12kgオーバー!驚愕のスーパービッグレッド!!

いっつもアホな話で盛り上がる、玄界灘のジギング船「IZANAGI」の田中船長から一通のLINE。

iza

はいはい、どうせまた変なもん針に引っ掛けた写メでも送ってくるんでしょ・・・

その手には乗らんよ・・・

ティロ〜ん

はいはい。。。

は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

なんじゃこれ

 

 

 

 

 

なんなんこのウエイト!!!!!

 

 
IMG_2261

じ、じゅう、12.49kg?

iza2

101cm、12.4kgって。

だいたいですね、ハチマルと呼ばれるサイズが6kgくらいなんですよ。

ってことはですよ、ハチマル2枚分のウエイトですよ。

IMG_2262

話を整理すると、スローピッチジギングの講習会に参加されていたお客さんが釣り上げたそうで。

いやーーーーこれ、ほんとやっぱり玄界灘には夢があるなぁ〜と改めて思いました。

見た目は怖そうなんですけどね、話すと腰が砕けそうになるくらい面白くて、気使い〜の優しい船長です。

IZANAGIの詳細はこちら

スルメはたまらんデス

僕はですね〜小さい頃からお祭りの屋台が大好きです。

特に、お正月とか寒い時期の屋台より夏から秋にかけての屋台が好き。

小遣いもらって何を買うか迷って。

1000円をどう使うか。

100円のものを楽しむ人もいれば、ドカーンと大きく楽しむ人もいる。

僕は完全に後者(笑

一撃で小遣いが大ダメージを喰らうコイ釣りかウナギ釣りでワクワクする戦いをして、残りはタレの匂いに誘われるもの。

2017052602

2017052501

いか焼き。

釣りたてほやほやの透明のイカもうまいけど、屋台のイカもうまい。

タレかな?

なので、ついついイカを釣ると焼肉のタレをかけて焼いて食べる。

ちなみに関西でいういか焼きは2種類あり、イカの胴もしくはゲソを串に刺して鉄板で焼いたものと、お好み焼きのような生地に短冊に切ったイカを入れて焼いたイカ焼きがある。

どっちもイカ焼き。

イントネーションの違いもないから、どちらのことを言ってるのかよく分からないもんです。

ま、だいたいイカ焼きと言えばイカの胴もしくはゲソを串に刺して鉄板で焼いたものを指し、生地にイカを包んで焼く方は「阪神百貨店のイカ焼き」と言ったりして区別します。

あーややこしい笑

ややこしいを引っ張りますよ〜。

気づきました?

えっ?

いやいや、おったでしょ?

「スルメデス」

2017052606

2017052505

え?分からなかったです?

ビンビン玉シリーズもですね、この2017年にとうとう新たな境地に向かっていくようで、イカ型のデッカイやつが間も無く産まれてくるらしいのです。

どんなけデッカイのか?

3種類の大きさがあるようで、一番大きいLLは従来のシリコンネクタイパーツの「約2倍の210mm」。

ちょっとしたチャリコサイズですよ。

2017052603

さらにですよ、ヘッドが加わると250mmを超えるんですよ。

IMG_0198

ヘッドは80gから300gまであるようで。

どんなけデカイねんですよね笑

しかしですよ、やっぱりデカイもんにはデカイもんが食ってくる法則みたいなもんがあるのです。

たまにチビが食ってきたりしますが、それはそれで優しくリリースしてあげてください。

自分と同サイズに攻撃するんですよ。

将来大きく育つ有望株です。

ちなみにですね、相当デカイものでもアタックしてきます。

写真は明石のタチパターン(指2本くらいの太刀魚がベイト)でロングジグにアタックしてきたナナマルです。

111111

昨年の6月に北九州へ行った時は、地元アングラーのタイラバを見るとみんなロングネクタイにしてたんですね。

剣先イカを食ってるやつは、シルエットが大きいものの方がよく反応するって口々に言っておられました。

とにかく業界一デカイタイラバ「スルメデス」。

ガンガン巻いて、一発夢を狙いましょ。

チャリコ10枚よりハチマル1枚。

わくわくしてきたーーーーーーーっ!

