鯛ラバトーナメント2018 in 明石レポート

この三連休はとんでもない暑さでしたね。

釣りをしている時間よりも、移動している時間の方が幸せと感じます。

自分は大丈夫という油断が熱中症を引き起こしますから、こまめな水分補給を心がけ、具合が悪くなったら日陰に入るなど気をつけるようにいたしましょう。

大会の前日入り。

午前はポロポロと真鯛の枚数を重ね、潮が変わるタイミングでグッドコンディションのハマチ大の群れに遭遇。

ビンビンメタルで全身トロハマチゲットです。

この時期のハマチはびーーーーっくりするくらい美味です!

釣れたら飛んで跳ねて喜んでくださいね笑

世界一おいしいハマチだと思います。

ちなみにこの子はこんな脂のノリでした。

先日大雨の影響で大阪湾側の濁りがひどいです。

潮変わりの時はハッキリとした色の違いが出ます。


午後の部。

「さっきタイラバのタックルを揃えてきました!  」というタイラバ初挑戦のお客さんがいらっしゃいました。

同船しているアドバイザーがレクチャーしていると、すごくいいタイミングでロッドが曲がります。

ネットインまでしっかりレクチャー。

すごく、すごく嬉しかったようで釣れた真鯛をじーっと眺めてました。

結果的に初めてタイラバに挑戦したお客さんが竿頭となりました。

常連さんも多い中、圧倒的でした。

今日という日が忘れられない1日になったことでしょう。

アタリも多く、いい釣りができました。

そんな中、ジグを落とした方にビックバイト!

巻いては出されを繰り返します。

潮の流れもあってなかなか寄らず、一進一退が続きます。

みんなが見守る中、浮いたのはブリでした。

さずが常連さん、安定したファイトでしっかり仕留められました。

ヒットルアーはビンビンメタル。

真鯛も30枚オーバーとよく釣れました。

そのまま泊り込み、翌日を迎えました。

鯛ラバトーナメント2018 in 明石

の開催です。

早朝から60名の選ばれし選手を乗せた船が、思い思いのポイントへ移動します。

各船からの無線では、船長の駆け引きの様子が聞き取れますが、基本苦戦されているようです。

その内容からロースコアな大会になりそうな雰囲気。

2枚で2〜3kgあれば上位に食いこめそうな感じでしょうか。

利弥丸では大会中にこんなイタズラもありました笑

閉会式。

今年も豪華な景品が並びます。

参加賞も豪華な大会です。

今大会の上位3名。

1位は賞金10万円に淡路観光ホテルペア宿泊券。

グッドサイズをキャッチされての勝利です。

暑い中、熱い大会に参加いただきありがとうございました。

また来年の開催をお楽しみに!