ヘッドの材質をうまく使い分けよう!

2018年5月31日に発売された「タイラバマガジンIV」。

タイラバマガジンⅣ (主婦の友ヒットシリーズ)

今号の特集は「ヘッドの核心に迫る」がテーマです。

形状、カラー、材質とサイズ、波動にフォール姿勢、リペア&カスタムとなかなか踏み込んだ記事となっていますが、うまくまとめられていて理解しやすい内容になっています。

ヘッドの材質は鉛かタングステンの2種類が主流ですが、形状やカラーはたくさんあって、どれを選んでよいのか分からなかったり、自分が使っているヘッドの形状にはどんな特長があるのかをよく知らずに使ってことがあるかもしれません。

改めて、形状やカラーの特長について知ると、タイラバがさらに楽しいものになると思います。

鉛とタングステンそれぞれの特長については、誌面よりもさらに踏み込んでみました。

タングステン
比重
約11.3
約19.3(鉛の約1.7倍の比重)
フォールスピード
ゆっくり
速い
巻き抵抗
重い
軽い
素材そのものの硬さ
やや柔らかい
硬い
再塗装などの
メンテナンス性
簡単
やや難しい
価格
安い
高価

表にしたことで誤解を生みそうなのですが、どちらが良い・悪いというものではありません。

使う水深や状況に応じて使い分けることが大切だと思います。

例えば比重が重いタングステンは、ディープタイラバで使うと着底が速く、巻きが軽いので快適な釣りができるしょう。

着底感がよく分かり、高速巻きをしても抵抗が少ないのでスムーズです。

しかし、潮が緩い時はあえて鉛を使うことで、より斜めに引く(遠くへ飛ばせる)ことができますし、フォールスピードが遅いので、タイラバをゆっくり見せることができます。

水深が浅ければ、鉛でも着底感は悪くないですし、引き抵抗もそれほど苦になりません。

むしろゆっくり見せることでアタリを多く出せたりしますし、同じ重さでもボリュームがあるのでアピールできるでしょう。

逆にタングステンだとシルエットが小さくなるので、ベイトが小さい時なんかに有効でしょうし、20gや30gといったウエイトを使うとアタリがものすごく明確になっておもしろい釣りができます。

それぞれの素材の特長をよく知った上で、うまく使い分けることでデメリットをメリットにすることもできます。

最近では「重り使い」という言葉もよく耳にするようになりました。

単に重さを変えるだけでなく、素材そのものを変えてみるのも新たな発見につながると思います。

第8回タイラバカップ in 瀬戸内・香川大会【2018年6月3日(日)】ダイジェスト

第8回タイラバカップ in 瀬戸内・香川大会【2018年6月3日(日)】ダイジェストがタイラバカップ公式サイトにアップされています。

気がつけば8回目(8年目)という歴史あるタイラバの大会になってきていますが、大会をスムーズに進めるための裏方の努力は計り知れないものがあります。

垣間見る裏方の努力と参加者の笑顔が印象的です。

第8回タイラバカップ in 瀬戸内・香川大会【2018年6月3日(日)】ダイジェスト

第8回香川タイラバカップに参加してきました!

第8回香川タイラバカップに参加してきました。

今年で8回を迎える大会ですが、雨の記憶がないくらい天候に恵まれる大会でもあります。

今年も快晴の中、136名もの参加者が全国各地より集まりました。

佐々木洋三さんも第1回からの参加者のひとり。

佐々木さんの挨拶で今年も大会が始まりました。

この大会の目玉はなんといっても運営側である鯛ラバーズさんの配慮。

港付近には、集合時間よりも遥かに前から駐車場への誘導のために立っておられますし、乗船の際のアナウンスや荷物の積み込みの手伝いなど、この大人数でもスムーズに案内・乗船させてくれます。

スケジュール通りに事が運ぶのも、鯛ラバーズさんのおかげです。

見送りまでしてくださり、ほんと気持ちのよいスタートが切れます。

大会は沖合いで一度全船が集まり、スタートします。

各遊漁船が思い思いのポイントに船首を向けでスタートです。

今回、僕は第一優勝丸に乗船しました。

優しい口調で話しかけてくれる石川船長のもと、10名の選手を乗せて、船長が勝負をかけるポイントに到着。

平均して30-40m付近の水深に狙いを絞るプランでした。

ポツリポツリと拾い釣りをしていくような展開で、なかなか狙いが絞りにくい感じでした。

手を変え品を変えるか、じっくり我慢して同じことを続けるか。

そんな迷いが的中すればメンタル的にも優位に立てるし、外れたら崩壊するのが大会です。

早い時間に1匹釣ると釣らないとでも大きく違います。

そんなプレッシャーとの戦いでもありますね。

第一優勝丸では、終わってみればアベレージが40cm台。

60cmアップと50cmアップの2枚を揃えた方がトップでした。

僕は、強烈なワンダッシュでドキッとさせてくれたサバフグと、これまた強烈な着ドンバイトでタイラバを丸呑みしてくれたマゴチのみ、マダイはノーフィッシュでした。

今回も香川というフィールドに手も足も出ませんでした。

閉会式。

釣れなくても何らかの賞品がもらえるのも閉会式の楽しみです。

もちろん、検量された方は最後の最後までドキドキです。

優勝者は5kg台のウエイトで、8年連続参加されている方でした。

インタビューをさせていただいたのですが、本当に苦労が実ったというか、追い続けた夢がやっと叶ったという気持ちがひしひしと伝わってきました。

乗船されていたのは「京(けい)」。

5月13日に開催された「高松タイラバカップ」優勝の勢いそのままに、今大会も連覇という素晴らしい成績です。

そして準優勝は4kg台の高田さん。

乗船されたのは「確かな潮読みと操船の松本釣船2」。

蓋を開ければ3kg台のウエイトを持ち込んだ選手がひしめき合う混戦となりました。

上位入賞された皆様、改めておめでとうございます!

さて、終了後は現内うどんで恒例の「うどん会」。

今日はあーだった、こうだったという反省会をしながらツルツルっと今日のことを流し込んで、また来年頑張りましょうでお開き!

香川はこれから産卵から回復した魚が遊んでくれる季節です。

また、タイラバ→イイダコというようなコースもありすごく楽しめる海域でもあります。

うどん県でタイラバを楽しみましょう!