IMG_2507

タイラバカップ第7回香川大会に参加しました

前回の香川遠征から2週間。

今回もまた香川へやってまいりました。

今年で7回目の開催となる「タイラバカップ第7回香川大会」。

総勢144名、16隻の遊漁船で開催される日本最大級のタイラバ大会です。

ここ数年は、参加応募枠を遥かに超える応募が殺到し、参加できるだけでもラッキーな大会になりつつあります。

その裏側には「タイラバーズ」というスタッフが数ヶ月前から念入りに準備をし、会場の設営、車や参加者の誘導など、目に見えないことも含めると相当大変だと思います。

だからこそ、参加していて楽しい大会なのだと思います。

さて、今回は大会の前日に香川県に入りました。

大会の前日プラとしてあいちゃん達とセブンゴッドに乗船。

IMG_2491

快晴で暑くもなく涼しくもない最高の季節です。

IMG_2494

船に乗っておしゃべりしてたらすぐに真鯛が連発。

こりゃどうなることかと思いきや、こっから沈黙。

船長もプラを兼ねてあちこち探してくれていたので、こちらもいろいろな模索をし大会に備える。

産卵後の個体が多く、潮も悪いせいかなかなかこれが渋い。

小さめのシルエットに弱めの動きがベターかな。

横の動きよりも縦の動きの方が反応がいい。

1日を通してこんな状況でした。

僕にはなーんにも釣れずアタリもなし(笑)

前回の悪〜い流れを断ち切れません。

プラを終えホテルへ。

明日に備えて居酒屋とうどん店のハシゴ。

せっかく香川に来たんだもん、ご当地グルメを満喫しないと(笑)

IMG_2502

翌朝。

IMG_2503

開会式を終えて各船に乗船。

マダイ2枚の重量で競う。

IMG_2507

あいちゃんは三裕丸、僕とナカジーはRedsnapper2に乗船。

IMG_2509

早い時間に船中一番乗り。

前日の夕食会で話していたのですが、大会ではいかに早く最初の一枚をキャッチして、精神的に優位に立てるかどうかも勝負の分かれ目になりますよね。

僕の場合は悪い流れも断ち切れたことでホッとしました。

そこから船内でバタバタ釣れる。

昨日と違って潮がよく通り、風もないのでいい感じ。

30〜40cmがアベレージで時折50upが混じる感じ。

横にも反応するのでキャストして広範囲を探る。

キャストの4番、ビンビン玉30gの固定式(笑)

エビオレンジとコーラのショートカーリー2本付けで前半を戦いしました。

60upが同船者にヒットし、小さい魚の群れと大きい魚の群れが交互に入ってくる感じ。

僕にもいいのが来たんですけど、痛恨のなんとかをやらかしました(笑)

IMG_2510

終わってみれば全員安打。

ナカジーも余裕のリミットメイク。

ウエイト的には僕と僅差かな。

やりきって電池が切れる。

IMG_2513

閉会式はシマノの佐々木洋三さんとナカジーでW進行。

IMG_2517

じゃんけん大会や抽選会など、参加者みなさんに必ず商品がもらえるので大盛り上がりです。

時折混じる高額商品には大歓声。

で、結果は2790gの19位。

IMG_2520

香西釣具をいただきました。

IMG_2522

上位はハイウエイトな戦いでした。

ナナマルを絡めてプラスα。

4kg後半から5kg超のウエイトでした。

詳しくはタイラバカップHPで発表されると思います。

IMG_2526

大会終了後は恒例のうどん会で源内うどんへ。

ダイヤモンド源内(笑)

IMG_2530

魂が抜けたのか?

腹が減ってるだけなのか?

IMG_2533

今回は前日から決めていたカレーうどんにしました。

IMG_2536

この時期、大阪方面へ帰る途中の淡路島は「室津SA」で見ることができる夕陽は最高です。

IMG_2545

一年って早いなという思いと、来年こそは上位へという思いで毎年眺めています。