スルメデスの詳細はこちら

カガワ散る(第12回TYR高松タイラバカップ戦)

香川県高松市で開催された「第12回TYR高松タイラバカップ」に参戦してきました。

深夜1時過ぎに自宅を出発し、車で走ること約3時間。

無事、高松市内の会場に到着。

誘導スタッフさん、朝早くからご苦労様です。

おかげさまでスムーズに集合場所へ。

大会の時はいつもの遊漁と違って、どこか緊張感が漂いますね。

真剣そのものです。

IMG_2192

今年はなんと募集開始から2日間ほどで定員に達したそうで・・・。

大会に参加するのも抽選という盛り上がりです。

IMG_2193

日の出とともに大会スタート。

IMG_2194

僕はワンピース1号に乗船。

で、大会の最中に撮影した写真はこれだけ↓笑

IMG_2196

めっちゃデカクないですか、この旅客船。

自分が釣った魚の写真は撮らなかったのに、これには大興奮してパシャパシャしてしまいました。

釣りの内容としてはですね、この数日深いエリアで型のいいのが釣れていたようで、潮も小さいしディープ中心で狙う!というものでした。

80m前後の水深を流す釣りで、確かに来たら2kg程度の良型でした。

そんな中で、周りの人とは違うことして勝負してやろうと考えていた自分にも、まぁまぁ早い段階で1枚キャッチしたもんだから、結果的にこれが最後まで意地を通すハメになってしまって。

こまめにあの手この手で攻めている人には、ちゃんと答えが出てました。

あっという間に検量時間。

各自検量を終え、順位確定までの間、各メーカースタッフによるトークショー。

IMG_2205

優勝者は僕の左隣で釣りをされていた方でした!

早い時間に2kg近い魚をキャッチし、終盤にキッカーとなる推定4kg超のナナマルをキャッチ。

2枚で6kg強のウエイトを叩き出し、堂々の優勝でした。

3位には女性が。

過去の香川大会では、女性が優勝した回もあり女性の上位進出が目立つ大会でもあります。

IMG_2213

恥ずかしながら・・・

IMG_2222

と撃沈でございました〜。

隣で釣りをしていたワンピース2号に乗船したナカジーは、

IMG_2238

リミットメイクしたもののサイズが伸びず22位の入賞。

そして、うちのオテンバ姉さんは枚数は伸びたらしいんですが、キッカーとなるサイズに恵まれずの展開に苦しみながらも15位に入賞。

IMG_2211

前日のプラではポセイドンに乗船して、ドエライお祭り騒ぎだったらしいです。

IMG_2237

この姿からどんなお祭り騒ぎだったのかをご想像いただけたらと思います笑

IMG_2236

大会が終わったら、香川県に来るもう1つの楽しみ「源内うどん」。

源内うどんの詳細はこちら
IMG_2216

炭水化物ダイエット祭り真っ只中なお腹に、まずはざるうどん。

IMG_2218

さらにかしわうどん。

IMG_2220
年に数回しか来れないんだもん。

冒険してもいいよね?

※猛者は3杯目を召し上がられます。僕には無理でした。。。

めっちゃ久しぶりの瀬戸内で釣りなのに、いきなり大会だー!!

気が付いたらもう一年の半分が過ぎようとしている。

1月に加太へ行って以来、ずーっと外海しか見ていない。

なのでタックルは激重。

そりゃそうですよね、80gより上のウエイトしか詰め込んでないんだもん。

さらに電動リールのバッテリーや宿泊の着替え。

寒い時期は衣服もかさばるから大変。

しかーし、価値ある1枚が釣れたらそんなのどっかに吹っ飛んでしまう笑

話が遠征ネタに脱線しそうになりましたが、一転して今週は瀬戸内の釣りです。

久しぶりの香川県。

うどんが楽しみな香川県。

タックルも45gやら60gと身軽になりました。

それでですね、約半年ぶりの瀬戸内の繊細?な釣りをするわけなんですけど、いきなり大会なのでございます。

ttc12-pop

前日から様子を見に行きたいとこなんですけど、相棒のNGさんが当日入りしか無理だというものでぶっつけ本番となりました。

ジャッカルソルトチームからは、

あいちゃん→レッドスナパー1号
ナカジー→ワンピース2号
松本→ワンピース1号

に乗船させていただきます。

同船するみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

大会には、先日発売となったWアピールのタングステンと・・・

IMG_2178

幻の固定式20〜30gを持って行ってのらりくらりやってみようと思います。

IMG_2177

1位と5位がまだないので、どっちかの順位を取ってリーチかけたいな。

IMG_2179

もちろん、コンプリートしてもなにもありません。

自分へのご褒美として、うまいもん食べに行くくらいかな笑

遠距離恋愛もこれでイチコロ!

