明石海峡タイラバ(鯛ラバ)レポート

先日、梅雨時の雨対策についての話題を掲載しましたが、もうすぐ7月だというのに寒い一日に明石海峡は利弥丸へ行ってきました。

のんびりお昼(14時)から出船の午後便でしたが、港に到着する頃から雨足が強まりました。

午前からの居残り組数名(午前便と午後便の両方に乗船)のツワモノを乗せて出船です。

時間にして12時間以上のコース、なかなかの釣り好きな方たちです(笑)

そんな熱意があってか?沖に出て少し時間が経つと、雨がやんでくれました。

ポツリ、ポツリとですが魚が反応してくれます。

良型も混じりました。

タイラバだけでなく、鯛ジグも効果的です。

間もなく発売されるビンビンメタルが待ち遠しいですね。

タイラバとは違う攻め方、急に遭遇する青物の群れ。

タックルはそのままで使えますから、タックルボックスに忍ばせておくとよいと思います!

この日、真鯛が吐き出したベイトです。

子エビや子イカをたくさん食べています。

こんなカラーのタイラバもグッド。

ガッツリ針掛かりしているのでこれならバレないですよね。

いつも利弥丸に乗る度に遭遇するお客さん。

午前・午後通し乗船で疲れ知らず。

安定して魚を掛けます。

ビックヒットもありました。

いいプロポーションですね。

かなり美味しかったそうです。

いろんな魚が釣れ出して、おもしろくなってきましたよ。

京阪神からアクセスもよく、手軽に遊べてブランド魚が釣れる明石海峡での釣り。

みなさんいかがでしょうか。

利弥丸には釣りを教えてくれたり、お客様のサポートをしてくれるお手伝いさんが乗船しています。

みなさんが釣った貴重な魚は、丁寧な処理をしておいしく食べてもらえる付加価値をつけてくれます。

そしてユニークな情報配信も始まりました。

インスタグラム
https://www.instagram.com/toshiyamaru/

フェイスブック
https://www.facebook.com/toshiyamaru/

ツイッター
https://twitter.com/toshiyamaru_twi

見ていて思わず吹き出しそうになるような話題から、明石海峡の最新釣果、美しい景色など盛りだくさんの内容です。

魚とのふれあいはもちろん、乗り合いならではのいろんな方々との出会い、そして広い空と青い海を眺めてみませんか。

もうすぐ梅雨明け。

ぜひ海に出かけましょう!