの150gやビックベイトを始め、これまでのビンビン玉のラインナップに新色が追加されているようです。
二つ目の目玉はロッド。
上位スペックのVCMシリーズが追加され、HSシリーズはこれからタイラバを始めようとする方々に優しい価格設定になっているようです。
ショー開催日両日ともあいちゃんがブースに在中しているようなので、詳しいことを聞いてみてくださいね!
IMG_0521.jpg
ジャッカル2017タイラバ関連のニューアイテムの紹介はこちら

和歌山県加太タイラバ(鯛カブラ)レポート

少し前の話にはなりますが、和歌山県加太の清海丸へ行ってきました。
2017013001.jpg
朝一番は引き潮の残りをする予定でしたが、潮が残っておらず違うポイントへ。
いろんな場所を巡るもなーんにもない時間が過ぎていきます笑
終盤、同船者がビニールで真鯛の顔を拝みますが、船長と二人でタイラバを頑張ります。
やっと船長のタイラバにヒットするも途中で外れてしまいます。
周囲の船を見ていると時々ビニールで魚を獲り込んではいますが、なかなか難しい時間が続きます。
お昼になり沖上がりの時間が迫り、船長がビニールで1枚追加。
最後の流しで、20gの小さいシルエットのビンビン玉をふと手にし落とすとすぐに釣れました笑
ラッキーパンチでなんとかボーズは回避できました。
加太ではぼちぼちこの毛糸の仕掛けで真鯛を狙う季節です。
2017013002.jpg
さて、釣りを終えたあとは昨年夏にリニューアルした加太の国民宿舎へ。
リニューアル後にまだ行っていないので行ってみました。
2017013004.jpg
フロントは以前とあまり変わっていないような感じです。
2017013005.jpg
ここへ立ち寄るのは日帰り温泉が目当て。
2017013006.jpg
フロントからはもちろん、温泉から良い景色が一望できます。
2017013007.jpg
のんびり素晴らしい景色を眺めると心がすっきりします。
2017013008.jpg
温泉はリニューアルされ、露天風呂から海を眺めると、まるで海の中に浸っているような構図になっています。
2017013009.jpg
温泉の詳細はこちら
以前と比べ、さらに素晴らしい温泉になっていました。
<利用時間>
12:00~15:50(15:00札止め)
<料金>
大人1,200円 小人600円
日帰り温泉の利用時間は短いですが、加太は昼には沖上がりしますので、ちょうどよいタイミングで利用できます。
釣りをしたついでにいかがですか?
温泉で温まった後は眠くなりますから、くれぐれも運転には気をつけてくださいね。

フィッシングショーOSAKA2017情報

フィッシングショーOSAKA2017のジャッカルブース情報が公開されています。
フィッシングショーOSAKA2017のジャッカルブース情報
タイラバでは「ビックベイト」がキーワードのようです。
つい先日、玄界灘でこのビックベイトタイラバを使って驚きの釣果だったとか。
ビンビンスティック新製品やビンビン玉のニューカラーも展示されるようです。
ぜひジャッカルブースを覗いてみてください。

2017タイラバ関連新製品

今週は横浜でジャパンフィッシングショー、2月4日、5日は大阪でフィッシングショー大阪2017が開催されます。
ジャッカル・タイラバ関連の新製品も発表になるようですよ!
気になりますね。
詳細は情報をキャッチ次第、ご紹介させていただこうとは思いますが両ショーで詳しくご覧いただけるかと思いますので、ぜひジャッカルブースへお越しいただけたらと思います。
ジャッカル・フッシングショー関連情報サイト
2017011901.jpg
2017011902.jpg

