舞鶴スルメデスゲーム

この週末、各お店に襲来しだしたスルメデス。

発売目前、亜衣ちゃんが舞鶴でスルメデスで良い釣りをしてきたようです!

レポートが届きましたので紹介しますね!

激流ぅー、爆流ぅぅぅううう♪

鯛ラバ大好き、田中亜衣ですっ。

やっと発売になりましたスルメデス。
開発から携わって数々の実釣テストを重ねて、やっと今回のリリースまで運ぶことができました。

スルメデスの面白さは使ってみたらお分かりいただけると思います。

でも、使ってみないと絶対にわからないと思いますので(笑)

皆さん是非試してみてくださいね。

でも、まだまだスルメデスのポテンシャルはアタシにとっても未知数。

可能性広がりまくりです。

先週、京都西舞鶴から出船のトップスジャパンでスルメデスゲームを楽しんで来ましたので、今回レポートさせていただきますっ。

テスト段階から、大真鯛が狙えたのはもちろん根魚、アマダイ それにブリやヒラマサなどの青物が顔を見せてくれて、更にクロマグロまで釣れてしまって。

ものすごい威力を発揮してきたルアーですけど、今回の狙いは中深海で真鱈(マダラ)。

鯛ラバはもはや、オールマイティーなルアーになろうとしています。

乗り合わせた方々にも使用してもらい、スルメデス史上初めての水深200メートルオーバーという中深海でのタララバを敢行しました!

夏場のタラは身に脂がのっていて食味最高の旬魚です。

中深海のタラはメタルジグ、アピール力の強いものに分があり、正直なところ普通のタイラバではアピール不足。

そんな訳で、スルメデスを持ってタラに挑んでみた訳です。

今回使ったのは、スルメデス最強サイズの「メガ スルメデス(LLサイズ)」ワームだけで210mm/ヘッドは2サイズ/250gと300gカラーは6色、各自お好きなカラーを選んでもらい、いざ投入。

水深230m、起伏の激しい根の続くポイント。
だけど、300gで着底感もすこぶるビンビン♪

てな訳で……

ドーンっ!!!

アタシにいきなりヒット

IMG_3027

てか、早すぎぃー

確かめることいっぱいだったのにもう釣れちゃった(笑)

着底してすぐに超高速巻きからーのボトムから3メートル程のところでビタ止め………………5秒ほどステイしているといきなりドーンっ。
そんな感じだった。

最初の超高速巻きでスルメデスの存在をアピールして、ステイして「こっちだよーん」って待ってる感じがタラには効くと思ってたんだ。

ずっと考えてた通りの答えが一瞬で出て自分でもビックリ

もはや、ずっと止めててもバイトするスルメデスまさにエサです(笑)

これは、真鯛でも起こるので試してみてくださいね。

他の皆さんもよく似た感じのことをして次々とタラをヒットさせ、なかには「もっと大きなスルメデスは無いの?」と言っちゃう人も(笑)

IMG_3024IMG_3023IMG_3021IMG_3020IMG_3018IMG_3017

中深海にスルメデス大アリです。

この日は他にも、ホウボウやカサゴ、ヒラメなどが釣れ、スルメデスで釣れるということに感動してくれてるみたいでしきりに笑顔が出てました。

そりゃそうですよね

こんな大きなワームにサイズ的には変わらない魚が喰ってくるんですもんね。

アタリあるだけで楽しくなっちゃいますよね。

でも、実際・・・海の中はそれほどワイルドなのです(笑)

そんな感じで魚の気配も出てくるとアタシのスルメデスにゴンッ!

グッグッと引っ張る感じのバイト!

「これ、絶対BIG REDやわ」

と、思ったのも束の間、一瞬だけ乗ったような乗らなかったような感じでバイトをやめちゃいました(涙)

だけど次の瞬間に、同船していたお客さんにヒット!

