キャスティングに関する問題(参考回答)

先日の問題の私なりの参考回答です。
先日の明石での午後の風向きと潮の流れ、船の流れ方の図です。
2015070301.jpg
風の向きと潮の流れが交差し、交差する風が強くてとてもやりにくい難易度の高い状況でした。
このような状況で、釣り座がA、B、C、Dの場合、それぞれどう対応すればよいのでしょうか。
キャスティングのセオリーは潮上から潮下(潮が流れていく方向)に向かってキャストすることです。
ただし、風や潮流の速さ不足などでセオリー通りにならない場合があります。
今回の例もセオリー通りにならない状況でした。
では、釣り座がA、B、C、Dのそれぞれについてご説明します。
<釣り座A>
2015070302.jpg
2015070303.jpg
正面(北北西)に向かってファーストキャストします。すると北北西から北東というような方向にラインが流されていきます。北北西から北東に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストは正面に風をうけますが、流されていくうちにラインが横風を受けるようになりますので、ロッドティップを下げてラインを海面に沈めて、極力流されないようにします。
ファーストキャストでは、あまり引き重りを感じないのですが、流されていくと引き重りを感じます。これは、船に引っ張られているからです。よって、最初の巻き上げ回数から少しずつ巻き上げ回数を減らしてレンジをキープしつつ、巻きスピードをゆっくりしていって対処します。
キャストして流されていくと手前に鯛カブラが寄って来ず、少しずつ引っ張られていくような感じになりますので、流されすぎたらピックアップして再度入れ直すようにします。
<釣り座B>
2015070304.jpg
2015070501.jpg
正面からやや左(南西)に向かってファーストキャストします。すると西から北西というような方向にラインが流されていきます。南西から北西に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストはラインがまともに横風を受けるようになりますので、鯛カブラが着水したらすぐにロッドティップを下げ、ラインを海面に沈めて風の影響を受けないようにします。
ファーストキャストでは、鯛カブラが手前に寄ってくるので、引き重りをあまり感じません。よって、最初の巻き上げ回数は多めにして、巻きスピードは速めにします。
流されていくと少しずつ引っ張られていくような感じになりますので、巻き上げ回数を減らして巻きスピードを緩めていきます。流されすぎると真横から最終的には船底に入るようになりますので、ピックアップして再度入れ直すようにします。
<釣り座C>
2015070306.jpg
2015070307.jpg
正面からやや左(南東)に向かってファーストキャストします。すると東から北東というような方向にラインが流されていきます。南東から北東に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストはラインが横風を受けるようになりますので、鯛カブラが着水したらすぐにロッドティップを下げ、ラインを海面に沈めて風の影響を受けないようにします。流されていくとさらにラインが風の影響を受けるので、ロッドテイップは海面近く、もしくはティップを海中に入れてしまうくらいのロッドポジションにします。
ファーストキャストから引き重りを感じ、流されていくとさらに重くなります。よって、最初の巻き上げ回数から徐々に減らしていき、巻きスピードも徐々に緩めます。
流されすぎたら、ピックアップして再度入れ直すようにします。
<釣り座D>
2015070308.jpg
2015070309.jpg
正面からやや左(北北東)に向かってファーストキャストします。すると北北東から東というような方向にラインが流されていきます。北北東から東に扇状に探るようなイメージです。ファーストキャストはラインが横風を受けるようになりますので、鯛カブラが着水したらすぐにロッドティップを下げ、ラインを海面に沈めて風の影響を受けないようにします。流されていくとさらにラインが風の影響を受けるので、ロッドテイップは海面近く、もしくはティップを海中に入れてしまうくらいのロッドポジションにします。
ファーストキャストから引き重りを感じ、流されていくとさらに重くなります。よって、最初の巻き上げ回数から徐々に減らしていき、巻きスピードも徐々に緩めます。
流されすぎたら、ピックアップして再度入れ直すようにします。
以上、4パターンの釣り座での解説でした。
潮の速さや風の強さによって少し変わる場合もありますが、おおよそこのような状況では上記の説明通りで釣れるはずです。
個人的な見解ではありますが、参考にしてみてください。