1

収納ケースはソフト派?ハード派?

船で釣りをされる方のほとんどが、ルアーや仕掛けなどの持ち運び、そして収納にバッカンなどの収納ケース使用されているかと思います。

収納ケースには、ソフトタイプとハードタイプがあります。

ソフトがいいのだろうか、ハードがいいのだろうか迷うことはありませんか?

どちらも一長一短がありますので、そのあたりを今回紹介したいと思います。

ソフトタイプとハードタイプは素材が異なります。

ソフトタイプは柔軟さを持つ合成樹脂、ハードタイプは耐衝撃性に優れたプラスチックがそれぞれの素材です。

ソフトタイプはこんな感じのもです。

81NGbNY+DDL._SY450_

ハードタイプはこんな感じのものです。

71TpgTz-M6L._SL1387_
では、両方使ってみての感想です。


軽くて持ち運びしやすいのは?

ソフトタイプとハードタイプは、同じ容量ならおおよそ1.5倍前後ハードタイプの方が重くなります。

車から船までの持ち運びなどを考えると、軽いソフトタイプの方が◎です。

また、ソフトタイプはショルダーベルトがついており、肩にかけられるようになっています。

手が自由になる分、ロッドを持ったり、船に乗り降りする時に「どこかを持つことができる」ため、足が滑ったりして怪我をするなんてことを防ぐことができます。

また、このショルダーベルトは持ち運びだけでなく、潮位によって乗り降りする高さが変わっても、スムーズな荷物の受け渡しができます。

1

このように、荷物の移動、受け渡しは軽さやショルダーベルトがあるソフトタイプのものが◎ですね。(ソフトタイプのものでもショルダーベルトがないものがありますのでご注意ください。)

耐久性がもたらすメリット

ハードタイプは、素材が硬く丈夫なので、立ったり腰かけたりすることが可能です。

まぁ、立つことに使うのは少ないでしょうけど、腰がかけられるとなると、揺れる船の上では重宝しますよね。

ノットを組んだり仕掛けを結んだり、移動中や食事の時など椅子の代わりになります。

パイプ椅子などを船に持ち込むと錆びてしまいますが、ハードタイプのならプラスチックなのでその心配は要りません。

また、車のトランクって限られたスペースですよね。

ソフトタイプは重ね積みができず、どうしても一番上に載せなければありませんが、ハードタイプなら一番下でOKなんです。

フラットな面が広いので重ね積みする時にとても重宝します。

あとは、ハードタイプの場合、ステッカーを貼ることができます。

お気に入りのメーカーや船で配られているステッカーを貼ると個性溢れる収納ケースになりますよね。

防水性は?

どちらもきちんと蓋を閉めた状態では変わらないように思います。

ソフトタイプはファスナーを採用しており、ハードタイプはワンタッチで締めることができるので、開閉するのはハードタイプの方がスピーディーです。

これ、意外に重要で、ちょっとした移動でもソフトタイプはきちんとファスナーで締めておかないと、中が濡れてしまうことが多々あります。

ワンタッチか、ファスナーかで耐久性も変わってきます。

ワンタッチの方が構造上、トラブルも少なく壊れにいかと思います。

カスタマイズできる

ハードタイプはロッドホルダーや工具入れなど、アフターパーツをポン付けすることで自分にあったカスタマイズができます。

結局どちらがいいの?

うーん、これは好みですね笑

ソフトタイプもハードタイプも同じ大きさなら収納量は変わりません。

あとは上記のメリット、デメリットからどちらを選ぶかですね。

ちなみに僕は「持ち運びの軽さ重視」「船に乗せる時の荷物の受け渡しのしやすさ」でソフトタイプを使用しています。