ルアーはもちろんスルメデス

横で見てもデカいのがわかるくらいの強烈なファイト。

いやー、羨ましぃー♪

水深100メートルのところでラインを300メートル出してのヒット

アタシがさっき来たのは170メートル

「やっぱ船から近すぎてプレッシャーで放したんかなー」と、お客さんのファイトをみながら考えてると…

どどーん!

「デカっ!!!」

見るだけでBIG REDだとわかるほどの圧倒的な存在感

羨ましすぎるぞぉー!!!!!

IMG_3009IMG_3011

てかね、実際には82センチだったんだけど歯も鋭く綺麗な魚体でイワシやイカを追ってる個体だと思いました。

いやー、コンディションの悪い中のBIG RED♪

他人の魚だけどシビれたわぁー♪

まだまだ可能性のあるスルメデス

機会があれば、アカムツなんかにもスルメデスを持って挑戦したいなぁー。

IMG_3013IMG_3014IMG_3026IMG_3012

皆さんも襲われるような力強いバイトを是非味わってください。

ちなみに、緑のスルメデス。

強かったな~

それでは皆さん
良い釣りを♪

IMG_3008

明石海峡タイラバ開幕戦

今年は元旦の九州遠征からスタートし、気がつけば毎月のように遠征が続いていました。

そんなこんなでもう6月。

一年の半分が過ぎてしまった。

久しぶりに行くとタックル準備の容易さ、家からの近さ、昼からのんびりとの3拍子揃っている明石に、来週からまた続く遠征への心が折れそうです笑

 

IMG_2912

南風がちょっと心配でしたが、出れそうなので昼からのんびりと出船。

IMG_2917

出てすぐにいいサイズが釣れました。

IMG_2921

久しぶりに浅いところで魚を掛けたので焦りました笑

IMG_2919

ポロポロ当たってずーっと釣れ続くような感じでした。

IMG_2926

明石もよく釣れてますね。

日も長くなり午後便も営業し始めています。

帰りにフィッシングマックス垂水店にお邪魔してみると、ロッドが入荷していました。

IMG_2931

ルアーコーナーがタイラバに占拠されるんじゃないの?って勢いで拡大されてました。

すんごい品揃えです。

IMG_2934

帰りは三宮に寄って、利弥丸大窪船長オススメの「お食事処まる」へ。

お食事処まるの詳細はこちら

これからがまさに旬の「ハモ」コース。

おいしく、そして幸せな時間でした。

IMG_2941

IMG_2939

IMG_2940

IMG_2936

IMG_2937

IMG_2938

さてさて、またすぐにでも明石へ行きたいくらいなのですが、また暫く明石から離れます。

今週は九州遠征、来週も遠征で次回明石へ行くのは「鯛カブラトーナメント2017 in 明石」の予定です。

ほんと今年は遠征Year。

10年前、鯛カブラ.comを立ち上げた当初もこんな感じだったな。

鯛カブラ.com開設10周年だから、初心に戻って再び遠征Yearも悪くないか笑

混ぜるな危険スルメデス!

スルメデスの襲来が刻々と迫っております。

そこで発売前にみなさんに重要なお知らせでございます。

surume

スルメデスとエラストマー素材のワームは絶対に一緒に保管しないでください!

エラストマー素材のワームが溶けてしまうんです。

例えばビンビンワームトレーラー 鯛カーリーや鯛節ストレートなんかはエラストマー素材なので、スルメデスと一緒に保管すると溶けてしまいます。

スルメデスはスルメデスだけで保管する!

スルメはロンリーな暮らしでないと機嫌を損ねるようで・・・

こんなわがままなやつですが、どうか可愛がってあげてくださいね。

タイラバマガジンIII

タイラバ専門誌「タイラバマガジン」が6月22日発売となります。

タイラバ専門誌として2015年から3年連続の発行です。

「これからタイラバを始めようと思ってるんですけど」って方が毎年たくさんいらっしゃるのを感じます。

そんな難しいことを言われても・・・デスヨネ笑

困惑することはないですよ。

タイラバのエキスパート達が分かりやすく説明しています。

そんな方はもちろん、マニアなエキスパートの方まで楽しめる1冊です。

舞鶴でもスルメデス!