会いタイのにすぐに会えない。

離れたら離れるほど愛おしい。

毎日毎日考えてはため息がこぼれる。。。

遠距離恋愛ってすごーく切ないですね。

両思いならまだしも、これが恋の始まりの片思いならなおさら。

だって相手の気持ちが分からないんですもの。

しかしですね、そんな遠く離れたあの人のハートをガッチリ掴むイチコロなアイテムがあるんです。

その名もビンビン玉タングステン156g!!!!!

IMG_2173

高比重なタングステンの156g!

もう一度言います、イチコロg!!!!!

IMG_2174

高比重なタングステンは遠く離れたあの人のもとへ、誰よりも早く魅力的な姿を見せに行くことができます。(着底が早いです)

さらにですよ、離れても離れても追いかけられるんです。(ボトム感知能力が高いです)

そして遠く離れた紅に染まるのあの人の心をガッチリ掴めるのです。

遠距離恋愛(ディープドテラ)にハマっておられる方〜

紅の彼女をその手でイチコロにしてみませんか?

全国の釣具店で絶賛発売中です。

ディープタイラバで使えるリールの新製品情報

水深100m前後のディープをドテラ流し!

ラインは200m、いや、さらにそれ以上放出!!

ヘッドはタングステン150g以上!!!

船から離せば離すほど釣れる!!!!

と、なんか船から遠い距離で魚を掛けるのがシビれるポイントみたいなディープタイラバ。

この釣りでは、ヘビーウエイトのタイラバと放出したラインが抵抗となり、常に根魚がついてるんじゃないの?みたいな引き重りと戦わねばならない笑

そこで登場するのが電動リールなんですが、「いやいや俺はアタリからネットインするまで魚との対話を楽しみたいんだ!」ってドMな方もいらっしゃるようで笑

そうなると例えばシマノなら300番クラスのリールをチョイスするわけなんですけど、待望のベイトタイプで300番クラスの新製品「グラップラー」が6月に登場です。

product4

グラップラーの詳細はこちら

「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」、「エキサイティングドラグサウンド」、「70mmのハンドル+ラウンドノブ」とディープタイラバに申し分ない仕様ですね。

次にこれまたコアな方が使われているオシアジガー1000番サイズ。

50403_lineup1

17オシアジガーの詳細はこちら

えーーーっ!タイラバにジガー???

ジギング用じゃないの?レベルワインダーもついてないし!

って印象でしょ?

しかしこれがディープタイラバで使うと、巻きの安定感は抜群だし、レベルワインダーがないもんだから春先の玄界灘(日本海)でラインに付着するゴミが詰まることがない。

さぁ〜そろそろリーダーだ!

あれ?巻けない?

あーーーっ、ノットのところでゴミが団子になって巻けなくなった!!!といった心配はご無用。

さてさて、リニューアルされた点とはいったいなんだ?

インフィニティドライブという機構を搭載して巻き感がさらに軽快になっているらしい。

さらにもろもろの見直しをし、回転抵抗60%排除。

現状モデルでディープタイラバをした時の軽快感は、300番のリールを凌駕するものがあるんですけど、さらに軽快になっている点は期待「大」ですね。

でもって、スプールの交換が可能だし、大型リールゆえパーミングを崩さないとサミングできなかった点も改良されている。

ノブがバーノブになってるんですけど、バーノブって案外使い心地が良かったりします。

ラウンドノブに変更しようかなと思う方もいらっしゃるでしょうけど、まずノーマルのまま使ってみた後に検討してみてはいかがでしょうか?

