IMG_0198

スルメデス続報

いよいよ6月末に発売されるらしいスルメデス。

スルメデスの詳細はこちら

これまでのタイラバはどちらかと言うと子イカサイズ。

一方、スルメデスは親イカサイズ。

今の時期、玄界灘や中国地方の日本海には胴長40cmもあるような大きなイカが釣れます。

こんなやつに大鯛がつくんですよね。

スッテにイカが乗って巻き上げていると、何者かにゴンゴンアタックされ、ゲソしか上がってこないなんてことも。

複数犯の犯行なのですが、その中に真鯛も含まれます。

こうなるとスルメデスの登場です。

IMG_2455

スルメデスの横に置いたのはタングステン80gのビンビン玉。

IMG_2454

スルメデスにとって、ビンビン玉はもはや餌ですね(笑)

ちなみにですね、ビンビン玉のパーツがそのまま使えたりします。

一見、針がスルメに引っかかりやすいと思ってしまうのですが、素材や形状を何度も練り直したため、少々激しい上下をさせても大丈夫!

IMG_2458

一番大きいスルメ(LLサイズ)は210mm。

スルメデストレーラーの詳細はこちらから。

IMG_2453

250gくらいのジグと同じくらいの長さです。

一方、ヘッドはスルメデス専用が用意されています。

IMG_2463

アクションうんぬんは製品サイトを見ていただくとして、僕の着眼点はサイドのフラット部分。

そう、ホロシールが貼りやすい。

IMG_24631

と、カスタム要素もあるヘッド。

ビンビン玉や爆流に続く第3のヘッドとしての利用もできそうですよ。