週末。

ゲストさんがこちら方面にいらっしゃったので、九条ネギと粉物にまみれていただきました笑

IMG_2819

で、少しめでたいことがあり、お祝いに貴重なものを。

IMG_2821

宝物として大切に使わせていただきます。

翌朝。

京都は舞鶴のディープタイラバ船「トップスジャパン」へ。

DSC_0313-1

大阪市内から約120km、車で約1時間半ほどで辿り着く日本海。

そんなところにDreamがあります。

DSC_0282-1

今回はホームページの撮影が主たる目的。

釣りをしない乗船もいいものです。

DSC_0291-1

キャビンで船長といろいろ話しながら、人の釣りを見る。

DSC_0328-2

なかなか厳しい中、みなさん1日頑張って釣果を上げられました。

DSC_0348-1

厳しい時ほど価値ある1枚ですよね。

DSC_0337-1

だからレンズを向けると一段といい笑顔になります。

DSC_0358-1

いやぁ〜釣りってサイコーーーっ!

DSC_0262-1

一通り撮影を終えて、タララバーへ。

こちらは船を立てて水深250m付近にいるタラをタイラバで狙う。

みんなから夏のタラはうまい!と聞いていたので、食べてみたいと竿を出させてもらいます。

IMG_2833

ドテラで250mラインを出すことはあっても、バーチカルで250mもの水深を狙うのは初めての経験。

そして、水深250mに潜るのもスルメデス初体験でしょう笑

底から5mまでを狙う釣りでいいらしい。

巻き上げすぐにズシ〜ン。

IMG_2872

タラメデスーーーーっ。

釣り人生初めてのタラに大興奮デシタ。

IMG_2838

夕方。

鳥山イワシのウロコキラキラエリアヘ。

今日1日で一番熱いと思われる時間到来。

ロッドを咥えて見ていると、釣り座を空けてくれる優しいお客さん笑

お言葉に甘えさせていただいて。

IMG_2852

中層速巻きスルメデス。

IMG_2851

綺麗ないいマダイでした。

ちなみにスルメデス市販品につぶらな目玉はありませぬ。

かわいく使いたい方は油性ペンで目玉を塗り塗りしてあげてください。

愛着が120%上がります笑

IMG_2849

舞鶴って、京阪神から近くアクセスがいいのはもちろん、ちょっとした街でして。

高速のICから港までの道中にコンビニ、ホテルはもちろん、どこに入ろうか迷うくらい飲食店があり、天然温泉もあるんです。

釣りを終えて、お腹を満たして風呂でさっぱりして帰る。

帰りにお風呂は眠くなるから禁物ですが、近いのでそこは問題なし。

今回は森船長オススメのとんかつ屋さんへ。

IMG_2856

ジューシーでおいしいとんかつ、地元のお客さんで店は大にぎわいでした。

IMG_2857
これまで舞鶴へは舞鶴若狭道しかなかったのですが、京都縦貫道が開通したおかげでぐっと近くなりました。

また奈良方面からも新名神高速道路の八幡京田辺-城陽ジャンクション・インターチェンジが開通してさらに便利になりました。

ディープタイラバと言えば九州というイメージがありますが、だんだん北上してきて関西方面でも手軽に楽しめるようになりました。

刺激が欲しい方、ディープタイラバで夢を追ってみてはいかがですか?

【閲覧注意】ハチマル3本だ!スルメデスの脅威にガクブル!

「あたし、GTやったり外国行ったりいろんなとこでいろんな釣りをしてきたけど、こんなに凄いとこないわ!」

帰りの道中、疲れているにも関わらず、眠ることなく興奮気味にそう語ったあいちゃん。

「今日はほんまに凄かったね、あいちゃん」

いやいや、あいちゃん。

よーーーーーく考えてみたら、一緒に釣りに行くとよく事件起こってない?