食わず嫌いかもしれませんよ笑

遠征で役立つマル秘テクニック

遠征って、お金も時間もかかるんで大変なんですけど、たまに行くとやっぱり楽しくて、普段味わえないものが味わえるんです。

行く道中もワクワクするし、釣りをする風景もいつもと違って新鮮。普段釣れない魚だって釣れちゃうことも!

今や調べ物が手軽でスピーディーにできる時代ですから、一昔前に比べると遠征ってほんと手軽に行けちゃいます。

でも、何をどうやって調べたらいいの?って方もいらっしゃると思いますので、これまでの遠征から学んだことを教えちゃいます。

IMG_9392

移動は車がベスト!

釣りは天候で出船が左右されるレジャーです。予報って数日前からほぼ大丈夫だということもあれば、ギリギリにならないと分からないという場合もあります。

公共交通機関だと予約したりキャンセルする必要があり、場合によってはキャンセル料が発生したり、最悪の場合は全額負担しなければならないこともあります。

また荷物の発送がある場合は中止になると往復の送料が無駄になります。

出船はほとんどの船宿で「前日の◯時の予報で最終決定」という規定が多いかと思います。出発ギリギリになって「明日は中止!」とうことがあり得るので、トータル的に考えると融通の利く車がベストなのです。

IMG_9284

車での移動はETCの割引をフル活用する!

車で遠征する場合、高速道路を使うかと思います。ETCを使うと、土日祝日と平日深夜(0時〜4時)が30%の割引率です。平日に出発する場合、0時〜4時の間に「一番長い距離を乗る高速道路のICに入るか出るかする」ことを念頭にスケジュールを組みましょう。こうすることで最大限の「節約」が可能です。僕はウィークエンドアングラーなので「土日祝」を釣りに充てています。その場合、こんなスケジュールになります。

  • 行き:金曜の20時高速イン〜土曜の0時に高速OUT(30%割引)
  • 帰り:日曜中に高速イン〜日曜の21時に高速OUT(30%割引)

どちらも通行料は最大限の割引が適用されることになります。

こんなの知ってるよ!!ですよね笑

こっからがマル秘!

「ETCマイレージサービス」って知ってますか?

ETCマイレージサービスの詳細はこちら

会員登録(無料)するだけで、通行料金にポイントが付与されるんです!このポイント、以外にバカにならないんですよ。なんと最大10円1ポイント、10%の還元率なんです!!

5000円の通行料なら500ポイント。

ETCの休日割や深夜割が適用された上に10%のポイントが付与されるんです。もちろん貯まったポイントは通行料として後日使えるようになります。

ETCマイレージサービスに登録されていない人は登録しないと損ですよ!

宿の予約は早めか当日

思い立ったらすぐ遠征!って人はあまりいないと思います。ある程度前から船を予約してスケジュールを立てると思います。

遠征となると土日はもちろん、GWやお盆、年末年始の長期休暇にする人も多いと思います。GWやお盆、年末年始の長期休暇の宿はとにかく早いうちから予約が入りますから、少しでも早く予約しておくことが大切です。

普段の土日でも、アーティストのライブや工事などで早いうちに満室になることがあります。土日祝や長期休暇は早めに予約を入れておく方が無難です。

宿の予約は楽天トラベルを利用しています。

楽天トラベルはこちら

早めの予約は「早割」などがあったりしますし、宿の選択肢も豊富です。

予約の際に注意しなければならないのは「キャンセル規定」です。1週間前から宿泊料の◯%というような規定が記載されています。平均すると3日前からキャンセル料が発生するところが多いように思います。

天候というものに左右されるレジャーですので、万が一の場合は負担を極力避けることができる方法を考えましょう。どうしようもなくキャンセルしなければならない場合は、楽天からキャンセルするだけでなく、宿泊先に電話で理由を述べてキャンセルをしてはいかがでしょうか。

日にちが迫っているキャンセルは宿泊施設側も規定で決めていることとはいえ、損失になります。申し訳ないという気持ちを伝えるだけになりますが、また利用することもあるかと思います。その際、気持ち良く利用できるんじゃないかなと思います。

