タイラバ新製品情報と船長会

先日、フィッシングショーOSAKA 2017に行ってきました。
今年は業者日のみの参加となりました。
ショーの業者日って?
業界の関係者のみが入場できる日でメーカーはもちろん、釣具店や遊漁船関係者、メディア関係の方々が来場されます。
この日は各ブースでセミナーやトークショーのリハーサルをしたり、メディア関係者から取材を受けたりと一般日とは違った光景で、比較的ゆったりとした時間が流れます。
今年は業者日のみの参加となりましたので例年より少し早く、昼前に会場入り。
2017020801.jpg
早速ジャッカルブースに行き、新製品をチェックしてみました。
まずは既存のビンビン玉、ビンビン玉爆流に魅力的な新色が追加されるようです。
2017020802.jpg
個人的に欲しかった「タコ」系のカラーがラインナップに加わっており、これにはすでに期待大!
その他、チャート系や深いグリーン系、ホワイト系など他にはない独特なカラーリングがラインナップされています。
ネクタイやスカートに比べ、それほど着目されていないように感じるヘッドカラーですが、今年はヘッドカラーにもこだわってみてはいかがでしょうか?
ネクタイではグリパンやコーラ、ブラックなどここ数年人気急上昇中のカラーなのに、それにあわせるヘッドのカラーが見当たらないということも解消されそうですね。
ま、人から見てこのカラーコンビネーションはどうなんだろう?と思いつつも釣れてましたので、既存のカラーのまま使ってはいましたが、しっくりくるカラーコンビネーションが出来れば、釣れる気がアップするもんです笑
それと、ビンビン玉のタングステンモデルに150gが新しくラインナップ!
次に今年ジャッカルが掲げる新しいタイラバコンセプトである「ビックベイト」。
2017020803.jpg
イカという真鯛のメインベイトの1つに着目して開発されたワームが展示されていました。
このアイテム、実はショー前にあいちゃん達が玄界灘(飛燕さくら丸)でテストしたところ、大鯛にブリ、そしてマグロまで飛び出してイカパターンに強烈な手応えを感じたそうです。
イカパターンに強烈な手応えを感じたテスト釣行はこちら。
ちなみに飛燕さくら丸ではいつもフィッシングショーの時は大型が出るというジンクスがあるようです。
玄界灘(飛燕さくら丸)で94.7cm/10kgオーバーが出た!
ビンビン玉タングステンの150gとイカワーム(仮称)は、また新たなタイラバの時代を築くアイテムになるかもしれませんね。
さて、次はロッド。
ビンビンステックHSにエントリーモデルが追加。
2017020804.jpg
こちらは財布に優しい手が届きやすい価格設定になるそうです。
そしてフラッグシップモデルのVCMシリーズがフルモデルチェンジ。
2017020805.jpg
着目すべきはそのデザイン。
すごーくカッコよくなっていますよ!
と、駆け足ですがジャッカルタイラバ関連新製品のご紹介でした。
また続報を入手しましたらお知らせしますね。
そんなこんなで各社のブースを見て、いろんな方々と話をしているとあっという間に閉館時間。
業者日はここからがさらに盛り上がります笑
数年前にジャッカルソルトスタッフと遊漁船の船長が集まる交流会を開催したのですが、これが好評で年々参加される船長が増え今年はなんと24名の参加がありました。
福井、京都、和歌山、兵庫、岡山、静岡、福岡・・・
全国各地から今年も参加してくださいました。
おいしい料理とお酒を飲みながらの楽しい時間なのですが、その中の会話には「こちらではこんな時こうだけど、そっちは全然違うんだなぁ」というような話や「こんなポイントはこちらではこう流す」というような船長同士のコミュニュケーションの場でもあります。
なかなか普段、こういった話をする機会もないでしょうし、ましてや遠く離れた海での船長同士が話しをする機会もないものですから、この船長会はとてもいい機会です。
アングラーの立場で話を聞いていてもおもしろいものでとても勉強になります。
また、逆に僕たちアングラー側は遊漁をさせてもらうお客さんの立場で発言します。
初心者にはこうしてあげてほしいとか、普段お客さんと接していて感じたことを代弁したりして、よりよい遊漁をしていただくための提案をしたりしています。
2017020806.jpg
そういう真面目な話しをしつつ、エンターテイメント的な要素もあります笑
2017020807.jpg
ナカジーのマグロ解体ショー。
そしてお客さんの要望があれば釣った魚を捌くセブン宮崎船長の華麗な手さばき。
2017020808.jpg
以前、魚を市場で捌いていた職歴は遊漁船での1つのサービスになっているようです。
2017020809.jpg
船上サラリーマンが釣ったマグロは様々な形で振る舞われました。
2017020810.jpg
パワーファイトしたらしく、15分程度でネットインしたマグロは身焼けがなく抜群のおいしさでした。
2017020811.jpg
2017020812.jpg
2017020813.jpg
2017020814.jpg
2017020815.jpg
2017020816.jpg
最後に石谷船長とあいちゃんへ誕生日のサプライズ!
2017020817.jpg
あっという間に時間が過ぎたのは言うまでもありません笑