明石でナナマルとハチマルのWヒットやら。。。

DSC_0739-1-1

御前崎での大暴れも記憶に新しいところ。

DSC_0399-1

そうなんです、J1ソルトでもライバルだったようにタイラバで凌ぎを削ってきた二人だからたくさんの笑い、涙、感動があります。

そんなあいちゃんを誘って行ったのは、昨年から通っている「秘境」。

秘境の漁師さんから「最近タイラバしてるとブチブチ切られる」という報告を受けたので、「こら怪獣退治に行かなあかんデス」とスクランブル発進。

IMG_0198

秘密兵器のスルメデスを持って、山や谷を越えて一気に秘境へと言いたいとこなんですが、そこはオッサン大人な二人。

無理は禁物と途中で一泊。

酒も飲まず、うまいものも食べす万全の体調で戦いに挑む。

IMG_2635

ワクワクしますぜ〜姐さん!

「ところで、このスルメデスめっちゃデカイけどどうなん?」

「チャリ獣なんかはびびって寄ってこーへんのんちゃうん?」

「デカイパーツに対してフックはこんなんでええのん?」

と、まだ一度も使ったことがなく、先日初めてサンプルを手渡されたもの。

一般の方々も僕と同じ印象を受けるんじゃないですかね。

「マッチャン・・・ま、とにかく使ってみて」

スルメデスにちょっと半信半疑な自分。

あれ?釣れた笑

え!?全然普通のタイラバと同じ感覚やん。

IMG_2640

そやろーーーっ。あたしにも重いのんキターーーっ。

IMG_2650

オワーーーっ。

なんかこれデカイカモーーーーっ

IMG_2662

スゲーーーよ、スルメデス!!!

キタヨーーーーハチマル!!!!!

IMG_2779

ほんま大興奮デスヨ、スルメデス。

分厚いヒラメダス。

IMG_2678

チョーーー高級魚のアマダイダス。

S__38895619

チダイやイトヨリ、エソにフグ。

IMG_2691

普通のタイラバと同じように使って、同じような魚が釣れます。

本当にビビってるのは人間であって、魚には関係なさそうです笑

ほんでもってデスヨーーーっ。

マタキタヨーーーーーーっ、ハチマルっ!!!!!

IMG_2709

えーーーっ、これどうなってますのん!

2017年、早くも5本目のハチマルデスヨ。

さらにデスヨ、

あいちゃんスルメデスにもドデスカーン。

S__38895620

スルメデスでハチマルデス。

ってかですね、もうハチマル3本目ですよ。

あります、こんなこと?

今までほんと長い間タイラバやってますけど、ナイデスよ。

もちろんこの陰にナナマルやらロクマルやら釣れてるんデスけどね。

S__38895629

これでも一生懸命写真撮った方なんですけど、追いつきません。

そろそろ帰ろうって蛍の光を歌う船長を尻目に、トドメのブリダス。

IMG_2726

あいちゃんはタイダス。

IMG_2749

いやいやいや。

ダスデスダスデス散々言いましたけど、スルメデスはほんとに凄かった。
IMG_2759

持っていて、使っていて、釣ってワクワクするルアーってそうないデスよ。

スルメデス登場まであとわずか。

どうぞワクワクしてみてください。

バッカンってどんなことで選んでます?

オフショア(船)で釣りに行く場合、タイラバやらリーダー、ネクタイなどのパーツはいわゆる「バッカン」と呼ばれる収納バッグに入れて持ち運び、船の上で必要なものを取り出したりするんですね。

収納という主たる目的はもちろん、雨や波しぶきで中のものが濡れないようになっています。

必ずしも必要というわけではありませんが、あるとすごく便利だと思います。

バッカンには大きく分けてEVE素材と樹脂素材の2つのタイプ(素材)があります。

個人的に思う簡単な特長としては、

EVE素材
弾力性があり、軽い。軽いので持ち運びが楽チン。また肩から掛けられる。移動の際は重宝する。

imgrc0067960506


樹脂素材

強度がある。EVE素材に比べて重い。肩には掛けられず、手に持って運ぶしかない。強度があるので、腰を掛けても問題なし。車のトランクに積み込む場合でも、気兼ねなくこの上に荷物を積み重ねられる。(重いものを下にするほうが荷物が安定するので、重いグループのバッカンは下になりやすい。)ステッカーを貼ったりして装飾もできます!