で、ここまでは早く早めの予約!と言いましたが、平日の予約なんかは「格安の当日予約!」を狙う方法もあります。

少し面倒ですけど、宿泊したい地域の宿泊施設の空き状況に余裕がある場合はあえて予約をせず、当日の午後に予約すると割引されているプランがある施設があります。

土日の前乗りで、金曜日(平日)に1泊することがある場合などは、この方法を利用する価値はあると思います。

IMG_8560

宿の食事か外食か

例えば福岡など都心のビジネスホテルなら外食ですね。なぜならホテルに夕食の設定がない場合が多いからで、代わりに徒歩圏内で食事が摂れるところがある。しかも自分の食べたいものが食べられる。

オススメのグルメは船長に聞けばいくつか教えてもらえると思います。ネットで調べるよりもスピーディーで味も間違いないかな。やっぱり地元の人がよーく知ってます。

しかしながら、地方の民宿や観光ホテルに宿泊した場合は、宿の食事がいいかなと思います。探さなくていいし、宿から出なくていいので楽チン。地元食材の料理も楽しめる。ただし、宿によっては食事の時間が早い場合もあるので、釣りを終えて宿にチェックインする時間を考えて間に合うかを確認しておいた方がいいです。

あとは食事付きのプランだと、夕食と朝食がセットになっている場合が多く「夕食のみ」の設定がないことが多い。翌日出船する場合はチェックアウトが早くて朝食が始まる前に出てしまうことがあるので無駄になる。それを考えると素泊まりにして夕食を外食にする手もある。

ただし、地方の場合、宿の近くにコンビニや食事が摂れる店がないことも多々あるので、事前に調べておいた方がよいかと思います。

また、宿に掛け合えば朝食をオニギリなどの弁当にして出してくれる場合もあるので交渉してみてはいかがでしょうか。

IMG_0860

IMG_0867

IMG_1477

観光やお土産

地方で宿泊するなら、温泉巡りや観光名所に立ち寄る楽しみがありますよね。宿から2〜30km離れていても地方なら渋滞も信号もないので30分くらいで行けたりします。ちょっと遠いなぁという距離でも案外短時間で行けますので、せっかくですから足を延ばしてみましょう!

お土産に関しては、高速のSAで買うより地元のお店で買う方が安かったりおいしかったりすることがあります。宿や船長にオススメのお土産や、そのお土産を売っている店を聞くとよいと思いますよ!

IMG_5231

IMG_8346

釣った魚を送る!

車に積める荷物も限りがあるし、例えば4人でワンボックスカーで行った場合、全員が釣った魚を1つのクーラーボックスに入れるのは難しいような、立派な魚が釣れるかもしれません。1日ならまだしも、それが2日分となれば・・・。そんな時はクロネコヤマトのクール便で送っちゃいましょう!

魚を送るのに必要なのは厚めのゴミ袋。市販のゴミ袋は厚みがおおよそ0.01mm~0.03mmくらいが大半ですが、0.04以上の「厚手」タイプが販売されています。魚の背びれや胸ビレで穴が空かないように注意して袋に詰めます。2重にしておくと安心です。それをクロネコヤマトの営業所で販売している「段ボール」に詰めます。氷は入れません。これでOKなんです!発泡スチロールやクーラーボックスに入れて送る場合はクール便で送っても、冷気が中に入らないのですが、段ボールなら冷気が入るので氷が要らないのです。

発送の受付はだいたい19時くらいまで。事前に場所と発送締め切り時間を確認しておくとスムーズですよ。

手ぶらで手軽に!

最近の遊漁船ではレンタルタックルも充実しており、カラダひとつで釣りに行けちゃいます。釣った魚もクール便で送ってくれたりと本当に便利になりました。そういったサービスが充実している遊漁船を探して、プランを立てるのもよいのではないでしょうか。

全国のタイラバ遊漁船はこちら

IMG_9158

最後に

遠征って夢があります。普段出会えないような大物に巡り合う確率が上がったり、地元じゃ釣れない魚が釣れたり。想像しただけでワクワクしますよね。

IMG_4090

IMG_0914

そして自然や温泉で癒されたり、おいしいものを食べたり。

さらに新しい人との出会いがあります。

ほんと楽しいですよ!ぜひ機会があれば出かけてみてください。

IMG_8815

釣り時々観光、一時大鯛

GW後半。

天候に恵まれたおかげで、予定していた以上に出船できました。

あれこれ釣れるらしく、準備はあれこれ仕様。

釣りの楽しみは準備から。

IMG_1789

タックルの準備もそうだけど、目的地に向かうルートや宿泊する場所、宿、食事をする店を探すのも楽しみ。

このあたりは、これまでの遠征でたくさんのことを学んだので「遠征のススメ」みたいな記事で後日書こうと思います。

今回は昨年秋から通い始めた某所。

所々に素晴らしい温泉があるのだが、宿泊施設が思った以上に少ない場所。

風呂はすべて温泉で内湯なし!むしろ外湯にどうぞ!