京都府舞鶴(丹後)タイラバレポート

少し前の話になりますが、京都府舞鶴(丹後)発のトップスジャパンへ行ってきました。
昨年からあいちゃんが良く通っていて「アクセスが良くて九州のようなディープタイラバができ、釣れる魚の種類や大きさにも夢があるよ」と聞いていたので気になっていました。
今回、案内してもらう機会があったので一緒に行ってきました。
船は舞鶴から出ます。
大阪からですと、昨年開通した京都縦貫自動車道を使うのがおすすめです。
2時間足らずで到着します。
冬場は雪の影響もあるでしょうから、この時期に乗船をするのであれば交通情報や港付近の雪の状態を船長に確認しておくと良いかと思います。
ちなみにここの海域では、一年で一番難しい時期が2月から3月半ばらしいです笑
ということでその一年で一番難しい季節の乗船となりました。
寒い週でしたので、道中は雪がどっさり。
釣りに行く前々日あたりから少し暖かくなっていたので道路は問題なしでしたが。。。
行きは良くても帰りがということも考えられるでしょうし、冬場は天気予報を良く見て情報を収集しておかないとですね。
港に着くと朝礼があります。
朝礼?
朝礼がある船ってそんなにないですよね。
ないのですが、朝礼があるといいなと思ったことがありました。
1)乗り合いで行くと知らないもの同士ですが、船長が名前を呼ぶので親近感が湧きます。
2)今日はどんな釣りをするのかという流れが分かります。
3)分からないことがあればその場で予め解決できます。
朝礼が新鮮というのもありましたが、なんか楽しかったです!
2017020701.jpg
朝礼が終わり船に乗り込んで1時間くらい走ったでしょうか。
トップスジャパンは基本的には船をドテラで流すので、片舷に並びます。
水深は100m前後ですが、この日は風があまりなく潮もそんなに流れていないので、ウエイトを軽くしないとラインが出て行かない状況でした。
船長はキツイよと言っておられましたが、みんななんだかんだ良く釣ってました。
2017020702.jpg
2017020703.jpg
2017020704.jpg
2017020705.jpg
2017020706.jpg
2017020707.jpg
2017020709.jpg
2017020710.jpg
2017020711.jpg
今回、船長が幻の中の幻の魚とよばれるアラまで釣れました。
2017020708.jpg
これがすごい美味だとか・・・。
で、僕はというと笑
初めての名前が分からないフグ!
2017020712.jpg
海水を吸って膨れるようで、抜き上げる時は重いのなんの。
これが2連チャンで釣れました笑
あとから調べるとヨリトフグということがわかりました。
そしてタヌキメバル。
2017020713.jpg
これも初めて。
とてもおいしい魚らしいです。
夕方までめい一杯遊漁を楽しんだ後は、船長の案内でメンバー全員で夜ごはん。
これまで舞鶴ってなんども通過しましたがこんなにおいしい店があるなんて知りませんでした。
他にもいろいろあるようです。
宿泊施設も港の近くにありますし、おいしい店もあります。
京阪神からのアクセスも抜群!
ディープドテラのゲーム性もおもしろいもんです。
ぜひこの釣りをしたことがない方は一度経験してみてください。
ロッドはそのまま(瀬戸内のまま)が使えます。
タイラバのウエイトを重めにしてリールの番手を大きくすればOKです。
例えば手巻きならオシアコンクエスト300番、電動ならForceマスター300〜400、800番くらいです。
ラインは1号300m以上巻いておくことをおすすめします。
詳しくはトップスジャパンの森船長にお尋ねください。