再び遠征に

まさかの大晦日から元旦弾丸ツアーから戻った翌週の三連休、天気図を見ると土日で凪予報。
沖に出るよと聞いたので、急遽準備して某所へ向かいました。
道中の気温はマイナス表示。
普段よりも慎重に運転をして、半分の距離を走ったところで宿泊。
翌朝、5時に出発して目的地へ。
今日はジギング時々タイラバ。
まずは浅場のタイラバからスタート。
早速真鯛の顔が見れました。
2017011101.jpg
続いてイトヨリ。
2017011103.jpg
塩焼きにするとおいしい魚です。
タイラバを回収中にシビ。
2017011104.jpg
そのほか、マハタにアコウ、アオハタと寒さを忘れるほどバタバタ。
港からゆっくり走って15分程度のポイントでいろんな魚が釣れます。
ベイトの反応が出たところでジグを落とすと良く太ったヒラマサがアタックしてきます。
2017011105.jpg
潮が止まり、ベイトの気配がなくなったところでアマダイのリクエストを聞いていただき、沖へ。
あっさりとアマダイが釣れたのには驚きです。
2017011102.jpg
昼過ぎに沖上がりして宿へ。
翌朝は雨。
沖に出るとうねりが出始めて昨日とは状況が一変。
昨日あんなに居たベイトの反応も消え、周りの漁師さんも帰っていきます。
雨風がさらに強くなりサバが釣れたところで早上がり。
二日目はほとんど釣りができませんでしたが、初日にたくさん釣れたので満足です。
予定より早く終わったので帰りながら観光。
釣りに行くと朝早くに走り、夜に帰るパターンになりがちです。
暗いと周りの景色も見えず、ナビでどんなところを走っているのかを確認するくらい。
それが日中だと景色が見え、お土産店や道の駅がオープンしているので適当に立ち寄るだけでも楽しいものです。
その地のおいしいものを発見したり、いい温泉に巡り合えたり。
あと、僕は魚市場を見るのが好きです。
ここの海ではどんな魚が揚がっているのかが一目瞭然です。
2017011106.jpg
結局、観光しながら帰る方が釣りをして帰るよりも遅くなることもしばしば。
今回も夜遅くの帰宅となりました。
翌日は、兵庫県垂水の海神社へ。
ここで毎年恒例の福笹交換。
2017011107.jpg
今年も利弥丸の大窪船長と交換し、互いに一年の安全と大漁祈願をしました。
2017011108.jpg
さて、次はどこへ行こうかな。

鯛カブラ.comが10周年を迎えました!

みなさま、あけましておめでとうございます。
2007年に鯛カブラ.comを開設してから今年で10年目を迎えます。
これまでいろんな釣りをしてきましたが、タイラバほど僕をいろんなところに連れて行ってきれた釣りはありません。
そして、タイラバほどたくさんの出会いをくれた釣りはありません。
釣りというもの、もちろん釣れなければおもしろくないわけですが、タイラバを始めて釣りの付加価値というものがこんなにあったんだと気付きました。
たかが10年かもしれませんが、この10年間はこれまでの釣り人生で最高の10年だったと思います。
15年、20年目は何を思っているのだろう?そんなことを考えて新しい1年を迎えました。
そして、2017年はこれまでの釣り人生で唯一釣りに行っていなかった日、「元旦」に釣りに行くことができました。
大晦日、世間は新しい年を迎えるべく大阪の街は慌ただしく人が行き来していました。
そんな中、車にタックルを積み込み目的地まで500km超を示したナビ。
2017010601.jpg
夕方に大阪を出発し、広島の友人の家で2017年を迎える。
2017年になった瞬間、再び車に乗り込み目的地へ。
3時の出船に間に合った笑
2017010602.jpg
この元旦釣行が叶ったのはセブン宮崎船長のご厚意。
元旦はご家族で釣りに行かれるようで、それに便乗させていただきました。
船に乗り込みキャビンへ直行。
2017010603.jpg
初夢はなんとも贅沢な海の上で見ることになりました。
ポイントに着くと少し空が明るくなっている。
2017010604.jpg
海の上は例年に比べてとても暖かい。
間も無く感動的な景色が現れる。
2017010605.jpg
元旦の釣りが初めてなら、水平線から昇る初日の出を見るのも初めて。
新年早々、本当にいい経験をさせていただきました。
そして釣りの方は、2017年ファーストヒットはスルメイカ笑
たくさんの吸盤で福を掴む年になりそうです。
続いて真鯛。
2017010606.jpg
新年早々、元気よく挨拶してくれたので海へ帰っていただきました。
カサゴやフエフキ、マハタにヒラゴ・・・といろんな魚が顔を見せてくれました。
そしてこの釣りのメイン。
2017010607.jpg
周囲をみんなでキョロキョロしてマグロを探します。
2017010608.jpg
何度か顔を出し、少ないながらもチャンスがあったのですが残念ながらヒットには持ち込めず。
マグロを待っている間も他の魚が遊んでくれます。
2017010609.jpg
めいいっぱい1日を楽しんで帰る頃には真っ暗になっていました。
持って帰る魚の下処理。
手際のよさに惚れ惚れしますね。
2017010610.jpg
魚の捌き方で分からなかったことを丁寧に教えていただきました。
2017010611.jpg
自宅に着いたのは2日の早朝。
まさに弾丸ツアーでした。
さて、今年もこんな感じで持ち前のフットワークの軽さを武器に、あちこちへ出かけたいと思います。
今年は、釣りのレポートというよりは釣りを通じての「楽しみ」をテーマに記事を書いていきたいと思います。
旅先の食や風景、宿泊施設など釣りをしている時間以外も楽しいものです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。