港から一番近いコンビニまで10数キロ。

何度か通うとドライブするのも同じルートだと飽きるので、違うルートを選択。

新緑が鮮やかで空気がとても綺麗。

IMG_1799

IMG_1815

良い景色が目に入ると、ついつい車を停めてしまい目的地に到着したのは昼前。

IMG_1845

IMG_1841

IMG_1860

IMG_1800

初日はのんびりチョロっと出て翌日から本番。

天気も予想以上に良くて凪。

ゆるーい感じで朝7時出船の13時上がりでしたが、3日連続で海に出たらまぁまぁキツかったです。

ロックフィッシュを中心に良く釣れた3日間でした。

Wアピールも大活躍。

IMG_1801 (1)

IMG_1821

自己レコードのでっかイトヨリ。

このイトヨリはかなり美味かった!!!

IMG_1803

マイクロベイトを発見したらラスパティーン。

ブレードつけて落として巻くだけ。

タックルはタイラバタックルそのままでオケ!!

IMG_2035

IMG_2034

18199101_1343809589042874_7920460126964562765_n

マイクロベイトにすんごい数のヒラマサがついていて、船の下を通りすぎた時は鳥肌もんでした。

海が豊かです。

IMG_1836

おっと、、、

狙いの大鯛は?

スピニングでキャストして珍しいクラゲがいたので、竿先でツンツンして遊んでたらラインが走ってナナマルちょい手前。

IMG_1829

潮がいかなかったのでタイラバのウエイトを60gまで落としてキャスト。

ちょっとでも船から離して探ってたらドン!

IMG_1892

IMG_1886

今回の遠征もこの1枚で大満足。

帰ってアートな一夜干しをせっせとこしらえましたとさ。

IMG_1995

どれにするか悩むタイラバのロッド選び〜一度使ってから購入する手もある!

フィッシングショーでロッドを手にして曲げてみたり、カタログスペックを見たり、店員さんから説明を聞いたり・・・

ロッド選びって難しいですよね。

使ってみたらイメージと違うかったからって気軽に買い換える値段でもないし。

店頭で自分が持っているリールをつけるわけにはいかないですし、ラインを通してタイラバを垂らすわけにもいかない。

リールつけて、ライン通して、タイラバつけて落として巻いて、魚をかけてみて「こんな感じのロッドだったんだ」って。

実際に使ってみると当たり前だけど、ほんとよく分かる。(分かりやすい)

遊漁船によってはレンタルタックルというのを用意している場合がある。

ロッド選びに迷っているなら、これを利用するに越したことはない。

ホームページを見れば、レンタルタックルの有無も分かるし、どんなものが置いてあるか問い合わせてみたら教えてくれる。

様々なメーカー、ラインナップも豊富に揃えてる船もあるのでロッドの違いも分かるし、何より現場で納得の1本が見つけることができると思う。

そんな中、ビンビンスティックのニューVCMを早くもレンタルさせてくれる船があります。

京都府は舞鶴発のトップスジャパン。

・トップスジャパンのホームページはこちら
・レンタルロッドのラインナップはこちら

トップスジャパンの森船長が早速ロッドを曲げている写真などを送ってきてくれました。

写真はブログから拝借しました。

20544

20454

20459

20457

20456

20465

どれもこれも気持ちいいい曲りですね!

そしてこれから丹後周辺のタイラバは本格化!

よいシーズンなのでぜひ遊びに行ってみてください。

さて、GW前半の天気は荒れ模様でしたが、後半はまずまずでしょうか。

3日、4日あたりは凪ですね。

なんかいろいろ釣れているみたいなので、GW後半の休みは遠征に充てようと思います。

IMG_1789