BM9000

どちらの素材のタイプがよいかは上記を参考に考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私の歴代のバッカンは、EVE素材→樹脂素材→EVE素材という流れになっています。

いろいろ見て、自分が持っていく量のルアーやパーツなどを考えてこれにしました。

imgrc0067960506

大きさは人それぞれ好みがあるとして、これにした理由は以下の機能。

1475646353958_1

1)ショルダーベルトと手で持てるベルトの2タイプを搭載
大きく移動するにはショルダーベルト、小さい移動や船で荷物を渡す時は手で持てるベルトが便利。

2)インナーケース
バッカンの中はケース類が積み重なるように収納することになる。現場で使用頻度が高いラインノッター、リーダー、ハサミなどはこれに収納することで素早く取り出せる。

3)防水ショルダーベルト
ビニール素材のようなものでコーティングされているので、魚の匂いなどがベルトに染み込まない。ショルダーベルトは船の底に垂れる状態になるので、これ重要です。

4)ロッドホルダーやプライヤーケース
移動の際にロッドを刺したまま移動する時に使用するのではなく、バッカンを地面に置いた状態の時にロッドを立てておく際に使っています。移動の際は、もし転倒したらロッドを破損する確率も高いでしょうし、船の上なんかはもしバッカンが揺れで移動したり倒れるとロッドを破損することがあるので注意してくださいね。あくまでも、乗船する前の待ち時間にロッドを立てておくくらいのものだと考えておいてください。

プライヤーケースの部分にはプライヤーはもちろん、フィッシュグリップなんかも収納したりしてもいいですね!

樹脂タイプのものもインナートレーがあります。

bm9000_open-1

また、ロッドスタンドやケースなんかもポン付けできたりします。

230n-1

そんなにいろいろな種類のものを見たわけではないのですが、もしかするともっと便利でアイデア満載のものがあるかもしれません。

上記の使い勝手などを参考に、実際にお店に行って実物を見ながら選んでみてください。

しかし遠征の車内ってトンデモナイ荷物の量だ・・・。

IMG_1312

スルメデス続報

いよいよ6月末に発売されるらしいスルメデス。

スルメデスの詳細はこちら

これまでのタイラバはどちらかと言うと子イカサイズ。

一方、スルメデスは親イカサイズ。

今の時期、玄界灘や中国地方の日本海には胴長40cmもあるような大きなイカが釣れます。

こんなやつに大鯛がつくんですよね。

スッテにイカが乗って巻き上げていると、何者かにゴンゴンアタックされ、ゲソしか上がってこないなんてことも。

複数犯の犯行なのですが、その中に真鯛も含まれます。

こうなるとスルメデスの登場です。

IMG_2455

スルメデスの横に置いたのはタングステン80gのビンビン玉。

IMG_2454

スルメデスにとって、ビンビン玉はもはや餌ですね(笑)

ちなみにですね、ビンビン玉のパーツがそのまま使えたりします。

一見、針がスルメに引っかかりやすいと思ってしまうのですが、素材や形状を何度も練り直したため、少々激しい上下をさせても大丈夫!

