京都府舞鶴(丹後)タイラバレポート

少し前の話になりますが、京都府舞鶴(丹後)発のトップスジャパンへ行ってきました。
昨年からあいちゃんが良く通っていて「アクセスが良くて九州のようなディープタイラバができ、釣れる魚の種類や大きさにも夢があるよ」と聞いていたので気になっていました。
今回、案内してもらう機会があったので一緒に行ってきました。
船は舞鶴から出ます。
大阪からですと、昨年開通した京都縦貫自動車道を使うのがおすすめです。
2時間足らずで到着します。
冬場は雪の影響もあるでしょうから、この時期に乗船をするのであれば交通情報や港付近の雪の状態を船長に確認しておくと良いかと思います。
ちなみにここの海域では、一年で一番難しい時期が2月から3月半ばらしいです笑
ということでその一年で一番難しい季節の乗船となりました。
寒い週でしたので、道中は雪がどっさり。
釣りに行く前々日あたりから少し暖かくなっていたので道路は問題なしでしたが。。。
行きは良くても帰りがということも考えられるでしょうし、冬場は天気予報を良く見て情報を収集しておかないとですね。
港に着くと朝礼があります。
朝礼?
朝礼がある船ってそんなにないですよね。
ないのですが、朝礼があるといいなと思ったことがありました。
1)乗り合いで行くと知らないもの同士ですが、船長が名前を呼ぶので親近感が湧きます。
2)今日はどんな釣りをするのかという流れが分かります。
3)分からないことがあればその場で予め解決できます。
朝礼が新鮮というのもありましたが、なんか楽しかったです!
2017020701.jpg
朝礼が終わり船に乗り込んで1時間くらい走ったでしょうか。
トップスジャパンは基本的には船をドテラで流すので、片舷に並びます。
水深は100m前後ですが、この日は風があまりなく潮もそんなに流れていないので、ウエイトを軽くしないとラインが出て行かない状況でした。
船長はキツイよと言っておられましたが、みんななんだかんだ良く釣ってました。
2017020702.jpg
2017020703.jpg
2017020704.jpg
2017020705.jpg
2017020706.jpg
2017020707.jpg
2017020709.jpg
2017020710.jpg
2017020711.jpg
今回、船長が幻の中の幻の魚とよばれるアラまで釣れました。
2017020708.jpg
これがすごい美味だとか・・・。
で、僕はというと笑
初めての名前が分からないフグ!
2017020712.jpg
海水を吸って膨れるようで、抜き上げる時は重いのなんの。
これが2連チャンで釣れました笑
あとから調べるとヨリトフグということがわかりました。
そしてタヌキメバル。
2017020713.jpg
これも初めて。
とてもおいしい魚らしいです。
夕方までめい一杯遊漁を楽しんだ後は、船長の案内でメンバー全員で夜ごはん。
これまで舞鶴ってなんども通過しましたがこんなにおいしい店があるなんて知りませんでした。
他にもいろいろあるようです。
宿泊施設も港の近くにありますし、おいしい店もあります。
京阪神からのアクセスも抜群!
ディープドテラのゲーム性もおもしろいもんです。
ぜひこの釣りをしたことがない方は一度経験してみてください。
ロッドはそのまま(瀬戸内のまま)が使えます。
タイラバのウエイトを重めにしてリールの番手を大きくすればOKです。
例えば手巻きならオシアコンクエスト300番、電動ならForceマスター300〜400、800番くらいです。
ラインは1号300m以上巻いておくことをおすすめします。
詳しくはトップスジャパンの森船長にお尋ねください。