IMG_2458

一番大きいスルメ(LLサイズ)は210mm。

スルメデストレーラーの詳細はこちらから。

IMG_2453

250gくらいのジグと同じくらいの長さです。

一方、ヘッドはスルメデス専用が用意されています。

IMG_2463

アクションうんぬんは製品サイトを見ていただくとして、僕の着眼点はサイドのフラット部分。

そう、ホロシールが貼りやすい。

IMG_24631

と、カスタム要素もあるヘッド。

ビンビン玉や爆流に続く第3のヘッドとしての利用もできそうですよ。

タイラバカップ第7回香川大会に参加しました

前回の香川遠征から2週間。

今回もまた香川へやってまいりました。

今年で7回目の開催となる「タイラバカップ第7回香川大会」。

総勢144名、16隻の遊漁船で開催される日本最大級のタイラバ大会です。

ここ数年は、参加応募枠を遥かに超える応募が殺到し、参加できるだけでもラッキーな大会になりつつあります。

その裏側には「タイラバーズ」というスタッフが数ヶ月前から念入りに準備をし、会場の設営、車や参加者の誘導など、目に見えないことも含めると相当大変だと思います。

だからこそ、参加していて楽しい大会なのだと思います。

さて、今回は大会の前日に香川県に入りました。

大会の前日プラとしてあいちゃん達とセブンゴッドに乗船。

IMG_2491

快晴で暑くもなく涼しくもない最高の季節です。

IMG_2494

船に乗っておしゃべりしてたらすぐに真鯛が連発。

こりゃどうなることかと思いきや、こっから沈黙。

船長もプラを兼ねてあちこち探してくれていたので、こちらもいろいろな模索をし大会に備える。

産卵後の個体が多く、潮も悪いせいかなかなかこれが渋い。

小さめのシルエットに弱めの動きがベターかな。

横の動きよりも縦の動きの方が反応がいい。

1日を通してこんな状況でした。

僕にはなーんにも釣れずアタリもなし(笑)

前回の悪〜い流れを断ち切れません。

プラを終えホテルへ。

明日に備えて居酒屋とうどん店のハシゴ。

せっかく香川に来たんだもん、ご当地グルメを満喫しないと(笑)

IMG_2502

翌朝。

IMG_2503

開会式を終えて各船に乗船。

マダイ2枚の重量で競う。

IMG_2507

あいちゃんは三裕丸、僕とナカジーはRedsnapper2に乗船。

IMG_2509

早い時間に船中一番乗り。

前日の夕食会で話していたのですが、大会ではいかに早く最初の一枚をキャッチして、精神的に優位に立てるかどうかも勝負の分かれ目になりますよね。

僕の場合は悪い流れも断ち切れたことでホッとしました。

そこから船内でバタバタ釣れる。

昨日と違って潮がよく通り、風もないのでいい感じ。

30〜40cmがアベレージで時折50upが混じる感じ。

横にも反応するのでキャストして広範囲を探る。

キャストの4番、ビンビン玉30gの固定式(笑)

エビオレンジとコーラのショートカーリー2本付けで前半を戦いしました。

60upが同船者にヒットし、小さい魚の群れと大きい魚の群れが交互に入ってくる感じ。

僕にもいいのが来たんですけど、痛恨のなんとかをやらかしました(笑)

IMG_2510

終わってみれば全員安打。

ナカジーも余裕のリミットメイク。

ウエイト的には僕と僅差かな。

やりきって電池が切れる。

IMG_2513

閉会式はシマノの佐々木洋三さんとナカジーでW進行。

IMG_2517

じゃんけん大会や抽選会など、参加者みなさんに必ず商品がもらえるので大盛り上がりです。

時折混じる高額商品には大歓声。

で、結果は2790gの19位。

IMG_2520

香西釣具をいただきました。

IMG_2522

上位はハイウエイトな戦いでした。

ナナマルを絡めてプラスα。

4kg後半から5kg超のウエイトでした。

詳しくはタイラバカップHPで発表されると思います。

IMG_2526

大会終了後は恒例のうどん会で源内うどんへ。

ダイヤモンド源内(笑)

IMG_2530

魂が抜けたのか?

腹が減ってるだけなのか?

IMG_2533

今回は前日から決めていたカレーうどんにしました。

IMG_2536

この時期、大阪方面へ帰る途中の淡路島は「室津SA」で見ることができる夕陽は最高です。

IMG_2545

一年って早いなという思いと、来年こそは上位へという思いで毎年眺めています。